カレンダー

    06 | 2017/07 | 08
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg 2017y07m12d_133331549.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    FUNDINNO案件募集は2月に1度を予定!

     産経ビジネスアイ(2017年5月9日発行)に株式型クラウドファンディングFUNDINNOの第一号案件についての記事が掲載されました。

    FUNDINNO2017051001.png

    オンラインでも下記リンクで読むことができます。

    中小資金調達に新たな手法 株式投資型クラウドファンディング、わずか3時間半で上限達成(2017/5/9 SankeiBiz)

    読み比べてみたところ、縦書きと横書きの違いはありますが、内容は同じです。

     FUNDINNOが2017/4/24に行った第1号案件募集について、実に生き生きと表現されており、募集開始1時間40分で目標額の500万円を突破、3時間30分後には上限の1500万円を突破したこと。結果としては応募した89人中87人との売買契約が成立して、1460万円の調達に成功、一人当たりの募集額が1460万円であったことが伝えられています。

     募集を行ったBank Invoice(バンクインボイス)はこの資金を海外特許出願とセキュリティ対策費に使うとのことで、ビジネスを応援する投資家の資金が活用されることが期待されます。

     バンクインボイスの提供するサービスは途上国への投資を円滑にすることが期待できるそうです。それを期待する投資家の声を掲載されており、新しい資金調達の動きへの期待を喚起させる上手い構成となっています。

     さて、これだけではフジサンケイビジネスアイの記事の要約ですので、私からも少し情報を提供させていただきます。

     先日、経済に明るい記者さんから取材を受けたのですが、興味深い話を聞けました

     その記者さんは様々なスタートアップ関係者に話を聞く機会があるそうなのですが、株式型クラウドファンディングでの資金調達には慎重になる人が多い、とのことです。

    なぜかというと、

    「筋の悪い人が株主になる可能性があるから」です。

     万が一、ヤクザなどが株主になるとそのヤクザが株主としての権利を行使して、会社をコントロールしようとする恐れがあります。

    それどころか、反社が株主にいるとその企業の上場が認められなくなります

     日本はサヨクが声高に人権を言い立てるため、ヤクザがのさばっているのでこのような問題があるのです。

     反社の問題はソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)においても存在します。現状、借り手の投資家への情報開示が金融庁の指導のために許されていません。この規制はやはり筋の悪い連中から、借り手を守るための措置とのことです。

     ソーシャルレンディングにおいては、投資家は「投資先企業への間接的な貸し手」ですが、株式型クラウドファンディングにおいては、「投資先企業の直接の株主」です。株式型クラウドファンディングの方が投資家により気を配る必要があると言えます。

     FUNDINNOもその投資家選考には慎重に慎重を重ねているものと推測されます。

     FUNDINNOの投資家登録を申し込んだが、審査に通らなかったという話題がネットで囁かれましたが、その慎重さも一因かと思われます。

    参考
    2016/12/24 FUNDINNOの投資家審査は一般的なサラリーマンでも通過できる。

    上記サンケイビズの記事の最後には

    1号案件で手応えを感じたJCCの大浦氏は「2カ月に1件程度のペースで募集をかけていく」と強調、株式投資型CFの知名度を高めていく考えだ。

    との発言が引用されています。

     2ヶ月に1回はゆっくりとしたペースのようですが、最初はこのペースで是非是非慎重に進めて欲しいと思っています。
     FUNDINNOの運営会社、日本クラウドキャピタルは単なる株式型クラウドファンディングによる資金募集だけではなく、その資金を集めた会社が安定した成長を成し遂げ、上場するための様々なリソース提供も検討しています。

    参考
    2017/2/22 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その1

    2017/2/28 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その2

    FUNDINNOがこれからも魅力的な会社の資金募集を行い、その上場へつながることに期待です。

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/802-590a0511
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)