カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    01_maneo20170101.png 02_Aqush_2017100101.png 03_SBISL_2017100101.png 04_Crowdbank2017100101.png 05_CrowdCredit_2017100101.png 06_Lucky_Bank_2017100101.png 07_OwnersBook_2017100101.png 08_SmartEquity_2017100101.png 09_LcLending_2017100101.png 09_GaiaFunding_2017100101.png 10_TrustLending_2017100101.png 11_J_Lending_2017100101.png 12_CrowdLease_2017100101.png 13_SmartLend_2017100101.png 14_MimCre_2017100101.png 15_TATERUFUNDING_2017100101.png 16_AmericanFUnding_201710010.png 17_GreenInfra_2017100101.png 18_CrowdRealty_2017100101.png 19_SAKURASL_2017100101.png 20_Cash_Flow_2017100101.png 21_AppleBank_2017100101.png 22_LENDEX_2017100101.png 23_Pocket_Funding_2017100101.png 100_FUNDINNO_2017100101.png

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    ソーシャルレンディングで資金調達することの優位性

     なぜソーシャルレンディングの借り手(事業者)は高金利でもお金を借りてくれるのか?その理由についてmaneo社長、瀧本憲治氏のブログにより新たな知見が得られたので記事にしたいと思います。

    ソーシャルレンディングの配当利回りの良さ、またその投資スキームに対して疑問に思われることは

    「なぜ借り手は7~15%のもの高利回りで借りてくれるの?」

    ということでしょう。

    銀行から融資してもらえれば1~3%なのですから疑問を持たれるのも当然かと思います。

    これまでこの疑問に対しては以下のような回答がソーシャルレンディング運営会社からなされてきました。

    1.銀行に比べて柔軟な審査基準を設けている
     社歴が短い・決算が赤字などの理由で銀行から融資が受けられない企業にも融資

    2.審査時間が短い
     銀行が数ヶ月かかるところを、ソーシャルレンディング企業はコンパクトな体制で、1月たらずで審査を行い企業の機動的な資金ニーズに応えられる

    3.柔軟な融資体制
     少額・短期など銀行が嫌がる融資にも対応・途中返済も制約が少ない

     1.2.3はいずれも銀行から融資をうけられない企業にとって、優れたメリットであり高い金利でも借りることにも理解ができます。不動産の開発・転売などで短期に多額の収益を得られるビジネスモデルでは特に有効でしょう。

     またシニア部分を銀行が融資し、よりリスクが高いメザニン部分をソーシャルレンディングで募集するという案件もあり、必ずしも銀行の融資とソーシャルレンディングが相容れないものではないということがわかります。

     1~3の理由に加えて新たにソーシャルレンディングで資金を調達することのメリットをmaneoの滝本社長が自身のブログで触れられました。

     最初にご注意いただきたいのは、これは「ソーシャルレンディング運営会社から単に融資を受ける場合のメリット」ではなくLCレンディングのように、

    ソーシャルレンディングプラットフォームを新たに作り、投資家から資金を集め、自社(グループ)の事業に活用する場合

    となります。


    参照させていただいたのは下記の記事です。

    2017/8//1 匿名組合出資で200億円、突破しました。(投資現場レポート 瀧本憲治氏著)

    上記メリットを簡単にまとめると

    1.プラットフォームを作って集めた資金に対するリターン(配当)は経費として損金計上が可能

    2.株式発行で集めた資金に対する配当は損金計上できない

    3.「1.」の方が損金計上できて利益が減る分払う税金も減り、純資産を増やすには有利になる


    となります。

    A.配当利回りよりソーシャルレンディング利回りの方が高いこと

    B.税金を払えるような黒字である場合


    と注意点はあります

     ただプラットフォームが魅力ある案件を用意できるならばLCレンディングのように2年と少しで100億円以上を集め、機動的な資金を調達できるというメリットは素晴らしいものがあります。

    参考
    2017/8/10 LCレンディング累計募集額100億円突破、おめでとうございます!

     上記滝本社長のブログの記事には、maneoに上場企業からもプラットフォーム導入に関する問い合わせが増えていることが語られています。

     上場企業、ないしその子会社が運営するソーシャルレンディングプラットフォームがこれからどんどん増えていくのかもしれません。

    maneoのますますの躍進に期待です。

    maneoの公式サイト

    2017年8月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約443万円
    2.AQUSH : 約60万円
    3.クラウドバンク: 約223万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約10万円
    5.クラウドクレジット:約254万円
    6.ラッキーバンク : 約51万円
    7.オーナーズブック:171万円
    8.LCレンディング : 約232万円
    9.ガイアファンディング : 約199万円
    10.トラストレンディング : 60万円
    11.クラウドリース : 約161万円
    12.スマートレンド : 約32万円
    13.グリーンインフラレンディング:約206万円
    14.さくらソーシャルレンディング:約62万円
    15.TATERU FUNDING:10万円
    16.クラウドリアルティ:30万円
    17.ポケットファンディング:60万円
    18.アメリカンファンディング:50万円
    19.キャッシュフローファイナンス:50万円
    20.アップルバンク:50万円
    (総額:約2,414万円)

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額780億円は伊達じゃない


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/961-a049d0ef
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)