FC2ブログ

    みんなのクレジットがスカイキャピタルに社名変更、その意図とは - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » みんなのクレジット » みんなのクレジットがスカイキャピタルに社名変更、その意図とは

    みんなのクレジットがスカイキャピタルに社名変更、その意図とは

    みんなのクレジットが社名変更、その意図とは

     みんなのクレジットの運営会社、(株)みんなのクレジットが2018年3月30日に社名変更を行い(株)スカイキャピタルになったこと、また本社移転を行ったことを同4月3日に発表しました。

    みんなのクレジット_社名変更

    社名の変更のお知らせ(2018/4/3 みんなのクレジットWEBサイト)

    投資家の皆様へ

     平素は格別のご高配を賜り、深く御礼を申し上げます。

    この度、株式会社みんなのクレジットは、平成30年3月30日に、社名の変更及び本社を移転いたしました事をご報告申し上げます。

    新名称:株式会社スカイキャピタル
    移転先:〒104-0045 東京都中央区築地7丁目11番5号 

    尚、みんなのクレジットのホームページ及び投資家の皆様のマイページは、株式会社スカイキャピタルに引き継がれ、管理されます。

    投資家の皆様からのお問合せにつきましては、引き続きcontact@m-credit.jpにて承ります。


    この名称変更と移転の理由を考察してみたいと思います。


    1.狂言、猿芝居、茶番劇との非難をかわすため


     みんなのクレジット社の融資先であるテイクオーバーホールディング(以下TOH)社、この2つは外面上、形式上は融資資金の返還を求め調停を行ってきたなど係争関係にありました。債権譲渡により一段落したものの、TOHの見舞金支払いに対してみんなのクレジット社が非難を表明するなど、表面上は係争が続いているように見えます。

     しかしみんなのクレジット社の代表である阿藤新氏と白石伸生氏がかつて同じ会社(ブルーウォール社)の役員であったこと、また両社が階は違えど同じビルにあることから、上記係争は「時間稼ぎの茶番劇にすぎない」と見られていました。

    参考
    みんなのクレジット、投資家無視の「禁じ手」を実行か(2018/3/6東京商工リサーチ)

    まずは転居だけでもすることにより、その非難をかわす狙いがあるものと見られます


    2.グーグル検索における悪い評判をリセットするため


    みんなのクレジット_検索候補

    現在「みんなのクレジット」でGoogle検索をかけようとするとこのような検索候補が表示されます
    「詐欺」、「被害」、「デフォルト」などの悪い言葉が「現段階」では並んでいるわけではありません

    みんなのクレジット_検索結果

    ただ検索結果はほとんどがみんなのクレジットによる被害を詳しく伝えるものです。

     社名をスカイキャピタルに、いずれはサービス名も変更して評判をリセットする狙いがあるのではないのでしょうか。


    3.ソーシャルレンディング事業を再開するため


    ソーシャルレンディング事業を本格的に営むには
    1. 金融商品取引業第二種
    2. 貸金業
     両方の登録が基本的に必要です。どちらかがなくとも、実は両方なくともいろいろな方法で営業を行うことができますが、やはり両方を持っている会社は強いです。

     ソーシャルレンディング運営業者で100億円以上を投資から集めた会社は現時点で6社あります。金額順(2018年3月末時点)に並べるとmaneo(約1160億円)、SBIソーシャルレンディング(約473億円)、クラウドバンク(約270億円)、LCレンディング(約182億円)、グリーンインフラレンディング(162億円)、ラッキーバンク(約155億円)ですが、グリーンインフラレンディング以外は両方を登録しているのです。

     両方を登録していれば国内外・グループ会社であるかどうかを問わずに融資が行えます。また投資家の募集、案件組成、資金募集を自前で行なえます。またmaneoのように他のプラットフォームの案件募集も請け負うことができるのです。

     そしてスカイキャピタル(旧みんなのクレジット)社はその両方を持っています。現在金融庁はこの両方の登録を行うのに非常に厳しい審査を行うと聞いています。会社としての価値は大変なものがあるのです。

     ほとぼりの冷めた頃、スカイキャピタルは新たにソーシャルレンディング事業、ないし金融商品を扱う会社を再起動させるつもりなのかも知れません。


    最後に


     私個人としては、価値のある会社を腐らせてしまうよりは再利用するのもいいかと思います。しかしそれをするならばかつてみんなのクレジットが行った投資家の募集方法に瑕疵(間違い)があったことを認めて、いくらかの補償をするべきではないのでしょうか?

    損失補填は運営会社に瑕疵があった場合は行うことが可能です。

    せめて被害者に最善となる手を尽くして欲しいと思います。

    ※ソーシャルレンディングとはどのような金融商品であるかの解説記事を書きました。お読みいただけると嬉しいです。
    ソーシャルレンディングとはどのような投資商品なのか、その魅力を徹底解説します。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年3月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約456万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3. クラウドバンク: 約257万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約260万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:224万円
    8.LCレンディング : 約238万円
    9.ガイアファンディング : 約207万円
    10.トラストレンディング : 180万円
    11.クラウドリース : 約167万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約218万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約62万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約51万円
    20.プレリートファンド:約81万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    22.SAMURAI:約10万円
    (総額:約2,821万円)


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額270億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    社名ロンダリングが白石伸生のお得意ワザなのは、被害者は皆承知の所ですから
    次の詐欺ビジネスに備えて、将来いつでも使える法人として、クリーンに
    して隠しておきたいんでしょうね。更なる被害を止めるには、白石を逮捕して、
    一定の前科歴者が取締役員になれない内容の法律を使うのが有効で、
    もっとも白石が困る内の一つと巷でも囁かれていますね。
    困らないとプロ人はこちらの交渉にも全く応じて来ませんし。

    2018-04-05 16:02 │ from 軽太郎URL

    せめて被害者に少しでも補償があるように

    軽太郎さん
    コメントをどうもありがとうございます。

    本当にスカイキャピタルの会社としての価値は相当なものがあるはずであり、白石氏がそれに目を付けていないはずはないと考えています。会社の財務状態も債権譲渡できれいなものでしょう。

    見舞金の支払いを申し出たことからTOHは追い込まれているのかな?と思った時期も私にはありました。しかし見舞金に関することで投資家からの問い合わせにまったく応じてないとすると、その見立ては甘かったのかも知れません。

     金融庁、検察が動いているとの話は私も聞いています。それが本当であり、いよいよ危険が迫ったと先方が感じたならば、スカイキャピタルなりTOHなりから、より投資家に寄り添った補償、見舞金の話もでるかと思います。情状酌量のために。

    今回の記事はそれを期待して書きました。

    2018-04-05 21:52 │ from ファイアフェレットURL Edit

    みんクレ詐欺案件 朗報です。

    朗報です。みんなのクレジットセミナーが、盛況だった為、
    今後もみんクレ被害者と継続的に分科会で白石伸生の告訴を諦めない為にも協力してくれるみたいです。
    また動画配信も特別決定して下さいました。 アセットカフェ様感謝。

    下記抜粋

    講師・会員ともに話し足りない雰囲気の中、アセットカフェとしては「みんなのクレジットに投資された方からも引き続きヒアリングを行い、弁護士先生との連携が取れるよう計らう。分科会を設置する」ことを約束し、会は終了となりました。
    なお、当日の映像については現在編集しておりますので、少しお待ちください。映像の閲覧ついては会員限定コンテンツとなっておりますので、予め会員登録をされることをおすすめいたします。

    http://www.assetcafe.net/report20180324/

    会員は無料で登録出来ます。

    2018-04-05 22:21 │ from 阿白逸郎URL

    動画が公開されるのを楽しみにしています。

    阿白逸郎さん、コメントと情報提供をどうもありがとうございます。

    みんなのクレジット事件がソーシャルレンディング業界に与えた影響は甚大ですので、
    問題があれば刑事告訴が行われること、また被害者の方々へ補償が行わえることを希望します。

    動画が公開されるのを楽しみにしています。

    引き続きよろしくお願いします。

    2018-04-06 13:07 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1260-44d621e2