カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2015年4月期

     2015年4月期のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス提供各社の比較データーを報告します。

    ソーシャルレンディングサービス提供各社比較(2015/3/31時点)
    各社比較20150414
    ※1 前前身のディー・ブレイン証券の設立は1997年7月(前身はみどり証券)
    ※2 見やすいように適当に値を丸めた

    ソーシャルレンディングサービス提供案件比較(2015/3/31時点)
    各社商品比較20150414
    ※1 各投資案件が示した利率から業者手数料と税金分を差し引いた値を示した

    3/1~3/31の各社の動向を私が知るかぎりですが簡単に報告します。

     AQUSHは3月はAQUSHマーケットで90万円融資実績を伸ばしました。また2015/3/31に配信したメールでグローバルファンドを中止することを発表しました。新規募集を中止するとともに、運用中の金額は全額一括返済される見込みです(私は既にされています)。

     中止になるのは残念な話ですが、投資家に損をさせないという他ソーシャルレンディングサービスにも共通する姿勢が貫かれていることを感じることもでき、嬉しく感じる部分もあります。AQUSHは現在自らが提供する新たな決済サービスを利用した融資サービスの立ち上げを計画しています。それはレンダー、ボロワーともにとても使い勝手のよいものとなりそうです。詳しくはけにごろうさんの書籍をお読みください。


    年利7%!  今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!年利7%! 今こそ「金利」で資産を殖やしなさい!
    (2015/03/10)
    中田健介

    商品詳細を見る


     maneoは先月より15億6千万円融資実績を伸ばしました。これは一月当たりの最高額を記録した2015年1月とほぼ同額です。また2015年4月より監督行政の指導に従い、1つの案件の融資先を1社ではなく複数化しました。SBISLやクラウドバンクと同じくバスケット化というやつです。ただしその方法には投資家にも融資先にも最大限の配慮をするという姿勢が現れています。詳しくは瀧本社長のブログの2015/4/6の記事をご覧ください。

    日本初にて最大のソーシャルレンディングmaneo、募集額600億円は伊達じゃない



     クラウドバンクは先月より約2億4千万円募集金額を伸ばしました。不動産担保ローンファンドの募集額が完全に中小企業支援型ローンファンドを追い抜きました。

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額90億円の実績あり




     SBISLは不動産担保ローンファンドを中心に約3億円融資実績を伸ばしました。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績170億円超え!SBIソーシャルレンディング

     クラウドクレジットは微増ではありますが、ここ数ヶ月では一番の伸びとなっています。

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





     ラッキーバンクはきっちり2億円融資実績を伸ばしました。また4/1に役員の異動が行われ、越後篤氏が社長を退任され、副社長だった田中翔平氏が社長に就任されました。

    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク





     全サービスの3/1~3/31間の募集総額は約23 億円と目されます。ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の単月あたりの募集額の最高記録と思われ、2015年2月期報告の際の最高記録を更新しました。

     けにごろうさんの書籍の出版効果が早速現れたようです!!!
     「ビッグトゥモロウ」(5月号No.419、2015年3月25日発売)にソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)が取り上げられましたが(この記事参照)、このことも融資実績が伸びるきっかけとなれば幸いです。

     ところで日経新聞の2015年3月29日の記事にもソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディングとして紹介)が取り上げられました。そこには「(融資型クラウドファンディングの)2014年末時点の累計融資額は310億円」と記載されています。これは明らかにセキュリテを除いた値です。含めているのならば360億円強くらいになるはずですから。
     実はセキュリテは世間一般の認識では融資型(投資型)クラウドファンディングであり、「いやセキュリテは購入型だ」と主張して集計から省いているのは私のワガママだと思っていました。天下の日経新聞のお墨付きがいただけたものと思ってこれからも省いて集計を続けたいともいます!セキュリテが大きく経営方針を変えた場合はその限りではありません。

    各社融資実績の求め方

    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドバンク:WEBのサイトの「商品一覧」→「募集終了ファンド一覧」の金額の和から
    SBISL:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、表示してある情報から
    Crowdcredit:ホームページに表示してある「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページに表示してある「募集調達金額」を丸呑み

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/207-a05f6a1b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)