カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    なぜソーシャルレンディングでは投資先の情報を公開できないかを考えてみた その1

     現在ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)提供会社(以下SLサービス提供社)は貸金業法に則った形でお金を融資し、その利息をリターンとするファンドを販売する際、貸出先の企業名、個人名等を情報公開することができません。このことについては以前も取り上げました。
    私たちは何を信じてソーシャルレンディングに投資しているのか(その1その2)

     貸出後は公開しても構わないのですが現状そうしているところはありません。なぜかといいますと監督行政に「その会社にもう2度と貸さない訳じゃないのでしょう?絶対にその可能性は無いと言い切れる?それならば駄目」と言われているからだそうです。クラウダバンクのセミナーで聞いてきたのですが、他社でも同様なのでしょう。

     正直私はこの現状は望ましいものとは思っていません。やはり投資先の情報は知りたいです。投資先の情報を会社名さえも知ることができないなんて……という理由でソーシャルレンディングへの投資に二の足を踏んでいる人もいると思います。業界のさらなる発展のためにもこの規制は将来的には……、いや即刻無くして欲しいです。

     懸念はそれだけではありません。現状の投資家が目隠しをされているような状況では詐欺が将来的に横行する可能性があります。現状ソーシャルレンディングを営んでいる会社はしっかりしたところばかりだと思いますが、将来的には解りません。以後この勢いでソーシャルレンディング運用会社が増えていけば怪しいところもでてくるかもしれません。第二種金融商品取引業の認可すら得ずに、ソーシャルレンディングの名を語り最初から詐欺の目的でカモに営業をかける人間がいるかもしれません。そんな怪しい会社に「投資先は明かせないのが業界のルールなのですが、高配当をお約束しますよ」なんて誘い文句が横行、正当化されるようでは敵いません。

     中国ではソーシャルレンディング(P2P金融)の取引高は8000億元(15兆9000億円)を超える見込みであり急速に成長しつつあるそうです。

    【中国電脳事情セレクション】野放し状態だったインターネット金融に「基本法」制定へ、ほか

    中国 2014年ソーシャルレンディング融資総額は268.83%増、金利は下降

    【世界の金融トレンド~ソーシャルレンディング】中国のソーシャルレンディング事情(AQUSH FACEBOOK)

    Peer-to-peer lending takes root in China

     しかしその一方で2015/6/18に放送されたWBSで取り上げられていましたが破綻が相次ぎ、被害者が続出しているとのことです。中には詐欺まがいのものもあったのかもしれません。ちゃんとした法規制がなされず、不透明な投資が横行している状態ではそのようなこともあり得るという話です。日本でソーシャルレンディングを扱っている会社も現状を決して望んでいないはずです。

     実はお金も手間もかけて、監督行政に情報公開をできない現在の状態はおかしいと異議を申し立てたところはありました(当ブログで扱っている会社です、ノーアクションレターという制度だそうです)。今のままでは詐欺が横行するのではないか?という義憤に駆られたものだったと聞いています。しかし監督行政からははっきりした回答はもらえなかったそうです(「Yes」とも「No」とも言えないものだったそうです)。
     はっきりNoと言われないだけましだったのかもしれません。将来的には改善が望めるものなのかもしれません。
    2015/11/06追記
    上記異議申し立てを行ったのはOwnersBook運営会社のロードスターキャピタル(株)です。岩野達志社長が公の場で明らかにされたので、当ブログでも明記することにします(関連記事)。


     そこで今シリーズではなぜソーシャルレンディングでは投資先の情報公開をできないのか。それ焦点をあてて論じていきたいと思います。そうすることによって問題意識を共有し、監督行政に異を唱える人が増えてくれたらなぁと思います。では次回から始めたいと思います。

    次回記事
    なぜソーシャルレンディングでは投資先の情報を公開できないかを考えてみた その2

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロフェッショナル集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Book
    OwnersBookwide2016031801

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2015/08/01 18:50] | # [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/238-e5b899bd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)