ソーシャルソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その4 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その4

ソーシャルソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その4


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2016年11月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。

前回記事
ソーシャルソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その3

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

 日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です


各社セミナー情報(募集中のみ)

クラウドクレジット

2016/11/2~11/19の間に名古屋・京都・仙台・福岡・広島・神戸・札幌の全国7都市でセミナーが開催されます。(セミナー情報ページ)


maneoLCレンディングクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディンググリーンインフラレンディング

2016/11/21、19:00より東京国際フォーラム(東京都千代田区)にて、6社合同説明会が開催されます(セミナー情報ページ)。


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





1 maneo

1-1.募集額

 maneoの2016年10月期における募集額は14億3千146万円となりました。


1-2.GMO証券でのサービス開始

 GMOクリック証券にてmaneoの案件の取扱が2016/10/26に開始されました。現段階ではすべてのmaneo案件に投資できるわけではなく、maneoサイトとは別に提出される案件に投資する形のようです。また、maneoファミリー(LCレンディング、ガイアファンディングなど)への投資も現段階ではできません(対応予定)。

 2016/11/11の時点では5件、総額6千125万円が満額成立しました。3案件(計1億515万円)も順調に募集金額を伸ばしています。

 初段階では慎重にサービスを運営しているようですが、順調な滑り出しのようです。これからの展開に期待です。


1-3.maneoに新たに2社が資本参加しました

 maneo(にアイビス・キャピタルパートナーズと池田泉州キャピタル(株)が新たに資本参加しました。アイビス・キャピタル・パートナーズは香川に本拠地を置く香川証券(株)のグループ会社です。

 池田泉州キャピタル株式会社は大阪、兵庫を事業基盤とする池田泉州銀行のグループ会社です。下記プレスリリースには(これまで中心だった)東京以外の地域へ、ビジネスを拡大させる展望が語られています。

株式会社アイビス・キャピタル・パートナーズ及び池田泉州キャピタル株式会社の資本参加に関するお知らせ(2016/11/1 Value Press!)

貸付型クラウドファンディングのmaneoマーケットにアイビス・キャピタル・パートナーズ及び池田泉州キャピタルが資本参加(2016/11/2 Venture Times)


1-4.maneoに出資している企業が、オンライン融資サービス開発会社に出資をおこないました。

 maneoに出資しているVOYAGE GROUP(ボーイッジグループ)がオンライン融資サービスを手がける(株)クレジットエンジンに出資を行いました。maneoへの出資は子会社のVOYAGE VENTURESが行っていますが、(株)クレジットエンジンへの出資はVOYAGE GROUP自らが行っているようです。

VOYAGE GROUP、中小企業・個人向けのオンライン融資サービスを開発するクレジットエンジン社に出資(2016/9/30 VOYAGE GROUP プレスリリース)

VOYAGE GROUP、オンライン融資サービス開発のクレジットエンジン社に出資(2016/10/6 Venture Times)

 クレジットエンジンは2016年7月に設立されたばかりの会社で、2017年1月に中小企業、個人事業主向けのオンライン融資サービスの提供を予定しているとのことです。このオンライン融資とは上記プレスリリースを読む限りはトランザクションレンディングのようです。

 トランザクションレンディングの一例を挙げると、ECモール出店者から取引(トランザクション)、売上、財務諸表などの情報をリアルタイムに取得することにより審査を行って、融資を行うサービスのことです。AIが迅速に審査を行うことによって、出店者は運転資金を短い審査時間で機動的に手に入れることができます。国内ではすでにECモール運営者であるAmazonや楽天が同サービスを提供しています。

 上記クレジットエンジンの融資システムとは、中小企業や個人事業主が融資を受けるためのものと思われますが、さて実際に融資するのはどこなのでしょうか?

 銀行、楽天、Amazon、もしかしてmaneoでしょうか?


全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク





2 AQUSH

 AQUSHの2016年10月期の募集額は0円でした。


3 SBIソーシャルレンディング

3-1 募集額
 
 SBIソーシャルレンディングの2016年10月期の募集額は7億6千667万円となりました。


3-2 カンボジア人技能実習生への案件を開始することがnewsclip.beで取り上げられました。

 先月、SBIソーシャルレンディングが来日するカンボジア人技能実習生を対象に、出光クレジットと提携して融資事業を開始することをお伝えしました。このことがタイを中心とする東南アジアのニュースを配信しているnewsclip.beで取り上げられました。

カンボジア人技能実習生に融資 SBIソーシャルレンディングと出光クレジット(2016/10/3 newsclip.be)


3-3 SBISLは証券担保ローンファンドの募集を終了することを発表しました。

 まだ先の話ですが、SBIソーシャルレンディングは2017年9月29日をもって、証券担保ローンファンドの募集を終了することを発表しました。

SBISL証券担保ローンファンド終了予定のお知らせ(2016/11/4 SIBSL内お知らせ)

 SBISLで募集されている、リターンが4~6%、の不動産担保ローンファンドやオーダーメイド型ローンファンドが月あたり数億円を集めていたのに対して、同案件は2%というリターンのためか、月の募集額はこのところ数百~数千万円でした。

 不定期だったオーダーメイド型ローンファンドは月ごとに安定して募集されるようになりました。カンボジア人技能実習生への融資案件も始まることで、その役割を終えることになりそうです。

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績160億円超え!SBIソーシャルレンディング


4 クラウドバンク

4-1 募集額

 クラウドバンクの2016年11月期の募集額は2億6千508万円となりました。

4-2 銀行内定保証不動産案件付きファンドの販売を開始

 クラウドバンクは2016が「オリックス銀行 融資内定済不動産案件付きファンド」の募集を開始しました。すでに銀行が融資を内定しているほど「堅実な案件」のつなぎ融資に出資できるファンドです。

 高リターンの案件と、元本保証性の高い商品の双方へ、バランスよく投資を行っていきたいと私は考えておりますので、こうした安全性の高い案件には注目しています。

参考
2016/10/27 クラウドバンクが銀行内定保証不動産案件付きファンドの販売開始しました


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク


今回はここまでにさせてください。

次回記事
2016/11/17 ソーシャルソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その5

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
OwnersBookwide2016031801

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
会社比較1_20161111

2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
会社比較2_20161111

2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
会社比較3_20161111


2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較1
案件比較1_20161111

2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較2
案件2_20161104

2016年11月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較3
SLPro2016110403.png


各社募集実績の求め方
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
コメント
非公開コメント

すみません

各社情報のその1~4までは何が違うのでしょうか?
ご提示いただいている情報が多く、かつ、詳細なので読みこなせていません。
m(__)m

2016-11-16 12:52 │ from うるとらURL

数字は私が運営会社ごとに私がつけているものです

うるとらさん。
コメントどうもありがとうございます。

1.AQUSH、2.maneoとついている番号は私が整理のためにつけている番号です。

AQUSHのようにその月の募集額以外に報告することが無いときは
その番号だけで済むのですが、

maneoのように複数報告することがある場合は
2.maneoとした後に、2-1.募集額、2-2.GMO証券でのサービス開始・・・・
とさらに小番号を付けて整理するようにしています。

情報がごちゃごちゃしてしまい、申し訳ありません。

書いている本人は趣味でやっているので
平気なのですが、第三者から見ると本当に読みにくいかと思います。
少しでも読みやすい文章を書こうと、日々精進しております。

見守っていただければ幸いです。



2016-11-16 15:30 │ from ファイアフェレットURL Edit

言葉足らずでしたm(__)m

ブログ記事タイトル
ソーシャルソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期その4
の「その4」とか「その1」のことです。
一見違いがわからないので。。。

でもこの一覧表は初めて投資先を検討する際にはとても参考になりました。
創業年、予定利回り、投資先など

これからも情報発信期待しています( ̄^ ̄)ゞ

2016-11-16 17:10 │ from うるとらURL

そちらの番号でしたら

そちらの番号でしたら、○月期のソーシャルレンディング記事を掲載する際の
何番目の記事ですよ、という意味です。

大抵の月は3から4で住んでいますが、今月はその6まで続きそうです。

うるとらさんにお褒めをいただいた比較表は、上記記事のいずれにも
添付していますが、同じ月ならば同じものです。違いはありません。

昔は会社比較と案件比較の表を1つずつ、合計2つだけ載せていたのですが、
サービスの増加に伴い、いまでは6つまで増えています。

表の後に続く文章はもちろん記事ごとに違います。
そちらを見て、見分けをつけていただければ幸いです。

2016-11-16 17:58 │ from ファイアフェレットURL Edit

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/592-11181c8a