FC2ブログ

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 
    ソーシャルレンディング総合情報、比較、ニュースサイトです。上記メニューからお好みの情報を選択してください。はじめての方は「ソーシャルレンディングをわかりやすく解説」をお読みください。
    「インタビュー・コラム・セミナー・メディア」ではソーシャルレンディング運営会社へのインタビュー、セミナー・イベント参加報告、ソーシャルレンディングがメディアに取り上げられたこと、またコラムを紹介しています。
    「会社別ランキング・おすすめ記事」では会社別のランキング、お勧め記事を掲載しています。
    「ソーシャルレンディング比較記事」では2014年末からソーシャルレンディング業界の動向・ニュース、募集額をまとめた記事を紹介しています。
    「全記事一覧」で全ての記事を掲載順にご覧いただくことも可能です。

    クラウドクレジット新規会員向けに最高10万円相当ビットコインキャンペーン実施中!(これは固定記事です。次の記事が最新となります。)


     クラウドクレジットがビットコインプレンゼントキャンペーンを実施中です。新規会員登録を行い、20万円クラウドクレジットのファンドを購入すれば、最高10万円相当のビットコインをもらえます。

    クラウドクレジット_ビットコイン10万円プレゼント

    クラウドクレジット_ビットコイン10万円プレゼント概要

     期間は3月24から4月28日いっぱいまでです。プレゼントは5月下旬から6月上旬が予定されています。

    クラウドクレジットキャンペーンページへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    あやうくwillcrowdからお金をつきかえされそうになった話


     新ソーシャルレンディング「willcrowd」の豪華キャンペーン「会員登録先着500名様に現金2,000円プレゼント」に申し込んだ件については

    2019/11/14 新ソーシャルレンディングサービス willcrowdの2千円プレゼントキャンペーン申し込み完了

    の記事で触れました。

    その後初号案件募集も行われずすっかり忘れていた頃にwillcrowdからメールが届きました。

    willcrowdログインしよう

    およそ2ヶ月ログインがありません。

    4月末までにログインしてください

    ログインしない場合、手数料を引いて登録銀行口座に返金します


     とあります。willcrowdでは月1回までは出金手数料が無料なので、このメールを見逃し4月末まで放置してしまうと損をします。

    willcrowdログインしよう_マイページ

    早速ログインしました。上記キャンペーンの2000円が振り込まれています。

     第二種金融商品取引業者においては、デポジット口座は「投資家が投資の意思がある限り」認められています。長期のログインがない状況は、その投資意思無しと判断されるようです。

    ログインしないからといって、口座が凍結されたり、会員資格を失うわけではありません。

     willcrowdでは3月頃に募集を予定していましたが、3/13に延期が発表されました。理由は明示してありませんが、新型コロナの影響であることも考えられます。

    早期に事態が収束し、にぎやかな投資型クラウドファンディングが戻ってきて欲しいです。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績1000億円超え!SBIソーシャルレンディング

    在住外国人支援案件、アジアビジネスに特化したCOOLで最先端の投資体験をCOOL

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額800億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    CRE Funding

    CRE Fundingが上限なし1%のキャシュバックキャンペーンを4月から5月にかけて実施!


     CRE Fundingが2020年4月から5月にかけて募集される3号、4号ファンドにおいて投資額に対して1%のキャッシュバックを行うと発表しました。

    CRE Fundingキャッシュバックキャンペーン情報
    CRE Funding公式サイトより

    CRE Fundingキャンペーンファンド情報

     このキャンペーンがまず適用されるのは2020年4月8日に募集が開始される3号ファンド「CRE物流ファンド3号厚木愛川」、予定利回り3%、運用期間約10ヶ月、募集額は2,500万円です。

    4号ファンドの募集は4月から5月にかけてとのことです。

     このCRE Fundingのキャンペーンのユニークなところは、キャッシュバック上限が設けられていないことです。他の運営会社のキャンペーンはキャシュバックに上限が設けられていることが多く、例えばクラウドクレジットの下記キャンペーンでは10万円までです。

    いくら投資しても10万円以上はキャシュバックされません。

    クラウドクレジット_ビットコイン10万円プレゼント

    参考
    クラウドクレジット新規会員向けに最高10万円相当ビットコインキャンペーン開始!

    一方上限がなければ、投資すれば投資するほどもらえる額は多くなります。

     たとえばCRE Funding3号案件において、上限の2,500万円投資できれば25万円をもらうことができます。

     また、最近はこの手のキャッシュバックキャンペーンではもらえるのはTポイントやAmazonポイントであることが多くなっていますがCRE Fundingは特に言及がないのでそのまま「現金」がもらえるものと思えます。

    これまた最近ではユニークです。
    ※上記クラウドクレジットのキャンペーンはこれまたユニークな暗号資産ビットコインのプレゼントです。

     4月8日が3号の募集開始なので今から会員登録しても十分キャンペーンに間に合うかと思います。また4号ファンド募集には確実に間に合うでしょう。

    CRE Funding公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    maneo外部調査委員会報告書に認められる僅かな希望と、大きな絶望

    2020年3月19日に発表された、maneoマーケット外部調査委員会の報告書発表についての所見

    前回の記事

    maneo外部調査委員会報告書、わかりやすい投資家向けの資料を発表してほしい

    の続きです。

    外部営業者の名前を推測


     先の記事でも述べましたが、この記事においては伏せる必要もない外部営業者(maneoファミリー)の名前が伏せられています。

    私は

    外部営業者A=ガイアファンディング

    外部営業者B=クラウドリース

    外部営業者C=キャッシュフローファイナンス

    外部営業者D=アメリカンファンディング


    と推測します。根拠ですが

     外部営業者Aは海外投資案件であること、利息が支払われていないなどの記述がガイアファンディングに一致

     外部営業者Bは案件に絡む設備譲渡先がB社長(おそらくクラウドリース社長武谷)となっていることが東京商工リサーチ報道と重なる部分が多いことから

     外部営業者C 外部営業者Dをアメリカンファンディングと推測したこと(後述)からの消去法でキャッシュフローファイナンス

    外部営業者D もう一つの海外案件ということでアメリカンファンディング

    となります。

     これらの案件はいずれも、融資審査、案件組成段階で様々な杜撰さが調査により明らかになっています。

     満額償還されるのか?大きく毀損するのでは?と大きく疑問を抱かざるを得ない状態となっています。

    Intermission


    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    オーナーズブック公式サイトへ

    グリーンインフラレンディングには融資審査の問題は報告されていない


     一方で外部営業者の中で唯一実名であるグリーンインフラレンディングにおいては融資審査などにおける杜撰さが指摘されていません。

     これが本記事タイトルにある「僅かな希望」です。案件事態がまともであるならば、案件はそれなりの額が償還される可能性があります。JCサービスも遅延額全体の85%償還の目処がたったと2020/2/26に発表しています。

     意外にグリーンインフラレンディングについては、見通しが明るいのかもしれません。外部調査委員会とJCサービスを信じられるのならばの話ですが。

    Funds 公式サイトへ

    結局はカモられるのでは?との大きな絶望


     ただしグリーンインフラレンディングにおいては、投資家償還に充てるべき資金がJCサービスにより持ち去られています。そのことの原因になったmaneoマーケットのJCサービスとのコミュニケーション不足、グリーンインフラレンディングの管理不足は厳しく指摘されています。

    持ち去られたお金はもちろん返されていません。返される兆しもありません。

    つまるところ、問題がある会社を外部営業者にした場合

    ① 問題のある案件を募集させられて投資家資金が毀損する

    ② 償還されても資金を持ち去られ投資家資金が毀損する


    の2択しかないのでは?、これが本記事タイトルにある「大きな絶望」です。

    ①、②ともにmaneoマーケットが審査・調査・管理を怠っていなければ避けられた問題です。

    最大の責任はmaneoマーケット旧経営陣にあり、新経営陣も等しくそれを負うべきです。

    そしてその責任のとり方は、遅延案件資金の最大限の償還しかないでしょう。

    それ以外になにがあるというのでしょうか?

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    クラウドバンク公式サイトへ

    クラウドクレジットビットコインプレゼントキャンペーン


     クラウドクレジットがビットコインプレンゼントキャンペーンを実施中です。新規会員登録を行い、20万円クラウドクレジットのファンドを購入すれば、最高10万円相当のビットコインをもらえます。

    クラウドクレジット_ビットコイン10万円プレゼント

     期間は3月24から4月28日いっぱいまでです。プレゼントは5月下旬から6月上旬が予定されています。

    クラウドクレジットキャンペーンページへ

    Rimple永久不滅ポイントレート2倍キャンペーン


    Rimple永久不滅ポイントエステートコイン交換レート

     Rimpleではセゾンカードの利用などで貯まる「永久不滅ポイント」を、リアルエステートコインというポイントに交換することができます。1リアルエステートコイン=1円であり、そのもまRimpleでの投資に使用することができます。

     従来の交換レートは1永久不滅ポイント=4.5リアルエステートコイン(円)です。4/7(火)いっぱいまでこの交換レートが2倍、つまり1永久不滅ポイント=9リアルエステートコイン(円)と断然有利になっています。

    詳しくは公式サイトをご覧ください。

    Rimple 公式サイトへ