FC2ブログ

    SBIソーシャルレンディングの分配用口座が廃止となりました。 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » SBIソーシャルレンディング » SBIソーシャルレンディングの分配用口座が廃止となりました。

    SBIソーシャルレンディングの分配用口座が廃止となりました。

    分配用口座廃止は12月28日


    SBIソーシャルレンディングの分配用口座が廃止となります。実施日は2017年12月28日です。

    分配用口座の廃止についてのお知らせ(2017/12/1 SBIソーシャルレンディングWEBサイト)

    01SBIソーシャルレンディング分別口座廃止
     これまではSBIソーシャルレンディングの配当、償還金はともに「分配用口座(いわゆるデポジット口座)」に振り込まれていました。

    投資家はそこから再投資するか、改めて銀行口座へ出資するかを選択していました。
    ※SBIソーシャルレンディングは銀行出金手数料が無料

    02SBIソーシャルレンディング分別口座廃止
     2017年12月28日にSBIソーシャルレンディングにある私達投資家のデポジット金(SBIにあずけているお金のうち、ファンドの購入費用に用いられてない現金部分)は全て私たちの銀行口座に払い戻されます。

    2018年1月より、元本の償還金も配当金も全て配当日に私たちの銀行口座に振り込まれます。

    もちろん出金手数料の負担はSBIソーシャルレンディングです。


    廃止にする理由


    SBIソーシャルレンディングはこの度の変更を

    高い透明性と安全性を追求し、お客様に安心してお取引いただくため


    としており、具体的には

    弊社がソーシャルレンディングサービスを提供するために活用している匿名組合の仕組みでは、適切な分別管理が行われていても、分配用口座内のお客様の資金は法的には営業者に帰属します。したがって、貸付先から返済や利払いを受けた資金は、お客様の出資元本や運用益であるにも関わらず、分配用口座にいったん入金されることにより、その資金の安全性は営業者の財務基盤や事業運営に左右されてしまう可能性があるほか、第二種金融商品取引業者が行うことができない金銭等の預託に該当する可能性も懸念されているところです


    と説明しています。

    つまり
    1. 会社に万が一のことがあると顧客のデポジット金が損なわれてしまう可能性がある
    2. そもそも第二種金融商品取引業者はデポジット金を預かれない

    とのことです。上記について1はそのとおりだと思いますが、2は知見がないので言及を避けます。


    トラストレンディングも分配用口座を設けていない


     現状ソーシャルレンディング運営会社において、今回SBIソーシャルレンディングが変革するように分配用口座(預託金口座・デポジット口座)を設けていないのはトラストレンディングだけです。

    ※投資スキームに「融資」を組み入れているサービスのみ、それ以外ならばスマートエクイティTATERU FUNDINGクラウドリアルティも分配用口座を設けていない。

    トラストレンディングも分配用口座を設けていない理由を顧客の財産の保護のためとしています。

    参考
    2017/3/21 トラストレンディングセミナー参加報告その2


    1投資家としての感想


    さて、ソーシャルレンディングの1投資家として利便性の視点から述べたいと思います。

     私はソーシャルレンディングを安全資産と捉え、基本的に預けっぱなし、再投資するつもりですから、「大部分の」会社には分配用口座は設けてもらった方がよいと思っています。手間がかからず、銀行振込手数料が節約できます。

     しかしソーシャルレンディングの泣き所である「流動性の少なさ」を補うためにも、少数ならば分配用口座がないところがあっても良いと思います。毎月銀行口座に現金が入ってきてくれるのは、なにかと便利なところもあります。

     すなおに、「嬉しい」というのもあります。これはトラストレンディングで投資をしていての感想です。

     今回、分配用口座を廃止するというのはSBIソーシャルレンディングの経営自体にとっては大きな決断でしょう。お金を預けっぱなしにしてもらったほうが再投資が促され、募集を行うのに有利です。少額の配当を行うための銀行出金手数料もコストとなるでしょう。

    しかし、今回の決断が「投資家のため」という大義に基づいて行われたことを嬉しくもあります。

     ソーシャルレンディングには他の投資商品と違って、顧客を食い物にしない、投資家本位の文化が根づいているのだなと思います。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村


    関連記事
    コメント
    非公開コメント

    No title

    「そもそも第二種金融商品取引業者はデポジット金を預かれない」は、ファンド募集をするときには事前に預かることができるが、募集する具体的なファンドが無い場合は預かれないというものです。こういう理由は大きな経営判断ですね。

    2017-12-02 00:08 │ from かもめURL

    ありがとうございます。勉強いたします。

    かもめさん、教えていただいてありがとうございます。

    ほとんどのソーシャルレンディング事業者は普通に
    お金をあずかっているのでどういうことなのか?

    と思っていましたが、なるほどとわかりました。

    もうちょっと勉強してからブログ本文に修正をいれたいと思います。

    本当に大きな経営判断だと思います。ひょっとしたら当局の指導が厳しくなり
    他の会社にも同様の動きが広がっていくのかもしれません。

    2017-12-02 08:38 │ from ファイアフェレットURL

    トラックバック

    https://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/1034-a942f04d