カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg 2017y07m12d_133331549.jpg 2017y08m07d_110113095.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    みんなのクレジットが金融庁より行政処分をうけることになりそうです その2

     みんなのクレジットが行政処分を受けることについての記事、その2です。

    その1は下記記事をご参照ください。

    2017/3/24 みんなのクレジットが金融庁より行政処分をうけることになりそうです その1

     前回はNHKが上記問題を取り上げたニュースについて述べましたが、今回は証券取引等監視委員会の発表について検討してみたいと思います。


    1.各メディアからの報道について

     まず、報道機関による今回のみんなのクレジットについてのニュースを私が知る限り貼りたいと思います。

    みんなのクレジットが行政処分勧告へ 事前の説明と異なる融資先への資金貸出など(2017/3/24 クラウドポート)

    説明と異なる融資先に資金を貸し出しか 行政処分勧告へ(2017/3/24 NHK NEWSWEB)

    証取監視委、みんなのクレジットの行政処分を勧告(2017/3/24 日経新聞)

    ネット小口融資業者、初の処分勧告 監視委(2017/3/24 日経新聞)

    債務超過の親会社に融資 「みんなのクレジット」に処分勧告 証券監視委(2017/3/24 産経ニュース)

    ソーシャルレンディング事業者の代表が集めた資金を自身の口座に送金指示と指摘(2017/3/24 ZUU ONLINE)

     いずれの記事も下記の証券取引等監視委員会の発表を下敷きにしています。しかしクラウドポートのそれは量と質、識者からの意見、みんなのクレジットへのインタビューを試みていることを伝えるなど、気を吐いた内容となっています。


    上記記事では

    ①貸付先の誤解を招く表記、グループ会社への融資
    ②債務超過した親会社への融資
    ③ファンドからの貸付金の返済が滞る可能性が高いこと
    ④白石伸生社長個人の預金口座への送金、流用


    などが指摘されていますが、みんなのクレジット側も言い分がありそうです


    2.みんなのクレジットは勧告の一部を否定した

    みんなのクレジットは勧告について以下の発表を行っています。

    証券取引等監視委員会の勧告について(2017/3/24みんなのクレジットWEBサイト)
    (私の環境ではChromeでは見られない、IE、Edgeなら見られる)

    引用します。

    ■証券取引等監視委員会の勧告について■
     本日、証券取引等監視委員会から弊社に対する検査結果として、内閣総理大臣及び金融庁長官に対して行政処分を求める勧告がなされました。
    当社は今回の検査結果を厳粛に受け止め、勧告に至ることとなった問題について、常日頃より弊社をご愛願いただいておりますお客様をはじめとする関係各位に、深くお詫びいたします。
    また、勧告に至りました経緯を洗い出し、今般指摘された問題について、体制の一新、コンプライアンス体制を遵守した投資家保護体制を構築して参ります。

    なお、現在運用中のローンファンドは予定通り、正常に運用されています。
    また、現在募集中のローンファンドの運用につきましても、今までどおりの運用を予定しておりますので、ご安心ください。

    指摘事項につき、
    1.弊社代表白石に対して、給与等の仮払いが支払いされていた件につき、当局と協議して参りましたが、白石より申し出をうけ、当人より全額の返済がなされてていることを報告させていただきます。

    2.また財務状況につきまして、昨年12月上旬の検査日時点では、土地仕入れが先行し、販売による売上が計上されていない状況であった結果「困難な財務状況」と表記されておりますが、2017年3月時点においての不動産事業は順調であり、弊社の財務部門の見解では、ファンドの返済は直近の販売推移から十分可能という判断であることを述べさせていただきます。

     また資産運用ブログ、「株式・先物・FX・CFD・ソーシャルレンディング投資でお金を増やす」の管理人さんは、みんなのクレジットに電話で問い合わせた内容を、詳細に報告されています。

    2017/03/24 みんなのクレジットに「行政処分勧告の報道について」電話確認した( 株式・先物・FX・CFD・ソーシャルレンディング投資でお金を増やす)

    上記みんなのクレジットの発表、電話回答は

    ①貸付先の誤解を招く表記、グループ会社への融資
    ②債務超過した親会社への融資

    についての反論はありませんが、

    ③ファンドからの貸付金の返済が滞る可能性が高いこと
    ④白石伸生社長個人の預金口座への送金、流用

    については否定する内容となっています。


    3.中立な立場から問題を検証

    当ブログでは「現状は」中立な立場で、証券取引等監視委員会の発表を検討したいと思います。

    みんなのクレジットに対する検査結果に基づく勧告について">株式会社みんなのクレジットに対する検査結果に基づく勧告について(2017/3/24 証券取引等監視委員会)

    上記発表で指摘されている問題は下記の7つです。

    (1)金融商品取引契約の締結又は勧誘において重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
    ア 貸付先について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
    イ 担保について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為


    (2)当社の業務運営について投資者保護上問題が認められる状況
    ア ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充当されている状況
    イ 当社のキャンペーンにファンド出資金が充当されている状況
    ウ 白石代表がファンド出資金を自身の借入れ返済等に使用している状況
    エ 甲グループの増資にファンド出資金が充当されている状況
    オ ファンドからの借入れを返済することが困難な財務の状況


    2017y03m25d_052834972.png
    (証券取引等監視委員会のWEBサイトより)

    1つずつ、なるべく簡単に述べてみたいと思います。

    ※今回の記事はみんなのクレジット以外のサービスの事例も数多く取り上げますが、その際にそのサービス名は挙げないつもりです。冗長になるのを避けるのが主な理由です。クイズだと思ってください。


    (1)金融商品取引契約の締結又は勧誘において重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

    ア 貸付先について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

     「不動産ローンファンド」や「中小企業支援ローンファンド」とい名前のファンドで分散投資が図られているようなことが書いてあったが、実際にはみんなのクレジットのグループ会社に集中して融資が行われていた。

    との指摘です。

     グループ企業に融資を行っているソーシャルレンディング運営会社は他にもありますし、その案件募集の際にいちいちグループ企業に融資します。などとは書いてあるところは少ないのでは?というのが正直なところです。
     もちろん業者のWEB、セミナー、ブログでそういう情報は公開されています。別に隠しているわけでもないと思います。

    「グループ会社に集中して融資が行われていた」とありますが、他のソーシャルレンディング会社では集中どころか100%グループ会社に融資しているところもあります。

     ですからグループ会社に融資すること自体は悪いとはまったく思いません。しかしその大半を集中させるのならば、他の運営会社のように、うちはそういうスキームでやります、と明言しておくべきだったと思います。

    さて同委員会からの指摘には、

     当社は、貸付先の審査の段階から、甲グループへの貸付けを予定していたにもかかわらず、ウェブサイトにおいて、ファンドが複数の不動産事業会社等に対し貸付けを予定しているかのような表示をし、貸倒れリスクが分散されているかのような誤解を与える表示を行った上で、顧客に対し、出資持分の取得勧誘を行っていた。

    と、「貸倒れリスクが分散されている」と投資家に誤解させる問題があったことが読み取れます。

     初投稿時、私はこの指摘が示していることを

    案件を多額の案件Aと少額の案件Bの複数案件にしていること

     と考えました。そして同様のことは他の運営会社もおこなっているから、「悪質度はそれほど高くない」と判断し、そのように論評しました。

     しかしこれは私のまったくの間違いであり、同委員会の指摘は、

     投資家に案件Aが企業Aに、案件Bが企業B、案件Cが企業Cという全く別の企業に融資を行うものと誤解させた。

     実際には企業A、B、Cは同じみんなのクレジットと同じグループの企業であり、案件A、B、Cに分散投資すれば、企業リスクを分散させられるという投資家の思いは裏切られた


    との解釈が適当でした。

    なお、この解釈では企業A、B、Cは同じグループ内ですが、あくまで別の企業です。

     しかしクラウドポートで掲載された、みんなのクレジットに対するインタビュー記事では、さらに投資家に誤解をあたえるという意味で「悪質だった」と判定できる、実際に行われたことについて詳細な証言があります。

    匿名性を高めるために、案件が異なる場合には、融資先が同一であっても表現を意識的に変えていました。その結果、ほぼ同一の貸付先でありながら、複数の不動産事業者に貸付けをしているような見え方になってしまいました。

    白石代表が辞任へ。今後の運営体制への言及も。みんなのクレジット独占インタビュー【完全版】(2017/3/30 クラウドポートニュース)より

     つまり企業A、B、Cは別の企業ではなく、全て同じ企業であり、それを意図的に融資先企業説明)表現を変えることによって、投資家にわからない様にしていたとのことです。

     みんなのクレジットの言い分としては、これは当局(金融庁)の匿名化の指導に従ったとのことです。

     「融資先を保護するため、投資家に融資先の情報を隠蔽する」、確かにそれだけの目的ならば、上記のような「表現を変える」ことは有効でしょう。その点では一理あることを認めたいと思います。しかし

    ①他の運営会社はそのようなことをしていない
    ②融資先が他ならない、よりによって自社グループ


     の2点を考えると、投資家保護をあまりに「ないがしろ」にしたという指摘を受けても仕方がないと思います。

    結論

    濃いグレー

     ファンドで投資から募集した金額をグループ会社に融資しているのはみんなのクレジットだけではなく、特に悪質ではない。しかしそのファンドの大半の融資先がグループ企業であったこと、その事実を投資家に十分に周知しなかったこと、その結果投資家の分散投資の努力が無為になってしまったことには大きな問題が認められる。


    イ 担保について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

    このことについては

    A:担保価値が十分でない親会社のグループ会社の未公開株を担保にしていた
    B:担保を設定していない貸付が存在した


    が問題とされているようです。

     Aについてですが、みんなのクレジットの案件は担保に貸付先企業の自社株式を設定していることが多いです。ただし返済に行き詰まった時、そのような会社の株式に担保価値はあるのか?とはブログなどで指摘されてきました。私も指摘したことがあります。

    参考
    初心者必見!ソーシャルレンディングの落とし穴(2017/1/24 クラウドポート)

     これで担保価値があると思うならば、思う投資家の方のリテラシーにもある程度問題があるとは思います。しかし担保価値がないものを担保としたのならば、それはやはり投資家を騙す行為といわれても、仕方がありません。
     やはり今後は行うべきでない、行うのならば「返済に行き詰った会社の株でも担保価値があることを募集時に明確に示す」べきかなと思います。
     
    「B:担保を設定していない貸付が存在した」については、詳細がわからずコメントがしづらいです。

    担保を設定してないのにしていると書いた

    ならば真っ黒ですが。

    そもそも全額担保とはどこにも書いていない

     となると話は微妙です。他の会社だって融資額全部を担保する案件を必ずしもだしているわけではないのですから

    結論

    グレー

     融資先の会社の株式を担保にするのは誤解を招く、それについてはみんなのクレジットは非がある。

    となります。


    (2)当社の業務運営について投資者保護上問題が認められる状況

    ア ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充当されている状況

    発表には

    当社が取得勧誘を行ったファンドのうち、既に償還された17本のファンドの償還金の原資を検証したところ、10本について、他の償還期限が到来していないファンドの資金が償還金に充当されている状況が認められた。


    とあります。文章では完全な「ポンジ・スキーム(ブラック)」のように思えます。これが太陽光発電とか、名産品の開発とかの、事業投資型ファンドならば、その分配資金は事業から得られた収益を充てなければいけません。新たな投資家から得られた資金を分配にあてるのは許されません。

     しかしソーシャルレンディングでは話が少し異なります。ソーシャルレンディングにおいて行われているのは単なる融資であり、必ずしも事業の利益を返済に充てる必要はありません。担保を処分したって、保証人となった代表者が自分の財産を充てても構わないのです。
     私はこれまでは、元本保証性におけるソーシャルレンディングの強みとこれを考えてきました。しかし上記の担保や代表者による返済が許されるならば、事業資金として新たに借りてきたお金を、過去の借金の返済に充ててもOKということになります。借金返済だって事業の一環なのですから・・・。

     他のサービスにおいても、あの案件は「おかわり」だ、と言われることがあります。ある案件の運用期間が終わる時、案件をまだ何らかの理由で続けなければいけないとき、その運用資金を新たに募集することを指します。こちらは明確に適法(ホワイト)だとのことです。

     みんなのクレジットで行われたことは、ポンジ・スキームと「おかわり」の中間かなと思います。

    結論

    ソーシャルレンディングの仕組みにおいては「グレー」

     しかしポンジ・スキームに果てしなく近いことには間違いないので、今後はやめてほしい。委員会の指摘は投資家保護の面で大変有益であり評価できる。

    となります。


    イ 当社のキャンペーンにファンド出資金が充当されている状況

    発表には

    当社は、ファンドの募集を開始して以降、キャッシュバックキャンペーンと称して、顧客に現金を還元しているが、当該現金還元の原資を検証したところ、甲へ貸し付けたファンド出資金が当社に還流して充当されている状況が認められた。

     とあります。この「甲(グループ)」はみんなのクレジットの親会社、ないしそのグループ会社のことです。みんなのクレジットはキャッシュバックを融資事業における広告費と説明していました。

    参考
    2016/7/27 みんなのクレジットインタビューその2 事業展開、分別管理、キャッシュバックについて

     ファンドの資金は事業のために貸し付けられた、そして広告は立派な事業と考えれば、それほど問題なのかな?とは思います。同額をそのまま広告費としてYAHOOやGoogleに支払っていれば問題にならなかったのでしょうか?
     
     ただ貸付先が「親会社」と明示していなかったのはこの場合問題かなと思います。明示してあればキャッシュバックの原資について多くの投資家は思い当たることがあったでしょうから。投資判断に役立ったはずでです。

     キャッシュバックを広告費とするのも自由と思います。しかしその資金を投資から集めたお金を利用するのならば、やはり融資先は明示するべきだと思います。

    結論

    グレー

    融資先が明確だったらもう少しホワイトだった


    ウ 白石代表がファンド出資金を自身の借入れ返済等に使用している状況

    発表には

     白石代表は、当社が甲に貸し付けたファンド出資金について、甲の社員に指示を出し、自身の預金口座及び自身の債権者に送金させている状況が認められた。

     とあります。完全に横領と読める文章です。みんなのクレジットの言い分では

    「弊社代表白石に対して、給与等の仮払いが支払いされていた件につき」

     とあり、横領でなくあくまで給与などの仮払いであるとの主張です。ファンドの貸付資金は事業資金であり、その事業資金はいずれ給料になるのだから、ショートカットして白石社長やその借金返済に直接送ったほうが合理的だ!

    で済む問題ではありません。

     たとえそれが事実だとしても、投資家の理解が得られる行為では到底ありません。資金管理の徹底が求められる第二種金融商品取引業運営会社のトップとして、絶対に行ってはいけないことだと思います。

     これは明確にブラックだと思います。

    結論

    ブラック


    エ 甲グループの増資にファンド出資金が充当されている状況

    発表には

     甲グループの一部の会社は、甲グループの他の一部の会社を引受人とする増資を行っている。当該増資については、ファンド出資金が甲グループ内で貸付け、借入れが繰り返された後に充当されている状況が認められた。

     とあります。すみません、工業大学出身の非才の身なので、意味がよくわかりません。投資家の資金を自社グループの増資に充て、それはあくまで事業資金であるという話でしたら、結論は(2)-イ と同じく

    グレー

    融資先が明確だったらもう少しホワイトだった

    となります。


    オ ファンドからの借入れを返済することが困難な財務の状況

    いくつかものグレーとブラックの判定を行ってきました(私見ですが)

     まあそれでも、投資したお金にリターンを加えて返してくれれば、御の字と考える投資家は多いでしょう。少なくとも私はそうです。

     最後の委員会からの指摘は、それを打ち砕く内容です。長いので全文は引用しませんが、最後に

    ファンドからの甲グループへの貸付けは返済が滞る可能性が高い状況と認められる。

    と明確に書かれています。

     そしてこの最後の指摘は上記の通りみんなのクレジットからは明確に否定されています。

    2017年3月時点においての不動産事業は順調であり、弊社の財務部門の見解では、ファンドの返済は直近の販売推移から十分可能という判断であることを述べさせていただきます。

    とのことです。

    結論

    これについては、結論は結果を待たせてもらうとしか述べようがありません。

    投資家への分配をしっかり行えば、いくらでも挽回のチャンスはあります。

     現に過去行政処分を受けた会社も投資家への分配は欠かさず(運用期間の延長はありましたが)、コンプライアンスを正すことで見事に復活しました。今では業界3位として盤石の地位を築きつつあります、募集額も最近ぐっと伸びています。

     みんなのクレジットがうまくいかないより、うまく行くほうがずっと幸せになれる人の数が多いはずです。

    2017y03m27d_231410510.png
    最後にまとめの表を

     上記はあくまで私の私見です。様々なご意見をいただければ幸いです。


    最後に

     今回の考察を書いていて思いました。ソーシャルレンディングは、そのスキームに「融資」という仕組みを入れているがため、元本保証性が高く、優れた投資商品であるその一方、未整備な面も多いです。

    金融庁の指導により融資先情報が投資家に非開示であること、これは今回多くの問題を生みました

     融資資金は使い方も返し方も自由、これは本来ならば投資資金の不正流用、ポンジ・スキーム(ブラック)であると指摘されかねないことをグレーに変えました。

     ソーシャルレンディングは新規の金融商品であるがため、法整備が進んでいません。進めなければいけないことは今回の「事件」ではっきりしました。きっと当局はすでに何かを考えているでしょう

     ソーシャルレンディングを発展を阻害しない、むしろ伸ばす、かつ投資家の保護を考えたものになることに期待です。

     みんなのクレジットが無事償還を行っていけば、今回のことは日本ソーシャルレンディングの法整備が進むことになった「良いきっかけ」として記録されるでしょう。

     不幸にしてそうしてならなかった場合は「悪いきっかけ」として記録されるでしょう。

     一投資家として、みんなのクレジットを心から応援します。

     返す返す憎いのは金融庁の指導による、融資先情報非開示の規制です。

    一刻も早く撤廃されないでしょうか。いったいどれだけの投資家が涙を流せば撤廃されるのでしょうか。

    2017/4/4 訂正
    記事中にあるとおり、私は初投稿時、証券取引等監視委員会の「分散投資」についての解釈を間違えた投稿を行っていました。間違に気づき訂正できたのは、当記事にコメントをお寄せいただいた方のおかげです。篤く御礼を申し上げます。


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    コメント

    規制の緩和して、投資先の開示で、本当に投資家が救われますかね?

    開示が不十分なら、投資しなければ良いし。もちろん選択肢を狭めることになりますが。

    また、どんな情報が開示されれば、いいんでしょうか。名前の知らない中小企業名を開示されたところで、意味があるんでしょうか。

    ミュージックセキュリティは、投資型なので名前が開示されてますが、結果的にあまり役立ってません。丸山珈琲みたいに有名な会社なら意味ありますが、それ以外は名前開示されたところでよくわかりません。なので、破産されたりして、投資を回収できないこともあります。スマートエクイティの債券型も、名前が開示されてますが、結局、その事業が上手く行くかどうかよく分からず投資しています。

    むしろ、全部開示されたところで、どんな資金の用途で、どんな保全作が取られてるかを、みるくらいしかできない気もしますので、今と変わらないかなと。

    今回のみんクレは、投資先の問題ではなく、運営者の問題であると思ってます。仮に投資先の情報開示されたとしても、真実でない情報を開示しそうな運営者にお金を預ける行為は避けるべきではないというのが今回の教訓と思ってます。みんなのクレジット、って舐めた名前の時点で、私は手を出してませんけどね笑。そういう意味では名前の開示は大事かも笑

    結局は、勘と経験が、大事です。と言ってしまうと訳がわかりませんか、変な規制ということも感じますが、情報を開示されたところで、投資判断がどれだけ変わるものなのでしょうか。問題提起します。

    [2017/03/25 09:31] URL | 747投資家 #- [ 編集 ]

    名前の開示は意味があると思います
    投資家さん

    コメントをどうもありがとうございます。

    セキュリテの例を挙げていただいたので、

    「開示された中小企業名では一般の個人投資家はほとんど意味がわからない」

    という前提で話させていただきます。

    反論1 今回のようなグループ内の融資が投資家に知らされずに
    行われることが防げる。


    です。これについては特に注釈は必要ないかと思います


    反論2 個人では無理でも集合知による案件の検討が行える

    先日FUNDINNOという株意識型クラウドファンディグの事業計画発表会に参加してきました。
    下記のURLにレポートを載せています。

    株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その1
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/blog-entry-708.html

    融資先ではありませんが、アメリカでは投資先の情報を
    クラウドファンディングの形でみんなで検討することにより
    「集合知」の形で案件の審査が行なえたことが報告されています。

    その結果Uber、Airbnb、ナイアンティック・ラボという企業が生まれたそうです。

    投資家さん、私個人では検討が無理でも多数がネットで
    情報を交わすことにより、検討をおこなえる可能性があります。

    そううまくいかないかもしれませんが、国内購入型クラウドファンディングでは
    ツィッターなどである程度そういう動きがあるのを目にしています。

    日本でうまくいかないか、いくかは未知数です。
    しかし情報が開示されなければスタートにさえ立てません。
    ですから情報開示を求めます。

    現時点での私からの反論は以上となります。


    最後に私から質問をさせていただいてよろしいでしょうか?

    投資家さんの意見を拝読した限り、融資先情報が開示されたからといって
    「変わらない」と述べているだけです。ならば私が情報開示を
    求めたからと言って、特に気にされる必要もないかと思います。

    下記URLはLCレンディング社長の山中健司氏のブログですが、
    情報開示を求められていることはお読みいただければおわかりいただけると思います。

    http://blog.livedoor.jp/lclending/archives/19758240.html
    http://blog.livedoor.jp/lclending/archives/11164262.html

    その他セミナーに参加すると事業者の方はこの情報開示の規制について
    業界の透明化のため規制緩和を望んでいると、発言されることが多いです。

    それなのに、なざ投資家さんは「変わらない」と思われるのか?
    また変わらないと考えているのにあえて私に反論をぶつけるのか?_

    ご回答いただければ幸いです。

    [2017/03/25 10:09] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    みんなのクレジットのネット評価はネガティブなものばかり。近年の拡散力は無視できないもので、他の投資家が払い戻し手続きを行った報告を見て、私も払い戻しできる分は申請しました。
    こうなると新規運用が無くなって潰れてしまうのではないかと心配です。

    別の運営会社に乗り換えようにも、maneoは安定しているが利率は低め。ラッキーバンクはクリック競争で入り込めない。という現状、
    いっそソーシャルレンディングからウェルネスナビのような投資に切り替えた方が良いのか、様子見よりも何か1つでも手を打つ方が良いと思っています。

    フェレットさんはどのような対応をしていますか?
    [2017/03/25 10:44] URL | 新米投資家 #- [ 編集 ]

    まず戻ってこないでしょう
    私は、キャッシュバックにつられた1人で30万円というある意味無くなっても困るがダメでもともとな資金で少額投資しました。
    実績面、社長の来歴、キャッシュバックの高さとリスクは一番高いと判断していました。
    マンション経営や駐車場経営していますが、キャッシュバックで数千円のキャッシュバックですら厳しいもので禁じ手を使っていると思っていました。

    過去のあぐら牧場や円天しかり、運営が破綻した場合、元本の95%近くは毀損され訴訟団となって上手く回収してもです。また、重大な契約条項違反とはいえ、運営会社の破綻には何ら手を打てず何百万と入れ込んでいればコストに対して、訴訟団となり利益は確保できますが、少額投資ではコスト倒れです。
    今は、完全な取り付け騒ぎになっていると思います。もともとが自転車であり、自転車は漕ぎ手の体力が無くなれば失速し倒れます。
    申し添えれば、キャッシュバックと実質的な配当利回りで6.7%を記録していました。
    このまま運営会社が倒れるとなれば、元本回収率に合致するという皮肉にも偶然な一致となります。
    もう新規資金は入らないのでよく持って夏までです。
    最後に元本毀損もさることながら、免許証、マイナンバー、勤務先や住所など詐欺集団には喉から手が出るほど欲しいので今後は不正使用にも気をつけねばなりません。
    [2017/03/25 10:48] URL | ハレルヤ #- [ 編集 ]

    もう潰れないに越したことはありません
    新米投資家さんへ

    新規運用がなくなり潰れてしまうその可能性は捨てきれません。
    私も50万円ほどを投資中なので、心配です。

    記事本文にも書きましたが以前行政処分を受け営業停止処分を受けたクラウドバンクは
    投資家に着実に分配を続け、見事復活しました。
    (コメント欄なのでサービス名解禁です)

    今回も同じことが起きてくれることを祈りたいと思います。

    奇しくもクラウドバンクが行政処分を受けたのは募集額41億円の頃、みんなのクレジットの
    現在の44億円とほぼ同じです。

    もっともみんなのクレジットはまだ運営をはじめて1年経っていませんが、クラウドバンクは同1年半後ほどのことでした。


    他の運営会社についての話ですが、私はキャピタルゲイン狙いの投資はお金の奪い合いに過ぎないと考えているので、
    やはり同じソーシャルレンディングに余裕資金があったら回します。

    これ以上投資をするならば、利率が低くとも安全そうな
    SBIソーシャルレンディングやオーナーズブックに資金を回そうかなと考えています。

    ウェルスナビはキャピタルゲインですが、基本ソーシャルレンディングと同じおまかせ投資なので、
    これならばやってもいいかなと検討しています。

    ウェルスナビの運用報告をブログに載せている人の記事を何回か読んだことがありますが
    調子は良さそうです。ただしこれは現在の市場がトランプ相場で好調だからとも言えます。
    いざ下がり基調の時にうまく乗り切れるかで投資をするかを判断しようと思っています。

    お答えにはなったでしょうか。
    [2017/03/25 11:02] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    そうならないといいいです。
    ハレルヤさんへ

    コメントありがとうございます。

    悲観的な予想で、そうならないことを祈るだけです。
    ただ自分も立場があるので、自転車とか不正利用とかは
    証拠もなくおいそれと述べられません(私は個人情報が会社にバレバレなのです)

    ご理解を頂ければ幸いです。
    [2017/03/25 11:08] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    ファイアーフェレットさんへ
    日本のsnsは、世知辛いですね。
    投資は自己責任です。あなたが拡散したしないに
    関わらず、自分の身銭を失うだけです。
    ファイアーフェレットさんは、謝る必要もありません。我々は無料であなたの情報をいただいてますので。
    格付けで考えれば、ほとんどのソーシャルレンディングの会社は、投資不適です。だから、利率が高い。
    ソフトバンクでさえ、2バーセントです。
    格付けbbbで、5年以内で倒産する確率は5バーセント
    20社に投資すれば1社は、必ず潰れます。
    こう考えればソーシャルレンディングは危険だという
    ことになります。ソーシャルレンディングの会社は財政で考えればほぼ投資不適になります。
    つぶれるはずがないと考えるのは、我々のエゴです。
    ただ、みんなのクレジットは、詐欺なので語るに値しませんが。
    身銭で痛い思いをしたものは、賢くなります。
    だから、みんなのクレジットに入金しませんでした。
    ソーシャルレンディングは、短期決戦です。
    永遠に続くはずもなく、各自の責任で考えればよいことです。
    [2017/03/25 11:47] URL | あっちゃん #HfMzn2gY [ 編集 ]

    推して知るべし
    こうなったあとなので好きなこと云えるかもですが
    やっぱりな というのが第一印象です。
    でも思ったより早かったです。
    どなたかも仰ってましたが、こういのって勘というか経験というか感じるものありますね。
    私はたまたま今回は難をのがれましたが、カメルーン、ロシア、カリフォルニアも心配です。
    クラウドクレジットさんからは速攻メールがきてましたね。
    [2017/03/25 11:57] URL | うるとら #- [ 編集 ]

    クラウドクレジットについて
    クレジットクレジットは、社長も優秀ですし、会社もバックが、しっかりしてます。ですが、カメルーンヘッジ有りは全滅です。全滅は黄色のマークを意味します。もちろん自己責任ですのです。
    ただ、ヘッジ有りは全滅でヘッジなしは、4勝1敗この原因が偶然とは思いません。でもカメルーンヘッジ有りは埋まってゆく。不思議ですね。自己責任ですのでどうでもよいのですが。
    ヘッジなしは、長い目で見たら日本とその国の金利差は差し引いて考えないといけません。この話がわかる人は、ソーシャルレンディングへの投資家でどのくらいいるのでしょうか?外貨投資は結局金利さを引いて考えないと駄目だということです。ペルーでも金利差が5%だと10%の案件でも実質は5%だということです。こう考えればマネオの5%と同等と言うことになります。あくまでも考え方で投資を否定しているものでは在りません。ソーシャルレンディングの投資家同士が状況共有し共存できることを願います。株と違ってみなが得するプラットホームですから。
    [2017/03/25 13:33] URL | あっちゃん #HfMzn2gY [ 編集 ]

    コメントありがとうございます。
    >>あっちゃんさんへ

    励ましのお言葉ありがとうございます。

    “ソフトバンクでさえ、2バーセントです。
    格付けbbbで、5年以内で倒産する確率は5バーセント
    20社に投資すれば1社は、必ず潰れます。“

    以前も同様のことをご教授いただけたと記憶しています。

    ひょっとしたらその1社にあたってしまったのかもしれません。
    教えを活かせなくて情けない思いです。

    身銭を切って少しでも賢くなる所存です。

    クラウドクレジットにつきましては、当ブログでも以前書きましたが、リスクを分散されれば、
    高い安全と高い利回りが他のサービスよりも得られると私は考えています。
    残念ながら、私はちょっと現状失敗していますが、そのうち盛り返す次第です。

    「株と違ってみんなが得をするプラットフォーム、」いい言葉ですね。


    >>うるとらさん
    私としては潤沢な資金があり、それを活かしてキャッシュバックを行っていると考えていました。
    まさかポンジ・スキームに近いことが行われていたとは斜め上の展開です。

    そのようなことをしても、近いうちに行き詰まることは確実なのに、不可解です。

    みんなのクレジットはファンドが問題なく運用され、償還されることを表明しています。
    それを信じたいと思います。
    [2017/03/25 16:57] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    いつも貴重な情報をありがとうございます。
    私も少額ながらみんなのクレジットへ投資しております。
    さすがにショックを受けております。
    ただし今回の一件は、みんなのクレジット単独の問題であって、他の業者では関係ないものであってほしいですね。
    投資家側へ提供される情報が基本的には限られている状況は、リターンに対するリスクとしてそういうものだと納得したうえで投資していますから仕方ないと割り切っておりますが、そこを悪用されてはもはや成り立たない金融商品になってしまいます。
    生まれたばかりのソーシャルレンディングですから、投資家も業者も行政も協力して育てていかなければいけないのに、何だか悲しくなってしまいますね。
    業者を複数使う、ファンドを複数に分ける、他の金融商品も併用する。
    ここまでは投資家の責任であると思います。
    まずはみんなのクレジットがどこまで誠意を見せ、復活を指せるか、見守るしかありませんね。
    これからもブログ、頑張って下さいね!
    [2017/03/25 19:46] URL | Toppiy38 #B6W5XL6I [ 編集 ]

    応援ありがとうございます
    Toppiy38さん、コメントどうもありがとうございます。

    私も今回の問題は業者の問題に帰するところが大きいと思います。

    しかし昨夜記事を書いていて、ソーシャルレンディングとは
    やはり過度期の商品であり、いろいろ法律の整備、
    その他ルールが必要なのだと、改めて考えました。

    私もみんなのクレジットが復活してくることを期待したいです。

    応援どうもありがとうございます。

    これからもよろしくおねがいします。
    [2017/03/25 20:54] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    信用したいけど
    私もみんなのクレジットを信用したいんですが、白石社長の前科を考えると難しい所です。
    万が一にも貸付金が戻ってこないことを考えると、やはり動くしかないと思います。
    [2017/03/26 14:20] URL | 幸福賢者 #- [ 編集 ]

    2千万円を運用されているとのことですが
    幸福賢者さん

    コメントをどうもありがとうございます。

    幸福賢者さんのブログは拝見しています。

    みんなのクレジット被害者の会を結成され、
    集団訴訟参加者を募集されているとのこと、

    実際に動かれたこと、本当にお疲れ様です。


    しかし不躾ながら、疑問があります。

    幸福賢者さんは2千万円を運用されているとのことですが、
    WEBサイトでその証拠となるような画面を掲載されていません。

    2千万円ともなると、私がSL全体で運用している
    それほど変わらず、一般的なサラリーマンとしては
    本当にその額を運用されているのか、
    どうしても疑問に思ってしまう次第です

    実際に運用されているのなら、幸福賢者さんの
    面白すぎるブログの書き方も
    「余裕のある人だな」と思えます。

    しかし現状では
    「本当にこの人は投資しているのかな?
    していないのならば、あまりに不謹慎だな」と
    どうしても思ってしまうのです。

    私は50万円を現状投資しており、それだけでも
    不安な土日を過ごしております。

    もちろん私は上記の額を投資している証拠画面を
    私のブログで掲載しています

    もし差し支えなければ、実際に2千万円を
    実際に投資されている証拠となるような
    画面をブログに掲載していただければ幸いです。

    そのことは幸福賢者さんの信用を高めることに
    大いに寄与するかと恐れながらご提言する次第です。

    よろしくおねがいします。
    [2017/03/26 15:35] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    コメントありがとうございます。

    私は詳細な情報の開示には反対してません。

    言いたいことは、

    ①情報開示不足を損した原因にするのは、違うと思ってます。これは、私がブログを読んで感じたことなので、勘違いであったらすみません。判断情報が足りないなら、そのリスクを自分の責任でとるか、投資をしなければいいだけです。

    もちろん、情報の開示がないので損したという後ろ向きの話と、情報の開示がないので投資に躊躇し業界の発展に良くないという前向きの話は、区別して考えるべきです。

    ② 当局の規制のせいにしてますが、今の規制の範囲でも、もっと開示できるのではないかと思います。例えば、マネオの社長は、金利が高ければ、リスクが高いといいますが、現状の募集要綱では何の違いもわかりません。個社名が特定されないようにすればいいのなら、もっと開示できると思います。太陽光案件は、金利が高いですが、パネルの調達にリスクがあるのか、送電契約にリスクがあるのか、エグジットにリスクがあるのか、よくわかりません。株の有価証券報告書だと、たくさんリスク要因が書いてありますが、同じようレベルでやってくれればいいと思います。関連会社かどうかも今でも開示できるのではないでしょうか。

    ちなみに、投資家保護を旗印に当局が規制を変えるときは、規制強化の動きになると思います。高い情報開示の水準を業者に要求し、業者側は嫌がる気がします。

    ③情報開示したとこで、投資家が救われるとは限らない。情報開示が進めば自己責任がより進む。

    反論2はその通りかと思います。

    現状は、投資家に損させたら、お金が集まらなくなるということで、業者が案件を選別してくれているのが、最大の担保だと思います。そういう意識の低そうな業者を避ければいいので、業者についての情報開示、収集が大事です。

    最後にこのブログだけでなく、他のブログも、みんクレに肩入れしたコメントは、なかったように思えるので、自己責任を理解できないアホな人は無視したらいいと思います。私としては、どんな業者か理解する情報が入手できて感謝しています。

    でもアホがブログを訪問することもあるので気をつけましょう。
    [2017/03/26 15:44] URL | 747投資家 #- [ 編集 ]

    ご回答どうもありがとうございます。
    投資家さんへ

    コメントとご回答どうもありがとうございます。

    ①のご意見について
    情報開示不足が実際に損につながるかは、現状不明です、
    しかしみんなのクレジットの今回の件でそれが起きるのならば、
    私はやはり情報開示が損に繋がった結果だと考えます。

    あと私が情報開示を求めている、本来の理由は
    投資家の保護と、投資商品としての透明性を
    高めてほしいのが本来の趣旨です。
    ご理解をいただければ幸いです。

    ②のご意見について
    ラッキーバンクの田中社長などは、あまりに情報を開示すると
    当局から文句がくるとセミナーで発言されています。
    投資家さんはもっと情報は開示できるとおっしゃりますが
    しようとすると、結局当局から文句がくる、その結果
    投資家さんがおっしゃるようなリスクが不明な状態になっている可能性があります。

    当局の規制がなくなれば、リスクの不明さは運営者の責任になます。
    当局の規制だと逃げられません。
    投資家さんは案件情報開示に不満を抱かれていますが、
    それならば情報開示の規制緩和にご反対される理由はないかと存じます。

    maneoは以前情報開示の規制がない状態で
    営業を続けていた頃は、案件に名前を公開したものと
    していないものを混ぜて募集をしていました。
    その時代に戻って欲しいとおもっています。

    あと業者は「嫌がるかもしれない」とのことですが、私が知る限り業者は嫌がるどころか
    現状の規制に反対であることをセミナー、ブログなどで表明されています。
    今のところ、今の規制がありがたいと述べられたところはありません。
    建前でないことを信じています。

    ③のご意見について
    私の反論2にご同意いただき、ありがとうございます 。

    現状は業者が融資先を精査し、投資家に損をさせないことが最大の担保になっていること、
    私も同感です。業者の情報を広く知ってもらうために、今後も
    セミナー参加を頑張りたいと思います。

    「肩入れ」したコメントをブログに記していない、というところは実は私は
    自身がありません。みんなのクレジットにかぎらず、
    他の会社、ソーシャルレンディング全体に対する
    応援コメントは結構載せているので。

    ただし、その際には応援するに値する客観的な理由を載せています。

    業者のソーシャルレンディングサイトのように、理由もなく
    みんなのクレジットが一番オススメできる!などという
    客観性を過度に欠いた、アフィ主体の記事だけは掲載していないことには
    自信を持てます。

    励ましのお言葉どうもありがとうございます。

    これからもご愛読いただければ幸いです。
    [2017/03/26 16:10] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    747投資家さんへ
    一点だけお伝えします。
    金利が高いとリスクが高い。コメントですが、
    総論は正しいと思います。
    ただ、金利は営業者報酬を含めたものです。
    マネオの5~7%金利は低いですが、
    営業者利益を入れると十数%になります。
    昔マネオの営業者利益を調べたときは、
    2~7%ありましたので、基本的な貸し出し金利は
    変わりません。
    要するに、単純な金利だけで安全と考えないことです。
    もちろんマネオは実績が有りますので、安全かもしれません。ただ、10%を越えると危険とも一概に言えないと思います。それを踏まえてどうするかは皆さんの自由です。いずれにせよソーシャルレンディングは、株よりも安全ということは全くないということです。
    騙されたら、すべてを失う。その世界に分散が安全性で意味があるとは、私は思いません。分散したほど今回のような目に合う可能性が高まります。
    模範解答は、失っても大丈夫な額で、やることになります。でもそうだとすれば株よりもリスクが高い。
    その認識をもちました。
    [2017/03/26 16:51] URL | あっちゃん #HfMzn2gY [ 編集 ]

    ソーシャルレンディングってなんなのでしょう
    (1)金融商品取引契約の締結又は勧誘において重要な事項につき誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
    ア 貸付先について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為

    について、わけがわからなくなってきましたのでご意見を賜りたく出てまいりました。

    「みんなのクレジットでは数千万円~2億の案件Aに10万円の案件Bをくっつけて、一つの案件にしています。このことを指しているのかなと思います。」

    と書いていらっしゃいますが、私はそうではなく
    「《第xxx号》 不動産ローンファンド」
    のような形で複数ある案件が、実は一社への融資でしかなく、それが親会社であった。

    また、融資先として返済可能かどうかを審査した様子もなく、ただただ親会社への資金を集めるためだけに機能させている実態を、融資先があたかも分散されているかのように複数案件に分けて"装っている"ことを問題にしているのではと思いました。

    ただ、他のソーシャルレンディングでも同じタイトルで複数回に分けて○○次のような形で募集をかけたりしていますので、この部分の是非は正直わかりません。

    端的に言えば、親会社が融資先だとしてもちゃんと運用できているならいいじゃないかってことです。

    が後半のほうを読んでいけば・・・
    親会社は実際に融資された資金をまともに運用していなかったのではと受け止れるのです。

    つまり、ソーシャルレンディングという傘を来て「グループ会社への資金流入口」として機能させていたのではという考えになります。これはあくまで想像ですが。

    今の段階でこの部分を想像で言ってしまうことは良くないかもしれません。
    また、この形すらも「ソーシャルレンディングだ」となるかもしれません。

    でも、じゃあ理念としての「ソーシャルレンディング」って一体なんなのだろうと思うわけです。
    特に白石氏がマスコミ等で口にしていた理念・理想形と実際は大きく乖離していたのではないかということです。

    融資先を吟味することこそがソーシャルレンディング会社の責務なのでは思うのです。
    一企業の資金集めをソーシャルレンディングという枠と匿名性を利用したのだとすれば、それは相当・・・ なわけです。

    このあたりこそがグレーを通り越しているように思えてならないのです。

    みんなのクレジットが破綻して嬉しいわけはありません。
    ソーシャルレンディングが悪と烙印されることも全く望みません。

    まとまりのない文章、失礼しました。
    [2017/03/26 19:45] URL | みたけ #MsoVzzK2 [ 編集 ]


    このブログの管理人、ファイヤフェレット氏にお聞きします

    あなたはこのブログにあるみんなのクレジット社の記事などで
    多額のアフェリエイト報酬を得たと主張しているものが居ます。
    万が一みんなのクレジット社が倒産し、債務者よりなんらかの訴訟(集団訴訟含む)が
    みんなのクレジット社に対し行われた場合貴方はその訴訟に参加しますか?
    また今まで得たアフェリエイト報酬をその訴訟費用の一部として寄付しますか?

    今までこのブログにてみんなのクレジット社の記事を書き、対価を得ていた利害関係者としての回答を求めます
    [2017/03/26 21:01] URL | x #- [ 編集 ]


    みんなのクレジット社の記事書いて、稼いだ金で食う飯は美味しいですか?
    自分のブログデ人を騙して食う飯は美味しいですか?
    [2017/03/26 21:10] URL | アフィリエイト乞食 #- [ 編集 ]

    http://quadstormferret.blog.fc2.com/
    xさん

    コメントをどうもありがとうございます。

    お答えいたします。

    訴訟に参加するかどうかは、現時点ではなんとも言えません。
    もう少し具体的な話が出てからにしたいと思います。

    アフィリエイト報酬を寄付するかについても
    その際に決めたいと思います。


    xさんがおっしゃっている私が2chで
    多額の報酬を得ていると主張されている方が
    いらっしゃる場所は2chかと思います。

    そこで主張されている他の不正確な事実のいくつかに
    ついてもここで否定させていただいて、よろしいでしょうか。

    ”個人的な経験からいうと海外バイナリーオプションとみんなのクレジットは詐欺だお。
    なぜならどこかの業者や広告代理店を通じてぼくちんのブログ窓口に連絡が入って
    「広告を載せてくれたら1件成約(口座開設と入金10万円)達成で5万円の報酬」
    とか多いときには8~10万円もの報酬金額を提示してくるからです”

    http://blog.livedoor.jp/ss2286234570/

    を私がうけているなどとんでもない話です。たかだか1日ユニークアクセスが日常
    100~200しかないブログにそのような高待遇がうけれるはずがありません。

    そもそもそんな高待遇を約束してはみんなのクレジットに
    得があるはずもなく、非常に疑わしい話です。もしくはみんなの
    クレジットではなく
    文の前にお帰れている海外バイナリーオプションの話ではないかと
    私は考えています。

    私がASPと結んでいる成功報酬は通常の契約のものです。


    私は過去の記事はともかく、最新の記事のみんなのクレジットの
    アフィリエイトバーナーを外さないことも非難されています。

    記事本文で「みんなのクレジットを心から応援する」と書いておきながら
    バーナーをこっそり外すのは、私は2枚舌の行動になると私は考えます。

    外したら外したで、「応援するとほざいたくせにバーナーを外していやがる!」と
    2chの口さがない人たちにいわれるのは目に見えてますから、
    それならば、筋を通した方がずっとマシです。


    アフィリエイターとは色眼鏡で見られがちです。
    私はなってみて分かりましたが、通常のサラリーマン
    となんらかわりません。

    本音もあれば建前も、

    綺麗事も綺麗事じゃないこともあります。

    ある会社の製品に問題があり、損害が起きたとして
    経営者ならともかく、末端社員を締め上げて
    その給料をとりたてるのは、社会通念として
    正しいことでしょうか?

    どうか白眼視しないでいたでければ幸いです。
    [2017/03/26 21:31] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    アフィリエイト乞食さん

    あなたがこれまで稼いでこられたお金は
    本当にきれいなものだったのだと、心底羨ましく存じます。

    私がこれまでサラリーマンとして稼いだお金も
    アフィリエイターとして稼いできたお金も
    同等程度に汚くて、同等程度にきれいです。

    つまり、「普通」です。

    アフィリエイト乞食さんは
    どうしてアフィリエイトの報酬を汚いとおもわれるのでしょうか?

    あと私の記事で人を騙す表記があったら、
    その場所を訂正しますので、
    該当箇所を教えてください。
    [2017/03/26 21:37] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    なるほどファイヤフェレット氏の現在のスタンスは理解できました
    私自身はみんなのクレジット社には創業当初より疑問点があるため投資はしておりませんでしたが
    この一件はSLという投資ジャンルに何かしら改革、もしくは新たな規制が入るきっかけとなると思います
    ファイヤフェレット氏はみんなのクレジット社に対し投資を実行されているようですので気が気ではないと思いますが
    もし投資家にしか分からない動きがあればぜひブログにて公表願います

    ご回答ありがとうございました
    [2017/03/26 21:40] URL | x #- [ 編集 ]

    ファイヤーフェレットさん
    一つだけ教えてください。
    ソーシャルレンディングのバナーを貼った会社に対しては、すべてに投資をされてますか?
    今されてなくても将来投資をされますか?
    逆にバナーを貼っていない他のソーシャルには投資をしてない(しない)のでしょうか?
    [2017/03/26 22:12] URL | あっちゃん #HfMzn2gY [ 編集 ]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2017/03/26 22:37] | # [ 編集 ]

    http://quadstormferret.blog.fc2.com/
    あっちゃんさん

    ご回答します。

    はい、全てにに投資しています。

    いちおう念のため、アフィリエイトバナーを貼っている
    ソーシャルレンディングサービスを全部挙げてみます。

    maneo、SBISL、クラウドバンク、クラウドクレジット、
    ラッキーバンク、オーナーズブック、
    トラストレンディング、みんなのクレジットですね。

    もし私がバナーを貼り逃している、
    ソーシャルレンディングサービスがあったら
    教えていただければ幸いです。

    なお、私のブログに左上に「サービスリンク」という
    コーナーを設けており、そこには全ての
    サービスのバナー(自作のものが多い)を
    貼っていますが、さすがに全部には投資していません。

    詳しくは私のブログの投資履歴をご参照ください。

    私からも質問をさせていただいてよろしいでしょうか?
    あっちゃんさんがそのような質問をされる意図はどこにあるのでしょうか?
    もし私が投資をしていないサービスのバナーを貼っていたら
    あっちゃんさんはどのような感想を
    私にもつのでしょうか?
    [2017/03/26 22:44] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    鍵コメをいただけた方とみたけさんへ
    >>鍵コメをいただけた方へ
    励ましのお言葉本当にありがとうございます。
    本当に励みになります。


    >>みたけさんへ
    すみません、戴いた質問を検討中です。
    お返事が後回しnなってすみません。
    今しばらくお待ちいただければ幸いです
    [2017/03/26 22:48] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    はい、もちろんです。

    私の書いた状況だとしますと、みんなのクレジットは相当、相当、そ・う・と・うな確信犯となるわけです。
    ここを取り違えるわけにはいかないと、出てきました。

    証券取引等監視委員会の文面からは、私にはどうしてもファイアフェレットさんの捉えられた意味には受け取れなかったものですから。

    よろしくお願いします。
    [2017/03/26 23:08] URL | みたけ #MsoVzzK2 [ 編集 ]


    増資ですが、
    みんクレで集めた資金を、グループ企業内で還流させて、
    別のグループ会社を引受人として、新規株券発行しているみたいですね。

    グループ全体で見るとみんクレに対する借入金はまったく減っておらず、
    最終的に増資で得た現金(みんクレで集めた金)も社長個人(?)の借金返済や、
    おそらく、みんクレ親会社の債務返済にも使われてると思われるので、
    その分のお金は、戻ってくる可能性は低いと思います。

    なおかつ、みんクレに対する担保として、その増資で発行された株券が使用されていて、
    「財務状況についても、短期借入金の総額が流動資産を大きく上回っている」ってことなので、
    担保としては無価値ですね。
    グレーどころか真っ黒ですね。
    [2017/03/26 23:15] URL | みんクレ傍観者 #- [ 編集 ]


    みんクレ傍観者さんが言うシステムですと、もうこれはソーシャルレンディングではなく・・・
    まさに「みんながクレジット」という別の"商売"を展開したことになりますね
    ふぅ~
    [2017/03/26 23:24] URL | みたけ #- [ 編集 ]

    もうダメかなと思っています
    記事を読ませていただいたのですが、事業者側に立ちすぎて、中立な意見ではないように感じました。いくつか私の見解について書かせていただきます。

    ア 貸付先について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
    これは1つのファンドでは無く、これまでのファンドの貸付先としての話では無いでしょうか?ファンドごとに分散して投資しても、結局グループ会社にだけ貸付していたので分散の意味が無いというように私は捉えました。

    イ 担保について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為
    未公開株でも評価額の算定は可能です。相続税法上やIPOの際に算定されるような方法で算定した価格が、貸付額の120%を担保として確保していたとしたら、こんな勧告は出されないでしょう。

    ア ファンドの償還資金に他のファンド出資金が充当されている状況
    確かにおかわりはルール違反ではありません。だとすれば勧告の内容に含まれている理由としては、別の貸付先だったはずのファンドの出資金から充当されていたことでは無いのかと思っています。

    あと計画倒産を予定しているなら個人保証は破産すれば済むので、何の意味も成しません。代表者への給与支払いやキャッシュバック等の件については論外です。

    金融商品取引業第2種の資格を取得しているから大丈夫という論理は、運転免許証を持っていたら故意に自己する人はいないだろうと言っているのと同じレベルで、今回の内容は少なくともクラウドバンクのように事業を継続することは不可能であり、あとはどこまで自転車を漕げるかと、何%返ってくるかという問題だと思います。

    金融庁や証券取引等監視委員会に文句を言っている人がいますが、素早い対応で投資家保護を行ったと思います。このまま放置すればもっと事態は深刻になりますからね。

    私も怪しいと思いながらも逃げ切れると思って30万円を投資してしまっています。もうすぐ償還だったのですが、非常に悲しく腹立たしいですが、いい勉強になりました。
    [2017/03/27 00:03] URL | うつにっき #- [ 編集 ]

    お返事が遅くなり、申し訳ありません
    >>みたけさんへ

    おまたせしました。ようやく検討が終わりました。

    みたけさんがおっしゃる通り、証券取引等監視委員会の指摘は

    「同じグループの会社が対象なのに、
    まったく関係のない会社のように表記して、
    複数案件を募集し、分散投資ができるようにみせかけた」


    ことを指しているものと思われます。

    私が当初考えた「数千万~2億円の案件A+10万円の案件Bで分散投資」は間違いでした。

    ご指摘、本当にどうもありがとうございます。

    できるだけ早く、本文の訂正を行いたいと思います。

    みたけさんの仰る通り、白石社長はみんなのクレジットの親会社
    (ブルーウォールジャパン?)でファンドで集めたお金を運用して、
    収益を上げ、投資家に還元させて欲しいとおもいます。

    多少強引な方法でお金を集めても、ちゃんと投資家にお金を返せれば、
    新しいビジネスモデルの確立に成功!を白石社長は狙われたのかと思います

    高邁な理想も持っていらっしゃったと信じたいです。
    お会いして話を聞いた限りでは、本当に見識のある
    ビジネスマン、パイオニアとお見受けしたのですが、
    あまりに斬新すぎる方法は金融庁からの処分を
    受けることになりそうであり、本当に残念です。

    まさにソーシャルレンディングにおける匿名性の利用であり、
    グレーを通り越している部分かと思います。


    >>みんクレ傍観者さんへ

    グループ内におけるお金の還流、グレーですが、借金返済ともなると明らかなブラックかと思います。
    しかし事業性資金ということで、問題のある使い方でも正当化されてしまうと、それは本当にまずい話です。
    まさにソーシャルレンディングの問題点といえます。

    増資で発行された株式が担保にされたかどうかはわかりかねますが、いずれにしろ担保価値がないことには同意です。


    >>うつにっきさん

    読みやすく、詳細なコメントをどうもありがとうございます。

    「ア 貸付先について誤解を生ぜしめるべき表示をする行為」については、
    まさに私が間違えておりました。修正のご機会をいただければ幸いです。
    残りの文章についてのお返事は後日、改めて行わせていただきます。
    [2017/03/27 23:36] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    今月の配当金、入ってました。(とりあえず、ホッとしてます。)

    HPに書かれているみんクレからのコメントどうり、現状きちんと業務を行っているのなら
    この状況にただただ粛々と耐え、まっとうに運用をすることだけに注力して欲しいものです。

    高邁な理想を目指すあるべき姿でもって、信用を取り戻していくしかないのだと思うのです。

    ただ、一点・・・(申し訳ないです。)

    以下の文を引用させていただきます。
    「お会いして話を聞いた限りでは、本当に見識のある
     ビジネスマン、パイオニアとお見受けしたのですが、
     あまりに斬新すぎる方法」
    とのことですが・・・

    世間では詐○師と直接会われた方はほぼそうおっしゃられます。
    その部分こそスキルを高めた人たちは世の中に実在します。

    斬新すぎる方法とのことですが、今回の同社が践まれた方法は決して斬新でもなく
    あまりにも、そうあまりにも古典的すぎて、今時こんなことするか???なレベルでは
    なかったでしょうか

    ファイアフェレットさん自身が会われたことがあることで、そこの感覚の中立性に
    ぜひとも今一度意識を向けなおしてみられてはと思った次第です。

    差し出がましいことをいいまして誠に申し訳ございません。
    なにとぞお許しください。
    [2017/03/28 12:54] URL | みたけ #MsoVzzK2 [ 編集 ]


    こういう事をする会社の人間と会って、非常に素晴らしいビジネスマンだと感じたって事は、人を見る目が無かったのか、色眼鏡で見てしまったという事でしょうか?
    アフィリエイトを批判する訳ではないですが、金を貰ってる以上、中立な立場での業者の批判はできないでしょうから。
    この点についてはどうお考えですか?あくまで中立な立場で批判できると本当に思っているのでしょうか?
    [2017/03/29 00:14] URL | #- [ 編集 ]

    おまたせしました、回答いたします。
    >>みたけさんへ

    みんなのクレジットが今後もまっとうに運用を行い、
    今後も投資家に償還を行ってくれることを期待したいです。

    たしかにポンジ・スキームは斬新でもなんでもありません。ただの古典的な詐欺です。
    それはみたけさんのご指摘のとおりです。

    しかしソーシャルレンディングの仕組みで行うと、グレーとなります。
    白石社長がそのことに気づいていたかどうかは不明ですが、
    それを指して「斬新」と表現したしだいです。

    すくなくとも詐欺罪に問われない形で40億円超が集められ、
    それが白石社長の指揮下で様々な「事業」に使われました。ご自身の借金の返済も含めて。

    ただし、こうして行政処分をうけることになり、投資家に大きな心配をさせた以上、
    斬新であったが大失敗というべきでしょう。
    投資家に滞りなく元本を返せば「大」の文字は外してもよいかとは思いますが。

    現状みんなのクレジットが分配と償還を行っている限り、
    私は中立な視点から論評を行いたく存じます。

    それらを途絶えさせ、投資家に損害を与えた折には私も
    「意識を向け直す」ことになるかと思います。

    ご理解をいただければ幸いです。


    >>うつにっきさん
    おまたせしました。前回の「ア」からの続きをのべさせていただきます。

    イ 未公開株の評価については知見がなく、意見を申し上げられません。ただ評価が可能ならば、
    デフォルト後でも十分価値のある株式を担保にして欲しいと思います。
    相続税上などで算定した120%が、それになるかについての知見は、私は持ち合わせていません。

    ウ はい、ご指摘のとおりと私も認識しています。
    個人保証についてはよくわかりません。ただ個人破産されれば投資家にとって意味がないというのは賛成です。
    給与支払いが論外というご意見についても賛成です。

    「金融商品取引業第2種の資格を取得しているから大丈夫」という主張を私はしてはおりませんが、
    誤解を与えてしまった部分がございましたら申し訳ありません。

    今回の金融庁、証券取引等監視委員会の対応がは確かに素早かったのでしょう。
    営業を開始して1年もたたないうちに調査に入ったというのは、たしかに早いかなと思います。
    ただ金融庁の投資先情報非開示の規制が悪用されるとの危機は
    かねてから当ブログで行っていました。

    それを考えると、金融庁はどうしようもない規制で投資家を見殺しにしたと、
    どうしても今回の件については感じてしまうしだいです。

    >>名無しさんへ
    白石氏が非常に素晴らしいビジネスマンであるとの評価を私は行っていません。
    ただソーシャルレンディング事業を始めるにあたっての十分な知見、
    パイオニアとしての心意気は感じることができました。学生で起業を行い、
    審査の厳しいソーシャルレンディング事業の登録を乗り切った方ということで、
    色眼鏡はともかく一目は置いていたかもしれません。

    私に人を見る目が無かったかどうかの判断はみんなのクレジットの問題、
    投資家に分配をしっかり行うかどうかを見極めてからにしたいと存じます。

    アフィリエイトを行うからといって、中立の立場で発言できない、
    とのご指摘ですが、私が知る限りアフィリエイターとスポンサー(広告主)の
    関係はもっと緩やかです。
    テレビ、雑誌におけるスポンサーのあり方と、
    かけられているお金の額、思い入れから全然違うと思います。

    少なくとも私は良いことを書いてくれ、悪いことを書いてはいけないとの
    指示を受けたことはありません。せいぜいいただく依頼は
    「露出を増やしてくれ(お得意さんの記事数をふやしてくれ)」です。
    しかしそれさえも広告主からでなく、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)から
    ごく緩やかに打診されるくらいのもので、従う義務のないものです。

    前置きが長くなりました。つまり私が述べたいことは
    中立な立場に立とうが批判を行おうが、たかがアフィリエイターの立場ならば自由かと思います。
    実際にアフィリエイトを行うが、厳しい批判を行うことをスタイルとしているブログを私は知っております。


    [undefined:FF0000]今一度、名無しさんの質問に明確に回答すれば「アフィリエイトを行うが中立な立場に立つことも、批判を行うことも可能」です[/undefined]。

    確かに当ブログはあまり批判じみたことはあまり書いてはおりませんが 、それは下記の理由によります。

    当ブログはそのサービスがアフィリエイトを行うか否かに限らず、
    特に批判的なことも書かず、また根拠もなくアフィリエイトを
    行うサービスをオススメすることもなく、中立、客観的な事実を述べるスタイルを採用しています。

    他のブログ、ソーシャルレンディング情報サイトでは、根拠の無い評価で
    ランキングを作ってそのランキング1位にみんなのクレジットを持ってきて、
    アフィリエイトバナーを貼り付けるスタイルを採用していることころが沢山あります。

    流石にそこまで中立を捨てた立場を私は取れません。
    短期的には儲かるかもしれませんが、どうしてもやる気になれません。

    じゃあどうするか?私は次のようなスタイルを採用しています。

    [undefined:0000FF]アフィリエイトを行ってくれるサービスの記事数を増やす、
    その際には客観的な事実のみを述べ、過渡に応援はしない、
    ましてや他のサービスに比べて「オススメ」などといい加減な事を書かない[/undefined]。

    です。

     記事数を増やすことですでに「中立の立場を捨てている」との批判は甘んじて受け入れます。

    「記事数は増やす、ただし、いい加減なオススメはしない」とは
    ソーシャルレンディングウォッチャー、ライター、アフィリエイターを兼ねる上で
    私が見出した着地点です。ご理解をいただければ幸いです。
    [2017/03/29 15:08] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    ファイアーフェレットさんへ
    お世話になります。
    もしよろしければ、わたしの文章に対するコメントも
    頂けたら有難いですね。
    よろしくお願いします。
    [2017/03/29 17:09] URL | あっちゃん #HfMzn2gY [ 編集 ]

    名無しさんへ追伸
    名無しさんへ追伸

    返す返す考えるに、アフィリエイトを行う業者をランキングの上に配置して
    読者を騙す手法はクズであり、私はこれを厳しく非難します。

    なお、私が初心者へのソーシャルレンディング投資のオススメ記事を書くと
    以下のようになります。

    【投資額別】ファイアフェレットのオススメ分散投資術(2017/1/23クラウドポート)
    https://www.crowdport.jp/news/1332/

    この記事に私のソーシャルレンディングブロガーとしての
    意地と挟持を少しでも認めていただければ幸いです。
    [2017/03/29 17:33] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    >返す返す考えるに、アフィリエイトを行う業者をランキングの上に配置して
    >読者を騙す手法はクズであり、私はこれを厳しく非難します。

    この期に及んで一番上にみんなのクレジットへのリンクを張っておきながら、上記のような発言をすることに驚きました。
    そこまでしてアフィリエイト報酬がほしいのでしょうか。それがソーシャルレンディングブロガーとしての意地であり矜持なのでしょうか。
    #内容とは直接関係しませんが発表時の資料といい、記事やコメントといい誤字だらけで恥ずかしいです。
    [2017/03/29 21:24] URL | 一被害者 #- [ 編集 ]

    別物かと思います
    バナーの位置をただ上に置くだけの行為と、
    勝手なランキングは別物と思いますが、
    ご理解をいただけないのは残念です。

    アフィリエイト報酬は欲しいが、
    アフィカス過ぎるサイト運営をしてまではほしくないが
    私の持てる意地と矜持の限界です。

    記事に誤字が多いのはまことに恥ずかしいの一言です。
    被害者さんに恥ずかしく思っていただく必要はありませんが、
    もしよければご指摘を頂ければ幸いです。
    [2017/03/29 21:54] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/740-0dbe9273
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)