ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その5 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その5

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その5


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2016年12月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその5です。

前回記事
2016/12/26 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その4


各社セミナー情報(募集中のみ)


オーナーズブック
日時:2017年01月11日(水曜日)19:00~
場所:東京都銀座 ロードスターキャピタル株式会社
セミナー情報ページ


クラウドクレジット(セミナー&運用報告会)

●大阪開催
日時:2016/1/14(土曜日) 13:00~
場所: 大阪府大阪市中央区 御堂筋MIDビル

●東京開催
日時:2016/1/15 13:00(日曜日)~
場所: 東京都中央区日本橋 平和ビル
セミナー情報ページ


maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディンググリーンインフラレンディングさくらソーシャルレンディング
日時:2016/1/16(月曜日) 19:00~
場所: 東京都千代田区 東京国際フォーラム
セミナー情報ページ


株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!
 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です


日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績170億円超え!SBIソーシャルレンディング

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




6.ラッキーバンク


6.1 募集額
ラッキーバンクの2016年11月期の募集額は4億1千655万円となりました。

6.2 募集額65億円、登録ユーザー数3千人突破

 ラッキーバンクは2016年11月に募集額が65億円を突破、登録ユーザー数も3千人を突破しました。下記プレスリリースがそのことを伝えています。

不動産事業に特化したソーシャルレンディング「Lucky Bank-ラッキーバンク」が、ファンド累計募集金額65億円、登録ユーザー数3,000名を同時突破!(2016/11/21 産経WEB)

不動産事業に特化したソーシャルレンディング「Lucky Bank-ラッキーバンク」が、ファンド累計募集金額65億円、登録ユーザー数3,000名を同時突破!(2016/11/21 PR TIMES)

2016y12m27d_134922780.jpg

2016y12m27d_134929909.jpg

ユーザー数、募集額も順調に成長を続けています。月あたりのユーザー獲得数、募集額も増加傾向にあります。

2016y12m27d_134942480.jpg

 ユーザーデータはこのようになっており、ボリュームゾーンは30~40代、年収300~1000万円、金融資産100~3000万円となっています。(私も含めて)富裕層と言えない人が大半です。ソーシャルレンディングは融資型クラウド(一般大衆)ファンディングとも言われますが、ラッキーバンクのそれはその名にふさわしい、投資商品と言えそうです。


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク


7.オーナーズブック


7.1 募集額

 オーナーズブックの2016年11月における募集額は4千50万円となりました。


7.2 日刊工業新聞でが取り上げられました

 日刊工業新聞、2016/11/30付23面にてオーナーズブックが取り上げられています。引用してご紹介いたします。

AIで不動産自動査定 ロードスターキャピタルウェブサービス開始

ロードスターキャピタル(東京都中央区、岩野達志社長、03・6264・4270)は、所在地や最寄り駅、建物面積、逐年数などの情報を入力するだけで人工知能(AI)が不動産価格を自動で査定するウェブサービス「AI-Cheker(チェッカー)」を始めた。過去の不動産取引データを分析し、条件によって変動する不動産価格の算出をパターン化する。
 AIチェッカーは日本大学教授で米国マサチューセッツ工科大学不動産研究センター研究員である清水千弘氏の強力を得て開発した。開示された不動産投資信託(REIT)の情報や同社の過去の取引データを基に、不動産価格と不動産利回りの関連性を分析した。同サービスは主に、投資用不動産の仲介会社の利用を想定。利用料は無料。特別な会員登録などの手続きは必要ない。
 自動査定したデータを同社の社員が目視で二重に確認し、情報に乖離がないかを調べて電話や電子メールで回答する運用を行う。また、自社の取扱物件の査定にも活用し、データを蓄積して査定結果の精度を高める。
 ロードスターキャピタルは不動産投資会社として2012年3月に設立。14年9月、インターネットを経由して投資を募るクラウドファンディング型の不動産投資サービス「オーナーズブック」を開始した。現在の会員数は3435人で累計投資実績は約9億円。年商は約30億円。カカクコムが16年2月に第3者割当増資を実施した。


 AIチェッカーについてはすでに当ブログで何回か触れていますが、カカクコムの資本が入っていたとは恥ずかしながら初耳でした。オーナーズブックとカカクコムの提携により生み出されるサービスに注目です。

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
OwnersBook


8.スマートエクイティ


 スマートエクイティの2016年11月における募集額は0円となりました。


9.LC Lending


 LCレンディングの2016年11月における募集額は9億3千918万円となりました。これは2015年10月の12億4千883万円についで2番目に大きい値となります。


10.ガイアファンディング



 ガイアファンディングの2016年11月における募集額は1億4千160万円となりました。


11.トラストレンディング



 トラストレンディングの2016年11月における募集額は1億7千200万円となりました。これは2016年1月期の1億8千60万円に次いで2番目に大きい額となります。トラストレンディングはサービス開始1年を経て、その提出案件数を増やしています。
 先日はサービス開始後初めての投資家向けセミナーを開催しました。その動きに注目です。


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




12.J.Lending



 J.レンディングの2016年11における募集額は0円となりました。


13.クラウドリース


 クラウドリースの2016年11月における募集額は1億7千461万円となりました。これは2016年4月の2億5千195万円についで2番目に大きな額となります。

14.スマートレンド


スマートレンドの2016年11月における募集額は2千10万円となりました。

今回はここまでにさせてください。

次回記事 2016/12/30 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年12月期 その6


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較6
ソーシャルレンディング主要サービス運営会社比較表


ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較1
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較2
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較3
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較4
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表

2016年12月時点ソーシャルレンディング案件比較5
ソーシャルレンディング主要サービス案件比較表


各社募集実績の求め方

maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/634-0f9f4cdd