今回の投資は見送るか・・・ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » AQUSH » 今回の投資は見送るか・・・

今回の投資は見送るか・・・


AQUSHは月末になるとヒートマップが熱くなると聞いていたのですが
現在(28日)の段階でも未だその気配がありません。
月末になると様々な支払いのために賑わうと聞いていたのですが・・・。

月末の出資額確定前に投資家がいろいろ資金を動かすために一時的に
各投資組合で資金が減少するために起こる現象なのでしょうか?
2011y11m28d_163724703.jpg

さて30日は予定が変わりどうやら暇になりそうです。
ヒートマップの変化の具合をじっくり確認できそうです。

maneoについて
ドリーミングハウス案件の第44弾が早朝に成立した模様です。
これで私の出資も確定しました。

SBIソーシャルレンディングにおいて
SBISLコーポラティブハウスローンファンド3号 2011年12月第1号案件
の募集が12/1より始まるようですね。

コーポラティブハウスローン
100万円投資して、おおよそ7万5千円ほどの収益(税引き前)になりそうですね。

2011y11m28d_124838275.jpg
投資するかどうか迷っていますが多分見送ると思います。

担保が付いていている上に会社も後ろ盾がちゃんとしているので
安全性も高いと思われるのですがどうも食指が動かないのです。

ざっとそれらの理由を以下に書くと
①元本一括返済で利子が4.0%はmaneo、AQUSHの案件に比べるといかさか見劣りする。
②1号の利子は5%だったの下がったのが気に食わない(足元を見られている気がする)。
③元本返済後、再投資する先がSBIソーシャルレンディングにあるかどうか不安。
④貸出が始まるのが30日も先(12/30より)
⑤資産の運用を狙う運用というよりも余剰資金の預け先に思われる。

まあ、今の日本は歴史的な金余りだそうですからそういった
資金の運用先にはよろしいかと思います。

自分の場合は命金では無いという意味で
運用している金額は余裕資金ですがとうてい
「余剰」と言えるものでは有りません。
もっと稼いできて欲しいと思ってしまうのですね。

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
OwnersBookwide2016031801


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/37-b2521818