カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    01_maneo20170101.png 02_Aqush_2017100101.png 03_SBISL_2017100101.png 04_Crowdbank2017100101.png 05_CrowdCredit_2017100101.png 06_Lucky_Bank_2017100101.png 07_OwnersBook_2017100101.png 08_SmartEquity_2017100101.png 09_LcLending_2017100101.png 09_GaiaFunding_2017100101.png 10_TrustLending_2017100101.png 11_J_Lending_2017100101.png 12_CrowdLease_2017100101.png 13_SmartLend_2017100101.png 14_MimCre_2017100101.png 15_TATERUFUNDING_2017100101.png 16_AmericanFUnding_201710010.png 17_GreenInfra_2017100101.png 18_CrowdRealty_2017100101.png 19_SAKURASL_2017100101.png 20_Cash_Flow_2017100101.png 21_AppleBank_2017100101.png 22_LENDEX_2017100101.png 23_Pocket_Funding_2017100101.png 100_FUNDINNO_2017100101.png

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2015年9月期 前編

     2015年9月期のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス提供各社の比較データーを報告します。この月毎の報告はこの記事さえ読めば、国内投資型クラウドファンディングの動向が「だいたい」解るということを目標に構成してあります。

     しかし投資型クラウドファンディングの機運の高まりにつれ、ニュース、取扱会社が増え文字数も膨大なものとなってきたので、今月は2回に分けるとします。今回は前編です。

    2015年9月時点ソーシャルレンディング各社比較
    ソーシャルレンディング各社201518比較.
    ※1 前前身のディー・ブレイン証券の設立は1997年7月(前身はみどり証券)
    ※2 見やすいように適当に値を丸めた

    2015年9月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較
    ソーシャルレンディング各社サービス201509比較
    ※1 貸付実績は2015/8/31時点
    ※2 各投資案件が示した利率から業者手数料と税金分を差し引いた値を示した
    ※3 早期返済が明記されていないもの、実績が無いものは全て無しと記載

    業界、各社の動向を私が知るかぎりですが簡単に報告します。

     矢野経済研究所が国内クラウドファンディングに関する資料「2015年版 国内クラウドファンディングの市場動向」を発表しました。

     お値段は書籍、PDF版ともに税込み12万9600円です。当ブログで扱っている投資型クラウドファンディングだけではなく、非投資型も含む資料と思われますが私も是非是非読んで見たいものです(買う甲斐性がありませんが)。

    (調査要綱へのリンクはこちらです。無料のサマリーはこちらで読めます)。
     ぐぐってみたら「2014年版 国内クラウドファンディングの市場動向」というものは無かったので、今年からつくられたものでしょうか。これも日本におけるクラウドファンディングの機運の高まりを示すものと言えそうです。

     このレポートによると2014年のクラウドファンディングの規模は前年度比59.5%増の197億1200万円、2015年度は43.9%増の283億7300万円のとのことです。

     ネット証券参加の可能性の示唆、[貸付型ではない]投資型(ファンド型)の大幅な増加、株式型を中心として更に市場規模が拡大するなどの予想がされています。正直私は(これまでと同じように)貸付型が中心となって成長するのではないかと踏んでいますが、さてさてどうなることでしょう。

     理系で金融工学の学歴・職歴無しの私の予想が当たり、経済研究のプロの予想が外れるなどありえない話ですが……。

    矢野経済研究所ソーシャルレンディング伸びグラフ
    これが無料のサマリーで示されている国内クラウドファンディングの伸びを示した棒グラフです。

    矢野経済研究所ソーシャルレンディング表201509

     金額を表にしてみました。「支援額」は当ブログでは「募集実績」と表示している値です。金額が大きくなっていくのでどうしても増加率は下がっていってしまいますが、集められた金額の前年比増加額は54億4千万→73億5千万円→86億6千万円と大きくなっていることが解ります。

    このレポートを受けて東京IT新聞ITpro財経新聞がそれぞれ記事を発表しています。

     東京IT新聞は貸付型を中心に記事を構成しています。しかし矢野経済研究所の、「(ソーシャルレンディングは)クラウドファンディングと類似のビジネスモデルで資金貸付を行う」という記述を引用して、「購入型にように(ママ)、人とプロジェクトをつなげるというよりは、投資的な色合いが強く(後略)」とも書いています。

     「類似の」というのは「本来別々のものが互いによく似ていること」という意味ですから、矢野経済研究所の方は日本においてはクラウドファンディングとソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)は別物と考えていらっしゃるみたいですね。

     違いがあるのは事実なので私は気にしません。蔑視されされなければ。ITpro、財経新聞の記事の方は特に投資型について着目したことは特に書いていないので私からは述べることはありません。

     
     日経トレンディ2015年10月号に投資型クラウドファンディングが取り上げられました。「どっちが得する?お金の○とX」という特集で取り上げられました。Part1~Prat3の3部で構成されており、Part.1では一般の方にも広く知られた金融商品(外貨、株、個人型DC、REIT等)やその他(保険など)等のお金のお得情報が紹介されています。

     そして投資型クラウドファンディングはPart2の『「買い」の商品が変わる?新定番の損と得』で取り上げられています。既存の馴染みのある金融商品をPart1で取り上げた後、Partl2で一般の方には馴染みがまだ無い金融商品を紹介し、その中のひとつに投資型クラウドファンディングを取り上げてくれている訳です。

     「投資型クラウドファンディング」と書きましたが誌上では「融資型クラウドファンディング」、つまり当ブログでは普段ソーシャルレンディング(貸付型クラウドファンディング)として扱っているものが中心に述べられています。ただしソーシャルレンディングが貸付先情報を開示できないことは誌上でしっかり指摘されており、その問題を解決した商品としてスマートエクイティの社債を取り扱うファンドも「投資先情報が開示されている」として紹介されているので、実質的には投資型クラウドファンディング全体が取り扱われる形になっています。

     この特集、投資型クラウドファンディングに関する部分だけはこのリンクで全部読むことができます。ご参照ください。

     なお、Part.2で紹介されている投資型クラウドファンディング以外の新定番金融商品は「超高分配ファンド、業種別ETF、スマートベター、フレキシブルアロケーション、不動産片手取引」です。一部金融商品では無いものも入っていますが。Part.3は予算50万円という定額で組める株式ポートフォリオの紹介です。

    今回はここまでにさせてください。

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額185億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない




    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/257-06a91a45
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)