カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2015年10月期 後編

     ソーシャルレンディングサービス、各社、各サービス比較、今回は10月期後編です(前編はこちら、中編はこちら)。

    2015年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較
    サービス会社比較2015102301
    ※1 前前身のディー・ブレイン証券の設立は1997年7月(前身はみどり証券)
    ※2 見やすいように適当に値を丸めた

    2015年10月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較
    ソーシャルレンディング商品比較2015102301
    ※1 募集実績は2015/9/30時点(SBISLのみ2015/10/10)
    ※2 各投資案件が示した利率から業者手数料と税金分を差し引いた値を示した
    ※3 早期返済が明記されていないもの、実績が無いものは全て無しと記載

    業界、各社の動向を私が知るかぎりですが簡単に報告します。


    5.SBISL

     SBISLは証券担保ローンファンドが5千119万円、不動産担保ローンファンドが3億4千430万円、オーダーメイトローンが5億480万円で合計9億とんで29万円の募集実績がありました。ただし他のサービスのように9/1~9/30間の合計ではなく8/10~10/10までの合計です。

     SBISLは他サービスのようにHPなどで大々的に融資実績を表示していません。そこでログイン後に見ることができる「各ファンドの運用状況」を参照にしています。ただここ最近更新が無く2015/8/10から一気にとんで先日2015/10/10の運用状況が更新されたのでこうした結果となります。これからは他社とは集計期間が違う旨を明記するようにします。2月分の集計で9億ですから、一月あたり4億5千万円でなかなか調子が良い値です。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


    6.ラッキーバンク

     ラッキーバンクの9月期の募集実績は約4億7千4百万円と好調な値となりました。
     中編でもふれましたが、ラッキーバンクは2015年8月1日に第二種金融商品取引業協会の正会員となりました。
     返済実績をWEBサイトに設けて、返済実績一覧、ファンド運用状況などを開示する仕様に変更しました。このように企業活動をどんどんオープンにしてもらうことは非常に良いことと考えています。

     このことについてはプレスリリース不動産投資ニュースの記事もご参照ください。


    7. OwnersBook

     OwnersBookの9月期の募集実績は3,550万円となりました。月1~2案件を提出し着実に資金を集めています。OwnersBookは「不動産投資ブログ 不動産投資クラウドファンディングの発展のために」というブログを運営しています。

     最近ソーシャルレンディングについての記事を掲載していますが、投資型クラウドファンディングの紹介にとどまるものでした。そこについ先日2015/10/23にOwnersBookの今後の展望に関しての記事が掲載されました。

     

    OwnersBookでは不動産投資をオンライン化して運営しています。投資家の立場から不動産投資市場を見ていますと、個人向けの現物投資案件においては、管理費用をはじめとした諸経費が高いケースが多く存在し、また、J-REITはその市場規模を拡大してきたとはいえ、多くの課題を抱えています。OwnersBookはプロの投資家も満足するコスト水準で個人投資家の皆様に案件を紹介することを常に念頭に置き、運営しています。

     そして、OwnersBookにおいて提供している不動産投資クラウドファンディングが、世界の大きな流れに取り残されないよう、今後一層のサービスの向上に努めていきたいと思います。

     とのことです。私はかつてJ-REITを含む様々な投資信託を購入していましたが、あまりのパフォーマンスの悪さにすべて売り払ってしましました(アベノミクスで株価が上がって塩漬けではなくなったことが主要因ですが)。ソーシャルレンディングの業者手数料が投資信託等に比べて高いかどうかは議論が別に必要かもしれません。しかしソーシャルレンディングにおいてはパフォーマンスが悪いくせにしっかり手数料をとられるようなことは現状ありません。今後OwnersBookが紹介する案件に期待です。

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801


    8. SmartEquity

     SmartEquityの9月期の募集実績は1,200万円となりました。ソーシャルレンディング投資家からの人気が高い不動産担保案件の取り扱いを開始しました。私も投資してみました。この記事をご参照ください(その1その2)。


    9. LCレンディング

     LCレンディングの9月期の募集実績は1億3,710万円となりました。サービスを開始してからの募集実績が10億円を突破したことにより、記念のキャッシュバックキャンペーンを開催しました。
     10/14に投資家向けの初めてのセミナーを開催しました。私も参加して参りましたので、後日記事にしたいと考えております。


    10.ガイアファンディング

     新たなソーシャルレンディングプラットフォーム、「ガイアファンディング」が立ち上がりました。先日の記事(10月期報告中編)にありますようにガイアファンディング(株)とmaneo(株)との提携によるものです。現状解るだけの情報を上の表に書き加えてあります。

     興味深いのは、ガイアファンディング自体は貸金業も2種金融業の登録もしていないことです(WEBサイトに書いている情報を見る限りは)。先日やはりmaneoと提携してして立ち上がったLCレンディングは貸金業の登録しかしていません。両社の案件の募集取扱いはmaneoマーケットが行うことになります。ガイアファンディングも日本国内で融資を行うのならば貸金業の登録は必要なのかもしれませんが、米国で貸付を行う限りは必要無いということでしょうか。

     このようにmaneoがもつ登録を利用し、他プラットフォームのお金がかかるそれらの登録を行う必要なしに事業を行えるシステムは非常に興味深いものです。問題もあるのかもしれませんが、さてさてどうなることでしょう。

    2015y10m27d_120211275.png
     当ブログで取り上げているソーシャルレンディングサービスの9月期の募集総額は32億5,840万円となりました。この値は当ブログで集計を始めてからの記録更新となります。SBISLの9億円は2ヶ月分の値なので半分の4億5千万円だけを計上するとなると、28億840万円ですが、それでも記録更新です(次点は8月期報告の際の27億9千844万円)。なお28億840万円を採用するとその4億5千万円は先月の19億7千518万円に加算されるので、24億2千518万円となります。この計算を用いると4ヶ月連続で月あたりの募集金額が20億円を超えたことになります。

    2015y10m27d_120224095.png
    9サービス合計の開始以来の累計募集額は514億376万円となり、500億円を軽々と抜き去りました。さてさてますます今後の発展が楽しみとなって参りました。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク





    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット



    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    各社募集実績の求め方

    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドバンク:WEBサイトの「ファンド一覧」から募集が終了したファンドの合計額から
    SBISL:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドクレジット:ホームページに表示してある「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページに表示してある「募集調達金額」を丸呑み
    OwnersBook:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    SmartEquity WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/276-e8948e0d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)