FC2ブログ

    ソーシャルレンディングの全収益、2017年分を確定申告しました - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング収益報告 » ソーシャルレンディングの全収益、2017年分を確定申告しました

    ソーシャルレンディングの全収益、2017年分を確定申告しました


    先日2017年(平成29年)分の確定申告を済ませました。

     その際には当然ソーシャルレンディングの2017年における全収益がどのくらいになったのかを計算しました。各運営会社が発行してくれる年間取引報告書、支払調書、期間(年間)損益報告書とともにご報告したいと思います。

    AQUSHからの利益


    AQUSHからの税引き後利益は約6万349円となりました。

    01_AQUSH取引20180301


    maneoからの利益


    maneoからの税引き後利益は22万1,326円となりました。

    02_maneo取引20180301

    maneo公式サイトへ

    クラウドバンクからの利益


    クラウドバンクからの税引き後利益は10万1,985円となりました。

    03_クラウドバンク取引20180301

    クラウドバンク公式サイトへ

    SBIソーシャルレンディングからの利益


    SBIソーシャルレンディングからの税引き後利益は4,817円となりました。

    04_SBIソーシャルレンディング取引20180301

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

    ラッキーバンクからの利益


    ラッキーバンクからの税引き後利益は3万5,139円となりました。

    05ラッキーバンク取引20180301


    クラウドクレジットからの利益


    クラウドクレジットからの税引き後利益は8万4,754円となりました。

    06クラウドクレジット取引20180301

    クラウドクレジット公式サイトへ

    オーナーズブックからの利益


    オーナーズブックからの税引き後利益は5万7,479円となりました。

    08_オーナーズブック取引20180301

    オーナーズブック公式サイトへ

    LCレンディングからの利益


    LCレンディングからの税引き後利益は10万477円となりました。

    09_LCレンディング取引20180301


    ガイアファンディングからの利益


    ガイアファンディングからの税引き後利益は12万3,404円となりました。

    10ガイアファンディング取引20180301


    トラストレンディングからの利益


    トラストレンディングからの税引き後利益は18万3,404円となりました

    11トラストレンディング取引20180301


    クラウドリースからの利益


    クラウドリースからの税引き後利益は10万6,085円となりました。

    12クラウドリース取り引20180301


    スマートレンドからの利益


    スマートレンドからの税引き後利益は1万5,490円となりました。

    13スマートレンド取り引20180301


    グリーンインフラレンディングからの利益


    グリーンインフラレンディングからの税引き後利益は13万5,507円となりました。

    14グリーンインフラレンディング取り引20180301


    さくらソーシャルレンディングからの利益


    さくらソーシャルレンディングからの税引き後利益は2万9,556円となりました。

    15さくらソーシャルレンディング取り引20180301

    maneo公式サイトへ

    TATERU FUNDINGからの利益


    TATERU FUNDINGからの税引き後利益は1,990円となりました。

    16TATERU FUNDING取り引20180301

    TATERU FUNDING公式サイトへ

    ポケットファンディングからの利益


    ポケットファンディングからの税引き後利益は1万7,243円となりました。

    17ポケットファンディング取り引20180301

    ポケットファンディング公式サイトへ

    アメリカンファンディングからの利益


    アメリカンファンディングからの税引き後利益は1万2,476円となりました。

    18_アメリカンファンディング取り引20180301


    キャッシュフローファイナンスからの利益


    キャッシュフローファイナンスからの税引き後利益は1万768円となりました。

    19_キャッシュフローファイナンス取り引20180301


    アップルバンクからの利益


    アップルバンクからの税引き後利益は1万933円となりました。

    20アップルバンク取り引20180301

    maneo公式サイトへ

    みんなのクレジットからの利益


    みんなのクレジットからの税引き後利益は1万2,409円となりました。

    21_みんなのクレジット取り引20180301


    全社のまとめ



    ソーシャルレンディング2017年全収益まとめ

    上記結果を表にまとめました。税引前総利益が165万3,805円、源泉徴収額が33万7,483円、税引後総利益が131万6,322円となります。

    実際の支払額と比較しました


    ソーシャルレンディング2017年全収益まとめ差額1

     上記各書類に書かれた数値と、2017年中に実際に支払われた額の差額を計算しました。支払調書に書かれた額の方が実際に支払われた額よりも全体で3万4,624円大きいことがわかりました(実際に支払われた額が大きい場合赤字(マイナス)で表記)。

    120_ソーシャルレンディング2017年全収益まとめ差額2

     投資期間が1年未満のサービスで明らかな差額が目立つので2017年2月~2018年1月の間の方が近くなるのかと計算してみました。

    差額が小さくなったサービスが多いですが、それでも1万円の差があります。

    いろいろ理由を考察してみましたが、解決には至りませんでした。私の計算が間違えている可能性もありますが、ご容赦いただければ幸いです。


    ※ソーシャルレンディングとはどのような金融商品であるかの解説記事を書きました。お読みいただけると嬉しいです。
    2018/3/17 ソーシャルレンディングとはどのような投資商品なのか、その魅力を徹底解説します。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年2月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約454万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3. クラウドバンク: 約229万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約259万円
    6.ラッキーバンク : 約53万円
    7.オーナーズブック:224万円
    8.LCレンディング : 約237万円
    9.ガイアファンディング : 約206万円
    10.トラストレンディング : 180万円
    11.クラウドリース : 約166万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約216万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング公式サイトへ:約62万円
    17.アメリカンファンディング:約51万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約51万円
    20.プレリートファンド:80万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    (総額:約2,776万円)

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、、募集額1,100億円の実績あり


    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    分配金と報告書の金額に差が出るのは、分配が実施された日の年に算入するか分配金を日割り計算にしてそれぞれの日の年に算入するかで変わってくるからじゃないですかね。

    例えば今年1月の分配金。
    a)分配されたのが2018年だから2018年の年間報告書に入れる
    b)1月の分配金は12月◯日から1月△日の分だから、12月分は2017年、1月分は2018年に入れる

    私は去年運用開始、最初の分配が今年1月という案件が2つの業者でありました。(それぞれの業者ではその案件しか投資してません)
    ですが一方では年間報告書がマイページになく、他方ではそれが上がってます。具体的には前者がポケットファンディング、後者がmaneo系です。
    つまりポケットファンディングは上記のa)の考え方、maneo系はb)の考え方で計算してるようです。

    2018-03-31 11:01 │ from URL

    疑問が氷解しました

    なるほど!それですとmaneo系統で2017年2月から2018年1月の分配金の合計で計算したほうが差額が小さくなる理由が説明できますね。

    maneo系統で2017年中(12月)に分配がなかったのに1月に分配があったら2017年に年間報告書が提示された(税金をはらったことになる)。ということでしたら、まず間違いがないと思います。

    疑問が氷解しました。どうもありがとうございます。

    2018-03-31 14:17 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1253-a60c0819