日経マネーで不動産クラウドファンディングが紹介されています。 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディング » 日経マネーで不動産クラウドファンディングが紹介されています。

日経マネーで不動産クラウドファンディングが紹介されています。


 日経マネー2017年11月号で「若者&初心者注目!」1000円投資を使いこなすという特集が組まれています。

 その中で不動産クラウドファンディングも紹介されており、オーナーズブックTATERU FUNDINGが紹介されています。


 記事はSBI証券と楽天証券が投資信託への最低投資額を100円に引き下げたことを、話の枕に様々な投資商品を「試し買い」できるようになったことを枕に取り上げます。

 私が2000年代、まだ20代だったころは少額投資といえばミニ株と投資信託くらいしかありませんでした。今から思うと使い勝手が悪く、手数料も高い投資商品でした。」

 今の若い人は恵まれていると思います。その一方で投資をしないと所得が増えないという厳しさを私の世代よりも感じているでしょう。

そのことが若者も参加できる商品の需要を喚起しているのだとも思います。

 ぜひ、若者や初心者は

着実に資産を増やしてくれる投資商品を選択してほしい

と思います。 

この特集では

 スマホアプリ(One Tap BUY)、100円から買える投資信託、ロボアドバイザー(MSV、1000円から、THEO、クロエ、1万円から)、などがまず紹介されます。

 そして従来は数千万円単位の資金が必要だった「不動産投資」も1万円から行えるようになったとして、オーナーズブックとTATERU FUNDINGが紹介されます。

 ネットで不特定多数の小口資金を募るクラウドファンディングのサービスを利用すれば、ハードルが高いと思われがちな不動産投資も1万円からできる。複数の投資家が出した資金をまとめて、不動産会社に融資したり、賃貸物件に出資したりする仕組みだ。(日経マネー2017年11月号 116Pより)



 上記文中にある、「不動産会社に融資」する仕組み採用しているのがオーナーズブック

01_2017101501_OB.jpg

「賃貸物件に出資」する仕組みを採用しているのがTATERU FUNDINGです。

02_2017101502_TATERU.jpg

オーナーズブックは不動産のプロが手堅い案件を厳選していること

TATERU FUNDINGは不動産特定共同事業法を利用して、投資家を優先出資者にしていること


から、いずれも元本保証性は高いと私は考えます。

 わたしたちの投資したお金がいずれも不動産の運営に充てられ、地に足がついたインカムゲインが得られる投資です。

 それに対して上に挙げたスマホアプリ、ロボアドバイザー、投資信託は基本キャピタルゲインを狙う投資です。あなたのお金はその事業に役立てられません。ギャンブルのチップにされるだけです。
 それで儲かれば文句は無いのかもしれません。しかし実際には個人投資家はキャピタルゲイン投資ではカモにされ、損してばかりいるという事実があります。

 ※株式投資で個人投資家の9割は損をしていると言われる。国内投資信託で過去10年の収益率は-0.11%(AERA 2017年10月9日号より)

 不動産投資は土地・建物から収益が得られるインカムゲインです。しかし

・他の投資に比べて非常に手間がかかること
・最低でも数百万円の資金がかかること


から一般の投資家には手を出しにくいものです。

「お試し投資」ができないことは特に致命的だと考えています。

 不動産クラウドファンディングは上記の問題を小口にすることで無くした、革命的な投資商品です。

 日経マネーで紹介されたオーナーズブックTATERU FUNDINGの投資商品はこれまで投資家に損をさせたことがなく、着実な利益を投資家にもたらしています。

 是非、ソーシャルレンディングをポートフォリに組み込もことを検討していただきたい、と思っています。

オーナーズブックの公式HP

TATERU FUNDINGの公式HPへ


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




2017年9月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約445万円
2.AQUSH : 約61万円
3.クラウドバンク: 約224万円
4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
5.クラウドクレジット:約255万円
6.ラッキーバンク : 約52万円
7.オーナーズブック:172万円
8.LCレンディング : 約233万円
9.ガイアファンディング : 約200万円
10.トラストレンディング : 160万円
11.クラウドリース : 約161万円
12.スマートレンド : 約32万円
13.グリーンインフラレンディング:約208万円
14.さくらソーシャルレンディング:約62万円
15.TATERU FUNDING:10万円
16.クラウドリアルティ:30万円
17.ポケットファンディング:60万円
18.アメリカンファンディング:50万円
19.キャッシュフローファイナンス:50万円
20.アップルバンク:50万円
(総額:約2,524万円)

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績300億円超え!SBIソーシャルレンディング

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



全案件不動産担保で安心・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額120億円突破!
ラッキーバンク
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/978-6db6a731