カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg 2017y07m12d_133331549.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年7月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。その2については

    2017/07/12 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その2

    をご参照ください。

    各社セミナー情報(募集中のみ)


    1.maneoクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/7/18(火) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    2.オーナーズブック
    日時:2017/7/26(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    3.TATERU FUNDING
    日時 2017/7/29(土) & 2017/7/30(日) 10:30~
    場所 東京都港区南青山 株式会社インベスターズクラウド本社
     & 福岡県福岡市博多区 株式会社インベスターズクラウド福岡支店
    セミナー情報ページ


    4.オーナーズブック(注意:女性限定)
    日時:2017/8/2(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    G 伊藤忠商事がインドネシアでソーシャルレンディング事業を始めます

     伊藤忠商事がインドネシアでソーシャルレンディング事業を開始します。日本のような個人が投資家で融資先が企業というものではなく、個人から個人(小規模事業所)へというベーシックな形のP2Pレンディングとなる模様です。

    伊藤忠、口座持たぬ個人間の融資仲介にインドネシアで参入(2017/6/20 日経新聞)

    2017y07m13d_154412350.jpg

     記事を読む限りでは投資家(貸し手)、借り手ともに日本と直接の関係はなさそうです。

     伊藤忠商事は同国のFinTech企業の株式を取得し、そこへ様々に技術を支援します。サービス開始は2018年とのことです。

    同国のP2Pの総貸出残高は現在20億~30億円のもようだが、伊藤忠は「数年後に1兆円規模に拡大する可能性がある」


     とのことで、大化けが期待できます。なお、伊藤忠商事はクラウドクレジットに出資しています。

     クラウドクレジットが主に手がけるのも、海外の個人を対象とする融資案件です。何か関係があるのかと問い合わせたところ、特にない(伊藤忠商事は巨大企業であり、クラウドクレジットを担当している部署と、上記インドネシアのP2Pレンディングを担当する部署は別)との回答をいただけました。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



    H インドネシアで不動産事業を営む企業が、ソーシャルレンディングを用いて日本で資金を集めるためのパートナーを募集しています

     インドネシアで建築プロジェクト・マネジメントを専門とするインドネシア現地法人 ミトラ国際インドネシア(MKI)が日本において資金の募集を企画しています。日本の個人投資家がインドネシアの不動産投資を行えるプロジェクト、『越境まちづくり事業』における展開です。

    2017y07m13d_154449422.jpg

     スキームは上記のとおりです。

    インドネシア向け『越境まちづくり事業』を加速するための『クラウド型不動産投資ファンディング・レンディング』活用へ向けた 提携パートナー募集のお知らせ(2017/6/30 DREAM NEWS)

     スキームをざっと見た感想を述べます。パートナー(募集対象)は「第二種金融商品取引業」と「貸金業」の両方の登録を行った業者である必要がありそうです。

     日本で広く一般の個人投資家から資金を集めるには「第二種金融商品取引業」の登録が必要となります。「金銭消費賃貸契約」を結んで事業として融資を行うので「貸金業」の登録も必要となるからです。
     
     この両方の登録を受けるには、当局からの審査が厳しいと聞いています。

     既存のソーシャルレンディング事業者がパートナーに名乗りを上げれば、そこにて新規の案件となるかと思います。そうでない場合は新規ソーシャルレンディングサービスが誕生することになるかと思います。

     ソーシャルレンディングの多様性が増えることに私は基本的には賛成ですので、進捗を楽しみにしたいと思います。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    I アジア市場向けソーシャルレンディング事業の立ち上げが計画されています。

    ビジネスパートナー発見サイト「MeetEntre」でアジア市場向けソーシャルレンディング事業の立ち上げに伴う、システム開発責任者(CTO)募集が行われています。

    【システム開発責任者(CTO)募集】アジア市場向けソーシャルレンディング事業の立ち上げ(MeetEntre)

     まだ金融システムが未整備で、金融包摂が不十分な東南アジアへの事業展開を目指す、また仮想通貨、ブロックチェーンを活用してソーシャルレンディングを展開するとのことです。


     今回はGからIまで、東南アジアでソーシャルレンディング事業を展開する国内勢のニュースを3つ伝えることになりました。

     金融システムが整っていない東南アジアだからこそ、FinTechの最先端であるソーシャルレンディングによる事業拡大の展望が望める。それは伊藤忠商事が構想するようにインドネシアだけで一兆円の市場規模が望める大きな果実ということでしょう。


     今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/7/21 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その4

    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_20170713.jpg


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    SBIソーシャルレンディング テレマックスローンファンド融資先の事業が未来世紀ジパングで紹介されましたた。

     2017/7/3放送の「未来世紀ジパング(テレビ東京)- 日米中が欲しがるフィリピン! ドゥテルテその後の異変-」にてSBIソーシャルレンディングが組成するテレマックスローンファンド融資先事業であるトライシクル(三輪タクシー)事業が紹介されました。

     紹介されているのはあくまでトライシクル事業の概要だけです。SBIソーシャルレンディングの融資先の事業であること、ソーシャルレンディングで日本の投資家からのお金がその事業に届いていることなどには、一切触れられいません。

     事業は大変な成功をおさめつつあり、それは番組で中心に取り上げれているGMS(グローバルモビリティサービス)社の役割が最も大きいのでしょう。しかし私は日本のソーシャルレンディングがその成功の一端を担っていることを後世に残したく、この記事でその番組を紹介したいと思います

     該当部分は番組開始35分後から始まります。

    01_20170708_232214.jpg

     フィリピンのドゥテルテ大統領が2017年4月に経済政策「ドゥテルテノミクス」を打ち出し、3年間で8兆円ものインフラ整備を行い、日本もビジネスパートナーとして1兆円を支援します。

    02_20170708_232252.jpg

    同政策は現在の貧困率を21.6%から14%に下げる目標を挙げています。

    03_20170708_232310.jpg

     舞台はマニラの貧困を象徴する場であるマニラのハッピーランドエリアです。悪臭を放つゴミの山が広がり、ゴミ集めで生計を立てる人が多く、1日の稼ぎは100ペソ(約220円)に過ぎません。
     住民に希望はなく、無力感が広がっています。この現状打開、貧困改善に日本のベンチャー企業が取り組む様子を中心に物語は進行します。

    2017/7/21 追記 ハッピーランドエリアの実態については下記リンクを参照

    貧困、栄養失調、伝染病...マニラのスラム「ハッピーランド」は悲しみに包まれる場所(「2017/7/21 ハフィントンポスト テッド・マクドネル氏著)

    04_20170708_232607.jpg

    主人公はマニラ在住のマイケル・ピオルナートさんです。

    3年前までホームレスであった彼は新たな仕事を得ることにより、窮地から脱しました。

    05_20170708_232620.jpg

     それが1回16ペソ(約35円)で乗れるトライシクルタクシーのドライバーです。生き生きと毎日仕事に励み、多い日は80組の客を乗せています(多い日は1日約2800円、平均日収の10倍位上の売上)

    06_20170708_232642.jpg

     彼のトライシクルはホームレス時代にローンで購入したものですが、どうやって銀行から融資を受けられたのでしょうか?

    07_20170708_232647.jpg

    ピオルナートさんは日本の企業のおかげだと述べます。

    08_20170708_232705.jpg

     担保なしでおカネを借りられる仕組みを作ったのが日本のベンチャー企業GMS(グローバルモビリティサービス)です。

    09_20170708_232714.jpg

    仕組み・技術の紹介役は同社社長の中島徳至氏です。

    10_20170708_232720.jpg11_20170708_232731.jpg

    バイクに黒い箱(車両遠隔制御IoTデバイス“MCCS”)を取り付けます。

    12_20170708_232743.jpg

     この箱を取り付けることにより、離れた場所からもトライシクルのエンジンをかけられるかどうかを制御できます。

    13_20170708_232745.jpg14_20170708_232806.jpg

     ローンを払っていればドライバーは普通にエンジンをかけられます。しかし滞らせると遠隔操作で、トライシクルのエンジンがかからなくなります。

    15_20170708_232825.jpg

     車は鍵を持っている人が最も強く、ドライバーが鍵を持っていればローンを滞らせても車の使用を続けられてしまう。

    16_20170708_232837.jpg

     携帯電話と同じように支払いを滞らせれば、ドライバーが車を使えなくなるようにする。そうすれば車のローンの滞納が減る。それを実現しようと考えたと中島社長は語ります。

    17_20170708_232922.jpg

     実際にドライバーは確実にローンを支払い、これまで銀行にアクセスできなかった貧困層がローンを組めるようになりました。ピオルナートさん以外のドライバー達も他ではローンが組めなかったがGMSの仕組みを利用することによりローンが組めたこと、収入が増えたことを嬉しそうに語ります。

     中島社長は以前大気汚染がひどいマニラで電気自動車ビジネスを行おうとしたが、そもそも自動車を買える人が少ないという壁にぶつかり、この仕組を思いついたそうです。

    18_20170708_232954.jpg

     一生懸命働いているのに、金融機関から評価されていない。そういう人を応援する仕組みを作りたいと中島社長は熱く語ります。

    19_20170709_010628.jpg

     現状貸し倒れ率はゼロという脅威の実績を挙げています。GMSの仕組みを利用したトライシクルは500台走っています。来年3月には3000台に増やす計画とのことです。


     いかがでしょうか。番組では「銀行からローンを組んだ」と銀行だけがお金を融資したように説明されます。しかし実際には日本のSBIソーシャルレンディングが投資家から集めたお金も提供されているでしょう。テレマックスローンファンドは4号これまで募集され、総額は約1億円です。 日本の投資家のお金も活用されていることを、ぜひ番組で触れてほしかったと思っています。

     銀行から融資を受けられない人が、新しい仕組みで融資を受けられ事業を展開できるという流れは日本のソーシャルレンディングとも通じるところがあります。

    ソーシャルレンディングが経済の血流ともいえる金融を、世界中で活性化させることに期待です。

     現在日本のソーシャルレンディングでは金融庁の指導のため、融資先の詳しい情報を知ることができません。

     しかしこのように、事業の詳細・意義を投資家が知ることができれば、ますますその投資商品としての透明性が高まり、社会的意義からもお金が集まるようになると思います。

     金融庁が一刻も早く規制緩和を行ってくれることに期待です。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない

    新しいソーシャルレンディングサービスLENDEXが登場しました。

    新しいソーシャルレンディングサービス「LENDEX」が登場しました。

    01_2017y07m12d_134750500.jpg

    運営会社は株式会社LENDEXです。

    02_2017y07m12d_134810038.jpg

    すでにサービスは開始されており、投資会員登録、1号案件募集が始まっています。

    LENDEXは第二種金融商品取引業と貸金業の両方の登録を行っています。

    2016年から2017年にかけてソーシャルレンディングサービスは

    クラウドリーススマートレンドみんなのクレジットアメリカンファンディンググリーンインフラレンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク、そしてこのLENDEX

    と9サービス誕生しています。

     ただしクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディンググリーンインフラレンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンクの7サービスはいずれもmaneoファミリーです。これら全てのサービスが第二種金融商品取引業と貸金業の両方の登録を行っているわけではありません。

     両方の登録を行い、かつ純粋な新勢力としてのソーシャルレンディングサービス誕生は、みんなのクレジット(2016年4月サービス開始)以来、久しぶりとなります。

     現状分かる情報を記載して、会社と案件情報の表を作成しました。この記事の最後に掲載します。

    サービスの特徴がHPに掲載されており、

    1.大部分に担保を設定
    2.利息は毎月分配
    3.1年以内の短期投資中心
    4.数万円からの小口投資から
    5.口座開設・維持手数料が無料

    6.東急リバブル査定結果利用

    とあります。

    1~5は特にソーシャルレンディングとしては目新しいものではありません。

    ただし
    6.東急リバブル査定結果利用

    は少し注目と考えています。

     東急リバブルは東証一部上場の東急不動産ホールディングスの完全子会社であり、有数の不動産業者です。そこが行った査定というのは、投資へ対しての信頼性を高めてくれるでしょう。

     なお、LENDEXに問い合わせてみたところ、東急リバブルと業務提携は行っているが、資本関係はないとのことです。

     代表者の筧悦生氏は公認会計士と税理士の資格を持ち、清和監査法人のパートナー、清和税理士法人のシニアパートナーを勤めている方です。 

    2017y07m12d_141343284.jpg

    LENDEX
    日本貸金業協会会員
    第二種金融商品取引業協会正会員
    日本証券業協会員、証券・金融商品あっせん相談センター

    の加入もすませており、準備万端の上でサービスを開始したことが伺えます。

    04_2017y07m12d_134921656.jpg

    2017y07m12d_141644286.jpg

    先に述べた通り、1号案件の募集はすでに始まっています。

     利回り10%、募集金額1,951万円、担保不動産の評価額は4,860万円(東急リバブル査定結果)、抵当権(第1順位)を設定と、小振りながら利回りが高く、硬い案件と見受けられます。

    06_2017y07m12d_134959978.jpg

    早速会員登録を行ってみました。

     バックがしっかりしていて、(サービスが期待できる)1号案件ということでしたら、投資価値は十分あるかなと考えています。

    謝辞
    LENDEXの登場はソーシャルレンディングブログ「ソーシャルレンディング投資記録」の記事

    2017/7/11 新しいソーシャルレンディングサービス?「LNEDEX」

    で知ることができました。

    御礼申し上げます。

    LENDEX運営会社データー
    SL2017071201com.png

    LENDEX運営会社案件データー
    200_LENDEX_20170712.jpg

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意


    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年7月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。その1については

    2017/07/06 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その1

    をご参照ください。


    各社セミナー情報(募集中のみ)


    1.maneoクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
    日時:2017/7/18(火) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    2.オーナーズブック
    日時:2017/7/26(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    3.TATERU FUNDING
    日時 2017/7/29(土) & 2017/7/30(日) 10:30~
    場所 東京都港区南青山 株式会社インベスターズクラウド本社
     & 福岡県福岡市博多区 株式会社インベスターズクラウド福岡支店
    セミナー情報ページ


    4.オーナーズブック(注意:女性限定)
    日時:2017/8/2(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない



    D Sankei Bizに掲載中の連載「ソーシャルレンディングを知る」について

     クラウドポート社長、藤田雄一郎氏がSankei Bizに連載中の「ソーシャルレンディンを知る」の連載2回目が掲載されました。

    【ソーシャルレンディングを知る】(2)投資家急増中! 市場が急成長している理由とは(2017/6/23 Sankie Biz 藤田雄一郎氏著)


    ソーシャルレンディングが急成長している理由が

    1.個人投資家にハイリスクハイリターン、ローリスクローリターンしか用意されていない中で、安定したパフォーマンスが期待できる
    2.新規事業者が続々参入し、多様性が増えた。また顧客獲得のために積極的なアピールを行っている
    3.ブログ、Twitterによる個人から個人への情報配信、波及
    4.近年のFinTechブームがソーシャルレンディングの成長を後押し


    と挙げられています。

    3.ブログ、Twitterによる個人から個人への情報配信、波及

    について書かれた部分をそのまま引用します。

     ソーシャルレンディングを体験した個人投資家がブログやSNSを通じて、自らの投資実績や体験談を公開する事例が増えてきている。ソーシャルレンディング投資家のほとんどが、普通の会社勤めをしている一般的なサラリーマンだ。

     特に莫大な資産を築いているわけでも、専門的な金融知識を身につけているわけでもない。SNS等を通じて、身近な存在である一般の個人投資家が、着実に資産を増やしていく様子を見た別の個人が、これならば自分もできると新たにチャレンジするという良い循環が生まれている。


     近年ソーシャルレンディングの収益をブログでアップする人が増えました。その増加数とソーシャルレンディング募集額の伸びはまさに正比例しているように感じます。株式・FXのように個人投資家では一握りの人しか儲けられない従来型の投資方法では、見られない動きでしょう。ソーシャルレンディングの特異さが伺える点かと思います。

     なお、藤田雄一郎氏は幻冬舎GOLD ONLINEで持たれている連載の第6回において、

    「特に莫大な資産を築いているわけでも、専門的な金融知識を身につけているわけでもない。SNS等を通じて、身近な存在である一般の個人投資家が、着実に資産を増やしていく様子」


    の実例を挙げていらっしゃいます。
     
    「専門メディアの運営者による「ソーシャルレンディング」入門」第6回、“著名ブロガーの例に見る「ソーシャルレンディング投資」(2017/6/14 幻冬舎GOLD ONLINE 藤田雄一郎、柴田陽両氏著)

     そこでは「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の管理人中田健介氏と並んで、このファイアフェレットも取り上げていただいています。

    まことに光栄と考えています。


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします



    E PILES GARAGEにてソーシャルレンディングのことが取り上げられました。

    ビジネススキルの情報サイトPILES GARAGEにてソーシャルレンディングのことが取り上げられました。

    資金調達や資産運用の新たな選択肢、ソーシャルレンディングとは何か(2017/6/13 PILES GARAGE片岡治樹著 )

     従来と現在のFinTechの対比、日米のソーシャルレンディングの違いと現状が分かりやすく書かれています。最後にソーシャルレンディングが欧米に比べて普及していない理由のひとつに、関連法が整えられていないことが指摘されています。全くの同感です。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング


    F ハイアス・アンド・カンパニーが不動産クラウドファンディング事業に乗り出します

     住宅不動産に特化したコンサルティング会社、ハイアス・アンド・カンパニー(株)が不動産クラウドファンディング事業に乗り出すとのことです。

    第1回「不動産相続の相談窓口」全国大会を開催 不動産クラウドファンディングサービスを提供(2017/6/19 PR TIMES)

     記事によると不動産特定共同事業法の改正に合わせて、サービスが開始されるようです。現在の不動産特定共同事業法はクラウドファンディング事業を行うには使い勝手がよくないと聞いています。契約書類などの電子交付が認められておらず、紙で発行するプロセスが必要といった理由が挙げられます。

     法改正により、様々な不動産クラウドファンディングが登場して、不動産投資家が個人投資家にも手軽にできるようになることに期待です。

     今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/7/17 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年7月期 その3

    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    01_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_20170713.jpg


    2017年04月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    04_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_20170713.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_SL_pro_20170704.jpg


    2017年07月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    15_socipro_20170713.jpg


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    Wealth Navi投資報告2017年7月10日

    Wealth Naviの経緯報告です。月に2回程度不定期に行おうと考えています。

    2017y07m10d_154154993.jpg

    現在、8,164円のプラスです。

    1月とちょっとの運用期間ですが、なかなか悪くないと思っています。

    私は月に3万円を自動で積み立てていますが、7/6に初めてそれが行われました。

     現在+2.47%になっていますが、これが今年内に+10%になって、その時市場が加熱しているようでしたら、いったん現金化して、市場が落ち着く、調整するのを待とうとも思っています。

     幸いWealth Naviiは最低投資額が100万円から30万円に先日引き下げられました。自由に出し入れしやすくなりました。

    市場の調整が終わったらまた再投資しようと思っています。

     もちろん現金化しないかもしれませんし、それより前に現金化することもあるかもしれません。

     運用成績がプラスなこともありますが、気楽に運用できています。

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    2017年6月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約440万円
    2.AQUSH : 約61万円
    3.クラウドバンク: 約235万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
    5.クラウドクレジット:約262万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:170万円
    8.LCレンディング : 約230万円
    9.ガイアファンディング : 約197万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約159万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約104万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.Wealth Navi:31万円
    17.クラウドリアルティ:30万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額150億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額750億円は伊達じゃない