FC2ブログ

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 
    ソーシャルレンディング総合情報、比較、ニュースサイトです。上記メニューからお好みの情報を選択してください。はじめての方は「ソーシャルレンディングをわかりやすく解説」をお読みください。
    「インタビュー・コラム・セミナー・メディア」ではソーシャルレンディング運営会社へのインタビュー、セミナー・イベント参加報告、ソーシャルレンディングがメディアに取り上げられたこと、またコラムを紹介しています。
    「会社別ランキング・おすすめ記事」では会社別のランキング、お勧め記事を掲載しています。
    「ソーシャルレンディング比較記事」では2014年末からソーシャルレンディング業界の動向・ニュース、募集額をまとめた記事を紹介しています。
    「全記事一覧」で全ての記事を掲載順にご覧いただくことも可能です。

    株式型クラウドファンディングユニコーンが新規会員+投資でAmazonギフト券3,000円プレゼントを実施中(これはトップページ固定記事です)


     株式型クラウドファンディングユニコーンが①7月31日までの投資会員登録+②8月31日までの新規投資(いくらでもOK)を行った人に、もれなくAmazonギフト券3,000円をプレゼントするキャンペーンを実施中です。

    ユニコーンAmazon3000円

     ユニコーンは4号案件募集が5月2日に始まります。またその後の募集案件ももちろんキャンペーンの対象です。詳しくは公式サイトよりどうぞ。

    ユニコーン公式サイトへ

    新型コロナ緊急事態宣言解除の喜びと悲しみ


    新型コロナによる緊急事態宣言が6月25日、全日本で解除されました。

    それに伴い、私も本日(26日)より普通に出社できるようになりました(とりあえず、今日だけは時短勤務)

    ただ人通り、電車の中の様子は自粛中とそれほど変わっていません。
    それなりに人は戻っていますが、まだ本調子ではないです。

    私も新型コロナによる半軟禁による気詰まりで、大分体調を崩しました。
    ただ、もう普通に出社できるのですから、徐々に回復していくものと信じています。

     喜びの一方、悲しみもあります。「見かけだけの人権・人命第一」という宗教が、ひらすら猛威を振るい、その害悪はこれから確実に世界経済を蝕むでしょう。その害悪は他ならない、この東京でもっとも顕著な形で現れつつあります。

    どうせ日本では感染再拡大は大したレベルでは起きないでしょう。

    しかしながら小池東京都知事は、都知事選挙を視野にいれ、徹底した自粛を都民に強いる方向で臨むようです。

    永江一石氏東京都知事
    下記アゴラ記事より

    このままでは小池百合子に日本は潰される(アゴラ 永江一石氏著)

    安倍首相の自粛要請も愚策でしたが、小池知事が示したロードマップは輪をかけた愚策です。
     永江一石氏が推測するとおり、強いリーダーシップを発揮しての選挙対策としたら、万死に値するとしかいいようがありません。
    もっとも大半の国民、都民が口をつぐんでいる以上、首相と知事をあまり責める気になれません。直接・間接なり選挙権を有するもの全員が等しく責任を負うべきかと思います。

    少なくとも日本においては新型コロナによる直接の災厄の影響は季節性インフルエンザ以下です。

    全面的に解除して、経済の流れを元に戻すべきかと思います。

    日本の感染者死者数

    日本では感染者数、死亡者数ともピークを超えました。

    世界の感染者死者数

    世界全体では感染者数、死亡者数は高止まり状態ではあります。

     たとえ高止まり状態だろうが、世界の人口、その他死亡者に占める割合からすれば小さいものです、それほどとの脅威とは思えません。しかし高止まりの事実は第二波、第三波の全面自粛の口実にされかねません。

     見かけだけの「人権・人命第一」狂信者に押される形で、全世代を巻き込んだ全面的な自粛が再び行わえることを私は危惧します。

     理性的な、経済的影響にもう少し重きをおいた議論ができるほど人間は賢くなっていない、それを思い知ったコロナショックでした。

    マスコミは恐怖を煽るのみ、つくづくメディアというものに失望させられた、コロナショックでした。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    東証一部上プロパティエージェントのシンプルな不動産投資Rimpleで小口不動産投資
    Rimple(リンプル)

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額800億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    在住外国人支援案件、アジアビジネスに特化したCOOLで最先端の投資体験をCOOL

    新しい不動産投資をあなたに提供するクラウドリアルティのまちづくりに着目

    東京の緊急事態宣言5月25日解除期待!


    大阪など近畿の2府1県の非常事態宣言が5月21日に解除されまいた。
    2府1県はそれを受けて23日0時より休業・自粛要請を解除、私の勤務先も25日月曜日より関西の拠点を通常勤務に戻します。

    ただし、不要不急の出張その他感染予防策は継続する予定です。

    さて私の勤務する東京オフィスにおいては、まだ出社禁止は解けていません。
    週2度程度の出社は許されていますが、多分1度も来なくとも怒られません。
    精神衛生上悪いので(私の生活リズム・性格上最悪の5月病になる)
    最大限出社するようにしています。

    出社しても、ほとんど誰もいないのですが(おまけにみんな、早めに帰っちゃう(泣)

    それでも5月25日に政府が東京など関東の緊急事態宣言解除の判断を受けて、解除されたら出社禁止を解くと発表されました。

    解除を期待しています。

    気にかかるのは、25日に東京では本当に解除されるのか?

    ということです。一時東京でも解除基準を下回ったような報道がされました。しかしマスコミは嬉しくないのか、集計ミスがあったとの報道を大々的に行い、恐怖を煽り立てました。

    小池東京知事は、本心かどうかはわかりかねますが慎重で解除に消極的に見えます。大阪の吉村知事とは正反対です。メディア写りを気にする小池知事のこと、集計ミスの報道はより慎重論を選択させるような気がしてなりません。

    25日に解除されても月末までは各種自粛の解除要請を出さないことを危惧しています。

    少しでも早く解除されれば、助かる人が少しですが増えます。政治家は勇気をもって早く、この過剰な自粛を解除するべきです。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額800億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL

    驚異の入居率99.8%のマンションへ気軽に少額投資ならばSYLA Funding へ!
    SYLA FUNDING

    東証一部上プロパティエージェントのシンプルな不動産投資Rimpleで小口不動産投資
    Rimple(リンプル)

    眠っている資産を有効活用【ASSECLI】




    厳しすぎる東京の新型コロナ非常宣言解除基準、自粛は自らの首を締めている


    5/15、18東京のオフィスに出社してきました。

    それ以外の日はは自宅で「出社」しています。
    仕事の進捗状況では休日も「出社」しています。

    はっきり言ってこの働き方は精神状態に悪いです。

    5/15、18の状況ですがもう通勤電車は常時の5割、まちなかは7割、人が出歩いている感じです。
    電車の方が少ないのは時差出勤のためでしょうか?

    飲食店もだいたい開いている感じです。二度と開かない店もあるのかもしれませんが・・・・

     もうこれ以上自粛を続けたら東京は持たないことは肌感覚でわかっているのでしょう。国内感染者数1万6千人強(5/19時点)であり、0.12%に過ぎません。多くの人は知り合いに感染者はいないでしょう(私もいません)。

     国内の死者は800人未満(同)、不幸なことに著名人が不思議なほど高い確率で亡くなり、それをネタにしてメディアは恐怖を煽り立てます。

     先日、20代の力士が新型コロナで亡くなりました。20代の死者は初めてでした。また力士は糖尿病という免疫が弱る既往症がありましたが、多くのメディアはそれらを伏せて大々的に取り上げ、恐怖を煽り立て、「解除宣言に影響を与えると思います」と報道しました。

    つくづく、メディアというものに絶望させられた新型コロナショックでした。

     彼らは日本がどうなろうと、自分のメディアが注目されればそれでよいのです。

     その恐怖に煽り立てらた人々に影響を与えられたのか、東京における解除基準は1週間に70人程度以下(1日10人)、院内感染を考慮して1週間に140人程度に緩和するという話もありますが、あまりも厳しすぎるのではないのでしょうか?

    10万に0.5人以下とのことですが、東京の人口、都外から来ている人も考慮したら、70,140人などあっと言う間にオーバーして、いつまでも解除などできません。事実東京の新規感染者数は10人を下回ったと思ったら本日(5/19)にはまた10人に達しました。

     まさか5月31日を超えても東京都などにおいて自粛延長を繰り返し、経済的混乱を招くつもりなのでしょうか?

    東京ではすでに開いている飲食業店が多い中で「いきなりステーキ」はほとんどの店舗が休業しています。

    正直、もうもたないような気がして残念でありません。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    上場企業の収益事業で資産運用できるFundsに注目
    Funds

    アジアの中心、沖縄のクラウドファンディング!ポケットファンディング
    Pocket Funding

    想定利回り8~10%の不動産投資型クラウドファンディング FANTS fundingの魅力を紹介
    FANTAS funding

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額800億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつデフォルトに配慮した案件を多数用意