FC2ブログ

    トラストレンディングが本社と同規模の沖縄支店を開設! - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » トラストレンディング » トラストレンディングが本社と同規模の沖縄支店を開設!

    トラストレンディングが本社と同規模の沖縄支店を開設!

     トラストレンディングの運営会社エーアイトラストが東京本店と同規模となる沖縄支店を開設します。

    トラストレンディング_沖縄支店開設

    「沖縄支店」開設のお知らせ (2018/1/12 トラストレンディングWEBサイト)


    出店理由としては

    沖縄においては、那覇空港の第2滑走路埋立工事、米軍普天間飛行場の県内移設に向けた辺野古の新基地建設等の公共工事に伴う大規模な埋め立てが行われる。辺野古だけでも公費は8千億円兆、10~15年の超恋に渡る公共事業が予定されているため

    その大規模埋立工事を請け負う、末端の下請け会社に近い場所に拠点を設けることにより、適宜東京本社と連携を図りながら、貸付先の与信管理事業及び債権の管理・回収事業において投資家の資産を安全に管理するため


    と説明されています。

    「東京本店と同規模」と書かれており、まさにトラストレンディングの運営会社エーアイトラストの社運を賭けた事業となりそうです。

    なぜ銀行でなくトラストレンディングが下請け企業に融資を行うのか?

    それについては、
    1. 大規模公共事業の元請けがスーパーゼネコンであること
    2. 融資先の下請け会社は現在の実績では、大型重機のリースに係る融資審査が通らない

    と説明されています。

    この沖縄事業はソーシャルレンディングの役割りを代表するものとなる


    これからの新しい金融、資金調達手段であるソーシャルレンディングの役割りとして、

    現状のガチガチの規制に縛られた銀行に代わり、中小企業への融資(資金調達)を行う、

    というものがあります。

     まさに今回の沖縄支店開設はソーシャルレンディングの集金力を活かし、銀行の融資から漏れている中小企業へ流し込む、日本を元気にするソーシャルレンディング案件の代表例となると思います。規模・構想からいって申し分ありません。
     上記にあるとおり、投資家資産の最大の保全を図るために本当に力を入れていることがわかります。

     かくいう私もこの沖縄の事業には30万円ほど出資をしています。

    参考
    2017/12/30 トラストレンディング、動産担保付きローンファンドに30万円投資します!

    トラストレンディング_新東名高速道路案件

     新東名道路の工事に関連する12%の高利回り、総額3億円の大型案件も募集が予定されています。これからのトラストレンディングは土木工事関連の案件に強みをもつ業者となりそうです。

    トラストレンディングのますますの活躍、沖縄事業の成功を期待です。

    トラストレンディング公式WEBサイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1181-9c82c64b