カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    01_maneo20170101.png 02_Aqush_2017100101.png 03_SBISL_2017100101.png 04_Crowdbank2017100101.png 05_CrowdCredit_2017100101.png 06_Lucky_Bank_2017100101.png 07_OwnersBook_2017100101.png 08_SmartEquity_2017100101.png 09_LcLending_2017100101.png 09_GaiaFunding_2017100101.png 10_TrustLending_2017100101.png 11_J_Lending_2017100101.png 12_CrowdLease_2017100101.png 13_SmartLend_2017100101.png 14_MimCre_2017100101.png 15_TATERUFUNDING_2017100101.png 16_AmericanFUnding_201710010.png 17_GreenInfra_2017100101.png 18_CrowdRealty_2017100101.png 19_SAKURASL_2017100101.png 20_Cash_Flow_2017100101.png 21_AppleBank_2017100101.png 22_LENDEX_2017100101.png 23_Pocket_Funding_2017100101.png 100_FUNDINNO_2017100101.png

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年6月期 その3

    2016年6月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    各社比較その120160603

    2016年6月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    ソーシャルレンディングサービス各社比較その220160602


    2016年6月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較1
    各社案件比較1_20160606


    2016年6月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較2
    ソーシャルレンディングサービス各案件比較その220160602


     2016年6月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です(その2はこちら)。


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO 会員本登録開始!

    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2016/12/5より投資会員本登録を開始しました。

    こちらのリンクより、登録を行えます。登録料は無料です


    J:日経新聞2016/5/29朝刊1面にシェアエコノミーに関する記事が載りました。そこにソーシャルレンディングの融資先覆面化規制にも言及があります。

    下記のリンクで全文読むことができます(日経新聞電子版会員になる必要あり)、

    シェアエコノミーとルール(上) 広がる新ビジネス 日本流規制が壁に(2016/5/29 日経新聞朝刊)

     シェアエコノミーが世界中で急拡大するなか、国内では法や規制がその障害として立ちはだかっている。企業活動・市民生活の効率化には新たなルール作り(つまり規制緩和)が必要だという趣旨の記事です。このリンクで紙面そのものを見ることも可能です。

     カーシェア、民泊などが規制により拡大を妨げられている例と並んで、ソーシャルレンディング(記事中ではクラウドファンディングとして紹介)もとりあげてもらっています。もちろん槍玉の規制は、「貸出先の情報開示ができないこと」です。その部分を引用すると……

    ”ビジネスの魅力をそぐルールもある。ネットを通じて個人や中小企業が資金を融通し合うクラウドファンディング。ファンドで集めた資金を企業に融資するmaneo(東京・千代田)の滝本憲治代表取締役は「企業名を公表できないので関心を得にくい」と話す。
     金融法に詳しい増島雅和弁護士は「投資家が資金回収に直接乗り出すなどトラブルを防ぎたい当局の意向が強い。企業名の明示を認めれば市場を拡大できる」と話す。


    となります。

     ソーシャルレンディングそのもの、また融資先情報開示規制等の知識が、読者に前提として無いと分かりにくい文章構成になっていることは歪めません。しかし「ビジネスの魅力を削ぐルール」と日経新聞紙面にて、公言してもらったのは実に嬉しいことしきりです。なお記事中に名前がある増島雅和弁護士は、maneoクラウドバンククラウドクレジットも会員であるクラウドファンディング協会の理事を務められています。


    K_マネー情報のサイト「マネーの達人」でソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディングとして紹介)が取り上げられました。

    配当が期待できる「貸付型クラウドファンディング」(2016/5/30 マネーの達人)

     クラウドファンディングの成り立ち、市場規模、種類を紹介し、各種タイプの中でも世界、日本ともに、「貸付型」が圧倒的に金額では大きいこと、その理由が分析されており、今後も配当が期待できるクラウドファンディング(つまり、融資型、投資型)が発展していく展望が示されています。日本のソーシャルレンディングにおいては、情報の開示規制があることについての直接の言及はありません。しかし

    “欧米では、貸付型クラウドファンディングはP2Pレンディングとも呼ばれます。P2Pには借り手と貸し手を直接結ぶという意味合いがあるのですが、これは投資家が自らの判断で出資する相手と金額を直接指定できる仕組みが整っているからです。海外ではこの透明性が市場の拡大に大きく寄与していると考えられます。



     と述べられており、日本においても、当局が規制緩和を認めて、透明性が高くなれば市場の拡大に寄与するだろうという願望が込められていることが解ります。なお記事の筆者は「ノーアクションレター(法令適用事前確認手続き)」で当局に上記規制に関する問い合わせを行われた、オーナーズブックの岩野達志社長です。

     以上までが、私が見つけてこられたソーシャルレンディング全般のニュースです。

    以下から、各サービスについて触れたいと思います。


    1.AQUSH

    AQUSHの2016年5月期の募集額は0円となりました。


    2.maneo

     maneoの2016年5月期の募集額は13億5千530万円となりました。maneoは先月から今月にかけて、様々な媒体で取り上げられています。この記事(その3)だけではなくその1、その2もご参照ください。

    2016/6/20にmaneoLCレンディングスマートレンドのセミナーが開催されます(セミナー情報ページを参照)


    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    3.クラウドバンク

     クラウドバンクの2016年5月期の募集額は1億9千761万円となりました。WEBサイトのリニューアルが行われ、実に格好良く仕上がっています。

     クラウドバンクは運用状況に応じ優待サービスを投資家が受けられるサービスの使用運転を開始しています。現在その紹介ページで紹介されているのが300万円以上の投資で投資金額の年利1%分がキャッシュバックされるキャンペーンです(このページを参照)。キャッシュバックは単なる利回り向上よりも様々なメリットがあります。詳しくは当ブログが相互リンクさせて頂いいている「実践ソーシャルレンディング」のこの記事をご参照ください。

     クラウドバンクは月2~4回の割合でセミナーを積極的に開催中です(セミナー情報ページを参照)。

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    4.SBIソーシャルレンディング

     SBIソーシャルレンディング2016年5月期の募集額は1,304万円となりました。SBIソーシャルレンディングのユーザーインターフェイスは他のサービスに比べてとても使い勝手の悪いものですが、最近リニューアルを行っているようです。今後に期待です。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


    5.クラウドクレジット

     クラウドクレジットの2016年5月期の募集額は8千245万円となりました。この額は2016年4月期の1億381万円に次いで、2番目に大きい金額となります。

    FinTech Mediaにクラウドクレジットが取り上げられました。

    Fintechは新興国投資を選択肢に入れる「魔法の杖」(2016/5/26 FinTech Media)

     2016/3/31に開催された第2回資産運用 FinTech勉強会の様子を記事にしたものです。杉山智行社長のビジョンが語られています。クラウドクレジットは月2~3回の割合でセミナーを積極的に開催中です(セミナー情報ページを参照)。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    今回はここまでにさせてください。

    次回記事 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年6月期 その4


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801

    各社募集実績の求め方
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドバンク:WEBサイトの「ファンド一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/458-b906debb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)