カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg 2017y07m12d_133331549.jpg 2017y08m07d_110113095.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    過去の過ちを修正せよ
    さて最近、自分の過去記事を見なおしていたのですが
    あまりにも間違いが、特にAQUSHに関して多いことに気づきました。

    ちょっといろいろ訂正を行っています。
    まずは11/5の「貸付手続き中の資金≠(出資金-出資撤回可能額)な謎」
    と題した記事、タイトルにある通り
    ある匿名投資組合に出資した金額で出資撤回できない資金は
    投資に回されている、貸付手続き中の金額なのだから、上記の式が
    成り立たないのはおかしい!と吠えている内容なのですが

    実際には
    私の出資撤回可能額=出資額合計-(貸出手続き中金額+貸付済金額)
    私の貸出手続き中の資金=貸出手続き中金額×(お客様出資額/出資額合計)
    でありますので、成り立たないのは当然です。

    出資撤回可能額は匿名投資組合の都合(貸出手続中、貸付済の金額)で
    決められているのに、勝手に拘束されたお金=出資に回されたお金
    と勘違いしていた故の間違いです。
    ブログ開始の初日から間違えていたのですね。

    12/6の「貸付手続き中のお金が減ることもあるのね」の記事
    始めて残高一覧の「貸付手続き中」の金額が減った理由を

    「貸せると思ったのだけれどもやっぱりだめ」
    「借りるつもりだったけれどやっぱりいいや」
    なんてやりとりがあって、それが細かく反映されているのかもしれませんね。


    などと本文で貸付手続き中のお金が減った理由を
    勝手に想像していますが、ポートフォリオで表示される
    「貸出手続中」と「貸付済」は決定事項であるらしいので
    「借りるつもりだったけれどやっぱりいいや」
    は理由になりません。

    「貸せると思ったのだけれどもやっぱりだめ」
    といっているのは投資家ではなくAQUSHの貸出部門を
    指しているのでこれもまた間違いです。
    この場合の現象は単に私が投資していた
    投資組合に資金の流入が起こりそのため
    私の貸付手続き中の金額が減ったと考えるのが
    一番適当でしょう。
    撤回可能額が増えていることがそのことを
    それを裏付けています。

    さて今日はこのくらいで・・・。

    まだまだ直さなければいけない
    間違いはいっぱいありそうですね。

    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり






    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/56-ea80c80f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)