カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    SBIソーシャルレンディングの120万円の投資を行いました。
    2013/1/26午前1時半ごろ追記

    大変申し訳ありません。
    以下の記事本文には私の理解力の至らなさに基づいた
    全くの夢物語が書いてあります。

    この記事にコメントをいただいた「あいう」さんのお陰で
    私はSBIソーシャルレンディングでの投資を完全に
    誤解していたことに気づくことができました。
    120万円を投資したと書きましたが
    全額引き上げをこの文を投稿した
    すぐ後に実施する予定です。

    後日、この記事の間違いを検証する
    新しい記事を投稿する予定です。


    己の恥を晒すためにこの記事は
    取り消し線を加えた形で残して起きますが
    なにとぞこの私の戯言を真に受けて
    投資を行わないことをお願い申し上げます。

    2013/02/01追記
    なぜ間違えたかをご説明する記事をアップしました。

    「私は如何にしてSBISLに投資するのを止めて、愚痴を愛するようになったか」

    これままではAQUSH、maneoだけに投資をしてきた私ですが
    この度新たにSBISL(SBIソーシャルレンディング)に
    120万円ほどを投資しました。

    私はSBISLへの投資にはいろいろ不安を感じていました。
    具体的にどういった不安を感じていたかは
    当ブログの左側のカラムに配置してある
    「カテゴリ」の「SBIソーシャルレンディング」の項目からお読みになれます。

    それらの不安が最近薄れてきたこと、
    maneoで283万円ほどのお金が償還されたこと
    また投資先の分散の必要を感じたことなどから、
    2013年の投資を始めるにあたって
    資産の配分を見直すことにしました。

    さて私の投資総額はAQUSHで約391万円、maneoで約554万円、
    合計945万円ほどです。

    最初AQUSH:maneo:SBISL=1:1:1の割合にしてみようかな…
    とも思いましたが。

    ①SBISLはまだ不安が完全に払拭されたとは言えないこと
    ②AQUSHに貸出中の資金が多く、それほど多額のお金を引き上げられないこと

    から
    AQUSH:maneo:SBISL=2:2:1→3:3:1・・・・、結局逡巡の結果
    AQUSH:maneo:SBISL=4:4:1とすることにしました。

    maneo、AQUSHともに約420万円ずつ投資、
    SBISLには105万円となります。
    しかし銀行の預金残高に余裕があったので
    SBISLは15万円を足して120万円としました。

    よく考えたら25日は給料日なので
    もう少し色をつけても良かったです。

    さて現在SBISLで扱っている
    SBISL不動産担保ローン事業者ファンド
    SBISL証券担保ローンファンドの2種類です。

    詳細はリンクを張っているのでそちらをご参照下さい。

    どちらも担保付ですが

    ①高利率なこと
    ②不動産を担保にしていること、
    ③貸出期間が長いこと(14ヶ月)、
    ④個人ではなく事業者に貸すことから

    不動産担保ローン事業者ファンドの方を選択することにしました。

    2013y01m23d_124953573.jpg
    さて現在投資できる不動産担保ローンは
    この案件だけのようです。

    募集金額に対してまだ応募額が足りないようですが、
    過去の実績を見てみると大体締切日までには、
    募集金額が満額近くまで集まっていること、
    満額に達しなくても貸出を行うことから
    ためらわず投資することにしました。

    2013y01m23d_125007965.jpg
    過去の実績

    投資にあたっては内容を良く確認しておきますか

    2013y01m23d_131429300.jpg
    元本一括返済のようですね。
    120万円を14ヶ月(520日)として3%の利息で貸しだすと・・・

    2013y01m23d_132457640.jpg
    税引き前利益は約5万1千円という所ですね。
    利子収入としては悪くありませんね。
    ちなみに今は1%のキャッシュバックキャンペーン中なので
    さらに1万2千円がもらえるはずです。

    2013y01m23d_125748852.jpg
    120万円と出力、
    この画面で次を押します。

    2013y01m23d_125806645.jpg
    二つのPDF文書の確認が求められます。

    2013y01m23d_125834279.jpg
    同意にチェックを入れ「申込」をクリック

    2013y01m23d_125844486.jpg
    「確定」をクリック

    2013y01m23d_125914527.jpg
    SBISLの口座への120万円の振込を求められます。

    ネットバンクを利用して振込を行いました。

    約一時間半後に出したオーダーが「未入金」から「入金済」に変わりました。

    2013y01m23d_145522037.jpg
    未入金

    2013y01m23d_145440482.jpg
    入金確認


    2013y01m23d_145522037.jpg
    証券担保ローンファンドに資金を移すことも可能

    2013y01m23d_151605156.jpg
    キャンセル画面

    投資募集期間中(このファンドの場合1/31まで)は
    他のファンドへの資産の乗り換え、キャンセルは自由にできるようです。
    募集額が満額集まった後でもキャンセルは可能なようですね。

    AQUSHの場合、募集金額に投資金額が満たない場合キャンセルができません。
    maneoは募集中のキャンセルは可能ですが、募集金額が集まった後は
    キャンセルが不可能です。

    後から考えなおす余裕があるのは結構だと思います。

    しかしその一方でキャンセルすると、その金額は
    銀行口座まで振込手数料を取られて戻されてしまうようです。
    AQUSHやmaneoの様に現金では預かってくれないみたいですね。

    ただし配当はちゃんとそれ用の口座で預かってもらえる模様です。
    しかし額の多少はあれど、ソーシャルレンディングは三社とも
    お金の振込、引き出しの手数料は利用者負担のようですね。
    証券会社は大抵引き出しの方の手数料は証券会社で
    持ってくれることが多いのですがまあ、将来競争が
    盛んになったら・・・無料になると期待しましょう。

    さてこれにて、日本のソーシャルレンディング
    3社全社に資金を割り当てました。

    現在は前記のとおりだいたいAQUSH:maneo:SBISL=4:4:1+α
    で割り振っていますが、三社の提供してくれるサービス、
    案件の推移により投資金額の割振りは代わるかもしれません。

    このブログを書いている2013年1月下旬の状況では
    AQUSHは好条件の案件は多いものの、投資金額も多く、
    好条件の案件に絞ると投資金額のせいぜい50%ほどしか
    貸出ができない状況のようです。


    1/24夜追記
    夜AQUSHのサイトを見なおしてみたら
    ヒートマップが真っ赤になっておりました。
    上の”せいぜい50%までしか貸し出しができない状況”
    というのは大嘘です。
    すみませんでした。


    maneoは好条件の案件を次々とだしてくれていますが、
    1/15に行った大量償還のためか投資金額がだぶつき気味らしく、
    好条件の案件が瞬く間に「大人買い」されてしまい、
    私の様に鈍いレンダーは「貸し出せない」状況になっています。

    それに対してSBISLは低利率ですが、「100%貸し出せる」状況となっています。

    まだまだ貸出金額は少ないようですが、好条件の案件を揃えていけば、
    先行する2社を巻き返すチャンスは十分にあると思います。

    なにとぞ本日より
    よろしくおねがい申し上げます。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント
    No title
    画面がわかりにくいせいですが、少し誤解があるのかもしれません。

    最初の画像で募集済額とあるのは貸し手(レンダー)が応募した金額の総計で、
    実際に貸す金額は締切りを過ぎないと分かりません。

    ただ不動産担保ローンの方を選んだのは正解かもしれません。
    証券担保ローンは締切り時ロールオーバーが当たり前で、
    さらに締切り後にボロアーのキャンセルにあうと
    申し込んだ3回後にロールオーバーされる鬼仕様で実際によく起きています。
    (詳しい仕組みはスケジュールのページに記載されています)
    [2013/01/26 00:54] URL | あいう #BW6/sfyE [ 編集 ]

    感謝に堪えません
    SBLSLの投資内容を見て
    私の完全な馬鹿さ加減に気づきました。

    SBISLへの投資は引き上げます。

    本当に有難うございました。




    [2013/01/26 01:37] URL | レッドフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/94-47c787ce
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)