みんなのクレジット 成約ローン実績20億円突破!プレジデントオンラインにインタビュー掲載 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » みんなのクレジット » みんなのクレジット 成約ローン実績20億円突破!プレジデントオンラインにインタビュー掲載

みんなのクレジット 成約ローン実績20億円突破!プレジデントオンラインにインタビュー掲載


 みんなのクレジットの投資家からの成約ローン実績が2016/11/26時点で20億6千619万円となり、サービス7ヶ月目で20億円を突破しました。

 当ブログで行っている集計ではみんなのクレジットよりも早く、20億円を突破したのはLCレンディングだけです。
LCレンディングはサービス開始後4ヶ月目に20億円を突破しました(2015年10月末時点で22億7千609万円)。ただし明らかに一介の個人投資家ではない、大口の投資家が募集に参加したため、それも大きく寄与した結果でした。

 純粋に個人投資家を主体にお金を集めたソーシャルレンディングサービスでは、みんなのクレジットの方が集金スピードは速いと私は見ています。

 みんなのクレジットは成約ローン実績20億円突破を記念して、記念ボーナスを実施しました。

20億円突破記念ボーナス20161127

11/28(月曜日)までに、20万円の投資を行えば1万円が上乗せされます。


またPRSIDENT ONLINEにみんなのクレジットの白石伸生社長のインタビューが掲載されました。

下記リンクで読むことができます。
少額、短期の投資も可能なソーシャルレンディングとは(PRESIDENT 2016年12月19日号)


簡単にインタビュー内容を紹介します。

1.ソーシャルレンディングに投資家資金が流入

 マイナス金利政策で低金利の流れが強まる中で、ソーシャルレンディングに資金が流入中。一般投資家は少額投資が可能で、そのお金で運営会社がファンドを組成、必要としている企業に融資する。
 欧米ではすでの数兆円の市場規模。国内では貸金業と第二種金融業の両登録が必要でハードルが高いため、事業者は10に届かないが、市場規模は去年の300億超えから今年は大幅に伸びる予定

ファイアフェレットからの注釈

 当ブログで扱っているサービス数は19で、そのうち18が既にサービスを開始していますが、上記インタビューでは10に届かないとあります。これはインタビュー内容にあるとおり、貸金業と第二種金融業の両登録を行い、サービス提供している事業者という意味かと思われます。

サービスを開始した順に並べれば、

 1.maneo2.AQUSH3.SBIソーシャルレンディング4.クラウドバンク、5 ラッキーバンク、6.オーナーズブック7.トラストレンディング8.J.Lending、そして9番目がみんなのクレジットとなります。

 業界全体の募集額は2016年において、10月終了時点で約368億円であり、この調子でいくと1年で440億円ほどとなりそうです。これはインタビューにあるとおり、去年の約300億円より大幅に伸びています。


2.ソーシャルレンディングの特徴

 ソーシャルレンディングは6~10%の利回りが期待できるミドルリスク・ミドルリターンの投資。みんなのクレジットにおいては、元本割れの案件は一つもなし。英国のEU離脱が決まった国民投票などの不安定な世界経済の中、みんなのクレジットへの投資家からの入金額が通常の5倍に増えたことも。短期の案件、少額分散投資が可能なことが支持を集める理由と考えられる。

img_d8933b829ff5024a910ac89edab0ff1289770.jpg


3.投資家の属性は

 安定性と利回りの良さが魅力と言う人の他、4割は自分の投資が社会貢献に繋げたいと考えている方と見ている。企業の資金は血液のようなものであり、それをソーシャルレンディングという仕組み使ってお狂い届ける血管のような役割を果たしたい。


4.担保価値は120%以上

 融資対象は事業資金。厳密に審査を行い、全案件に120%の価値を保全する担保を設定。ファンド組成時には借り手ともに余裕のある返済計画を立てることによりリスクを下げている。様々な運用期間や利率の案件を取り揃えることで、分散投資のニーズにも応えるようにしている。


5.人工知能の導入、アジア新興国での事業開始も

 より社会貢献の高い案件を増やして欲しいという顧客からの要望に応えて、個人への融資も検討中。日本信用情報機構のデータなどに基づく従来の審査と並行して、1000を超える項目で融資希望者の審査を人工知能を用いて行い、ディフォルトリスクを最小化しながら、融資機会を提供する。その融資先は母子家庭応援ファンドなど社会性の高いものにしたい。
 同じく社会貢献度の高い案件として、ミャンマー、ベトナム、カンボジアといったアジア新興国での事業の準備も進めている。

 上記のように説明の後に、白石社長は投資家に、ソーシャルレンディングの投資のやりやすさ、社会貢献性の高さによるやりがいと日本人に受け入れやすさをアピールして、ポートフェリオに組み込むことを訴えかけています。

 現在募集中の73号、74号案件では下記のように募集額に応じて、キャッシュバックがガンガン上乗せされる2つのキャンペーンを実施中です。

mmc2016112702.jpgmmc2016112701.jpg


 上記キャンペーンは11/29までですが、これまでのパターンではそれ以降もクリスマスシーズンまでは魅力的なキャッシュバックキャンペーンが、どしどし実施されるものと考えられます。

 徹底した攻めの戦略で事業拡大を図るみんなのクレジットの動きに注目です。

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
OwnersBookwide2016031801

日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
ラッキーバンク

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績170億円超え!SBIソーシャルレンディング

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

コメント
非公開コメント

今日、地下鉄の吊り下げ広告で、みんなのクレジットの広告を見ました。

凄い攻めてますね。

2016-11-29 21:04 │ from いつもの通りすがりURL

情報提供ありがとうございます。

情報ご提供どうもありがとうございます。

電車で広告を打つというのは、なんとなく聞いた記憶がありますが
私は未見です。さてどうようなものなのでしょうか。
是非見てみたいと思っています。

しっかり攻めるのもいいのでですが、
収益を挙げられる体制も同時にしっかり
してほしいと思っています。

今金融二種と貸金業の免許を両方持っていることは
非常に貴重です。ぜひこれを最大限活かしてほしいと思っています。

私も投資している立場なので、
ぜひぜひ頑張って欲しいです。

2016-11-29 21:31 │ from ファイアフェレットURL Edit

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/602-cfc85b9a