カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg 2017y07m12d_133331549.jpg 2017y08m07d_110113095.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    ソーシャルレンディングが日経新聞夕刊1面トップでとりあげられました

     ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)が2016年4月26日経新聞夕刊1面トップでとりあげられました。日経新聞のWEBサイトでも掲載され、会員登録を行っていれば下記のリンクで全文を読むことができます。

    2016/04/26 ネット資金調達、1年で7割強増加 15年末残高523億円

    こちらのリンクで紙面そのものを見ることが可能です。

     私が読み比べたところ紙面もWEBサイトも書いてあることは全く同じです。紙面では見出しが効果的に使われていること、縦書きであることから、受ける印象は異なるかもしれません。

    以下記事概要です。

    ・ネットで不特定多数から小口の資金を募り企業へ融資するクラウドファンディングが伸びている
    ・2015年末時点の主要3社の残高は523億円、1年間で7割強増加
    ・2016年明け以降も順調に拡大
    ・銀行から融資を受けられないベンチャー企業の資金調達手段として利用が広がる
    ・企業が資金調達に使うクラウドファンディングは「融資型」と呼ばれる
    ・企業・団体はは事業内容を公開して、賛同者は数万円からファンドに出資
    ・投資先のリスクに応じて年5%程度の利息を得られることが多い
    ・一方で企業が経営破綻すれば資金が戻ってこないリスクもある
    maneoSBIソーシャルレンディングクラウドバンクが主要取扱い企業(サービス)
    maneoの昨年末の残高は377億円
    ・1人あたりの出資額は100万円が全体の52%で最多、小口投資が定着
    ・金額が大きくなるほど投資家の比率が少なくなる傾向
    ・投資家を世代別に見ると30~40代が最も多く、全体の7割を占める
    クラウドバンクが2015年中に組成したファンド数は220(前年比80%増)で動きが活発化
    ・出資先企業別では不動産売買・開発が多い傾向
    ・その一方で介護事業、太陽光発電、住宅メーカなど出資先は多岐に渡る
    ・2016年にはいってからも融資額は順調に推移、今後も参加する個人投資家は増えると期待
    (maneoからの発言として)
    ・ベンチャー企業の昨年の資金調達は1532億円であり、クラウドファンディングも存在感を増す
    (単純な比較はできないと断りながら)
    ・ただ海外のクラウドファンディングは数兆円の規模であり、国内は米国等にくらべまだ小さい
    ・クラウドファンディングは東日本大震災への支援を機会に普及
    ・見返りを求めない「寄付型も」もある
    ・熊本県を中心に相次ぐ地震に対する支援の一環で寄付型などが伸びているとみられる
    ・金融庁は昨年5月に「株式型」を解禁、企業は1億円未満の資金を調達可に

    では補完の意味も兼ねて私からもコメントを

     記事中で「残高」と記載されている値は、当ブログで「(累積)募集額」と表記している値。つまりサービスを開始して以来、投資家から募集した金額のことですね(私が行った2015年12月末集計とほぼ同額です)。主要3社は記事中でも言及がある(maneoクラウドバンクSBIソーシャルレンディング)のことですね。やはり集計額がほぼ同額です。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

     小口の投資家ほど人数が多い。確かにそれは事実ですが例えばmaneoのマーケット情報のページを見ると、記事中に記載がある1人あたりの出資額100万円(未満)の投資家の割合は人数的には全体の52.1%で最大多数ですが、全体の投資額に占める割合は5%です。出資額1000万円以上の投資家は人数的には全体の7%ですが、出資金額的には全体の52.8%を占めています(他のサービスも似たような傾向なのではないでしょうか)。

    2016y04m28d_162445875.png

     全体的には「融資型」が活発に動いており、今後も十分期待できるという趣旨の記事であり、申し分のない記事となっています。なによりも日経新聞夕刊1面トップで取り上げられたという事実こそが、ソーシャルレンディング拡大を雄弁に物語るものとなっています。

    こいつぁ春から縁起が良いわい

    ですね

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/419-b6ec5f49
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)