カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2015年12月期前編

     2015年12月期のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の業界情報まとめ、サービス提供各社の比較データーをご報告します。今回は前編です。

    2015年12月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較
    サービス比較20151223
    ※1 前前身のディー・ブレイン証券の設立は1997年7月(前身はみどり証券)
    ※2 見やすいように適当に値を丸めた


    2015年12月時点ソーシャルレンディング各種商品比較
    2015年12月期修正20160224
    ※2016/2/24 初出時SBIソーシャルレンディングの募集額を93億2,895万円と誤って記載していました。お詫び申し上げます。


     これまでリターンを確定した利回りを提示しているサービスと、あくまで目標利回りとして提示しているサービスを分けて示して来ましたが今月から一緒に表示することにしました。

    理由としては
    1.表が見苦しいことに今更ながら「ハッ」と気づいたこと
    2.両者ともしっかりリターンを出しており、目標利回り以上の利回りが出ることも多いこと
    3.サービスの増加に伴い様々な表現が増えてややこしくなったこと

    です。

    業界、各社の動向を私が知るかぎりですが簡単に報告します。

    A.新たなソーシャルレンディングサービスが誕生しました。

     名前はJ.LENDING(ジェイ・レンディング)です。運営会社は(株)ジャルコ、JASDAQに株式を上場しているJALCOホールディング(株)の子会社です。2015年12月11日に第一号案件の募集を開始しました。現状解るだけの情報を上記の表に加えました。募集額は2億円、担保付きの案件ですが利回りは税引き前6%、最低投資額は50万円です。現在(2015/12/25お昼時点)の募集金額は2千970万円のようですね。


    B.クラウドリースというサービスが来年2月に登場する模様です。


    まだWEBサイトは稼働していないようですね。

     「ソーシャルレンディングを活用したリースサービス」とのことですが、リースということは、借り手が不動産や証券ではなく、貸し手にとって価値のあるもの(動産)を貸出して、それを質草にしてお金を借りるということでしょうかね。私もノートPCのレンタルサービスを利用したことがありますが、当然レンタル料を取られました。これが逆にお金さえ預ければ質草を自由に使え、おまけに返却後は元本返却はもちろん、低利でも利息を貰えるとなれば画期的なサービスになると思います。質屋は通常の貸金業法で決められた金利より高い利息も取れるはずです(質草の保管義務を負いますが)。お金が返してもらえなければ質草の所有権を手に入れられるというわけですね。いやいや、勝手な妄想をしてしまいました。どのようなサービスとなるか楽しみです。


    C.日経マネー2015年2月号にソーシャルレンディングが紹介されていました。

    2015/12/21発売の日経マネーにソーシャルレンディングが取り上げられていました。
    詳しくは下記記事をご参照ください。
    2015/12/22 日経マネー2016年2月号にてソーシャルレンディング登場、ポータルサイトについての言及も!

    では以下、いつもの各社の動向です。

    1.AQUSH

    AQUSHの11月期の募集実績はAQUSHマーケットからの100万円となりました。
     

    2.maneo

    maneoの10月期の募集実績は15億3千512万円となりました。

     maneoはLCレンディングと共同で11/24に「クラウドファンディングを活用した、ホテル開発における証券化の取組みを開始」を発表しました(サイト内のプレリリースはこちら)。両サービスが提携する案件についてのお知らせです。ユニ・アジア キャピタル ジャパン(株)による名古屋市中区錦三丁目への不動産取得・ホテル建設、竣工後の運営管理を(株)ビスタホテルマネジメントが請け負う。そしてその土地取得及び開発資金調達をmaneoとLCレンディングが担うとのことです。文面から見て土地取得からホテル建設、販売までが投資スキームでしょうか。また貸金業法にのっとった融資型クラウドファンディングではなく事業投資型のようにも見受けられます(融資先が明らかですから)。事業投資型はSmartEquityとセキュリテが手がけていますが、融資型に比べれば額はずっと小規模です(ここ数ヶ月の月毎募集金額で比較すると融資型全サービスが25~30億円なのに対して、SmartEquityとセキュリテの合計額は5千万円~1億円)。融資型で1番の実績をあげているmaneoの参入により風穴が開くことが期待できます。
     瀧本憲治社長のブログの12/21付の記事により今年の振り返り&来年の抱負が語られました。

    maneoの横展開
    2015年7月にLCレンディング、同10月にガイアファンディングをオープン、来年も新しいプラットフォームが続々登場すること

    ② GMOクリック社との提携検討開始の発表
    GMOクリック社提携を10月に発表したが、来年の1~2月に更に踏み込んだ内容の発表を行なうこと

    ③ 業績面について
    maneoをよりパブリックな存在にするべくUBI社と関係を解消すること、
    瀧本社長はmaneoの経営に専念すること

     自分的には③が一番のサプライズですね。maneoはUBI(株)とGMOクリックホールディング(株)でほとんど株を持っているのだとばっかり思っていましたが、今後の株主編成はどうなるのでしょうね。

     先日、GMOクリックホールディングス株式会社と提携を発表した際に発表した「ポータルサイト」の構想がより明らかにされました。日経マネー2016年2月号に掲載されています。上記リンクを貼った当ブログの日経マネー2016年2月号に関する記事をご参照ください。上記のとおりmaneoはパブリックな存在になるとのことでこのポータルサイトも広く開かれたものになることが期待できそうです。




    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない



    3.クラウドバンク

    クラウドバンクの11月期の募集実績は1億8千万円となりました。
     11/28に新規案件の募集を再開し、11/30までに瞬く間に6千万円の案件を3つ成立させ上記の金額となりました。その後も力強い募集を続けています。ちなみに今月(12/1~12/25まで)に成立したファンドの総額は4億9千936万円で堅調です。クラウドバンクの案件募集再開については下記の記事もご参照ください。
    2015/12/01 クラウドバンクが案件募集を再開しました

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり




    4.クラウドクレジット

    クラウドクレジットの11月期の募集金額は3,539万円となりました。
     第2回 Financial Crowdfunding Meetupの席上において、自社投資案件において「大数の法則」が成り立つ魅力・リスクヘッジを明言しました。詳しくは20015/12/11第2回 Financial Crowdfunding Meetup参加報告その4 クラウドクレジット ~数千、数万件の分散投資により大数の法則が成立した案件を提供~
    をご参照ください。

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook



    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    各社募集実績の求め方
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドバンク:WEBサイトの「ファンド一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドクレジット:ホームページに表示してある「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページに表示してある「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    コメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2016/01/03 20:31] | # [ 編集 ]

    ①、②ともに問題ありません
    鍵コメを頂いた方へ

    添付していただいたパスワード付きの
    URLを確認いたしました。

    ①、②ともに問題ありません。
    こちらこそ宣伝していただいて
    本当にありがとうございます。

    お気遣いどうもありがとうございます。
    [2016/01/03 20:37] URL | ファイアフェレット #rr398oDI [ 編集 ]

    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2016/01/03 20:43] | # [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/314-96f88a1c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)