FC2ブログ

    SBIソーシャルレンディングがWBSで紹介されました!内容を詳しく解説します。 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » SBIソーシャルレンディング » SBIソーシャルレンディングがWBSで紹介されました!内容を詳しく解説します。

    SBIソーシャルレンディングがWBSで紹介されました!内容を詳しく解説します。


    いよいよソーシャルレンディングがWBSに登場した!


     SBIソーシャルレンディングが2018年4月20日放送のWBS(ワールドビジネスサテライト・テレビ東京系列)で紹介されました。

     私はモーニングサテライト、WBSの両方を視聴していますが、ソーシャルレンディングが登場したのは初めてのはずです。ただし投資型クラウドファンディングとしてクラウドリアルティ、また上場企業の紹介としてオーナーズブックの運営会社であるロードスターキャピタルが紹介されたことはあります。

    放送の様子をお伝えします。番組を見て「ソーシャルレンディングとはなんだろう?」をまず知りたい思われた方はこのリンク先の記事をご参照ください。

    参考
    当ブログのソーシャルレンディング紹介記事:ソーシャルレンディングとはどのような投資商品なのか、その魅力を徹底解説します。

    01_ソーシャルレンディングがWBSに登場02_ソーシャルレンディングがWBSに登場

    大江麻理子キャスターがCM前に「10分で4億5千万円を集めるソーシャルレンディングとは?」と「Stay tuned」を行います。

    CM明け後にソーシャルレンディングの紹介が始まる


    03_ソーシャルレンディングがWBSに登場

     「お金を借りたい企業と個人投資家を結びつける「ソーシャルレンディング」というサービスをご存知でしょうか?」と大江キャスターが問いかけます。

    ※ソーシャルレンディングは「お金を借りたい人と貸したい人を結びつけるサービス」と紹介されることがありますが、これは国内ソーシャルレンディングの場合厳密には正しくありません。WBSスタッフが正しく取材を行い、勉強をしていることがわかります。

    04_2ソーシャルレンディングがWBSに登場

     クラウドポートのデータを元に国内市場が2014年の143億円から、2017年には9倍の1,316億円に急拡大したことが紹介されます。

     募集開始で10分で数億円を集めることもあるソーシャルレンディング、その人気の秘密を紹介します。と番組はスタジオからVTRに移ります。

    実際の融資審査、募集の様子が映し出される


    08_ソーシャルレンディングがWBSに登場

     SBIソーシャルレンディング、バイオマス案件における融資審査の様子が紹介されます。バイオマス発電の実績が国内でないため、銀行が融資に踏み込んでくれない現状が説明されます。

    12_ソーシャルレンディングがWBSに登場2

     資金を打つタイミングが早いのがソーシャルレンディングの最大のメリットだと述べられます。りソーシャルレンディングならば、銀行よりも早く資金が調達できます。企業はそこにメリットを見出し、銀行よりも高い金利でも融資を前向きに受けるのです。

     融資先は「借り手」とだけ紹介され実際の企業名は示されません。金融庁の「匿名化」の指導に配慮したものと思われます。

    16_ソーシャルレンディングがWBSに登場2

     再生可能エネルギーといった先行きが見えにくい事業は銀行から融資を受けられないのが現状です。しかしソーシャルレンディングならばネットを通じてすばやく多額の資金を集めることができます。

    100_ソーシャルレンディングがWBSに登場

    1万円から投資が可能であること
    高い利回り(年利にして約5~10%)であるこ


    が投資家のメリットだと紹介されます。

    18_ソーシャルレンディングがWBSに登場

    SBIソーシャルレンディング社での実際の募集の様子が紹介されます。

    20_ソーシャルレンディングがWBSに登場

     案件は「SBISLメガソーラーブリッジローンファンド 13号 募集金額4億5千万円:利回り7%、運用期間13ヶ月、2018年4月20日午前10時募集開始」です。

    まさに放送日に募集が行われたばかりのファンドの様子が紹介されたことになります。

    24_ソーシャルレンディングがWBSに登場

    募集が開始されると、「カン」、「カン」と小さく鐘が鳴ります。投資申込みが入ると鐘が鳴る仕組みになっているようです。

    30_ソーシャルレンディングがWBSに登場34_ソーシャルレンディングがWBSに登場
    36_ソーシャルレンディングがWBSに登場38_ソーシャルレンディングがWBSに登場

    またたく間に出資申し込み金額が積み上がっていきます。

    40_ソーシャルレンディングがWBSに登場

     募集開始10分後の10時10分には満額成立しました。約600秒の間に約600の申し込があったといいうことは鐘は平均して1秒に1回ずつ鳴り続けていたことになります。

    44_ソーシャルレンディングがWBSに登場

     SBIソーシャルレンディングの織田貴行社長が人気の仕組みを分析します。この低金利時代において投資信託のような(価格の)変動のあるもの、ストレートボンド(普通社債、利回りは1%未満が大半)なとを比較した場合、(その変動がない)6~10%のリターンが得られるソーシャルレンディングが投資家に好まれるようになっているのだと織田社長は語ります。

    50_ソーシャルレンディングがWBSに登場

     10分で4億5千万円が集まる人気の理由は?と大江キャスターに問われた滝田洋一キャスターはその理由を
    1. ネットで手軽に投資・低額から運用できること
    2. 低金利時代により運用に困った投資家が大量に流れ込んでいる
    と指摘し、10分間で4億5千万円が流れ込む相当大きなマーケットになりつつあると分析します。

     滝田キャスターは融資先に対する審査は厳格にやらなければいけないことは留意事項であると、注意喚起を最後に行います。

    200_ソーシャルレンディングがWBSに登場

     ソーシャルレンディングの紹介は以上です。番組の最後には今日紹介したニュースの1つとして再び表示されます。ここでのコメントはありませんでした(時間が押していたのかもしれません、時間に余裕があるときは出演者からコメントがあることがあります)

    私からの感想


     大変ソーシャルレンディングを魅力的に伝えてくれる良い内容でした。辛口の評論、注意喚起が大目になるかと予想していましたが、そんなことはありませんでした。

     ただ私が残念だと思ったことは
    1. 紹介された運営会社がSBIソーシャルレンディングだけだったこと
    2. 「ネットで手軽に投資・低額から運用できること」が人気の一番の理由とは思えないこと
    の2つです。

    1.紹介された運営会社がSBIソーシャルレンディングだけだったこと


     国内ソーシャルレンディング業者はSBIソーシャルレンディングだけではありません。

     その他にも国内にはmaneoクラウドバンククラウドクレジットオーナーズブックSAMURAI、LCレンディング、ガイアファンディング、トラストレンディング、クラウドリース、スマートレンド、アメリカンファンディング、グリーンインフラレンディング、さくらソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンス、アップルバンク、LENDEXポケットファンディング、プレリートファンド、ネクストシフトファンドと活発に活動しているサービスが20近くあります。

    全部とは言わないまでも、あと4,5社ぐらいは紹介してほしかったです。

    2017年に1,316億円が集まったのは決して1社だけの功績ではないのですから。


    2.ネットで手軽に投資・低額から運用できること」が人気の一番の理由とは思えないこと


     滝田キャスターの分析にケチをつけるようで申し訳ありません。しかし私はこのことがが最近の人気の一番の理由とは思えません。ソーシャルレンディングの最近の盛り上がりは

    ソーシャルレンディング運営会社が投資家に長年着実にリターンを返してきた実績が評価されたこと、それがネットの口コミで広まったこと

     が最大の理由と私は分析します。ネットで少額から手軽に投資できるサービスは他にもいくらでもあります。投資信託、ETFなどです。しかしそうしたものの投資対象は大抵が株式などのキャピタルゲインにより収益を得るタイプの投資商品でした。そしてそれらは高い手数料や、荒い市場の値動きにより投資家からの期待をほとんど裏切ってきました。

     それに対してソーシャルレンディングは損失を含めても、ここ3年の利回りは8%という高い実績を誇っています。ほとんどの投資家は儲かっているのです。

     このことがネットの口コミで広がっていき、投資家の信頼を集めたことが人気の最大の理由だと私は思います。ソーシャルレンディングの手軽に少額から投資できる特性は登場時(2008年)からほとんど変わっていません。しかし当時から今のように爆発的な人気があったわけではありません。コツコツ信頼を積み重ねてきた結果なのです。当ブログでもソーシャルレンディングの投資記録、リターンは約6年もの間にわたり発表しています。

    参考
    当ブログの投資記録・収益報告へのリンク

     一言居士な私がケチを付けてしまいましたが、ソーシャルレンディングの人気の理由を解りやすく説明してくれる、大変素晴らしい内容でした。

     とうとう経済番組の雄、WBSに登場したソーシャルレンディング。2018年はますますの発展が期待できそうです。

    ソーシャルレンディングとはなにか?更に詳しく知りたい方は

    ソーシャルレンディングとはどのような投資商品なのか、その魅力を徹底解説します。

    をご参照ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年3月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約456万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3. クラウドバンク: 約257万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約260万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:224万円
    8.LCレンディング : 約238万円
    9.ガイアファンディング : 約207万円
    10.トラストレンディング : 180万円
    11.クラウドリース : 約167万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約218万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約62万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約51万円
    20.プレリートファンド:約81万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    22.SAMURAI:約10万円
    (総額:約2,821万円)

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額270億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    ファイアフェレットさんのおかげだよ!!

    まさしくそうですね!!
    「ソーシャルレンディング運営会社が投資家に長年着実にリターンを返してきた実績が評価されたこと、それがネットの口コミで広まったこと」

    貸し倒ればかりならみんな離れてますよね。
    着実に分配金を払っていった実績があるから、みんな投資するんです!
    安心して再投資するんです!!!

    そして私はファイヤフェレットさんをはじめとする優秀なブロガーさんたちが
    ソーシャルレンディングを世に広め、人気が出た理由だと思います。
    間違いないです!!!

    客観的にソーシャルレンディングを調べて分析して記事を書いてくれる
    おかげで「じゃあ投資してみよう!」って
    私は去年の夏に始めの一歩を踏み出せました。

    TVキャスターはそのブロガ-たちの力を知っているか知らないか
    わかりませが、私はファイヤフェレットさんにとても感謝しています!ありがとう!

    2018-04-21 14:38 │ from とねりこURL

    本当に嬉しいです。

    とねりこさん、激励のお言葉どうもありがとうございます。

    運営会社がしっかり分配を行ってきて、私達ブロガーが利益を得られていこそ
    そのことを包み隠すことなく、ブログに記すことができました。

    かくいう私も中田(けにごろう)さんや、サムさんのブログを見て
    自分もブログを始めたものです。

    自分はブログの情報に「客観性」はこだわっているので
    そのことを褒めていただいたことは本当に嬉しく思っています。

    この流れがどんどん広がって行き、いずれソーシャルレンディングが
    投資信託、株式投資、ETF、FXと並べられ、
    当たり前のように語られる社会になればよいと思っています。

    2018-04-21 21:36 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1292-08ba8bf0