ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年10月期 その1 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » ソーシャルレンディングサービス比較 » ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年10月期 その1

ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年10月期 その1


※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

 2016年10月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。


A.日経ヴェリタスにおいてソーシャルレンディングが大きく取り扱われました。

 日経ヴェリタス2016年9月24日号(2016/9/18発売)にソーシャルレンディングが大きく取り上げられました。このリンクで読むことができます。

詳しくはこの記事をご参照ください。
2016/09/19 日経ヴェリタスでソーシャルレンディングが取り上げられました。 

不肖このファイアフェレットも「会社員の男性(41)」という形で取り上げてもらっています。

全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


B.金融ジャーナル2016年10月号でソーシャルレンディングが取り扱われました

 金融ジャーナル2016年10月号から始まった連載”地銀のフィンテック戦略「フィンテックとは何か」 まずは敵を知ること”でソーシャルレンディングが小さく取り上げられています。著者は浜銀総合研究所社長神戸大学経済経営研究所リサーチフェローの伊東眞幸氏です。

kinyuu2016100402.jpg

 この号から始まった連載です。そのタイトルが示すとおりフィンテック全般を初心者(地方銀行の頭取が対象のようです)に、4Pと短い文章ながら、銀行の視点から全体の動向を押さえ、わかりやすく説明する内容となっています。

kinyuu2016100401.jpg

 このような表の中で、そのFinTechサービスが既存の銀行にどれだけ「影響があるか」で区分されています。ソーシャルレンディングは「C.銀行が提供するサービの代替となりうるフィンテックサービス」です。maneoSBIソーシャルレンディングの名前があります。その部分を説明する文章を引用します。

銀行が提供するサービスの代替
銀行が提供するサービスとは全く異なるものの、「消費者のニーズを満たす」という意味においては、銀行サービスの代替となるものをまとめたものが図表中のCである。
「事業性融資(ソーシャル系)」については、インターネットで借り手と貸し手のニーズをマッチングさせるもので、いわゆる「ソーシャルレンディング」と呼ばれるものである。

 「どれだけ影響があるか」とはこの場合「競合するか」と読み替えて良いと思います。Amazonや楽天が運営する「事業性融資(EC系)はカテゴリAの「銀行業務に直接関わる」に分類されています。銀行の融資機能においての脅威は、当然カテゴリAの方がCより大きいと伊東氏は考えていると見るべきでしょう。

 なお、SBIソーシャルレンディングは個人向けローンを現在取り扱っていません。近いうちに再開するとのことですので訂正の必要は無いと思います(次々回記事で触れます)。

 金融ジャーナルは従来型金融界の、銀行にお努めの年配の方がメイン購読層のようです。この連載におけるサブタイトル「まずは”敵”を知ること」です。おどけた表現であり強い敵意を示すものではないとは思いますが、購読層をFinTech関係者とは捉えていないことを、私に強く意識させるものでした。

 金融系の雑誌ということで、私もソーシャルレンディングについて言及されていないか、各号に簡単にこれまで目を通してきました。おそらくですが、ソーシャルレンディングの国内サービス名が登場するのは初めてです。

 2015年11月号において「FinTechがめざす世界」という特集が組まれており、様々なサービスが紹介されていました。しかし、その時はP2Pレンディング、マーケットプレイスレンディングという形で、レンディングクラブ、ファンディングサークル、ZOPA、Prosperという海外のサービス名だけが紹介されていました(他の分野でも日本のサービス名は一切取り上げられていません、海外のものだけでした)。

 購読者の世代交代が起きて、ソーシャルレンディングが融資業界で大きくなってくれば、取り上げ方も変わってくるだろう・・・と思いはしますが、銀行の融資額残高が現在460~470兆円と聞くと、あまりの規模の違いにまだそれは遠い話かなとも思います。

 個人投資の分野においては、これからどんどん成長していくことが、ソーシャルレンディングには期待できると思いますので、まずはそこに期待です。

2016/10/7追記
 金融ジャーナルで国内ソーシャルレンディングのサービス名が登場するのはおそらく初めてと書きましたが、調べ直したところ以下のことが判りましたのでご報告します。
 
 金融ジャーナル2016年3月号で「フィンテックと店頭営業力」という特集が組まれているのですが、そこに寄稿されている論説「情報活用による営業力強化(林剣太A.T.カーニーマネージャー著)」に国内サービスのロゴだけが掲載されています。

lendfin2016100701.png

 ソーシャルレンディングとロボアドバイザーについてこのような図を用いられています。ロボアドバイザーの方は国内サービス名が挙げられているのですが、ソーシャルレンディングは海外のレンディングクラブが挙げられています。国内ソーシャルレンディングに触れなかった意図は不明です。これは図表2です。

 lendfin20161007012.png

 しかしその前に図表1として、銀行(くじら)が各種FinTech(小魚)から侵食を受けている図が掲載されているのですが、その中に「クラウドファイナンス」としてmaneoAQUSHクラウドクレジットのロゴが掲載されています。

 (ソーシャルレンディングではなく)”クラウドファイナンス”として、しかもロゴだけの掲載ですが、こちらのほうがサービス名の登場は先ということになります。

2016/10/7分追記終わり


高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




C 月刊BOSS 2016年6月号でソーシャルレンディングが取り上げられました。

 遅ればせながら、月刊BOPSS 2016年6月号でソーシャルレンディングが取り上げられていたことをご報告します。この号の特集は”「FinTech」バブルがやってきた!”です。様々な形でFinTechが紹介されています。私が読んだところFinTechを一から解説したり、サービスを詳しく紹介するような構成ではなく、FinTechが社会に与える影響について論じる内容に仕上がっていました。



 特にFinTechは銀行にどのような影響をあたえるか、銀行はどのようにFinTechに取り組んでいくべきか、実際にどのように銀行は現在取り組み始めているのか・・・、と「銀行」をテーマとした論説が多く載っていました。

BOSS2016100401.jpg

 この特集に「日本の主なフィンテックベンチャー」という表が掲載されています。その「融資」のカテゴリのところにmaneoAQUSHクラウドクレジットクラウドバンクSBIソーシャルレンディングの名前があります。

 「ソーシャルレンディング」とういう語句は使われていません。ソーシャルレンディングは「(融資・投資)型クラウドファンディング」とも呼ばれますが、クラウドファンディングのカテゴリには購入型クラウドファンディングのサービスのみが掲載されています。

 この図を説明する文章はなく、単に読者にどのようなサービスがあるのかを示すために掲載されたものと思われます。

今回はここまでにさせてください。

次回記事 2016/10/08 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年10月期 その2


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
OwnersBookwide2016031801


海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク


2016年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
SLC2016100401.png


2016年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
SLC2016100402.png


2016年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
SLC2016100403.png


2016年10月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較1
2016101001SL.png

2016年10月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較2
PSLC2016100402.png


2016年10月時点ソーシャルレンディングサービス提出案件比較3
PSLC2016100403.png


各社募集実績の求め方
AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
コメント
非公開コメント

前の3年を1年ずつに区切って

設立以来の成約の累計額だけではなく、前の3年を1年ごとに区切って、
その年での成約額を、各社、総額の下の欄にまとめて欲しい。また欄が増えるが。

2013年の1月から12月までの成約額
2014年の1月から12月までの成約額
2015年の1月から12月までの成約額

2014年1月の点での成約累計額から
2013年1月の点での成約累計額を引けば、
計算できるはず。マーケットや各社の成長率を見たい。
昔のエクセル表引っ張ってくれば、すぐにできると思う。

可能か。

2016-10-19 05:51 │ from ううんURL

http://quadstormferret.blog.fc2.com/

ううんさん

ご意見どうもありがとうございます。

早速検討してみたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

2016-10-19 16:17 │ from ファイアフェレットURL Edit

これは少し面倒かもしれないが、
2016年の1月からの9月までの成約累計額も良ければ。

これは、最新の年の時点の3月か6月か9月の時点で、
それぞれ来年度以降のに作成のは

その年の1月から3月までの分は、当年度の累計額は記載なし。
その年の4月から6月までの分は、その年の1月から3月までの累計額を併記。
その年の7月から9月までの分は、その年の1月から6月までの累計額を併記。
その年の10月から12月までの分は、その年の1月から9月までの累計額を併記。

とかもあったらよい。
毎月で累計額出すと、1月や2月など、ひずみが出たり、加熱し過ぎると思うが、
3か月おきぐらいに累計額出すと、何か、傾向が見えるかもしらん。

2016-10-19 19:25 │ from ううんURL

http://quadstormferret.blog.fc2.com/

ううんさん。

またしてもご指示どうもありがとうございます。

検討させていただきます。

2016-10-20 15:35 │ from ファイアフェレットURL Edit

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/558-3eb3a336