カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    maneo、LCレンディング、ガイアファンディング合同セミナー参加報告その1

     2016/1/25に開催されたmaneoLCレンディングガイアファンディング合同セミナーに参加して参りました。ご報告します。

     内容はソーシャルレンディング初心者に対する、各サービスの概要、投資スキームという話が大部分を占めました。その一方、セミナーでしか聞けない、ここだけの話や上級者向けの話も聞けたので、そうした内容を中心に記事を書いてみたいと思います。

    3人並びの写真20160209
     左からmaneo(株)瀧本憲治氏、(株)LCレンディング山中健司氏、ガイアファンディング(株)眞鍋丈司氏、いずれも代表取締役、セミナー中の様子

    1.maneo
     
    1-1 maneoのアクティブユーザーは?
     現在maneoの登録ユーザー数はホームページにも記載してありますが約3万2千人です。実際のアクティブユーザー(投資をしている人)は3500人ほどとのことです。意外に少ないなというのが正直な感想ですが、これからの伸び代が期待できるとも考えられます。

    1-2 maneoエクスローは吸収合併されます
     maneoエクスローはかつて分別管理を徹底するために、金融庁から「リクエスト」を受けて作った銀行のバーチャル口座を持つための会社だそうです。しかし最近は一緒になってくれ(他の会社のようにmaneo自身が銀行で分別管理を行ってくれ)という「真逆のリクエスト」をもらっており、近日中にmaneoエクスローはmaneoマーケット(株)と合併するそうです。

    1-3 maneo金利以外にもmaneoの収益源はあった!
     maneo金利以外にもたまに「借り手(ボロワー)」から手数料を取ることもあるそうです。勿論私達投資家(レンダー)からはとられません。

    1-4 充分な収益をmaneoはあげています
     現状8~15%でボロワーに融資、5~10%をレンダーに還元、5%の利益をmaneoがもらうというのが大体の収益モデルだそうです。100億円貸出残高があれば粗利で5億円、従業員1人雇うと1千万円かかるとして50人雇える計算となる。しかし現在の従業員は16~17人なので十分利益が上がっているとのことです。

    1-5 maneo再編!
     maneo(株)は現在UBI(株)の子会社、maneoマーケットがmaneo(株)の100%子会社ですが、その関係を解消し再編されるとのことです。このことは既に瀧本社長のブログで述べられていますが、さらに詳しい内容が語られました。maneoマーケット(株)がトップに立ち、その下(子会社)にmaneo(株)やUBIファイアンスが位置するとういう形になります。よりパブリックな方向へmaneoをもっていくとのことです。

    1-6 maneoの不動産案件に早期返済が多いわけ
     maneoの手がける不動産開発案件は開発案件の売却までがスキームですので、元本一括が多いそうです。そういえば私が投資してきた消費者融資案件は分割返済が多かった気がします。それで実際に工事が遅れたり、買い手がなかなかつかないケースを想定して、貸出期間は長目にとっていることが多いそうです。例えば10ヶ月を想定していても実際には13ヶ月とかで案件をだすそうです。
     投資家の立場から言わせてもらえれば、「大幅に短くされた早期返済が続出しない限り」、早期返済をされても別にOKではないかと思います。これは経験したからこその発言ですが、「延滞の知らせが届くと結構ストレスです」。元本が毀損するのではないかという懸念が頭をどうしても駆け巡るからです(早期返済にはこの懸念は一欠片もありません)。2chのソーシャルレンディングについてのスレでは早期返済はちょとした不平が書き込まれるくらいです。その一方延滞が起きた場合、過度にギャアギャア騒ぎ立てられ、サービスの存続まで危険であるかのような書き込みがされることがあります。延滞を発生させてしまうよりは、早期返済になるように貸出期間を設定する。まあ、それでいいのではないかと思います。これからmaneoで不動産開発案件に投資する場合は「早期返済はある程度当たり前」のスタンスで臨むことにします。
     maneoも早期返済で怒られることが多いので、月初めで早期返済された場合は月中日頃までの利息はmaneoで負担するとのこと、ですから借り手には返済はなるべく月半ばか28日(本来の返済日)にするようにお願いしているそうです。

    1-7 銀行がソーシャルレンディングの競合相手に現状ならない理由
     2015/1/29にマイナス金利導入が発表されました。このセミナーはその直前に開催されています。瀧本社長は1/30に早速ブログを更新し、「銀行に目利き力は全くないから企業にお金を貸せない」と断言され、その銀行が融資できない領域があまりにも狭く、ファイナンスの隙間がいたるところにある、maneoの存在意義がそこにあるという趣旨の記事を書かれています。その銀行の領域が狭い具体的な理由もセミナーで2つ述べられていました (他にもあると思います)。

    ①昭和バブルの後遺症で転売案件に貸せない
     当時転売のための資金を銀行がどんどん融資したため、バブルが引き起こされました。そのため銀行は転売案件にはお金を貸さなくなったそうです

    ②リーマンショックの後遺症でディブロッパーに貸せない
     銀行が悪いわけではないのかもしれませんが、当時ディブロッパーが多く潰れたため、開発案件、老人ホームは儲かるのにお金を貸さなくなったそうです。

     maneoについては以上です。次回はLCレンディングガイアファンディングについて述べたいと思います。

    次回記事
    maneo、LCレンディング、ガイアファンディング合同セミナー参加報告その2

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント
    私も参加しました。
    1月25日のセミナー、私も参加しました。
    写真のアングルから察するに、どうも同じ机に座っていたようですね。

    私もセミナーの記事を書こうと思いましたが、こちらの記事の方がより詳細なので、書く必要がなくなりました(笑)。

    早期返済については、私も同じ考えです。
    早く返済されたのであれば、再度投資すればいいのであり、返済が遅れる方がよっぽどストレスです。

    あと、瀧本社長の説明通りであれば、銀行の存在意義について疑問を抱かざるを得ません。
    [2016/02/12 21:11] URL | シバイヌ #sulmDUoQ [ 編集 ]

    どうかシバイヌさんも、是非是非書いてください
    シバイヌさん。コメントどうもありがとうございます。
    このセミナーは非常に盛況で3人がけの机に3人が座るという状況でした
    (大抵のセミナーは3人がけの机に1人か2人なのですが)。

    私の左隣には女性が座っていたと記憶しています。
    その方ですかね。シバイヌさんのブログでは
    女性が安堵する絵が使われていますが。

    どうかソーシャルレンディングの記事は書いてください。
    他の人の記事には興味がありますし、
    かくいう私も、他の人が先に書いても構わず書いちゃいます。
    なんとか別の価値観、面白さを加えられることを目指して。

    シバイヌさんのブログ、最近の記事を読みました。
    これからもソーシャルレンディングの投資を続けられ
    記事を書かれるのでしたら相互リンクをお願いできないでしょうか。
    謹んでお願い申し上げます。
    [2016/02/12 23:36] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    No title
    返信ありがとうございます。

    私は残念ながら女性ではなく(笑)、その女性の左隣に座っていた男です。

    ああいう場は初めてだったので、写真を撮っていいものか迷ったのですが、女性の右隣の人(ファイアフェレットさん)が撮り始めたので、「ああ、別にいいんだな」と思い、何枚か写真を撮らせてもらいました。

    記事は書こうかなと思います。
    特に、地方に住んでいてこういったセミナーに出られない人に、実際に出た人が感じたことを伝えるのは意味があることかもしれません。

    これまではソーシャルレンディングから投資信託へシフトするつもりでいたのですが、思うところあって投信をほどほどにしてSLを継続し、金額も倍増させることにしました。
    その辺りについても自分の考えを書こうかなと思います。

    相互リンクの件、了解いたしました。
    こちらから頼みたかったくらいです。

    どうぞよろしくお願いします。
    [2016/02/13 22:18] URL | シバイヌ #sulmDUoQ [ 編集 ]

    相互リンクご了解どうもありがとうございます。
    シバイヌさん。相互リンクご了解どうもありがとうございました。
    早速リンクを張りました。

    当ブログのリンク順は
    相互リンク(してもらった順番)
    →勝手リンク
    →ソーシャルレンディング提供サービス社
    →その他
    という並びになっています。ご了解ください。

    写真があるとないのではブログのインパクトが全然違うので
    写真はなるべく撮ることにしています。
    ちなみにこれまで「撮影はご遠慮ください」と言われたことはありません。

    ソーシャルレンディングのセミナー、勉強会は本当に東京でしかやらない
    ごくたまにクラウドクレジットが地方で行うくらいなので
    まさしく勝手ながら地方の人達に少しでも
    情報をお伝えできればなという気持ちがモチベーションとなっています。

    これからちょくちょくおじゃまさせていただきます。
    セミナーの記事、ソーシャルレンディングの記事
    楽しみにしています。

    これからもよろしくおねがいします。
    [2016/02/13 22:32] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    こちらこそよろしくお願いします
    私のブログでもリンクを貼りました。

    近々ブログをリニューアルして、URLも変えますので、その際はご案内します。
    [2016/02/13 23:56] URL | シバイヌ #sulmDUoQ [ 編集 ]

    お引越しのさいはご連絡ください
    ありがとうございます。

    お引越しのご連絡をお待ちしています。
    [2016/02/14 00:02] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/350-09e5fdb0
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)