FC2ブログ

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 
    ソーシャルレンディング総合情報、比較、ニュースサイトです。上記メニューからお好みの情報を選択してください。はじめての方は「ソーシャルレンディングをわかりやすく解説」をお読みください。
    「インタビュー・コラム・セミナー・メディア」ではソーシャルレンディング運営会社へのインタビュー、セミナー・イベント参加報告、ソーシャルレンディングがメディアに取り上げられたこと、またコラムを紹介しています。
    「会社別ランキング・おすすめ記事」では会社別のランキング、お勧め記事を掲載しています。
    「ソーシャルレンディング比較記事」では2014年末からソーシャルレンディング業界の動向・ニュース、募集額をまとめた記事を紹介しています。
    「全記事一覧」で全ての記事を掲載順にご覧いただくことも可能です。

    クラウドリアルティが会員登録だけで1万円相当のポイントプレゼントキャンペーンを実施中


     不動産クラウドファンディングを手がけるクラウドリアルティが、会員登録だけで1万円相当のポイントをもらえるキャンペーンを実施中です。

    クラウドリアルティ_1万円相当プレゼント01

     キャンペーン期間は1月31日いっぱい(23:59)まで。それまでに会員登録を済ませ、本人確認のための書留を受け取る必要があります。

    クラウドリアルティ公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    丁半博打で投資家に信頼を求めるクラウドリースとmaneoマーケットの愚、表に出たJトラストの野望


    破産が投資家のためになると主張するmaneoマーケット、投資家に莫大な損失を与えると主張するクラウドリース


     先日maneoマーケットが投資家にクラウドリースの運営会社㈱Crowd Leaseの破産申し立てに参加することを呼びかけました。

    クラウドリースの反論

     それに対してクラウドリースは2020年1月26日に、ブログにおいて反論を掲載しました。投資家に申し立てへの不参加を呼びかける内容ではありません。ただしCrowd Lease社の破産は投資家の財産を毀損させる、申し立てへの参加は刑事罰の対象になるとあり、参加をためらわせる内容となっています。

     私はmaneoマーケットとクラウドリース双方の姿勢に疑問をいだきます。双方とも十分な情報開示を行っていません。故に投資家は客観的な判断を行うことができず、どちらを信じるか丁半博打に頼るしかないように思えるからです。

    双方の意見を思いっきり噛み砕いてまとめると

    maneoマーケットの主張


    M1 クラウドリースは債権回収にも情報開示にも消極的

    M2 同社を破産させれば投資家元本の回収が進む

    参考
    クラウドリースの破産申立をmaneoマーケットが行う、もう十分な元本回収は期待できないのか


    クラウドリースの主張


    C1 当社は債権回収に全力を挙げており、何件かは実際に償還している

    C2 maneoマーケット(以下M社)は5,000万円相当の虚偽債権を用いて破産申し立てを行っている

    C3 M社は投資家に損失を押し付ける形で、早期の幕引きを図っている

    C4 Jトラストがmaneoマーケットのオーナーとなった思惑は下記2点
     C4-1 SAMURAI Fundの集客のため
     C4-2 M社に関わる債権を安価に仕入れ莫大な利益を挙げるため

    C5 M社の破産申し立ては却下されることは疑いない

    C6 Crowd Lease社が破産した場合債権は安く買い叩かれる

    C7 安く買い叩くのはJトラストグループであり、投資家に莫大な損失が生じる
    ※第三者弁済、損失補填、扇動、業務委託についての箇所は略

    となります。

    クラウドリアルティ公式サイトへ

    投資家にどちらを信じるかの材料が与えられていない


     繰り返しになりますが破産申し立てにおいて、どちらを信じればよいのか?十分な材料が与えられていません。

     maneoマーケットは破産が投資家のためになると主張し、クラウドリースは破産が投資家のためにならないと主張しており、真っ向から食い違っています。

     もっともらしいところもあれば、疑わしいところ双方の主張にあります。結局破産が投資家のためになるかどうか、丁半博打に頼るしかというか、どちらを信じたいかに頼るしかない状態です。

    投資家を一発で信じさせるに値する、客観的情報をなぜ出さないのか?双方の姿勢に疑問をいだきます。

    クラウドリースが何件かの遅延案件を満額償還しているのは事実です。私も1件その恩恵に預かっています。

     ただし、クラウドリースはなぜ遅延が一斉発生したのか?について説明を行っていません。巷でささやかれているように、maneoマーケットがリファイナンスを過度に厳しくしたことが原因ならば、それを突けばよいかと思います。ただ、それをしないのならば、やはりクラウドリースの案件組成が杜撰だったとの評価を下さざるを得ません。

     なにをともあれ私は破産申し立てに参加する予定です。このことについては、後日の記事で触れたいと思っています。クラウドリースのブログ記事には、申し立てにより刑事罰の対象となるかのように、脅迫する文面がありますが「上等!」と考えています。

    Intermission


    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    Jトラスト安値債権買い叩きによる莫大な利益獲得の野望がついに表に出た


     今回のクラウドリースの発表で、もう一つ特筆することがあります。それは今回の一連の騒動の第2幕(第1幕はmaneoマーケットの行政処分、遅延大量発生)の冒頭

    Jトラストグループがmaneoマーケットのオーナーになる

    における藤澤信義Jトラスト社社長の野望

    maneoマーケットに関わる安値債権買取による莫大な利益ゲット

     が表に出たことです。今回のクラウドリースの発表を読んで上記を唐突に感じ、「ゲスの勘ぐり、いいがかり」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。ただし全く根拠のない話ではありません。

     FACTA2019年12月号の記事にその詳細が詳しく語られています。オンラインでも有料会員ならば下記リンクで読むことができます。

    「maneo」買い叩いたJトラストの焼き畑商法 ソーシャルレンディング大手を2億円余で手に入れた藤澤信義はゼニ儲けの鬼。泣きを見るのは一般投資家か。(FACTA 2019年12月号 有料記事)

    FACTAが明らかにする藤澤氏の野望

    Jトラストグループがmaneoマーケットを手に入れるため、買収の競合相手だった日本クラウド証券(クラウドバンクの運営会社)をいかに、ダーティーな方法を用いて蹴落としたか

    Jトラストは過去においても、債権安値買取により莫大な利益をあげている。maneoマーケットの今回の買収劇においても、それが投資家を犠牲にする形で繰り返されるだろう


    ということが書かれています。

     上記、藤澤信義氏の債権安値買取、莫大な利益ゲットの野望は確たる証拠があるものではありません。あくまで憶測であることはお断りしておきます。藤澤信義氏は本気でmaneoの再建、投資家のために債権回収を最大限努力する意向なのかもしれません。

     ただし、上記のような投資家のためにならない野望が囁かれているのも事実。Jトラストグループに対する牽制になるかと思い、投資家の間で情報共有いたします。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    1万円から始める新しい不動産投資クラウドファンディング
    CREAL

    社会課題解決を目指すソーシャルレンディング


    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績1000億円超え!SBIソーシャルレンディング

    SYLA FundingとFANTAS Fundingに落選 不特法不動産投資型クラウドファンディングはソーシャルレンディングに勝利するのか


     FANTAS fundingのFANTAS check PJ 第54号」(10万円申し込み)、SYLA FUNDINGの「第2号ファンド スカイコート原宿」(15万円申し込み)双方に落選しました。

    FANTAS Funding落選

    SYLA Funding落選

     ソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)は案件がすぐ埋まるサービス、基本的にゆっくり埋まるサービス様々です。しかし不特法不動産投資型クラウドファンディング(CREALFANTAS fundingジョイントアルファSYLA FUNDING、PARTNERS funding、X-Crowd、bit.REALTYなど)では、サービスを実施中の各社とも案件募集開始後、またたく間に埋まる事態が続いています。

     不特法不動産投資型クラウドファンディングは以下3点でソーシャルレンディングと同じ投資型クラウドファンディングでも大きく違います。

    1.投資先は開示、詳細な情報提供
    ソーシャルレンディングでは投資先(融資先)情報開示・提供はまだ十分に進んでいない

    2.運営会社と投資家がセイムボート投資(一蓮托生)であり、運営会社が必死
    ソーシャルレンディングではセイムボート投資の例は全く無いといってよい

    3.投資家が優先出資であり有利(損失はまず、運営会社が被らなければいけない)
    ソーシャルレンディングでは損失はすべて投資家が被る

    ただしソーシャルレンディングには下記のメリットがあります。

    1.投資対象が豊富(不動産だけではなく太陽光、海外金融事業者など様々)
    不特法不動産投資クラウドファンディングでは不動産のみ

    2.高利回り(年利5~10%がボリュームゾーン)
    不特法不動産投資クラウドファンディングではほとんどが5%未満

    3.投資機会が豊富
     募集額ベースの市場規模がソーシャルレンディングは不特法不動産投資型クラウドファンディングの9倍であり、全く投資できないということはない

     双方、比較した場合のメリット・デメリットはありますが、情報開示・セイムボート投資と優先出資の安心から不特法不動産投資型クラウドファンディングの方が投資家の信頼を集め、人気であることが伺えます。

     私も情報が開示されていない、高利回り案件に投資した挙げ句700万円もの多額の遅延を抱えています。低利回りでも安心できる投資先を選びたい。私の主観ではありますが、投資型クラウドファンディング投資家の大勢の意見ではないでしょうか。

     ソーシャルレンディングにおいてもさらなる情報開示、また可能ならばセイムボート投資が進んで欲しいものです。

     現状、見た目の人気は不特法不動産投資型クラウドファンディングが圧倒しています。ただし前述のとおり、それでもソーシャルレンディングの市場の方が圧倒的に大きいのです。

     CREALのような大型案件を出す不特法不動産投資型クラウドファンディング事業者が増えていき、両者の市場規模が近づいてきたとき、どうなるかに注目しています。

    ポチッと押して頂けると励みになります

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング

    株式型クラウドファンディングユニコーンでベンチャー企業投資に注目
    ユニコーン

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額800億円!!!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします
    FUNDINNO(ファンディーノ)

    CAMPFIRE Owners

    SYLA Fundingセミナー参加報告 その4


     最も新しく不特法不動産投資型クラウドファンディングのサービスを開始したSYLA FUNDINGを運営するシーラ株式会社が主催するセミナーに参加して参りました。

    そのセミナーの様子をお伝えします。今回はその4となります。その3については

    SYLA Fundingセミナー参加報告 その3をご参照ください。

    今回が最終回です。

    短期間の案件をどんどん回していく


     現状、SYLA FUNDINGは小規模不動産特定共同事業なので、投資家からの募集金額を1億円までしか集められません。

     だから1、2号案件のような運用期間3ヶ月の案件をどんどん償還して、どんどん組成して回していくことにより、可能な限り投資家に案件を届けたいとのことでした。

     なお、一般的なインカムゲイン型の投資においては、1万円から利回り4%、運用期間3ヶ月というのは破格の条件です。ソーシャルレンディングの案件を見慣れていると、そうは感じないかもしれませんが。

     例えば先日、2019年9月に募集されたソフトバンクの無担保普通社債は利回り1.38%、最低投資額が100万円の運用期間は7年でした(途中解約はできるそうですが)。

    客観的に見て投資家にはかなり有利な条件のファンドと感じました。

    セミナー出席者からもそのことについて、「投資家に有利すぎるのでは?」との質問が出ました。

     SYLA Funding側の回答としては、現状の投資用マンションの潜在的な顧客の開拓、また将来的SYLA Fundingが考えている、新しい不特法不動産投資型クラウドファンディングの布石とのことでした。

    SYLA Funding公式サイトへ

    質疑応答


     SYLA Fundingからの説明の後、質疑応答に入りました。ご紹介します。

    Q1不動産特定共同事業の登録を行うのか?


     現在、「小規模」不動産特定共同事業の登録だが、募集金額に制限がなくなる「不動産特定共同事業」の登録は考えているのか?資本金(1億円)の用件は満たしているが。

    A1 行うことを考えている
     行うことを考えている。資本金の要件は満たしているが、公認会計士が監査した財務諸表等が不足している。現在それらを準備中であり、登録を目指している。

    Q2 ログインをしないと案件情報が見られない理由は?


     現状、SYLA Fundingでは会員登録を行ってログインしないと案件詳細がみられない。おそらく業界で初めての試みとは思うが、狙いはなにか?

    A2 思惑はとくにない
    思惑というほどの思惑はとくにない。強いて言えば重大な情報も記しているので、会員限定とした。

    Q3 マンションの売れ行きは好調なのか?


    近頃、新築・投資用マンションの売れ行きが不調とは言わないものの、一時ほどの勢いがないと言われている。SYLAではどうか?

    A3 反響営業で好調
     そういった話は当社にはない。15%高い建築費用。IOT(床材センサー、デジタルミらー、スマートキー)といった高付加価値、ブランド力が強い。反響営業(飛び込み営業の逆、評判を聞きつけたお客さんに応対する形の営業)で売れている。

    Q4 顧客は銀行で融資を受けてマンションを購入しているのか


     直近、投資用不動産の銀行融資において不正(かぼちゃの馬車、スルガ銀行、TATERU Fundingなど)が問題となっている。

    投資用不動産の融資も厳しくなっていると聞いている。そこについて話を聞かせてほしい

    A4 不正防止に努めている。ほとんどの顧客が融資を受けられている
     杉本(会長)はTATERUさん、FANTASさん、GAテクノロジーさんとの仲がよい。それゆえにTATERUさんの問題、それによって引き起こされた株価暴落は同じ肌感覚を共有している。
     もちろん当社において不正は認められてないし、セキュリティ強化、社員教育徹底により発生防止に努めている。

     投資家は現金主義(不動産を100%現金で買うという意味)という話が先程(セミナー参加者から)あったが、当社においては93%の顧客が銀行融資を用いてマンションを購入している。投資家、案件ともに銀行融資審査をパスできている。

    最後に


     現状、SYLA Fundingは「小規模」不動産特定共同事業であり、案件組成は少なめです。ただしそれだけに、厳選した案件を持ってくることが予想され、絶対にデフォルトは起こさないという気概を感じました。

    劣後出資の割合を30%に据え置くというのも、その姿勢の現れかと思います。

     SYLA FUNDINGは現在、不動産特定共同事業の登録を目指しています。登録されればCREALFANTAS fundingジョイントアルファのように案件募集をどんどん行えるようになります。

     登録が行える前提でSYLA Fundingのこれからのビジョンについて聞かせてもらうことができました。残念ですがそれはオフレコです。

     しかし、これまでの不特法不動産投資型クラウドファンディング業者が提供していない、全く新しい形の、投資家にとって魅力的なプロジェクトであったことは、私(ごときです)が保証します。

    しばらくはSYLA Fundingのわずかしかでない、お宝案件を狙いながら見守りたいと思います。

    SYLA Funding公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村