橋本之克氏の国内クラウドファンディングの実態分析に反する私の考え 前編 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 投資型クラウドファンディング versus 非投資型 » 橋本之克氏の国内クラウドファンディングの実態分析に反する私の考え 前編

    橋本之克氏の国内クラウドファンディングの実態分析に反する私の考え 前編


     ビジネスジャーナルジャーナルで国内クラウドファンディングの実態を分析する記事が掲載されました。国内クラウドファンディングが「わかりにくい」とされていることについての解明が行われています。

    ソーシャルレンディング_ビジネスジャーナル記事

    クラウドファンディングへの大いなる誤解…9割はお金を儲けたい人のための「金融商品」(2018/4/19 ビジネスジャーナル 橋本之克氏著)

     大変興味深い考察ですが、同意できないところがあります。橋本氏が見る国内クラウドファンディングの現状と私が見るそれとの対比を行い、それを考察していきたいと思います。

    ソーシャルレンディングを不当に扱うメディアが多い中、橋本氏の姿勢は素晴らしい


     国内クラウドファンディングではなぜか、規模では10%にも満たないはずの「購入型」がメディアで大きく取り上げられていました。その一方で全体の9割を占める「購入型」(ソーシャルレンディング)の扱いは少ないものでした。

     慈善活動の顔を持つ、「寄付型」、「購入型」がメディア受けしやすく、扱いが大きくなるのは理解できます。しかしその際になぜか購入型が「主流」と扱われることに私は不満でした。市場規模で言えば「主流」は圧倒的にソーシャルレンディングであるからです。

     ソーシャルレンディングが尽力して集めた募集額をあたかも購入型クラウドファンディングの功績のように扱う記事もあり、その不満はいや増していました。

    参考
    2017/1/15 ソーシャルレンディングの功績を横取りする購入型クラウドファンディング

     橋本氏の記事は上記のような「ごまかし」を行うことなく、国内クラウドファンディングのほとんどがソーシャルレンディングである事実を受け止め、その上で考察が行われています。

     国内におけるクラウドファンディングの市場規模は、2016年度において、前年より97%増加し、745億5100万円とほぼ倍増している。そのシェアは、寄付型が約5億円、購入型が62億円にとどまる一方で、貸付型が最も大きく672億円と、全体の9割以上となっている。


     当たり前のことですが、その当たり前を行ってくれる人が少ない中、橋本氏の姿勢は素晴らしいと私は思います。


    金の貸し借りに後ろめたさを感じているソーシャルレンディング投資家はいない


     上記橋本之克氏の記事では、ソーシャルレンディングが表面にでにくい理由を「日本人お金における恥の気持ち」、「おおっぴらに金の貸し借りを語ることの抵抗」と分析しています。

    日本人は昔から、お金に関する“恥”の気持ちを持ち、お金の貸し借りをおおっぴらに語ることには抵抗がある。


    そのことに加えて

    「ホンネ」ではソーシャルレンディング投資により利益を得たい人、お金を借りたい人がいるため「水面下」でソーシャルレンディングが広まっている

    「購入型」、「寄付型」の華やか、社会貢献的なイメージがクラウドファンディングのイメージを引き上げ、ソーシャルレンディングの利用も後押しされている。


     といった分析もなされています。なかなか興味深い分析ですが、ソーシャルレンディングで6年の投資歴がある私の視点からすると、違和感を覚えるのも事実です。

     たしかに金の貸し借りの話だけではなく、投資全般の「お金」の話はおおっぴらに話されにくい傾向が日本人あることは事実です。しかしソーシャルレンディングを投資の一分野としてとらえると、それが「金の貸し借り」だからといって、それを引け目にとらえる雰囲気はないと私は感じます。あくまで株式や投資信託、FXなどの他の金融商品と同列であり、「金の貸し借り」が存在しているからといって「後ろめたさ」があるようには感じられません。

     もっとも金の貸し借りという理由でソーシャルレンディングを白眼視する人が「ごく一部」いることは事実です。ソーシャルレンディングに不勉強な人であり、投資もしていないと思いますが。

    ファイナンシャルプランナー山崎俊輔氏のことです。

    参考
    201711/15 ファイナンシャルプランナー山崎俊輔氏のソーシャルレンディング批判に対する反論 その1

     日本のソーシャルレンディングは、融資先が消費者ではなく企業であり、デットとエクイティの違いはあれど株式と同じ純然たる事業投資であることも負のイメージを少なくしていると思います。かといってクラウドクレジットの新興国、中進国への個人融資をテーマとした商品が弱者を搾取するようなイメージで語られるようなこともありません。むしろ、貧困解決の手段としてポジティブに捉えられ、ESG投資の対象にさえなっています。

    参考
    2018/4/22 クラウドクレジット運用資産残高70億円突破、1.3億円の資金調達おめでとうございます

     やはりソーシャルレンディングが購入型より表面に出にくいことの理由は「金、投資の話をおおっぴらにしにくいこと」あたりに留め、「金の貸し借りをすることの後ろめたさ」までに求めることまではない、というのが私の感想です。

     もっともソーシャルレンディングを金貸しというだけで、悪徳消費者金融のイメージを持ち敬遠している投資家がいる可能性は否定しません。その人たちが市場に参入してくれれば市場はもっと拡大するでしょう。

     新たな投資家を呼び込むために、そのようなイメージを払拭することに業界は努めるべきでしょう。山崎俊輔氏のような不勉強な評論家を糾弾することによって。

    次回記事
    2018/5/17 橋本之克氏の国内クラウドファンディングの実態分析に反する私の考え 後編

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年4月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約458万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3. クラウドバンク: 約231万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:226万円
    8.LCレンディング : 約239万円
    9.ガイアファンディング : 約208万円
    10.トラストレンディング : 約130万円
    11.クラウドリース : 約168万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約220万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約63万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約52万円
    20.プレリートファンド:約81万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    22.SAMURAI: 35万円
    (総額:約2,782万円)

    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、、募集額1,200億円の実績あり


    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1342-116c737c