ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その1 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その1

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その1


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2017年6月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。

各社セミナー情報(募集中のみ)

1.クラウドリアルティ
日時2017/6/19(月曜日) 7/4(火曜日) 7/6(木曜日) 18:30 or 19:00~
場所 東京都千代田区平河町 Nagatacho GRID
セミナー情報ページ

2.クラウドクレジット
日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
セミナー情報ページ(満席のためキャンセル待ち)

3.TATERU FUNDING
2017/6/24(土曜日) 2017/6/25(日曜日) 10:30~
東京都港区青山 インベスターズクラウド本社
セミナー情報ページ

4.maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングキャッシュフローファイナンスアップルバンク
日時:2017/6/27(火曜日) 19:00~
場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
セミナー情報ページ

5.オーナーズブック
日時:2017/6/28(水) 19:00~
場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
セミナー情報ページ


株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

第1号案件募集開始についての記事はこちら
2017/4/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




A クラウドポートが初任給に関するアンケートを公表しました

 ソーシャルレンディング総合情報、横断比較サイトのクラウドポートが20~40代の男女360人に「初任給に関するアンケート」を実施し、それが発表されました。

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」初任給に関するアンケート調査結果公開(2017/5/16 THE BRIDGE)

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」初任給に関するアンケート調査結果をリリース(2017/5/16 クラウドポート)

ソーシャルレンディング比較サービス「クラウドポート」初任給に関するアンケート調査結果公開(2017/5/16 PR TIMES)

初任給の使い道、1位は貯金 - 運用については5割が「何もしていない」(2017/5/18 マイナビニュース 御木本千春氏著)


簡単に概要を述べますと

01_d23781-7-543730-0.jpg

 初任給の使い道の第一位は貯金(45.6%)であり、投資は1.7%に過ぎません。

02_d23781-7-281895-1.jpg

しかし将来的には貯金を運用に回したい人は57.3%であり、潜在的な投資意欲は高いと感じられます。

03_d23781-7-274404-2.jpg

ただし実際に株、投資信託などで運用をおこなっているのは1割ほどです。

04_d23781-7-221550-3.jpg

その理由として、「投資は難しそう、怖そうと、よくわからない」というイメージを持たれていることが大きそうです。

06_d23781-7-468100-5.jpg

 望まれている資産運用としては、リターンが小さくとも確実に利益が望めるもの、少額から運用できるもの、手間がかからないものといったものが、回答の多くを占めています。

 ソーシャルレンディングはまさに、上記のニーズを満たす投資商品です。ソーシャルレンディングの認知度が高まることにより、若い世代の投資家が増えることに期待です。


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

クラウドバンク・フィナンシャルサービス
クラウドバンク・フィナンシャルサービス


B 週刊エコノミストでソーシャルレンディングがとりあげられています

 週刊エコノミスト2017年6月6日号の特集「お金がふえるフィンテック」にて、ソーシャルレンディングが取り上げられています。



 ソーシャルレンディングにおいては海外サービスの方が大きい扱いですが、国内サービスもいくつか取り上げられています。

2017060601_eco_01.jpg

 「フィンテックで戦う企業50社+主な提携企業」と題したこのような表が掲載され「投資・資産運用」の分野にクラウドクレジットとロードスターキャピタル(オーナーズブック)、「融資・貸付」のところにSBIソーシャルレンディングとマネオ・マーケット(正しくはmaneoマーケット、maneo)が掲載されています。

 記事本文では、個人に大型不動産への投資を可能とするサービスとしてオーナーズブックが大きく取り上げられています。投資スキームにローン(融資)が組み込まれることについては少し書かれていますが、ソーシャルレンディングという形では述べられていません。

 つまりオーナーズブックはFinTechにより登場した小口不動産投資商品提供サービスという扱いになっています。

 FinTechの融資分野の説明としては、海外のトランザクションレンディング (Kabbage、Kreditech)、やはり海外のソーシャルレンディング(SoFi、Lending Club)が大きく取り扱われています。

 国内トランザクションレンディングにおいてAmazon、楽天、マネーフォワードが提供するサービス、国内ソーシャルレンディングのmaneoにも言及されていますが、海外に比べて相対的に小さい扱いになっています(ただしAmazonレンディングはコラムで別途取り上げられている)。

 つまりFinTech融資分野において、国内は「遅れている」という論調ですが、

現在、日本の銀行系およびノンバンクの無担保のクレジッローンは10兆円にも達しており、今後の規制緩和次第では、成長市場になる可能性がある。


 とも書かれており、そこにFinTech(オルタナティブレンディング)が食い込んでいく可能性についても触れられています。

このことについては別途記事を作成しました。

2017/10/3 週刊エコノミストの特集「お金がふえるフィンテック」にて、ソーシャルレンディングが取り上げられています。


今回はここまでにさせてください

次回記事
2017/6/13 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年6月期 その2



2017年5月末時点で以下のサービスで資金を運用中です。
1.maneo : 約438万円
2.AQUSH : 約64万円
3.クラウドバンク: 約234万円
4.SBIソーシャルレンディング:約12万円
5.クラウドクレジット:約261万円
6.ラッキーバンク : 約87万円
7.オーナーズブック:約170万円
8.LCレンディング : 約230万円
9.ガイアファンディング : 約196万円
10.トラストレンディング : 260万円
11.クラウドリース : 約158万円
12.スマートレンド : 約31万円
13.グリーンインフラレンディング:約104万円
14.さくらソーシャルレンディング:約61万円
15.TATERU FUNDING:10万円
16.Wealth Navi:30万円


日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
01_Socicom2017060501.png


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
02_SLcom2017070401.jpg


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
03_Socicom2017060501.png


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
04_Socicom2017060501.png


2017年06月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
05_Socicom2017060501.png


2017年06月時点ソーシャルレンディング案件比較1
11_socipro_2017060501.png


2017年06月時点ソーシャルレンディング案件比較2
12_socipro_2017060501.png


2017年06月時点ソーシャルレンディング案件比較3
13_socipro_2017060501.png


2017年06月時点ソーシャルレンディング案件比較4
14_socipro_2017060501.png


2017年06月時点ソーシャルレンディング案件比較5
15_socipro_2017060501.png


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較1
11_socipro_2017060501.png


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較2
12_socipro_2017060501.png


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較3
13_socipro_2017060501.png


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較4
14_socipro_2017060501.png


2017年04月時点ソーシャルレンディング案件比較5
15_socipro_2017060501.png


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/825-bd6a1c85