FC2ブログ

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2018年1月期 その5 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2018年1月期 その5

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2018年1月期 その5

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2018年1月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその5です。

    その4につきましては

    2018/1/30 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2018年1月期 その4

    をご参照ください。

    キャンペーン情報



    SBIソーシャルレンディング


    SBIソーシャルレンディングが新規会員&メルマガ配信登録で、先着1万名全員にSBIポイントをプレゼント中です。

    2,00ポイントのSBIポイント獲得のチャンスです。

    SBIソーシャルレンディングキャンペーンロゴ

    SBIソーシャルレンディング公式WEBサイトへ

    SAMURAI


    SAMURAIがビットコインプレゼントキャンペーンを実施中です。

    ★☆SAMURAIサービス名称変更記念☆★ ビットコインプレゼントキャンペーンのお知らせ(2018/1/5 SAMURAIファンディングWEBサイト)

    投資会員登録、投資を行うことにより1,000円~5,000円相当のビットコインがもらえるチャンスです。

    各社セミナー情報


    オーナーズブック
    日時:2018年1月31日(水) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル本社
    セミナー情報ページ

    クラウドリアルティ(コミュニティイベント)
    日時:2018年1月31日(水) 20:00~
    場所:東京都中央区日本橋 The Garage
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット(クラウドクレジットはじめて講座)
    日時: 2018年2月4日(日) 10:00~
    場所:愛知県名古屋市中村区KP名駅桜通口カンファレンスセンター
    セミナー情報ページ

    maneo、クラウドリース、スマートレンド、アメリカンファンディング、さくらソーシャルレンディング、アップルバンク、プレリートファンド
    日時:2018年2月5日(月) 19:00~
    場所:東京都千代田東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット【中級者向け/参加無料!東京】ファンドシリーズ紹介セミナー)
    日時:2018年2月15日(木) 19:00~
    場所:東京都中央区日本橋茅場町 FinGATE
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット(お金の育て方カレッジ 第2回)
    日時:2018年2月20日(木) 19:00~
    場所:東京都中央区日本橋茅場町 FinGATE
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット(確定申告に備えよう!仮想通貨とソーシャルレンディング)
    日時:2018年2月21日(水) 19:00~
    場所:東京都中央区日本橋茅場町 FinGATE
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット(お金の育て方カレッジ Special)
    日時:2018年3月25日(日) 13:00~
    場所:東京都港区六本木 六本木ヒルズ アカデミーヒルズ タワールーム
    セミナー情報ページ


    16.TATERU FUNDING


    16.1 募集額


     TATERU FUNDINGの2017年12月における募集額は2億1,575万円となりました。これは2017年8月における9,000万円を超え歴代1位の記録となります。

    16.2 運営会社が(株)TATERU FUNDINGへ
    16.3 不動産投資クラウドファンディングプラットフォーム開設を宣言
    16.4 インカムゲインからキャピタルゲイン(不動産売却益)も併せたファンドの組成
    16.5 ファンドの順番を抽選から、先着順に


    2017年12月においてはTATERU FUNDINGから様々な発表が行われました。

    運営会社がこれまでのインベスターズクラウドから、新しく設立された子会社の(株)TATERU FUNDINになりました(2018年1月より)。また、maneoのように他社の不動産投資クラウドファンディングも扱うプラットフォーム設立を宣言しました。
     ファンドの収益源をこれまでのようなインカムゲイン(家賃収入)からキャピタルゲイン(不動産売却益)も併せたものとするキャピタル重視型の組成を宣言、また投資家募集を抽選ではなく他のソーシャルレンディングと同様に「先着順」に改めました。

    これらについての詳細・考察につきましては

    2017/12/16 TATERU FUNDINGの運営会社が変更となります

    2017/12/18 TATERU FUNDINGがキャピタルゲイン重視のファンドの募集開始します

    2017/12/28 TATERU FUNDINGのファンドが先着順に、WEBサイトリニューアル

    をご参照ください。

    16.6 TATERU FUNDINGが民泊案件の組成を予定しています。


    TATERU FUNDINGが民泊案件の組成を企画していることが、NET IBニュースで報じられています。

    RealEstateTech日本代表 IT活用で躍進へ(後)(Net IB ニュース)

     短いニュースですが、これまでのアパートの経営に加えて民泊物件を投資スキームに組み込んだ案件が計画されていること、またインベスターズクラウドがこれまで収益の柱としてきた、アパート販売(フロー事業)に加えて、ストック事業であるIOT、クラウドファンディング、民泊事業の影響力が高まりつつあることに触れられています。


    17.アメリカンファンディング


    アメリカンファンディングの2017年12月における募集額は5,615万円となりました。


    18.グリーンインフラレンディング


     グリーンインフラレンディングの2017年12月における募集額は15億1,751万円となりました。これは2017年8月における12億2.965万円を超え歴代1位の記録となります。


    19.クラウドリアルティ


    19.1 募集額


     クラウドリアルティの2017年12月における募集額は1億2,000万円となりました。これは2017年8月における2億0,600万円に次ぐ歴代2位の記録となります。

    19.2 クラウドリアルティがエスタブリッシュな会社から資金を調達しました。


     全く新しい不動産金融商品である、不動産投資クラウドファンディングを手掛けるクラウドリアルティが、エスタブリッシュ(伝統的、既得権益)な不動産・金融会社である、三菱地所、、新生銀行、みずほキャピタルから資金を調達しました。

     FinTech、不動産テック、様々なキーワードが日々ニュースに登場しています。FinTechと既存金融機関(エスタブリッシュ)の戦い開始を予見するメディアもあります。

     しかし国内の投資型クラウドファンディングにおいては、既存金融機関とゆるやかに共存する形で発展して行くのではないかと私は考えています。海外のように、また仮想通貨のように投資家を犠牲にしない形で。

    クラウドリアルティが、三菱地所、新生企業投資、新生銀行、みずほキャピタルから総額2.3億円の資金調達(2017/12/26 PR TIMES)

    不動産クラウドファンディングのクラウドリアルティ、シリーズAフォローオンで不動産大手・銀行らから2.3億円を調達——P2P不動産証券化市場の醸成に注力(2017/12/29 THE BRIDGE)


    20.さくらソーシャルレンディング


    さくらソーシャルレンディングの2017年12月における募集額は4,906万円となりました。


    21.キャッシュフローファイナンス


    21.1 募集額


    キャッシュフローファイナンスの2017年12月における募集額は2億4,761万円となりました。

    21.2 キャッシュフローファイナンスが日本クラウドファンディング協会会員となりました


     キャッシュフローファイナンスが一般社団法人日本クラウドファンディング協会の会員となりました。以前はmaneoが会員だったのですが、maneoファミリーであるキャッシュフローファイナンスに入れ替わったということになります。日本クラウドファンディング協会の会員ページで確認が行えます(いつ入れ替わったかは不明)。

    日本クラウドファンディング協会_キャッシュフローファイナンス

    21.3 Zuu Onlineにキャッシュフローファイナンスの記事が掲載されました


    経済・マネー情報サイトZUUOnlineにキャッシュフローファイナンスの記事が掲載されました。

    「株は高い。でも銀行金利は低い」と思うときの新たな選択肢 定期的なインカムが魅力(2018/1/12 ZUU ONLINE)
     
     現在の株高に警鐘を鳴らし、かといって銀行にお金を預けても増えないこの時代こそ、ソーシャルレンディング、キャッシュフローファイナンスに目を向けては?という内容となっています。

     maneoに口座を既に開設していれば、キャッシュフローファイナンスにも簡便に投資家登録できることのメリットが挙げられています。また他のソーシャルレンディングサービスとの差別化として

    「ソーシャルレンディングというと不動産が中心」というイメージもあるが、同社は、不動産も含めて中長期的な成長が見込める事業であるかどうかを評価している。反対に言えば、成長性があれば不動産も投資対象となる。


    と「中長期的な成長」に着目していることが挙げられています。


    22.アップルバンク


     アップルバンク2017年12月における募集額は3億1,919万円となりました。これは2017年10月における2億3,263万円を超え歴代1位の記録となります。


    23.LENDEX


     LENDEXの2017年12月における募集額は7,861万円となりました。これは2017年8月における6.202万円を超え歴代1位の記録となります。


    24.ポケットファンディング


    24.1 募集額


    ポケットファンディングの2017年12月における募集額は914万円となりました。

    24.2 追加投資額が小口化


     ポケットファンディングにおいて最低投資額からの追加投資額が小口化されました。

    新サービス: 追加投資単位の少額化サービス(ポケットファンディングWEBサイト)

     これまで最低投資額が1万円で、以後1万円単位で追加投資額を任意に選択できていましたが、この追加投資額の最低投資額が千円に設定され、より効率的な運用が行えるようになりました。

    24.3 投資会員の法人口座が開設されました


    ポケットファンディングにおいて法人でも投資できる口座が開設されました

    ソーシャルレンディングでの法人口座の活用について (ポケットファンディング WEBサイト)

    このことにより個人だけではなく、法人もポケットファンディングにて投資を行うことができます。

    上記、追加投資額の小口化、法人口座については別途記事を作成しました。後日掲載いたします。


    25.プレリートファンド


    25.1 募集額


    プレリートファンドの2017年12月における募集額は1億7千万円となりました。この月が集計開始月となります。

    25.2 プレリートファンドの紹介動画が発表されました。


     プレリートファンドの紹介動画が発表されました。maneoの瀧本社長がプレリートファンドの木山憲一社長にインタビューする形となっています。



    この動画については別途記事を作成しました。後日掲載いたします。

    26 FUNDINNO


     FUNDINNOの2017年12月における募集額は1億2,854万円となりました。これは先月の2億0,544万円に次ぐ歴代2位の記録となります。


    27 エメラダ・エクイティ


    27.1 募集額


    エメラダ・エクイティの2017年12月における募集額は4,634万円となりました。この月が集計開始月となります。

    27.2 エメラダ・エクイティセミナー参加報告


     エメラダ・エクイティは活発にセミナーを開催しています。私も参加して参りました。セミナー内容を記事にしました。ご参照下さい。

    2018/1/7 エメラダ・エクイティセミナー参加報告その1

    2018/1/8 エメラダ・エクイティセミナー参加報告その2

    2018/1/9 エメラダ・エクイティセミナー参加報告その3

    2018/1/10 エメラダ・エクイティセミナー参加報告その4

    2018/1/11 エメラダ・エクイティセミナー参加報告その5


    2017年12月ソーシャルレンディング募集額


    100_ソーシャルレンディング募集額2018年12月期

     2017年12月期主要27サービスの総募集額は162億8千839万円 となりました。これは最高だった2017年10月の154億8千326万円を超え歴代1位の記録となります。年末は資金需要が旺盛であり、伸びが期待されていましたがまさにそのようになりました。


    2017年12月末ソーシャルレンディング累計募集額


    200_ソーシャルレンディング累計募集額2018年12月期

    サービス開始以来の主要27サービスの総募集額は2千463億9千782万円となりました。

    03_ソーシャルレンディング2015_2017募集額

     当ブログで記録がある、2015年から2017年の募集額を記しました。

    2015年が約299億円、2016年が約538億円、そして2017年が約1317億円となります。
     
     2015年が前年比2倍の成長だったのが、2016年にはすこし勢いが落ちました。しかし2017年にはさらに勢いを増し前年比+145%となり、年間1千億募集の壁をやすやすとぶち破りました。

    なお2014年は150億円ほどのはずであり、2015年の前年比はその数値を用いて算出しています。

    今年もソーシャルレンディング、投資型クラウドファンディングのますますの躍進を期待します。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    全般ランキング


    2017年12月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約450万円
    2.AQUSH : 約59万円
    3.クラウドバンク: 約227万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約6万円
    5.クラウドクレジット:約258万円
    6.ラッキーバンク : 約52万円
    7.オーナーズブック:223万円
    8.LCレンディング : 約235万円
    9.ガイアファンディング : 約203万円
    10.トラストレンディング : 155万円
    11.クラウドリース : 約164万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約213万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約62万円
    17.アメリカンファンディング:約51万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約51万円
    20.プレリートファンド:80万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    (総額:約2,701万円)


    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2018年1月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    ソーシャルレンディング各社比較2018年1月期その1


    2018年1月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_ソーシャルレンディング各社比較


    2018年1月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_ソーシャルレンディング各社比較


    2018年1月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_ソーシャルレンディング各社比較


    2018年1月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_ソーシャルレンディング各社比較


    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2018年1月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    21_ソーシャルレンディング各社案件比較


    2018年1月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    ソーシャルレンディング比較2018年01月


    2018年1月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    23_ソーシャルレンディング各社案件比較


    2018年1月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    24_ソーシャルレンディング各社案件比較


    2018年1月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    25_ソーシャルレンディング各社案件比較


    各社募集実績の求め方
    maneo:ホームページの「成立ローン総額」から
    AQUSH:月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページの「累計応募金額」から
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」から
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」から
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    SAMURAI:WEBサイトの「商品一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」から
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」から
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」から
    TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    クラウドリアルティ:WEBサイトのプロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」から
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」から
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ポケットファンディング:ホームページの「累計応募成立金額」から
    プレリートファンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    エメラダ・エクイティ:WEBサイトの募集が終了した案件から
    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1143-32e214eb