FC2ブログ

    ソーシャルレンディング2018年5月募集額速報 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング2018年5月募集額速報

    ソーシャルレンディング2018年5月募集額速報


     ソーシャルレンディング、投資型クラウドファンディングにおける2018年5月期募集額速報をお伝えします。

    ソーシャルレンディング2018年5月募集額

     2018年5月における募集額は176億9,123万円となりました。過去最高を記録した先月(2018年4月)における228億4,980万円よりも約50億円減少するという結果となりました。比率でいうと23%減ということになります。

     最近の傾向ですが、ソーシャルレンディングの月募集額はある月が過去最高を記録すると次の月は落ち込み、さらにその次の月は過去最高を更新するということを繰り返しています。

    具体的には以下のようになっています。

    2017年09月募集額:約092億
    2017年10月募集額:約155億(過去最高)
    2017年11月募集額:約131億
    2017年12月募集額:約162億(過去最高)
    2018年01月募集額:約143億
    2018年02月募集額:約192億(過去最高)
    2018年03月募集額:約168億
    2018年04月募集額:約228億(過去最高)
    2018年05月募集額:約177億

     なぜこのようなことが起こるのか?興味深いですが考察は別の機会にしたいと思います。過去の例にならって来月は盛り返すことを期待したいです。

    各サービスに目を向けると募集額が歴代1位を記録したのが

    maneo、クラウドリース、TATERU FUNDING、アメリカンファンディング、さくらソーシャルレンディング、

     となりました。特にmaneoは前人未到の60億円超えの記録を達成したことを特筆しておきます。TATERU FUNDINGもこれまで月募集額は多くとも2億円台だったのが5月は一気に4億円台に乗せました。募集をかけれればあっという間に埋まるTATERU FUNDINGがいよいよ本格的に活動を始めたものと考えられます。

    同じく歴代2位を記録したのが

    オーナーズブックFUNDINNOとなります。

    ソーシャルレンディング2018年5月末累計募集額

    2018年5月末における累計募集金額は3,371億8,348万円となりました。

     ソーシャルレンディングの募集額は全体的に好調であり、メディアに取り上げられる事例もますます増えています。ただ行政処分を受けた一部の業者が業界に影を投げかけていることは否定できません。

     誠実に、堅実に運営を行っている業者には是非この影を払拭して、ソーシャルレンディング全体の勢いを取り戻してくれることを期待したいと思います。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年4月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約458万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3. クラウドバンク: 約231万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:226万円
    8.LCレンディング : 約239万円
    9.ガイアファンディング : 約208万円
    10.トラストレンディング : 約130万円
    11.クラウドリース : 約168万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約220万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約63万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約52万円
    20.プレリートファンド:約81万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    22.SAMURAI: 35万円
    (総額:約2,782万円)

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、、募集額1,200億円の実績あり


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    各社募集実績の求め方
    maneo:ホームページの「成立ローン総額」から
    AQUSH:月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページの「累計応募金額」から
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」から
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」から
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    SAMURAI:WEBサイトの「商品一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」から
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」から
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」から
    TATERU FUNDING:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    クラウドリアルティ:WEBサイトの募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」から
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」から
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ポケットファンディング:ホームページの「累計応募成立金額」から
    ネクストシフトファンド:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    プレリートファンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    FUNDINNO:WEBサイトの「累計成約額」から
    エメラダ・エクイティ:WEBサイトの募集が終了した案件の合計額から
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1371-8012e2a8