カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    株経ONLIENEにみんなのクレジットのみんなの白石社長のインタビューが掲載されました。

     投資情報サイト株経ONLINEにてみんなのクレジットの白石伸生社長のインタビューが掲載されました。

    m-credit_shiraishi_450x340.jpg

    みんなのクレジット 白石伸生代表取締役インタビュー(2016/10/20株経ONLINE)

     インタビューの内容は、当ブログの下記記事とかぶる部分が多いですが、ちょっと再考・再構築する形でご紹介したいと思います。

    2016/8/18 日経ビジネスオンラインのトップインタビューでみんなのクレジットの白石伸生社長が取り上げられました。


    1.担保価値は120%以上

     投資家にミドルリスクミドルリターンの商品を提供する仕組みとして、みんなのクレジットは全案件にて120%の担保を設定しているとのことです。

     みんなのクレジットの案件における担保は有価証券や商品在庫などが主に設定され、ソーシャルレンディングでは主流の不動産担保ではありません。しかしそれだけの担保価値を設定していることに元本保証性の高さを期待して良さそうです。


    2.今後の展望としてC2Cで社会貢献性の高い事業を

     現在日本のソーシャルレンディングじゃ事業者(つまり会社)への融資が主流で、現在は個人(消費者:Consumer)への融資は、ほとんど行われていません。しかし返済能力がありながら総量規制や過去のブラックな経歴がために、お金を融資してもらえない人も多いかと思います。そういう人を救済する仕組みづくりがみんなのクレジットを設立した際の思いとのことです。

     なお上記の白石社長の思いは当ブログが行わせていただいた、下記インタビュー記事でも触れています。

    2016/7/25 みんなのクレジットインタビューその1 ~起業の経緯、差別化について~


    3.人工知能による自動融資審査システム導入へ

    インタビューにおけるAIに触れた箇所をそのまま引用すると

    まず、現在「人工知能に基づく自動融資審査システム」の開発に取り組んでいます。
    約1000項目のスコアリングモデルシートを作成し、ディープラーニングを用いて審査を実施するものですが、個人データと過去事例をもとに定性・定量の両面から解析を行い、融資額と金利水準を決定します。

     このシステムが完成すれば、デフォルトのリスクを最小限に抑えつつ、資金調達の機会を幅広く提供できるようになると考えています。



     とのことです。私はAI融資の専門家ではありませんが、興味がありますので様々な文献を当たっています。そして実際に世界ではAffirm(アファーム、エイファーム)やSoFi(ソーファイ)というサービスが、人工知能を用いて個人を審査して融資を行っていることがわかりました。このことで、クレジットスコアを用いた審査では融資を受けられない人や、学生ローンに苦しむ人が助けられており、これはみんなのクレジットの目指す社会貢献と一致しているかと思います。

     なおSoFiはソフトバンクグループから総額10億$(約1,200億円)の出資を受けたことでも有名です。

    ソフトバンクグループ主導で米国最大級オンライン融資仲介サービス提供業者 ソーファイへ総額10億米ドルを出資(2015/10/1 ソフトバンクグループプレスリリース)

     上記AI融資に関しては今月末に連載を再開する当ブログのシリーズ連載「みんなのクレジット、AI融資サービス考察-」でご紹介する予定です。ご期待頂ければ幸いです。以下は過去記事です。

    2016//9/26みんなのクレジット、AI融資サービス考察-その1 国内ソーシャルレンディングはFinTechか?

    2016/9/29みんなのクレジット、AI融資サービス考察-その2 国内ソーシャルレンディングはFinTechだ!

    2016/10/3みんなのクレジット、AI融資サービス考察-その3「 kabbage」AIが用いるデーターソースは24

     4番目のポイントとして挙げられているアジア新興国へのマイクロファイナンスに乗り出すことについては、特に私に新しい知見はありませんので触れません。SBIソーシャルレンディングがカンボジア技能実習生へ融資する、社会性の高い案件を取り扱う旨を先日発表しましたが、同様にあっと言わせてくれる、案件の提出を期待したいと思っています。

    参考
    2016/10/11ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年10月期 その3

     キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/572-424455a6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)