過去の過ちを修正せよ その2 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » AQUSH » 過去の過ちを修正せよ その2

過去の過ちを修正せよ その2

11/14の「待ちに待ったAQUSH投資開始」
の記事においてAQUSHの「残高一覧」の画面で貸出済の
金額が初めて表示された時も間違いをやらかしています。

「11/4に振込をして、オーダーを作成したので10日ほどかかった訳ですね。」
とあり、一般に投資を初めてから10日位で貸出が始まるような
書き方をしていますが、これは間違いです。

10日かかったのは単に、私が投資を始めたのが月初めで
投資組合が貸出を始めていなかったからで
月の中頃を過ぎて、もう貸出が始まっている
投資組合に出資すれば、初めて資金を振り込んだ人でも
すぐに貸出済みの金額は表示されます。

同様に月末に振込を行えばたとえ出資してから1日でも
すぐに、その月の出資額は確定します。

また貸付済みの金額が増えてくことを当時の私は無邪気に喜んでいますが
その投資組合への出資額の増加が、貸出開始の金額を人数あたりで上回れば
貸付済みの金額は減少してしまいます。
月末までこの金額の増減を一喜一憂してもあまり意味はありません。

世間一般の常識に囚われているとこのような間違いをやらかしてしまいます。
現在のところ投資金額決定は「月末」の確定時が全てです。

もし私が月の中旬以降に投資を初めていたらどんな間違いをやらかしていたのでしょう。

もうひとつ
11/15の記事「グレードBよりもCが熱かった」
先ほどの記事と似たような間違いですが
投資していたグレードCの充当率が100%で資金を撤退できないのを根拠に
(理屈から言えば、グレードCの113万2084円は確実ですね)。
と113万2084円が全額貸出に回る事は確実なようなことを書いて
取らぬ狸の皮算用をしていますが実際にはこの投資組合に
大量の資金が月末までに流れこむと、当然私の割り当ては減ってしまうので
確実でも何でもありません。

ところでこの記事で私が疑問に挙げている。
①貸し倒れ金は利子の所得と確定申告時相殺できるか。
②経費として申告できるものはないか

という疑問ですが調べたところ
①の答え
一切できない
②の答え
一切ない

となっているようです。
正しいでしょうか?

どうか親切な方、教えていただければ幸いです。

全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
OwnersBookwide2016031801

高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり






にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

ソーシャルレンディングおもしろいですよね。

貸し倒れの元本は損益通算できるはずです。
他のソーシャルレンディングの会社で経験しましたが可能だったと思います。

また銀行振込手数料も経費申請できるはずです。ただしこれは税務署ごとに違いますので確認する必要があります。ただだしてみる価値は多いにありますよ。

2011-12-19 23:23 │ from AssetArtURL

教えていただきありがとうございます。

コメントどうもありがとうございます。
損益通算、経費申請ができると聞いて
とても幸いです。

まあ貸し倒れは正直なところ勘弁です。

他にもパソコンとかインターネット接続料とかも
経費申請できればいいのですけれどね。
これはさすがにダメでしょう。

2011-12-20 21:43 │ from QuadstormFerretURL Edit

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/57-855a7004