カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    新規3サービスを表に加えました ~SmartEquity~
    新規3サービス紹介、前回はOwnersBook を紹介しました。2回目はSmartEquityです。

    2015年6月時点ソーシャルレンディングサービス提供会社比較
    3サービス提供会社20150630
    ※1 前前身のディー・ブレイン証券の設立は1997年7月(前身はみどり証券)
    ※2 見やすいように適当に値を丸めた


    2015年6月時点ソーシャルレンディングサービス提供案件比較
    新3サービス商品20150707
    ※1 貸付実績は2015/6/30時点(暫定値)
    ※2 各投資案件が示した利率から業者手数料と税金分を差し引いた値を示した
    ※3 早期返済が明記されていない商品は全て「無し」と記載

     SmartEquityはAIP証券が提供するソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービスです。AIP証券はその名が示す通り、金融商品取引区分で1種の認可を得ている証券会社です。ソーシャルレンディングを取り扱う証券会社としてはクラウドバンクに続き2社目となります。ソーシャルレンディングを取り扱うだけならば2種だけで十分なのに1種の認可をとることによる違いは?につきましては当ブログの2014/11/25の記事2015/4/28の記事をご参照ください。

     AIP証券は以前UBI(株)(maneoの親会社)の子会社だったのですが現在は資本などの関係はないようです。これらの経緯については当ブログが相互リンクしているけにごろうさんのブログの2012/2/5の記事、サムさんのブログの 2012/12/26の記事2013/3/13 の記事をご参照ください。

     さて先日NHKのニュースでソーシャルレンディングが取り上げられました(当ブログの2015/6/15の記事参照)。このニュースは経済情報のキュレーションサイトNEWSPICKSでも取り上げられました。このサイトでは有名無名な方々がそのニュースに対してコメントを残しており、アカウントを取得してログインすればそれらを全て読むことができます(リンク)。

     そこでAIP証券社長の澤田聖陽氏によるニュースへのコメントを読むことができます。澤田社長は現状のソーシャルレンディングがさながらも「元本保証」のような感じで販売され、顧客もそのように受け止められていることに懸念を持たれています。ディフォルトが起きた時に大きなクレームが発生するだろうと……。
     流石に本当に元本保証を謳っている商品はありませんが、「安全」を売りにしているところは多いですね。その大きさにもよりますがディフォルト発生時に不満を持つ人が続出しソーシャルレンディング全体が見限られる可能性は無いとはいません。澤田社長の懸念はもっともです。私もそれなりに各サービス、各案件で資産を分散し、なるべく担保付きのファンドに投資しているようにしてはいますが、さてさてどうなることやらです。

     さて話を元に戻すと澤田社長はクラウドファンディングとは銀行預金、国債のような「元本保証商品」では無く、あくまで証券会社が取り扱うような「リスク商品」の舞台と考えられているようです。取扱商品はそれぞれに特色を持った海外(スリランカ)高金利口座預金、売掛債権回収事業、医療事業債権、太陽光発電事業等のファンドが現在募集中です。
     最低投資金が10万円(医療事業投資ファンドは100万円)、元本とリターンの分配に満期一括を採用(医療事業投資ファンドは3ヶ月毎)、利率は4~7%、いずれも無担保となっています。正直を申し上げると金利が高くて発想がユニーク(クラウドクレジット)、金利が高くて不動産担保がついている(LuckyBank)といった理由があれば、実績が無くとも飛び込んでいけた私にとっても、あえてリスクを取りにくい内容となっています。とりあえずは様子見ですね。なお満期一括は現状のソーシャルレンディングは月払いが多いので、珍しいといいますか初めての商品です。満期一括の金融商品は複利や再投資の効果が期待できるものがあるのですがこれらの商品はどうなのでしょうか。

    さて上記の澤田社長の主張に、私から小さな異議を唱えたいと思います。

    仕切り直しということで次回からにさせてください。

    スマートエクイティ

    次回記事
    新サービス登場にあたり日本のソーシャルレンディングの文化について考えてみた

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2015/06/30 17:23] | # [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/229-a77e4087
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)