カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    日経ビジネスオンラインのトップインタビューでみんなのクレジットの白石伸生社長が取り上げられました。

     日経ビジネスオンラインSPECIALのトップインタビューでみんなのクレジットの白石伸生社長がとりあげられました。下記のリンクで読むことができます。

    ソーシャルレンディングはC to BからC to Cへ 人工知能を用いた融資審査システムを開発し日本の金融を変える (日経ビジネスオンラインスペシャル TOP INTERVIER)

    2016y08m18d_091644826.png


     みんなのクレジットの様々なビジョンが提示されています。特に私が注目と感じたところを4点書き出してみたいと思います。

    A.120%以上の担保を全案件に

     全案件に融資額の120%以上の価値を保全する担保が設定されています。素直に読めばその他の負債、担保の順位も勘案しても、また土地、債権の多少の値下がりが起きても投資家の投資元本が十分に保全されることになります。

    B.人工知能に基づく自動融審査システム

    人工知能に基づく自動融資審査システムを開発中とのことです。

    これ(人工知能)は約1000項目のスコアリングモデルシートを作成し、ディープラーニングを用いて審査を実施するものです。


     とありますが、正直まだこれだけでは詳細は不明です。そこでみんなのクレジットの人工知能を用いた自動融資審査がどういうものかを占うために、海外ソーシャルレンディング(厳密にはオルタナティブレンダー)を調査中です。

     kabbage、OnDeck、Affirm、Krediteck、SoFiなどが人工知能を用いた融資サービスを提供していることがわかりました。現在記事を執筆中です。

    C.ソーシャルレンディングはC to BからC to Cへ

     先日の私からのインタビューの際も力説されていましたが、日経ビジネスのインタビューで人も工知能と並べてタイトルとして表明されています。現在国内ソーシャルレンディングの融資先は「B(事業者)」がメインですが、それを「C(消費者、個人)」にも開いていこう、その際の審査には人工知能を用いようという展望が見えます。

     上記海外サービスの中で人工知能を用いて個人の融資審査を行っているのはAffirm、Krediteck、SoFiですが、さてどのようなものになるのか。海外と似たようなものになるのか、それとも国内の実情にあった独特のものになるのか注目しています。

    ※kabbage、OnDeckは中小企業への融資

    参考
    2016/07/25 みんなのクレジットインタビューその1 ~起業の経緯、差別化について~


    D.新興国の資金ニーズに応える
     現在行っているC to Bのソーシャルレンディングをフェーズ1、来年9月から始まる人工知能による融資審査によるC to Cをフェーズ2として、フェーズ3は新興国へのマイクロファイナンスを展開することを考えられているそうです。

     国内ソーシャルレンディングではクラウドバンクがマイクロファイナンス案件を取り扱ったことがあります。クラウドクレジットはマイクロファイナンスとは違いますが、新興国の資金ニーズに応える様々な案件を取扱中です。

     新興国、発展途上国は十分な金融システムが整っていません。事業拡大のための資金の調達ができず、貧しい生活を送っている人が沢山います。このような人々に資金を提供する活動を「金融包摂」といいます。

     マイクロファイナンスは金融包摂の一つの形です。ソーシャルレンディングがそれに携わり後進国の発展に貢献できるのならば、現在株式市場で行われている株式売買という乱痴気騒ぎよりも、よほども社会性の高い、「ソーシャル」という名にふさわしいものとなりそうです。

    参考
    2016/02/23 金融包摂勉強会、参加報告その1

    2016/02/25金融包摂勉強会、参加報告その2

     現在国内ソーシャルレンディングが既に行ってきたこと、行ったことがないことを交えて、後進ながらも着実に募集実績を伸ばすみんなのクレジット、その展開に注目しています。

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/519-6f2f024e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)