FC2ブログ

    みんなのクレジット事件、テイクオーバーホールディングスが損失額支給を表明 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » みんなのクレジット » みんなのクレジット事件、テイクオーバーホールディングスが損失額支給を表明

    みんなのクレジット事件、テイクオーバーホールディングスが損失額支給を表明


    テイクオーバーホールディングスが調整お見舞金支払いを表明


     投資家に30億円近い損失を与えた「みんなのクレジット事件」、その融資先の一つであるテイクオーバーホールディングス社が「調整お見舞金」として投資家に投資損失相当額を支給することを発表しました。

    みんなのクレジットテイクオーバが補償を発表

    株式会社みんなのクレジット投資家の皆様へ(2018/3/14 テイクオーバーホールディングスWEBサイト)

    株式会社みんなのクレジット投資家の皆様へ
    2018年03月14日

    拝啓 春暖の候 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

    さて、(株)テイクオーバーホールディングスグループ(以下、T社グループ)は昨年の夏以降、(株)みんなのクレジット社(以下、「みんクレ社」)との間で全額分割払い弁済による調停和解を目指して協議して参りましたが不調に終わり、先日T社グループ向け債権が第三者に売却されました。
    かかる行為は、T社グループが目指した投資家への全額分割プランとは真逆な結論であり、大変遺憾であります。

    しかしながら、T社グループがみんクレ社から融資を受けていたことは事実であり、またその融資金の原資はみんクレ社の投資家の方々からの資金であることから、結果として間接的にご迷惑をおかけすることとなった投資家の皆様に対し、T社株主及びスポンサーで協議した結果、T社株主及びスポンサー主導でSPC(特別目的会社)を設立し、全投資家に対して「調整お見舞金」として、投資損失相当額を支給させて頂くことと致しました。

    つきましては、皆様へ送金するための入力フォームを3月26日(月)に開設いたします(氏名、住所、会員番号、損失金額、等)。
    フォーム開設後、必要情報をご入力頂き、弊社からの連絡をお待ち頂ければ、個別にご連絡をさせていただき、順次支払を開始させていただきます。
    なお、若干名の、弊社に対し訴訟・紛争を提起されている方については、SPCからの支払対象外とさせていただきますので、支給を希望される場合は、訴訟取り下げ後に入力頂きますようお願い申し上げます(期限:2018/04/10まで)。

    以上、御理解のほどお願い申し上げます。



    テイクオーバーホールディングスの説明は現段階では疑問だらけ

    • いったいいくらぐらいが返済されるのか?
    • 損失額全額が補償されるのか?
    • 債権譲渡がされたのは他にも2社(ブルーアート社、らくらくぷらす社)もあるはずだが、その分はどうなるのか?
    • テイクオーバーホールディングスグループは債権を購入したサービサーへの支払い義務があるはずなのに、それを差し置いて見舞金を支払うのか?
    • サービサーはそれに納得しているのか?
    • 投資商品の運営会社ではないとはいえ損失補填は許されるのか?
    • なぜわざわざSPCを設立するのか、テイクオーバーホールディングスが普通に支払えばよいのでは?
    • このようなことをするくらいなら、またお金があるのならばなぜ最初から素直に返済に応じなかったのか?
    いろいろ疑問が残る内容です。

     お金の出し主はテイクオーバーホールディングス社の株主、およびスポンサーとのことですが・・・、いったい誰なのでしょうか?。

    支給されるには紛争・裁判を取り下げる必要がある


    この支払対象は「訴訟・紛争による解決を放棄する人」が対象です。

     なゆきちさん、幸福賢者さんが主催する被害者の会に参加している人は対象外、もしくは訴訟・紛争放棄をする必要があるということになります。

     本当に損失額がまるまる返ってくればよいのですが、テイクオーバーホールディングス社への融資額は全体の10%程度でありその分の補償です、という話もありえます。被害者の会への巧妙な分断戦略かもしれません。

    一括払いではなく長期の分割になると見た方がよい


    この利根川幸雄 こと金に限り虚偽は一切言わぬ 出す・・!出すが・・・今回 まだその時と場所の指定まではしていない そのことをどうか諸君らも思い出していただきたい つまり・・・我々がその気になれば金の受け渡しは10年20年後ということも可能だろう・・・ということ・・・!


     一括払いは期待しないほうがよいと思います。上記引用文にもあるとおり、「投資家への全額分割プラン」になるのでしょう。

    みんなのクレジットとテイクオーバーホールディングスグループとの第3回目の調停で、
    1. 返済期間が72回(6年)の長期に渡る分割返済
    2. 返済は1年目は全体の2%からスタート、その後だんだん大きくしていく
    3. 遅延損害金の支払いはなし
    4. 追加の保証や担保の差し入れはなし
     という支払い条件をテイクオーバーホールディングスグループは提示し、みんなのクレジットがそれを(形式上は)拒絶すると言う形で交渉は決裂、債権譲渡に至っています。今回投資家が調整お見舞金の支払いを求めたとしても、上記とそれほど変わらない支払い条件になるのではないでしょうか。

     仮に長期の支払いとなると、また「何らかの理由」で途中で支払いが停止されてしまう可能性だってあります。相手は国などの公共機関でも大企業でもなく、従業員が50人いるかも怪しい中小企業です。そうなってしまうと「訴訟・紛争による解決の取り下げ」を承諾してしまった投資家には為す術がありません。

    そうでなくとも長期の支払いに応じることは相手に逃げるための時間を稼がせることになります。

    支払申込まで情報収集、共有に努めるべき


     いったん絶望に突き落とされた投資家には、一筋の光明であり、すがりたくなる気持ちはよく理解できます。しかし仮に上記の支払い条件(6年72回払い)だとすると、本来ならば受け入れがたい悪条件であるはずです。最初の1年に戻ってくるのは6分の1(16.7%)ではなくたったの2%なのですから。

    それでも3%しか戻ってこないよりは、少しでも追加で取り戻せるならば・・・という気持ちも分からなくはありません。

     しかし被害者の方は支払いをテイクオーバーホールディングスに申し込むまで、よく詳細を尋ねてからにすることをお勧めします。

     テイクオーバーホールディングスが本気で誠意を持って損害を保証するつもりならば、誠意ある回答・説明がもらえるでしょう。

     申し込み期限は4月10日、まだ時間はあります。投資家同士で情報共有に努め、悔いが残る事態にならないようにするべきです。全日本プロレス、らいずほーむ、八丁堀投資(旧スピードパートナーズ)など、関係者の期待をことごとくテイクオーバーホールディングス代表の白石伸生氏は裏切ってきた過去があります。なぜソーシャルレンディングの投資家だけが「特別」になれるのでしょうか?

    当ブログが情報共有に少しでもお力になれれば幸いです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    全般ランキング


    ※ソーシャルレンディングとはどのような金融商品であるかの解説記事を書きました。お読みいただけると嬉しいです。
    2018/3/17 ソーシャルレンディングとはどのような投資商品なのか、その魅力を徹底解説します。



    2018年2月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約454万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3. クラウドバンク: 約229万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約259万円
    6.ラッキーバンク : 約53万円
    7.オーナーズブック:224万円
    8.LCレンディング : 約237万円
    9.ガイアファンディング : 約206万円
    10.トラストレンディング : 180万円
    11.クラウドリース : 約166万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約216万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約62万円
    17.アメリカンファンディング:約51万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約51万円
    20.プレリートファンド:80万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    (総額:約2,776万円)

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、、募集額1,100億円の実績あり


    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    これは訴えられるのを避けるためですかね?
    でも償還があるなら非常に嬉しいです。

    2018-03-15 06:34 │ from たっちんURL Edit

    No title

    そもそも返還の意思を示さなかったのはテイクオーバーホールディングスグループですから、返還の原資を持っているにもかかわらず、返還を拒否していたことを自ら証明しているようなものと知人の弁護士が述べていました。

    さもなくば、訴訟を取り下げさせて支払わないということになり、いずれにしても悪辣極まりないと考えます。

    訴訟取り下げ後に送金するための入力フォームに入力するよう記載されていますが、申し上げるまでも無く、テイクオーバーホールディングスの返金後に、訴訟を取り下げるのが道理というべき順序でしょう。

    2018-03-15 09:25 │ from 砂田URL

    それが主目的と見るべきでしょう

    たっちんさん、コメントをどうもありがとうございます。

    支払いの条件に「訴訟・紛争を提起されている方については対象外」と最後にあるので、それが主目的と見るべきでしょう。

    被害者の会の分断戦略もあるかなとは思います。


     嬉しいところに水をさして申し訳ありませんが、疑ってかかるべきです。私が考えられる限りの疑われる事態を、ブログ本文に加筆いたしました。ご参考になれば幸いです。

    2018-03-15 12:08 │ from ファイアフェレットURL Edit

    現時点ではあまりに一方的な通達です

    砂田さん、コメントをどうもありがとうございます。

    テイクオーバーホールディングスが支払い能力があるかどうかについては、私はなんとも言えません(無駄遣い、借金の返済に使ってしまい本当にないのでは?と正直考えています)。

     訴訟取り下げを引き換えに、長期の分割支払いを案を被害者に飲ませようとしてる、そして結局最後まで支払いは行われない、という事態も十分にありえます。

     今回の申し出はあくまでテイクオーバーホールディングスの一方的な案です。素直に応じるよりは、被害者が一致団結して交渉して少しでも良い条件、たとえば砂田さんがおっしゃるとおり訴訟取り下げは見舞金の支払い後、などを勝ち取れるように動くべきかと思います。

    2018-03-15 12:10 │ from ファイアフェレットURL Edit

    もう騙されませんね!お金があるなら、最初から返してよと思います。被害者会に参加してよかった。これからも戦っていきます。

    2018-03-15 22:38 │ from URL

    昨日、みんなのクレジットから連絡ありましたね。
    どっちが正しいか分からないです。

    2018-03-16 07:27 │ from たっちんURL

    こころから応援します

    被害者の会の方

    コメントをどうもありがとうございます。心から応援をしたいと思います。当ブログが少しでもお力になれれば幸いです。

    2018-03-16 12:32 │ from ファイアフェレットURL Edit

    大変戸惑われているかと思います。

    たっちんさん、コメントをどうもありがとうございます。

    みんなのクレジットのWEBサイトには「テイクオーバーホールディングスの見舞金支払いの動きとは無関係」と書いてありますが、被害者の方に直接宛てたメールでは「テイクオーバーホールディングスには支払能力はない」、とまで書いているようですね。

    大変戸惑われているかと思います。

     みんなのクレジットとしては、「これで被害者の会が勝手に行動してどのような目に会おうが、私共は関係ありませんよ」ということを宣言したいのかとおもいます。ますます警戒が必要かと存じます。

     現時点では情報共有につとめ、もし向こうが何らかの罠を仕掛けてきたとしても、それに嵌まることがないように気をつけるべきかなと思います。大したことを申し上げられなく、すみません。

    2018-03-16 12:33 │ from ファイアフェレットURL Edit

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1220-11e17c1d