FC2ブログ

    株式投資型クラウドファンディング、普通株式、新株予約権.どちらがよいの? その1 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » FUNDINNO » 株式投資型クラウドファンディング、普通株式、新株予約権.どちらがよいの? その1

    株式投資型クラウドファンディング、普通株式、新株予約権.どちらがよいの? その1


    株式型クラウドファンディングは3サービスが展開


    FUNDINNO 、GoAngel、そしてエメラダ・エクイティ、3社がサービスを2017年に開始し、株式投資型クラウドファンディングが盛り上がっています。

    さて、週刊SPA!のWEBサイト、「日刊SPA!」に株式投資型クラウドファンディングを紹介する記事が掲載されました。

    2018年始めるべきは仮想通貨だけではない!“株式投資型クラウドファンディング”はここが凄い(20118/1/15 日刊SPA!中山まさかず氏協力)

     2018年の注目新顔投資として株式投資型クラウドファンディングを紹介しています。また記事の著者へのアドバイザーとして株式投資スクール「マナカブ.com」代表 中山まさかず氏が記事中に登場します。

    概略を書き出すと
    • 株式投資型クラウドファンディングへにより海外では投資額の4倍を得た投資家も
    • 上記3サービスの中ではFUNDINNOが先行し、一歩抜きん出ている
    • FUNDINNOは厳しく会社を審査してエントリー500社中、透過率は6%程度
    • 始めるならば普通株式が絶対オススメ
    • 投資家の8割は20~40代、5割が平均年収1千万円未満、ほとんどが普通のサラリーマン

    となります。

    ・始めるならば普通株式が絶対オススメ

     と書いてあるように、FUNDINNOの投資家からの募集金額が高いこと、普通株式で投資することの新株予約権に対する優位性が強調されており、普通に記事を読んだら、FUNDINNOで投資したくなる印象の記事となっています。

    FUNDINNO公式WEBサイトへ

    エメラダ・エクイティWEBサイトへ

    普通株式と新株予約権の優位性が投資家の望む形で説明されていない


     ただ新株予約権に対する普通株式の優位性が、「エグジットの面から」十分説明されておらず、中山まさかず氏がFUNDINNOとエメラダ・エクイティの双方の調査をよく行ったのかが疑問です。
    (FUNDINNOに関してはよく調べてあると思います)

    新株予約権のメリットが
    1. 安く(株式を)購入できるから
    2. あくまで権利であることから、権利行使するか否かを個人投資家が自由に決められる

    同じくデメリットが
    1. 株式としての権利が無いこと
    2. 売却の機会が限られていること
    3. 税制面の優遇がないこと

    となっています。

     メリットの1は市場価値が決まっていない未上場株の株式を「安く買える」と言われても、いまいちメリットがわかりにくいです。メリット2に関してはどこがメリットなのか?と思います。この2つが本当にメリットでしたら、すでにエメラダ・エクイティの方で宣伝して良さそうなものですが、私は聞いたことがありません。

    ※中山まさかず氏がエメラダ・エクイティの調査をよくおこなっているのか?と私が疑う理由です

     デメリットの1は反論がありませんが、2の売却の機会、3.税制面の優遇は普通株式でも投資家が十分に恩恵が得られるものとはとても思えません。

    ※FUNDINNOの例を挙げると、2018年1月31日時点でFUNDINNOで募集を行った会社は17社、そのうちエンジェル税制が適用されるのはBank Invoice株式会社、株式会社オールユアーズ、株式会社MOSO Mafiaの3社

    このことだけで普通株式の新株予約権に対する優位性を説かれても、果たして本当に

    ・始めるならば普通株式が絶対オススメ

     と信じて良いのか私は疑問です。投資家が知りたいのは、株式投資型クラウドファンディングが投資に値するか(儲けられるか)であり、それはエグジット(M&A、IPO)の可能性に触れるべきだと思うからです。
     株主の権利、税制云々は株式投資型クラウドファンディングにおいて普通株式、新株予約権が、上場株式のように値動きして、市場で売買できるのならば優位性として触れる価値はあるでしょう。しかしそうでは無いのですからなぜエグジットの優位性について、中山まさかず氏が触れないのか理解に苦しみます。

    今回はここまでにさせてください。

    FUNDINNO公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    次回記事 2017/1/28 株式投資型クラウドファンディング、普通株式、新株予約権.どちらがよいの? その2

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1136-4c8127e6