FC2ブログ

    グリーンインフラレンディングの募集停止が発表された時、私はmaneoセミナーに出席中だった - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » グリーンインフラレンディング » グリーンインフラレンディングの募集停止が発表された時、私はmaneoセミナーに出席中だった

    グリーンインフラレンディングの募集停止が発表された時、私はmaneoセミナーに出席中だった


    グリーンインフラレンディングの案件の一部中止が発表されました。

    ファンドの一部募集停止のお知らせ(2018/6/11 PDFファイル)

     上記情報がグリーンインフラレンディングのWEBサイトに提示されたのは18:30とのことですが、私は19:00から開始されたmaneo、スマートレンド、アップルバンク、プレリートファンド4社合同セミナーに参加していました。

    20180611maneoセミナーにおける瀧本社長
    (セミナーでの滝本社長)

     maneoの講師はmaneoマーケットの瀧本憲治社長が務められていましたが、その時瀧本社長が述べられたことについて、速報でお伝えしたいと思います。

     発表する運営会社が4社と少なく、また天候も良くなかったことから、いつもより早い20:20に各社発表と質疑応答が終わりました。なお、グリーンインフラレンディングの募集がしばらく行なわれていないことは、いくつかのブログ、5chで話題になっていましたが、そのことを問いただす質問はありませんでした。

    もちろん質疑応答の時間は十分に設けられており、盛んに質問・要望が行なわれていました。

     質疑応答の後に上記PDFを紙に印刷したものがセミナー参加者に配られ、瀧本社長から事態について説明がありました。

     瀧本社長は上記発表がグリーンインフラレンディングのWEBサイトで行なわれたのは18:30であったことを告げ、上記PDFの内容を読み上げられました。

     その後ここにいらっしゃる方に質問を頂いても、それに答えることは立場上できないことを詫び、理解を求められました。そして上記PDFに書いてあるとおり、次回の報告は6月19日(火)にあることを告げ、そこで、セミナーは完全にお開きになりました。

     私はグリーンインフラレンディングの発表があったことは知らずにセミナーに参加していたのですが、まだ「募集が停止になった、確認を要する事態になった」だけとのことで、今のところは冷静に事態を捉えています。

    他の参加者にも動揺は認められませんでした。

    私は冷静に6月19日の発表を待とうと思っています。

    それまでに何らかの進捗があり、発表ができる見込みなのでしょう。

    慌ててどうなるものでもありませんし、あれこれ質問しても詮無い事と考えています。

    ※ソーシャルレンディングとはどのような金融商品であるかの解説記事を書きました。お読みいただけると嬉しいです。
    ソーシャルレンディングとはどのような投資商品なのか、その魅力を徹底解説します。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約459万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3. クラウドバンク: 約231万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約83万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:226万円
    8.LCレンディング : 約219万円
    9.ガイアファンディング : 約209万円
    10.トラストレンディング : 約180万円
    11.クラウドリース : 約169万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約221万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約63万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約52万円
    20.プレリートファンド:約82万円
    21.エメラダ・エクイティ:70万円
    22.SAMURAI: 35万円
    (総額:約2,893万円)

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額300億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    グリフラ・・・

    合同セミナーではグリフラの件は語られなかったのでしょうか?
    アウトサイダーズレポートでは、JCサービスが行政処分と書かれました。JCサービスは第二種金融商品取引業者でもなく貸金業者でもないので、信ぴょう性は疑わしいですが、グリーンインフラレンディングは貸金業者だと思っていたら、会社サイトにはその記載が無いので違うようです。ただ、なぜ貸金業者ではないのだろう?という疑問が湧きました。
    maneoの名前で発表されていて、maneoのサイトには載っていないのも気になります。色々気がかりになってきました。。

    2018-06-12 00:17 │ from かもめURL

    語られましたが、記事にあるとおり後日の発表を待ってほしいとのことでした

    かもめさん
    コメントをどうもありがとうございます。

    グリーンインフラレンディングのことについては発表がありましたが、その場ではそれ以上のことは話せないことへの謝罪、後日(6/19)の報告を待ってほしいとの滝本社長からのコメントがありました。

    すみません、寝落ちしてしまい、先程の投稿が不完全なものになってしまったことをお詫びします。

    2018-06-12 03:17 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1390-169807c2