カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    日本クラウドファンディング協会発足

     先日、日本クラウドファンディング協会が正式に発足しました(発足日は第1回総会が開かれた2015/4/27ということでいいのでしょうか?)
     クラウドファンディングの業界団体については当ブログでも記事(2014/11/17)にしたことがあります。

     当時は「クラウドファンディング協会」という名前でした(こちらは2014/3/25発足)。頭に「日本」をつけていよいよ本格的に行動を開始する模様です。

    5/11時点での日本クラウドファンディング協会所属メンバーの表を作ってみました。
    これらの会社(人)が発足メンバーということでいいのでしょうか。

    日本クラウドファンディング協会20150512

     全ての会社がクラウドファンディングサービスを提供しているわけではありません。また会社ではなく弁護士さんが個人の資格で参加されているみたいですね。12企業、1個人の参加で理事は6人、監事は1人選ばれています。ほとんどの会社は代表者が理事(監事)をつとめています。

     正直、理事・監事人事は意外でした。クラウドファンディング協会とは購入型のサービスの方を含む非投資型が幅を利かせて投資型は冷たい目で見られている……、とは行かないまでもマイノリティ的な存在では無いかと私は思っていました(私がなぜそう考えるのかについてはシリーズ「非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?」をお読み下さい)。

     しかし理事にはクラウドバンクの大前社長が選ばれ、第一回総会では議長を務められています。

     「代表理事」という肩書こそ設けられていませんが、やはりある程度は他の理事を引っ張っていく立場なのでは?と考えてしまいます。また監事にはクラウドクレジットの杉山社長が就任されています。いやいや、冷たい目で見られるどころか、頑張っているなぁと思います。

     理事の方々の履歴をざっとネットで調べられる限り調べてみました。みなさん立派な経歴ですが、やはり金融方面に関しては大前社長と杉山社長が豊富な経験をお持ちです。あと大前社長が一番ご年配ですね(ネット検索では経歴の詳細がわからない人がいるので多分です)。

     ご年配といっても大前社長はまだ40代(1968年生まれ)、他の方も非常にお若いです。なお一番若いと思われるREADYFOR?代表の米良はるか氏はまだ20代(1987年生まれ)です。

    2016/01/05追記
    ジャパンギビング理事長の宮本聡氏が日本クラウドファンディング協会理事長に就任されました。遅ればせながら追記します。
    (2015/7/14発表)


     まあ、いろいろと気になって先日クラウドクレジットの交流会にお呼ばれした時に杉山社長に、「(大前社長が第一回総会議長になり、杉山社長が監事になったのは)金融に強い方をということで、選ばれたのですか?」と聞いてみました。勿論、上記の私個人の後ろ向きな思惑があってそれを探る気持ちで聞いたのですが……。

     杉山社長のお答えとしては、協会の目的として、これからクラウドファンディングの法規制が整備されるにあたって監督行政(財務省の関東財務局とか)といろいろ、折衝しなければいけない。業界からも働きかけないと、現実を無視した法規制がなされるかもしれない。そこで上記折衝に最適な布陣で臨むようにしたとのことでした。

     理事の1人である米良はるか氏が「投資型の規制が購入型に影響をあたえるような事態になってほしくない、違うものだということは法制度を作る側が配慮して欲しい」という趣旨の発言をされたことは当ブログでも以前紹介しました。

     これは米良はるか氏の意見ですが、その他の各社、各サービス、それぞれに思惑はあるでしょう。ただ硬直的な日本の監督行政に対する業界の危機感が、協会発足の原動力となったことは間違いなさそうです。

     ただし、理事の1人である弁護士の増島雅和氏は規制をかけようとする勢力を嘆くスタートアップ関係者に対して「甘ったれるんじゃない!」という趣旨の発言を(協会発足を伝える)Facebookの投稿で行っており、これまた興味深いところでもあります。

     まあ、日本クラウドファンディング協会で投資型が爪弾きにされていない、それどころか監督行政との折衝に頼りにされているとのことで、これまたなんとなく嬉しいニュースであります。

     最後にクラウドファンディング協会発足時には名前を連ねていたけれど、日本クラウドファンディング協会発足時には消えてしまった会社一覧です。

    クラウドファンディング協会20150512

     この表から何かを読みとろうとしましたが、業界動向に疎い私には不可能でした(邪推しか出てきませんでした)。備忘録として載せておきます。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
    ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
    ラッキーバンク

    ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!


    コメント
    管理人のみ閲覧できます
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    [2015/05/12 20:02] | # [ 編集 ]


    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/215-6c21f98d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)