ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 
    ソーシャルレンディング総合情報、比較、ニュースサイトです。上記メニューからお好みの情報を選択してください。はじめての方は「ソーシャルレンディングをわかりやすく解説」をお読みください。
    「インタビュー・コラム・セミナー・メディア」ではソーシャルレンディング運営会社へのインタビュー、セミナー・イベント参加報告、ソーシャルレンディングがメディアに取り上げられたこと、またコラムを紹介しています。
    「会社別ランキング・おすすめ記事」では会社別のランキング、お勧め記事を掲載しています。
    「ソーシャルレンディング比較記事」では2014年末からソーシャルレンディング業界の動向・ニュース、募集額をまとめた記事を紹介しています。
    「全記事一覧」で全ての記事を掲載順にご覧いただくことも可能です。

    クラウドクレジットがガイアの夜明けで紹介(これは固定記事です、次回が最新記事です)


    クラウドクレジットがガイアの夜明け(テレビ東京系列2018年1月16日放送)のガイアの夜明けで取り上げられました。

    クラウドクレジット_ガイアの夜明け

    クラウドクレジット公式WEBサイトへ

    当ブログのクラウドクレジットの記事はこのリンクをご参照ください。

    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2018年4月期 その3


    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2018年4月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。

    その2は2018/4/19ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2018年4月期 その2

    をご参照ください。


    キャンペーン情報


    トラストレンディング


     トラストレンディングが新規会員取登録で1,500円、その後の投資実施で3.,500円をプレゼントするキャンペーンを実施中です。最大5.000円獲得のチャンスです。



    トラストレンディング公式サイトへ

    SAMURAI


     SAMURAIがサイトリニューアルを記念してビットコインプレゼントキャンペーンを実施中です。 口座開設により1,000円相当、10万円以上24万円以下の投資により2,000円相当、25万円以上の投資により6,000円相当のビットコインがもらえます。最大7千円のビットコイン獲得のチャンスです(24万円以下の投資と25万円以上の投資のビットコインプレゼント両取りは不可)。

    05_SAMURAビットコインプレゼント

    ★☆SAMURAIサイトリニューアルオープン☆★ ビットコインプレゼントキャンペーンのお知らせ(2018/3/30 SAMURAI)


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、、募集額1,100億円の実績あり



    セミナー情報


    クラウドクレジット(クラウドクレジットはじめて講座)
    日時:2018年4月24日(火) 19:00~
    場所:東京都中央区日本橋茅町 平和ビル
    セミナー情報ページ

    オーナーズブック
    日時:2018年4月25日(水) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル本社
    セミナー情報ページ

    ポケットファンディング(オンラインセミナー)
    日時:4月25日(水) 19:00~
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット(中級者向けファンドシリーズ紹介セミナー)
    日時:2018年4月26日(木) 19:00~
    場所:東京都中央区日本橋茅町 平和ビル
    セミナー情報ページ

    クラウドリアルティ(七十七ミートアップ)
    日時:2018年4月26日(木)19:00~
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット(グローバル資産形成セミナー)
    日時:2018年4月28日(土) 14:00~
    場所:東京都中央区日本橋茅町 平和ビル
    セミナー情報ページ

    maneo、クラウドリース、アメリカンファンディング、さくらソーシャルレンディング
    日時:2018年5月14日(月) 19:00~
    場所:東京都千代田区 リファレンス新有楽町ビル
    セミナー情報ページ



    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX


    I クラウドポートの女性の投資意識調査アンケートが発表されました


     クラウドポートが「女性のお金と投資に関するアンケート」を発表しました。大多数の女性が将来の年金に不安を抱いており『自己防衛』、つまり自分でなんとかしなければいけないと考えている。しかしその一方でその自己防衛手段である貯金、資産運用、その他で十分な準備が行えていないと考えている実態が浮き彫りになっています。

    そして「ソーシャルレンディングのメリット」である「放置できる(おまかせ投資)」、「リスクが固定(株式、投資信託、FXのように市場価格の値動きがない)」、「ミドルリスク・ミドルリターン」の資産運用ならばチャレンジしても良いという結果も示されています。

    ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」。「女性のお金と投資」に関するアンケート調査結果公開(2018/4/5 PR TIMES)

    9割以上の女性は「自分が受け取る年金は、今の水準よりも下がる」と考えている(2018/4/11 シニアガイド)

     ソーシャルレンディングの女性に対する認知が高まり、現状は全体の1割から2割である女性の比率が高まってくれることに期待です。


    新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】





    J 大和住銀投信の投資レポートにソーシャルレンディングが取り上げられました。


     大和住銀投信の投資レポート(2018年4月9日号)にソーシャルレンディングが取り上げられています。このように株式、投資信託への投資をメインとするレポートでソーシャルレンディングについて触れられるのは、私が知る限り初めてです。

    大和住銀投信_ソーシャルレンディングについて(20184/9 投信投資顧問 WEBサイト PDFファイル 部奈和洋氏著)

     ソーシャルレンディングの市場規模拡大、その高い利回りというメリットへの言及、また「なお、現状ではこの分野でも管理・運営が未熟に⾒える業者が存在しているようですので、投資の際はご留意ください。」という注意喚起がなされています。


    K 不動産TIMESで不動産クラウドファンディングについて触れられています。


    不動産TIMESで不動産投資に絡める形で、クラウドファンディングについての解説記事が掲載されました。融資型(ソーシャルレンディング)はクラウドファンディングの中で最も規模の大きい分野として言及されています。

    クラウドファンディングを用いた不動産投資とは(2018/4/10不動産投資TIMES)

    クラウドファンディングは何であるかとの初歩的なことから、メリット・デメリットまでがまとめられています。

    オーナーズブックやクラウドリアルティが引き合いに出されて

    事業者はより大きな資金を得るにつれてより規模の大きな案件を担当できるようにもなるため、事業者には好循環によるさらなる成長が期待されます。


    と将来的な見込みはポジティブに捉えられています。ただ

    金融と技術の融合によって産声を上げたフィンテック(FinTech)の一種である不動産投資クラウドファンディングは先進的な技術に支えられています。実際に導入されている技術としては、「ブロックチェーン」があります。ブロックチェーンは「分散型台帳」と訳される技術であり、金銭のやり取りを記録する台帳情報をそれぞれの取引主体が個別に管理するのではなく、利用者間で共有させるための技術です。

    台帳のデータ形式を共通化させることで、台帳を利用者に分散して共有することができるようになります。これにより、利用者間でのデータ連携が容易になることや、台帳を更新した際に内容の正当性と一貫性を確保でき、取引に携わる関係者間の情報の不均衡を解消するといった利点があります。そのため、契約時のコスト削減や透明性の担保が重要である不動産投資クラウドファンディングを効率化した先進技術となりました。


     とあるのですが、国内不動産クラウドファンディングに既にブロックチェーンの技術は導入されているのでしょうか?研究段階と聞いているのですが・・・。不動産クラウドファンディングだけでなく、どのタイプのクラウドファンディング(ソーシャルレンディング)でも実現していないのではないでしょうか。

    参考
    ブロックチェーン×不動産クラウドファンディング研究会発足(2018/2/14 財形新聞)


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
    OwnersBook



    L 東電子会社のトップにmaneo創業者のお二人が就任しました


     maneoの共同創業者である妹尾賢俊氏とジェフリー・チャー氏が、東京電力が新たに設立した子会社「TRENDE株式会社」のトップ(2人とも代表取締役)に就任しました。そのことについて日経エネルギーNEXTが妹尾賢俊氏にインタビューしたことが記事となっています。

    maneoマーケット株式会社:金融庁への登録完了のお知らせ(2008/8/28 maneo WEBサイト)


    フィンテックの雄が東電子会社に転身した理由(2018/4/12日経エネルギーNEXT)

    maneo創業で日本の金融業界にFinTechの地殻変動を起こした妹尾氏、同様に電気小売をブロックチェーン、P2Pを活用して行うTRENDEの経営者として、激震を起こしてくれることに期待です。現時点では普通の小売の段階(フェーズ1)ですが、フェーズ3に移行してP2P取引が始まることにより、電気料金の低価格化、自然エネルギー電力の有効活用が実現する見込みのようです。

    今回はここまでにさせてください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング



    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング


    2018年3月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約456万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3. クラウドバンク: 約257万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約260万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:224万円
    8.LCレンディング : 約238万円
    9.ガイアファンディング : 約207万円
    10.トラストレンディング : 180万円
    11.クラウドリース : 約167万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約218万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約62万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約51万円
    20.プレリートファンド:約81万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    22.SAMURAI:約10万円
    (総額:約2,821万円)


    ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


    2018年4月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_ソーシャルレンディング業者比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_ソーシャルレンディング業者比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_ソーシャルレンディング業者比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_ソーシャルレンディング業者比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_ソーシャルレンディング業者比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較6
    06_ソーシャルレンディング業者比較2018年4月


    ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


    2018年4月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_ソーシャルレンディング案件比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_ソーシャルレンディング案件比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_ソーシャルレンディング案件比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_ソーシャルレンディング案件比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_ソーシャルレンディング案件比較2018年4月

    2018年4月時点ソーシャルレンディング案件比較6
    16_ソーシャルレンディング案件比較2018年4月


    各社募集実績の求め方
    maneo:ホームページの「成立ローン総額」から
    AQUSH:月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページの「累計応募金額」から
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」から
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」から
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    SAMURAI:WEBサイトの「商品一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」から
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」から
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」から
    TATERU FUNDING:ホームページの「出資金額の推移」から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    クラウドリアルティ:WEBサイトのプロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」から
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」から
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」から
    LENDEX:WEBサイトの「ファンド一覧」の募集が終了したファンドの合計額から
    ポケットファンディング:ホームページの「累計応募成立金額」から
    プレリートファンド:ホームページの「成立ローン総額」から
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件から
    エメラダ・エクイティ:WEBサイトの募集が終了した案件から

    ソーシャルレンディング2018年1月~3月期投資結果報告


     2018年1月~3月期の投資結果報告です。ソーシャルレンディングでは私のようなボンクラでも着実に稼げる投資であるということを少しでも示せればと思います。

    各運営会社における投資状況


    1.AQUSH


    01_AQUSH
    02_AQUSH
    03_AQUSH

    AQUSHでは2018年3月末時点で約60万3千円を投資中です。


    2.maneo


    05_maneo
    200_maneo_20180418.png

    maneoでは2018年3月末時点で約455万6千円を投資中です。

    maneo公式サイトへ

    3.クラウドバンク


    09_クラウドバンク
    11_クラウドバンク

    クラウドバンクでは2018年3月末時点で約257万2千円を投資中です。

    クラウドバンク公式サイトへ

    4.SBIソーシャルレンディング


    400_SBIソーシャルレンディング
    15_SBIソーシャルレンディング

    SBIソーシャルレンディングでは2018年3月末時点で約34万円を投資中です。

    SBIソーシャルレンディング公式サイトへ

    5.クラウドクレジット


    17_クラウドクレジット
    19_クラウドクレジット

    クラウドクレジットでは2018年3月末時点で約259万7千円を投資中です。

    クラウドクレジット公式サイトへ

    6.ラッキーバンク


    21_ラッキーバンク
    ラッキーバンク利益2018041501

    ラッキーバンクでは2018年3月末時点で約51万3千円を投資中です。

    ラッキーバンク公式WEBサイトへ

    7.オーナーズブック


    25_オーナーズブック
    27_オーナーズブック

    オーナーズブックでは2018年3月末時点で224万4千円を投資中です。

    オーナーズブック公式サイトへ

    8.LCレンディング


    30_LCレンディング
    32_LCレンディング

    LCレンディングでは2018年3月末時点で約238万円を投資中です。


    9.ガイアファンディング


    34_ガイアファンディング
    36_ガイアファンディング

    ガイアファンディングでは2018年3月末時点で約206万9千円を投資中です。


    10.トラストレンディング


    38_トラストレンディング
    40_トラストレンディング

    トラストレンディングでは2018年3月末時点で180万円を投資中です。

    トラストレンディング公式サイトへ

    11.クラウドリース


    42_クラウドリース
    44_クラウドリース

    クラウドリースでは2018年3月末時点で約167万1千円を投資中です。


    12.スマートレンド


    46_スマートレンド
    48_スマートレンド

    スマートレンドでは2018年3月末時点で約32万6千円を投資中です。


    13.グリーインフラレンディング


    50_グリーインフラレンディング
    52_グリーインフラレンディング

    グリーインフラレンディングでは2018年3月末時点で約217万8千円を投資中です。


    14.さくらソーシャルレンディング


    54_さくらソーシャルレンディング
    56_さくらソーシャルレンディング

    さくらソーシャルレンディングでは2018年3月末時点で約63万3千円を投資中です。


    15クラウドリアルティ


    58_クラウドリアルティ
    60_クラウドリアルティ

    クラウドリアルティでは2018年3月末時点で30万円を投資中です。


    16.ポケットファンディング


    62_ポケットファンディング
    64_ポケットファンディング

    ポケットファンディングでは2018年3月末時点で約62万5千円を投資中です。

    ポケットファンディング公式サイトへ

    17.アメリカンファンディング


    66_アメリカンファンディング
    68_アメリカンファンディング

    アメリカンファンディングでは2018年3月末時点で約51万7千円を投資中です。


    18.キャッシュフローファイナンス


    70_キャッシュフローファイナンス
    72_キャッシュフローファイナンス

    キャッシュフローファイナンスでは2018年3月末時点で約51万3千円を投資中です。


    19.アップルバンク


    74_アップルバンク
    76_アップルバンク

    アップルバンクでは2018年3月末時点で約51万4千円を投資中です。

    20.プレリートファンド


    78_プレリートファンド
    80_プレリートファンド_20180412

    プレリートファンドでは2018年3月末時点で約80万7千円を投資中です。

    21.エメラダ・エクイティ


    84_エメラダ・エクイティ_20180412

    エメラダ・エクイティでは2018年3月末時点で35万円を投資中です。

    22.SAMURAI


    03SAMURAI_仮想通貨マイングファンド投資

    SAMURAIでは2018年3月末時点で10万円を投資中です。

    ※写真は2018年4月時点のもの、この時点での投資額は35万円


    月ごとの税引き後リターン報告


    2018年1月


    100ソーシャルレンディング2018年1月期投資結果20180415

    ソーシャルレンディング2018年1月時点全収益

    2018年1月における税引き後リターンは14万2,020円となりました。


    2018年2月


    120ソーシャルレンディング2018年2月期投資結果20180415

    ソーシャルレンディング2018年2月時点全収益

    2018年2月における税引き後リターンは10万5,563円となりました。


    2018年3月


    140ソーシャルレンディング2018年3月期投資結果20180415

    2018年3月における税引き後リターンは10万6,430円となりました。

    ソーシャルレンディング2018年3月時点全収益

    2018年3月末時点における税引き後リターン累計額は493万4,944円となりました。
    2018年4月には累計募集額が500万円を超えそうです。

    上記3ヶ月における税引き後総リターンは35万4,013円、損失は0円でした。

     利回りよりも安定性を重視した運用をしているためか、投資額は伸びているのですがなかなかリターンがのびません。この1年月あたり10万円強からほとんど伸びていない気がします。

    ただ幸いなことに大きな損失も現状ありません。
    この調子で続けていけたらと思っています。


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    ソーシャルレンディングランキング


    LENDEXは担保不動産価値査定の確かさで投資家の資産を保全します
    LENDEX

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    SBI証券「個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)」


    2018年3月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約456万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3. クラウドバンク: 約257万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約34万円
    5.クラウドクレジット:約260万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:224万円
    8.LCレンディング : 約238万円
    9.ガイアファンディング : 約207万円
    10.トラストレンディング : 180万円
    11.クラウドリース : 約167万円
    12.スマートレンド : 約33万円
    13.グリーンインフラレンディング:約218万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約63万円
    15.クラウドリアルティ:30万円
    16.ポケットファンディング:約62万円
    17.アメリカンファンディング:約52万円
    18.キャッシュフローファイナンス:約51万円
    19.アップルバンク:約51万円
    20.プレリートファンド:約81万円
    21.エメラダ・エクイティ:35万円
    22.SAMURAI:約10万円
    (総額:約2,821万円)

    クラウドクレジット運用資産残高70億円突破、1.3億円の資金調達おめでとうございます


     クラウドクレジットの運用資産残高が70億円を突破しました、また第一生命と三菱UFJキャピタルから1.3億円の資金を調達しました。おめでとうございま!

    運用資産残高が70億円を突破しますます収益率アップか


    クラウドクレジット累計出資金額90億円

     下記クラウドクレジットWEBのサイトのプレスリリースによると募集金額が90億円を突破、かつ運用資産残高が70億円ですから募集額のおおよそ80%を運用している計算となります。

    運用資産残高が70億円を突破かつ 累計出資金額が90億円を突破(2018/4/9 クラウドクレジットWEBサイト)

     運用資産率割合が高ければ高いほどソーシャルレンディング運営会社の収益率は高いと予想されますのでクラウドクレジットの財務基板の改善がますます期待できます。

    参考
    2017/2/18 クラウドクレジットの運用資産残高が50億円突破、収益改善に期待

     なお、上記記事を書いた段階で運用資産率割合は70%でした。クラウドクレジットは2ヶ月の間に運用資産率割合を10%も改善したことがわかります。なお、この割合はクラウドクレジットがソーシャルレンディング業界で最大です(私が知る限り)。


    第一生命と三菱UFJキャピタルから1.3億円を調達


     また第一生命と三菱UFJキャピタルから1.3億円の資金調達を受けたことも各メディアで大きくとりあげられています。上記営業収益改善に加え有力な株主の登場により、ますますクラウドクレジットへの注目度が高まっていることが感じられます。

    第一生命保険及び三菱UFJキャピタルからの資金調達のお知らせ(2018/4/5クラウドクレジットWEBサイト)

    【インパクト投資】クラウドクレジット株式会社への投資~グローバルな資金需給ギャップを解消し、発展途上国等の事業活動を活性化~(2018/4/5 第一生命保険WEBサイト PDFファイル)

    新興国ソーシャルレンディングのクラウドクレジット、第一生命と三菱UFJキャピタルから資金調達——シリーズDでの調達総額は約5.3億円に(2018/4/5 THE BRIDGE )

    発展途上国の資金需要個人投資家をむすぶ--クラウドクレジットが約1.3億円を調達(2018/4/5 C-net Japan)

    新興国向けソーシャルレンディング・プラットフォーム運営の「クラウドクレジット」が1.3億円調達!(2018/4/9 創業手帳WEB)


    取締役会および監査役の設置によりますますコンプライアンス強化か


    最後に、クラウドクレジットトは取締役会および監査役の設置の設置を発表しました。

    取締役会および監査役の設置のお知らせ (2018/4/2クラウドクレジットWEBサイト)



     クラウドクレジットの2017年における月あたり募集額は約3億2千万でした(ファイアフェレット調査)。それが2018年1~3月における月あたり募集額は約11億2千万円と3倍以上になっています。

     ますます高まる投資家からの期待、募集金額に対して、さらにコンプライアンスを強化してそれに応える姿勢が感じられます。

    クラウドクレジット公式サイトへ
    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村