非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑥ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 投資型クラウドファンディング versus 非投資型 » 非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑥

非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑥


 しばらくお休みしていましたがシリーズ連載「非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?」を再開いたします。

 前回の記事まで日本のソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)が、非投資型、中立の方々から一面的な評価から非主流扱いされているないし、冷たい目で見られている例を挙げました。じゃあ投資型に携わる人間からはどう形容されているか?について述べたいと思います。

身内からもポジティブに表現されないソーシャルレンディング

 私のようなボンクラさえ書店を回り、グーグル先生に頼れば前々回前回までの記事で述べたような、不公平と感じられる事例は山ほど見つけてこられました。しかし残念ながら国内の融資実績の多寡をもって「投資型が主流」と主張する記事、書籍を見つけることができませんでした(私がボンクラなせいかもしれませんが)。

 東洋経済ONLIENの投資型クラウドファンディングに関する記事は、記事自体は投資型の可能性を示してくれる応援記事です。しかしそこでも融資型(投資型)が「日本においてはまだ浸透していない感が否めない」と書かれてしまいます(去年の8月ですからそれほど古い記事ではありません)。

 投資型クラウドファンディングのクラウドバンクが「購入型クラウドファンディングの事業者に注目が集まる傾向にある」、「寄付型・購入型に比べると日本での浸透度はイマイチ」と嘆きたがる訳です。

 なお上記クラウドバンクの「日本での浸透度はイマイチ」と書かれた記事はCFの5つのタイプ(寄付型・購入型・融資型・ファンド型・株式型)についての簡単な解説記事ですが、各タイプがフェアに扱われています。

 クラウドバンクを運営する日本クラウド証券社長の大前和徳氏の著書「クラウドファンディングではじめる1万円投資」におけるクラウドファンディングの解説のページでも同様に全てのタイプがフェアに解説されており、一部の非投資型勢のアンフェアさとは一線を画しています。


クラウドファンディングではじめる1万円投資クラウドファンディングではじめる1万円投資
(2014/10/23)
大前 和徳

商品詳細を見る

さて最後に述べる極めつけはこの本です。

よくわかる 投資型クラウドファンディングよくわかる 投資型クラウドファンディング
(2014/12/10)
小谷融

商品詳細を見る


 よくわかる投資型クラウドファンディング!、おお!いかにも投資型であるmaneo、AQUSHをはじめとする、日本の投資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)について教えてくれそうではありませか……、出版も最近ですし……

と思って読み始めるととんだ肩透かしを喰らいます。

 本の初頭で「クラウドファンディングとは何か?」が寄付型、購入型投資型に分けられ本当に簡単に解説されています。また投資型融資型、ファンド型、株式型に更にわけられて、もうちょっとだけ詳しく解説されます。その解説の際にそれぞれのサービスを提供する国内のサービス名も挙げられているのですが、その際に挙げられているのは以下の通りです

寄付型:ジャストビギング(管理人注:現ジャパンギビング)
購入型:レディーフォー、キャンプファイアー、モーションギャラリー
投資型
③-1ファンド型:セキュリテ
③-2融資型クラウドバンク

よくわかる投資型クラウドファンディング20160119021
よくわかる投資型クラウドファンディング2016011902

 寄付型は国内にジャストビギングしかないので1つしか挙げないのは解ります(正確に言えばジャスト・ギビング・ジャパンです)、しかし購入型を3つも上げているのに投資型はセキュリテとクラウドバンクしか挙げていません。

 「よくわかる投資型クラウドファンディング」というタイトルをつけるのならば、maneoAQUSHSBIソーシャルレンディング等の投資型のサービス例をもっと挙げるべきではないのか……。悪い予感がして読み続けるとそれは的中します。

……というところで一旦ここまでにさせていただき、次回への続きにさせてください。

次回記事
非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?⑦

P.S
以下述べる内容は今回の記事と全く関係がありません。


 某有名ビジネス雑誌(月刊発行部数10万部を軽く超えます)の取材を今週受けることになりました。勿論ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)についてです。詳細についてはまだ伏せて欲しいと言われているので、報告は後日にしたいと思います。

 特に何を教えてほしいとは言われてはいないのですが、これまでどのくらいのリターンを得られたのかくらいは答えたいので表を作ってみました。こんな感じになります。

投資履歴全体
投資履歴全体20150224

投資履歴まとめ
投資履歴まとめ20150224
※2011年末に投資を始めたため、2011年には利息が得られませんでした。

 2012年の税引き後利益が約38万円、2013年が約42万円、2014年が約48万円、2015年が現時点で約9万7千円、合計約135万円9千円、なお確定損失は0円です(3年以上続けているのに!)。運用金額に対してこのリターンが高いか低いかは意見が別れるかもしれません。しかし私達投資家がすることが「案件を選んで資金を投入することだけ」ということを考えれば、このリターンは不労所得という意味で十二分に高いものだと私個人は思っています。

 ただ源泉徴収されている税金の約35万2千円は確実に高いと皆様と意見を共有できると思います。一部の自堕落な生活保護受給者、若いころ社会の一員であるという立場と義務を無視して自堕落な生活を送り年金の受給資格が無いくせに生活保護受給を受ける一部の高齢者、更正の見込みと社会貢献の見込みのない受刑者を税金で養っているくせにこれはあまりに不公平です。この問題はもっと真摯に議論されるべきだと思っています。

2015/2/25夜 追記
無事取材を終えることが出来ました。
 ソーシャルレンディングの魅力を十分に伝えることができたかは解りませんが精一杯頑張りました。記者さんにソーシャルレンディングの魅力的な商品(案件)を紹介することを頼まれています。締め切りは土曜日2015年2月28日です。私も精一杯頑張りますがもしこれを紹介すべきだよという商品がありましたらお知恵を貸してください(過去の案件でも構わないそうです)。
厚かましくもお願いさせて頂きます。


にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない


日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
ラッキーバンク

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/192-b6da3b9c