FC2ブログ

    TATERU FUNDINGがキャピタルゲイン重視のファンドの募集開始します - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » TATERU Funding » TATERU FUNDINGがキャピタルゲイン重視のファンドの募集開始します

    TATERU FUNDINGがキャピタルゲイン重視のファンドの募集開始します


    インカムゲインに加えてキャピタルゲインも!


     TATERU Funding(運営会社インベスターズクラウド)が新商品としてキャピタルゲイン(不動産の売却利益)も分配資源とするファンドを組成します。2号、3号もすでに募集が予告されています。

     その1号となる「キャピタル重視型第1号TATERU APファンド」は2017年12月15日から投資からの募集が開始されます。

    私も50口(50万円)を申し込みました。

    新商品・キャピタル重視型ファンド第1号 2017年12月15日から出資募集開始 1口1万円から投資できる「TATERU FUNDING」(2017/12/12 PR TIMES)

    TATERU FUNDING新商品

    キャピタル重視型ファンドへの出資を募集 インベスターズクラウド (住宅新報 2017/12/12)

     上記のファンドはキャピタルゲインとインカムゲイン(投資先不動産の賃貸収入)の両方が分配資源となります。

     TATERU Fundingはこれまで11のファンドを組成してきました。それらは全てインカムゲインだけを分配資源としていたので、大きな転換となります。

    利回りは5.0%(キャピタルゲイン4.9%:インカムゲイン0.1%)、運用期間は3ヶ月となります。

     上記従来のファンドの利回りは初期は5%でしたが、最近は3~4%と低下していました。それでも大人気で募集倍率は2~8倍だったので、今回の新ファンドは更なる人気を集めることになりそうです。

    ファンドの詳細は以下のようになっています。

    キャピタル重視型 第1号TATERU APファンド

    <キャピタル重視型第1号TATERU APファンド概要>
    運用物件:木造アパート1棟(8室)
    所在地 :名古屋市緑区鳴海町母呂後106番
    竣工月 :2018年3月予定
    出資総額:7,600万円
    募集総額:5,320万円
    募集口数:5,320口(1口1万円)
    運用期間:2018年1月1日(月)~2018年3月31日(土)
    募集期間:017年12月15日(金)11:00~2017年12月18日(月)10:00
    予定分配率:年利換算5.0%(税引前)※確定したものではございません。
    内訳:キャピタルゲイン4.9%/インカムゲイン0.1%
    申込手数料:なし
    途中解約 :可能 ※但し、利益分配金は計算期間末日の出資者に支払われます。
    解約手数料:なし

    • 途中解約可能
    • 投資家を優先出資者にすることにより、資産を保全
    という優れた従来のファンドの仕組みはそのまま受け継がれる模様です。

    募集期間はわずか3日ですが、従来通り1日たたずに募集金額以上のお金が集まりました。

    なお、同規模の第2号が12月18日、第3号が12月19日に続いて募集が行われます。


    竣工前のアパートに投資可能、その狙いは


    他に従来のファンドと変わったところがないか確認したところ

    また、建物竣工前の段階で出資することができる上、建築の工程など物件の進捗状況をWeb上で確認(※)できるようになり、より本格的なアパート経営を体感していただくことができます。


     とありました。従来のファンドはいずれも建築完了後のアパートへの投資だったので、これも大きな違いといえるでしょう。なお「本格的なアパート経営」、この文面はインベスターズクラウドの主事業である「顧客のアパート経営補助」に近いものを感じます。

     上記新ファンドへの投資により顧客にアパート経営投資の楽しさを感じてもらい、本格的な経営へ乗り出してもらうという、TATERU FUNDINGの意気込みが感じられます。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    2018年8月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo:約466万円
    2.AQUSH : 約49万円
    3.クラウドバンク: 約234万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約82万円
    5.クラウドクレジット:約263万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:329万円
    8.LCレンディング : 約59万円
    9.ガイアファンディング : 約173万円
    10.トラストレンディング : 約200万円
    11.クラウドリース : 約85万円
    12.スマートレンド : 約34万円
    13.グリーンインフラレンディング:約217万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約64万円
    15.TATERU Funding:50万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:約64万円
    18.アメリカンファンディング:約53万円
    19.キャッシュフローファイナンス:約53万円
    20.アップルバンク:約53万円
    21.プレリートファンド:約83万円
    22.エメラダ・エクイティ:70万円
    23.SAMURAI: 95万円
    24.LENDEX:50万円
    (総額:約2,887万円)

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします

    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1071-a5fbe38a