オーナーズブック セミナー参加報告 その1 - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » オーナーズブック » オーナーズブック セミナー参加報告 その1

オーナーズブック セミナー参加報告 その1


 もう去年の事になってしまいましたが2015/11/19にオーナーズブックが単独で初開催したセミナーに参加して参りました。ご報告します。

 私がこれまで参加したセミナーの中では一番活発な質疑応答がなされ、投資型クラウドファンディングにおける、現場(経営側・不動産投資者)からのシビアな意見を聞くことができました。私も力を入れて(いつものように長文で)ご紹介したいと思います。

 オーナーズブックの運営会社、ロードスターキャピタル(株)は現状ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)をメイン事業とはしていません。
 不動産事業が主体であり、そこから得られた「豊富な資金」と「卓越した不動産運営ノウハウ」を元にオーナーズブックを運営しています。

 それだからこそ投資家に対して誠実、真摯なセミナーでの発言は注目です。お付き合い頂ければ幸いです。

 先日(2015/10/28)の第2回 Financial Crowdfunding Meetupの席上で既に発表されたことはなるべく省略したいと思っていますので、本記事をお読みに頂く前に該当記事、

2015/12/04第2回 Financial Crowdfunding Meetup参加報告その2 オーナーズブック ~固い案件提出で全勝を目指す決意~」をご覧いただければ幸いです。

02オーナーズブックセミナー2016010701
セミナーは2部構成で、
第一部:ロードスターキャピタル(株)及びオーナーズブック の概要説明
第二部:座談会形式の質疑応答


というかたちでした。

01オーナーズブックセミナー会場写真20160107
 セミナーは撮影自由でしたが、私がボンクラなため開始前に少しか撮影しておりませんでした。すみません。

02オーナーズブックセミナー2016010702
 講師はロードスターキャピタル(株)社長がの岩野達志氏が務められました。

 上記図のように岩野社長は東京大学卒業後一貫して不動産畑を歩んでこられたそうです。


1.ロードスターキャピタル(株)の成り立ち

 ロードスターキャピタルの成り立ちについては第2回 Financial Crowdfunding Meetupで述べられたことに幾つか加えれば、

 ・当時(2012年)はまだ不動産業界は厳しくマーケットが回復する前だった。しかしゴールドマン・サックスグループにおけるアセットマネジメント会社のOB3人でスタートして頑張ってやってきた
 ・2014年3月(会社設立後2年)、海外のIT企業から出資をうけ第三者割当増資を行い10億円弱の増資を行った(過半数の株式はロードスターキャピタル(株)の役職員が所持)

といったところです。

 なお上記の海外のIT企業は後の質疑応答の場で明らかになりましたが中国版Facebookとして有名な人人網(レンレンワン)の運営会社Renren Lianhe Holdingsです。元は中国の会社ではありますが、アメリカで上場した会社が第三者割当を引き受けたとのことです。

 世界でアメリカと中国に30社ほど投資をしているそうですが、日本で出資をうけているのはロードスターキャピタルだけとのことです。クラウドファンディグ事業のアイデアは彼らから提供してもらったとのことです。

02オーナーズブックセミナー2016010703


2.事業概要

大きく4つに分けて自己投資、不動産仲介・コンサルティング、アセットマネジメント・クラウドファンディングを行っています。

上記事業を簡単に説明すると


2-1自己投資

02オーナーズブックセミナー2016010704
 
 ロードスターキャピタルの主力事業です。グーグル検索すると自己投資とは「自分への投資」、つまり資格の取得、セミナー受講等を自発的にやることとでてきます。

 しかしこの場合は自己資本で不動産を購入し、それを運用することを指します。全部を自己資金で賄うことはなく、銀行や投資家資金に頼る部分もあるそうです。

 セミナー当時は7棟のビルを保有・運用中、過去に2棟を既に売却済みとのことです(全て都内のオフィスビル、価値は4億~20億円ほどとのこと)。一口に不動産事業といっても各社得意分野があるとのことですが、ロードスターキャピタルはオフィスに強みをもちそれをメインに投資を行っているとのことです。

 三井不動産などの大手と違い銀行から必ずしも十分な額をファイナンスができるわけではないので5億円から20億円は自社のバランスシート、それ以上の案件は投資家と連携して行うとのことでした。


2-2 不動産仲介・コンサルティング

02オーナーズブックセミナー2016010706
 様々な企業から不動産取得の仲介・経費削減・様々な助言を行っているとのことです。

 メインの業務では無いといっても名古屋で85億円、茅場町で23億円規模の案件を手がけたこともあるとのことです。小口よりは大口案件を手がけているとのことでした。


2-3アセットマネジメント

02オーナーズブックセミナー2016010707
 主に海外の投資家からのお金を預かり、不動産購入の手伝い・運営管理代行等、様々に幅広く行っているとのことです。
 日本の不動産市場はお金があれば何でも買えるというわけではありません。

 特に「相場の価格で」東京の不動産を購入するには20年以上の百戦錬磨の経歴・そこから培われた人脈、コミュニケーションスキル、ネットワーク、語学力、資格が必要・重要とのことです。

 ロードスターキャピタル(株)はそれが行える人材を豊富に揃えています。事業は拡大中とのことでタイ、香港、シンガポールなど様々な国から引き合いが入っているとのことでした。

正直2-2と2-3の事業は素人の私には区別がつきにくく、ゴッチャになってしまったかもしれません。

 クラウドファンディング事業についてはこれからオーナーズブックの説明の際に述べたいと思います。

今回はここまでにさせてください。

次回記事 オーナーズブック セミナー参加報告 その2

追記
 2016/1/19にオーナーズブック会員向けのセミナーが再度開かれます。会員の方にはお誘いのメールが届いているはずです。講義内容はプログラムを見る限りこの記事で紹介している内容と同じと思われます。
 私も精一杯セミナー内容をお伝えしたいと思いますが、実際のセミナーの魅力の千分の一も伝えきれていません。会員の方はこの際にご参加を是非是非おすすめします。

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのオーナーズブックで安全資産運用
オーナーズブック

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
ラッキーバンク

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない


貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/322-4a50a275