FC2ブログ

    みんなのクレジット事件、アセットカフェが本格的に活動開始 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » みんなのクレジット » みんなのクレジット事件、アセットカフェが本格的に活動開始

    みんなのクレジット事件、アセットカフェが本格的に活動開始


    アセットカフェがみんなのクレジット事件被害者のために立ち上がった


    みんなのクレジット事件で新しい動きがありました。

    アセットカフェみんくれ2

     資産活用、また金融商品詐欺の啓蒙に様々に活動を行っているアセットカフェが2018年6月24日に被害者を集結させ、被害回復に向けて本格的な活動を起こします。

    アセットカフェ分科会:6/24(日)「みんなのクレジット/スカイキャピタル」全国から集結を目指して(2018/5/2 アセットカフェ)

    【テーマ】「みんなのクレジット/スカイキャピタル」集結の場
    【日程】2018年6月24日(日) 13:00~18:00(予)
    【時間】12時30分会場 13時00分スタート
    【キャスト】多田文明(詐欺ジャーナリスト)
    【キャスト】刑事弁護士事務所(初めてご登場いただきます。登壇者様の情報開示に時期を含め慎重に取り扱っていますことをご理解ください)
    【会場】都内
    【対象】被害者限定
    【参加費】3,980円(会場費/準備費/懇親会軽食費含む)
    【持ち物】筆記用具/メモ/告訴資料持参
    【懇親会】あり。ささやかながら軽飲食をご用意させていただきます。リアルな情報交換の場としてご活用ください


     上記のとおり、参加資格があるのはみんなのクレジットの「被害者」だけです。アセットカフェが「分科会(分野限定の会)」を別途設けるという形で、活動を行うようです。

    今企画では我々アセットカフェ事務局は裏側に回り、「被害者」の方への協力に向けて走り出した「刑事弁護士」との対面の場とさせていただきます。参加者は書類を持参し、「会」の発足と迅速な広報活動に向けて手続き等も行うため、じっくりと時間をとって進行をサポートする予定です。
    当日内容については下記のとおりです。秘匿性の高い内容も一部あり、情報は慎重に取り扱っておりますことを予めご理解ください。詳細は個別に連絡させていただきます。


     とのことで、被害者は本格的に刑事裁判でみんなのクレジット(運営会社:スカイキャピタル社)と争うためのサポートが受けられそうです。

     “「会」の発足”とありますが、これは「なゆきちさん」の一連の行動によって機能不全に陥ってしまった「被害者の会」が仕切り直され、本格的に発足するものと思われます。いよいよ反撃の狼煙があげられたということでしょう。


    金融庁はいったい今何をしているのか?


     今回のみんなのクレジット事件は、ソーシャルレンディングの融資先が金融庁の指導により開示できないこと、いわゆる「匿名化」が大きな問題を引き起こした事例でした。

     本来でしたら金融庁と検察が事態の収束に当たるべきなのでしょうが、一体何をしているのでしょうか?

     ことに金融庁は自らが行った「匿名化」の指導が、今回の惨事を招いたことをどう考えているのでしょうか?

     金融庁があてにならない以上、是非アセットカフェには是非徹底的に真相と責任の究明をしていただきたいと考えています。

    P.S
    アセットカフェは2018/3/24にもみんなのクレジット事件についてセミナーを開催し、被害者の救済に努めてきました。今後も活躍に期待です。


    参考
    2018/3/9/ みんなのクレジット、ヤフーニュースのコメントに一縷の希望が

    ※ソーシャルレンディングとはどのような金融商品であるかの解説記事を書きました。お読みいただけると嬉しいです。

    ソーシャルレンディングとはどのような投資商品なのか、その魅力を徹底解説します。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年4月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約458万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3. クラウドバンク: 約231万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:226万円
    8.LCレンディング : 約239万円
    9.ガイアファンディング : 約208万円
    10.トラストレンディング : 約130万円
    11.クラウドリース : 約168万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約220万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約63万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約52万円
    20.プレリートファンド:約81万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    22.SAMURAI: 35万円
    (総額:約2,782万円)

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、、募集額1,100億円の実績あり


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1313-70db263a