カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    AQUSH マトリクスシステムとは・・・
     
     日経マネー2012年2月号によるソーシャルレンディングの特集についてです。前回SBIソーシャルレンディングを取り上げました。

    2番手はAQUSHです。

    2012y01m09d_134904529.jpg
    (※初掲載時、この表でAQUSHのローン成約額(累計)は「2.26億円」というなんの根拠もない数字を掲載しておりました。深くお詫びします。詳しくをこの記事を御覧ください。)

    煽り文は「独自システムで分散を徹底、やり方次第で2桁利回りも狙える」です。

    紹介文を箇条書きにすると

    ①SBISL、maneoと異なり個人融資にこだわっている
    ②厳しい審査を実行しているため個人向け融資に拘わらず貸倒れ率は0.43%
    ③投資の分散を重要視し、貸倒れの損失のダメージを軽減
    ④ローン期間は一律3年、毎月分配(36回)の元利均等分割返済
    ⑤手数料は毎月残高の0.125%発生
    ⑥マトリクスシステムの紹介、解説
    ⑦全グレードの実質平均利回りは7.07%
    ⑧景気に左右されないユニークなアセットクラスとして個人投資家の活用を希望

    (注:②は副社長の大前和徳氏、⑧は社長のラッセル・カマー氏の言葉として)

    といったところです。

     ⑥のマトリクスシステムに図面などかなりの誌面が割かれています。・・・ここで「マトリクスシステムって何じゃい?」と思った方もいらっしゃる方もいるかもしれませんが、実はこれのこと。
    2012y01m05d_130420129.jpg
    そうマーケット・ヒートマップのことです。

     「AQUSH&マトリクスシステム」でグーグル検索してもAQUSHのヒートマップを「マトリクス(マトリックス)システム」とした紹介したサイトは見当たりませんでした。日経マネーが一番手ですかね。そもそも「マトリクスシステム」という言葉自体、明確に定義されたものではなさそうです。おそらくこの「マトリクス」は行列(数学用語、お店の前にできるあれではありません)を指しているのでしょうね。

     日経マネー編集部が解りやすく、格好良く紹介しようとした努力は認められますがやっぱり素直に「マーケット・ヒートマップ」としたほうが良かった気がします。

    漫画で必殺技に「ティロ・フィナーレ(笑)」とか「エターナルオメガスラッシュ(笑)」とかつけて本人はノリノリでも周りはそのイタさに大爆笑、という感じがします(笑)。

     AQUSHで有効に貸出を行うにはこのマトリクスシステム(笑)の把握が不可欠ですが、残念ながら1Pのこの記事では把握は難しいかもしれませんね。実際にお金を振り込んで、経験から学んでくださいといったところです。私がさんざんこのブログで恥を晒したように。

    「赤い枠ほど貸出に回る割合が高くなる」と訳のわからない表現がされていますがまあそのとおり、資金を配分すればそれなりに貸し出せると思います。私もそんな感じで投資したところ初めて投資を始めた月に
    出資額の62%を貸し出す事が出来ました(250万円のうち約156万円)。

     日経マネーはマトリクスシステム(笑)を株の板情報に例えていますが、株の買い手(ボロワー)と売り手(レンダー)の対比は確かに株板に確かに似ているところもありますね。ただし株式売買では投資家は買い手であり売り手でありますが、このマトリクスシステム(笑)の場合、投資家はレンダーであるのみです。このところの違いには注意が必要ですね。

    次回記事 日経マネーソーシャルレンディング特集 maneo、歴史、登録者数、実績ではダントツ

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/66-2c64d96d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)