FC2ブログ

    みんなのクレジットが調整お見舞金は無関係との声明を出しました - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » みんなのクレジット » みんなのクレジットが調整お見舞金は無関係との声明を出しました

    みんなのクレジットが調整お見舞金は無関係との声明を出しました


     先日(2018/3/14)みんなのクレジットの融資先の一つであるテイクオーバーホールディングスが、被害者に向けて調整お見舞金を支払うと発表しました。

    参考
    2018/3/14 みんなのクレジット事件、テイクオーバーホールディングスが損失額支給を表明

     その次の日、みんなのクレジットはテイクオーバーホールディングスの動きは無関係との声明を出しました。

    株式会社テイクオーバーホールディングスから発せられました「調整お見舞金」について(2018/3/15 みんなのクレジット)

    みんなのクレジットは関係を否定

    平成30年3月14日に株式会社テイクオーバーホールディングス(旧株式会社ブルーウォールジャパン)のホームページに掲載された内容につきまして、弊社と致しましては、全くの無関係である事をご報告申し上げます。

    弊社といたしましては、当然のことながら、本件につきましてのご質問に対する対応や責任を負うことなどは一切致しかねますので、ご承知おき下さい。

    投資家の皆様におかれましては、くれぐれも慎重なご判断を頂きたく存じます。



    直接の被害者にはもう少し詳しい内容のメールが送られておりその内容を要約すると
    • テイクオーバーホールディングスには見舞金を支払う能力はない
    • 見舞金支払は投資家を不公平に取り扱う言語道断の行為
    • 投資家は慎重に判断するべき
    • テイクオーバーホールディングスに個人情報を提供するつもりはない
    • この件に関する質者への回答、対応をみんなのクレジットは行わない
    となります。

     まことに正論ですが、みんなのクレジットの阿藤豊社長とテイクオーバーホールディングスの白石伸生社長がその前身であるブルーウォールジャパンの取締役であること(白石氏は代表取締役)、両社は階は違うが同じビルに入居していることを思うと、狂言もここに極まれり、という感じがします。

     しかし猿芝居だとしても「個人情報の提供は行わない」と建前上述べている以上、大きな疑問が生じます。テイクオーバーホールディングスに見舞金の支払を行うために、被害者が個人情報を提供したとして、本当に被害者であるかどうかどうやって確認するというのでしょう?

     スクリーンショットなどは本気でやろうと思えば簡単に偽造できてしまいます。まさか自己申告をそのまま信じてくれるわけでもないでしょう。

     先日の記事でも述べましたが、見舞金の支払を申し込みときには、詳しい説明を受けてからにするべきです。

     小山数樹さんが管理する「ソーシャルレンディングの歩き方」では弁護士の見解も交えて、今回のテイクオーバーホールディングス、みんなのクレジットの動きに注意喚起がなされています。

    2018/3/16 みんクレ元代表の白石、保身に走るも、杜撰な計画で投資家を騙そうとして大失敗(ソーシャルレンディングの歩き方 小山数樹さん著)
     
     是非、ご参照ください。

    ※ソーシャルレンディングとはどのような金融商品であるかの解説記事を書きました。お読みいただけると嬉しいです。
    2018/3/17 ソーシャルレンディングとはどのような投資商品なのか、その魅力を徹底解説します。

    2018年2月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約454万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3. クラウドバンク: 約229万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約259万円
    6.ラッキーバンク : 約53万円
    7.オーナーズブック:224万円
    8.LCレンディング : 約237万円
    9.ガイアファンディング : 約206万円
    10.トラストレンディング : 180万円
    11.クラウドリース : 約166万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約216万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約62万円
    17.アメリカンファンディング:約51万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約51万円
    20.プレリートファンド:80万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    (総額:約2,776万円)

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1224-62d27a0f