カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg 2017y07m12d_133331549.jpg 2017y08m07d_110113095.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    不動産ファンド投資出版記念セミナー参加報告その2~必ず出てくる詐欺に注意~

     2016年4月16日に開催された不動産クラウドファンディングに関するセミナーの参加報告2回目です(1回目はこちら)。講師はLCレンディングの兄弟会社LCパートナーズの代表取締役である小山努氏が務められています。

    2016y04m21d_171538750.png

     前回はクラウドファンディング不動産ファンドの登場による不動投資の大衆化の展望、また従来の不動産投資商品に対するクラウドファンディング不動産ファンド案件の優位性について、上の図を用いて述べました。今回は小山社長が強く注意を喚起されていた不動産ファンド詐欺について、述べたいと思います。この話ついては、小山社長の著書、「ローリスクで年利7% 1万円から始める不動産ファンド投資」でも詳しく述べられています。



     小山社長はクラウドファンディングによる不動産ファンド発展の可能性を強調されました。その一方で不動産私募ファンドにおいて、過去に詐欺が登場した歴史からもクラウドファンディング不動産ファンドにおいても、必ず詐欺が行われるだろうと、強く注意喚起されていました。これは国内不動産ファンドの黎明期から業界に関わってきたからこそ述べることができる、重みのある言葉です。
     ではどうしたらその詐欺案件を見破り、身を守ることができるか?セミナーで語られたこと、また小山社長が執筆された「ーリクスクで年に7% 1万円から始める不動産ファンド投資」の内容からその対策方法を紹介します。大きく分けて2つあります。

    1.誰が販売する商品なのかをチェックする。
     不動産ファンドの販売は信託受益権を取り扱うことから第二種金融取引免許の資格が必要です。この資格を有する業者(登録業者)は金融庁のWEBサイトでリスト化されて掲載されています。掲載されていないようでは詐欺ファンドである可能性が高いとのことです。また登録されていても、実績や評判をよく調べ、過去の実績が確認できない、悪評が認められる場合は警戒するべきとのことです。LCパートナーズは上記に加えて総合不動産投資顧問業、宅地建物取引業免許の登録をおこなっていますが、こうした点もより信頼できるポイントとのことです。

    2. 私募不動産ファンドが電話で勧誘してきたら詐欺だと思え
     過去の詐欺的なファンドでは執拗な電話勧誘が行われました。私募ファンドにおきましては勧誘人数が500未満と決まっています。10人に無差別に電話で勧誘をおこなったら、あと489人しか勧誘はできません。そのため「まともな」不動産ファンドを取り合う買う会社(この場合はAM[アセットマネジメント]社)は、誰に勧誘を行ったかの管理に細心の注意を払い管理しているそうです。ですから電話勧誘で安易に勧誘を行うということはありえないといえます。ソーシャルレンディングにおいて電話勧誘は多分制限はないとはおもいますが、このことは憶えておいたほうがよさそうです。

     小山社長は最初から詐欺である案件はもちろん、(最初はまじめにやっていても)どうしてもお金を集めるのが目的になってきてしまう業者の登場を懸念されていました。100%問題になってくると思う。良い案件を提出できる自分たちも(注意喚起の)声を出していく。不動産ファンドは商品として良いので、詐欺の登場により、悪いイメージを持たれることが心配だと話されていました。小山社長は不動産ファンドに限定した話をされていましたが、ソーシャルレンディング全体においても注意するべきだと思います。

     さて、次回はでは「詐欺ではないが」、「お金を集めることが目的」となっているのではないか?ということが疑われる不動産ファンドの事例を紹介したいと思います。今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2016/07/04 不動産ファンド投資出版記念セミナー参加報告その3、みんなで大家さんにおける疑惑 

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/478-45a22bfa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)