非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?② - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » 投資型クラウドファンディング versus 非投資型 » 非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?②

非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?②


 前回の記事では日経ビジネス2014年12月1日号に記載されていた各タイプのクラウドファンディングを解説する表にmaneoAQUSH等が記載されておらず、クラウドファンディングを解説する図としては不十分と私が感じたことを述べました。

 さて私がその「不十分な表」の引用元をあたってみたところ驚くべき事が解りました。以下述べていきます。

日経ビジネスの露骨な「ソーシャルレンディング」外し②

貸付型はクラウドファンディングじゃない!!!(……とでも言いたいようです)


これが前回の記事にも載せた日経ビジネスに掲載されていた「不十分な表」です。
日経ビジネス20141201号 No1768 掲載クラウドファンディング解説図.

2016/01/14追記 実際の写真を引用
日経ビジネス掲載クラウドファンディング図表20160101

これが表の引用元である「クラウドファンディングで世界を変えよう!」に掲載されていた表です。

クラウドファンディングで世界を変えよう!2015012501

2016/01/14 追記 実際の写真を引用
2017y08m25d_131101961.jpg
2017y08m25d_131037714.jpg




 誤植が訂正されているなど細部は異なる部分もありますが日経ビジネスの表は確かに「この図を基に作成」したことが解ります。ですが……、なんとまるごと金融型のうち、「貸付型」を削除して表を作成したことがわかります。

 引用元の図にあったAQUSHmaneoを日経ビジネスは意図的に紹介しなかったことになります。これが誰のどういう意図によるものなのか?著者の佐々木敦也氏は許可を与えたのか?なんだかソーシャルレンディングに対する悪意を感じてしまいます。

引用元著者の投資型クラウドファンディングへのネガティブな思想

 なお上記の「クラウドファンディングで世界を変えよう!」自体は日本のクラウドファンディング)の現状を解説する本としてとても面白く、興味深い本です。しかし事実を解説している部分はともかく、著者の思想が述べられている箇所では公正とは言えない記述が目立ちます。

金銭のモチベーションではない共感や熱意への共鳴、人を助けたいという思い出お金が動くことが、このクラウドファンディングの魅力と述べました。だから一攫千金が狙える投資の仕組みとはやはり根本的に違うという認識が必要です。儲からないけれど資金が集まるという仕組みが非常にいいのです。そういう意味ではクラウドファンディングの基本は、やはり寄付型や購入型にあり、特に株式型投資の取り扱いについては慎重にされるべきです(7章、183Pより)

(日本のGDPが1960年から2010年にかけて10倍になったからといって、人が10倍幸せになったか?等の疑問を読者に投げかけた後で)お金だけでなく、環境、人権、人への思いやり、こういった尺度を用意することで、会社や仕事の価値はまた違った評価になります。そしてこの点こそが、社会を変える原動力になると思うのです。(エピローグ、190Pより)


 などと明らかに投資型に対してはネガティブな感情をお持ちであることがわかります。上記の主張の根拠はもちろん記述されているので一読をおすすめします。まあ最後の「お金だけではなく」から始まる佐々木敦也氏の思想を端的に表しているといって良いでしょう。

 また著者本人ではなく、クラウドファンディングの運営者からの意見という形ですが、購入型の新規参入が相次ぎいでるのに対して投資型の大手運営者がミュージックセキュリティーズ以外見当たらない理由が

『運営業者からすると、投資型は「規制が厳しく、手間暇がかかる、小口の資金ニーズに対応するのは割に合わない」からです(第2章より)』


との記述もあります。私はまだそこを読んだ時点では筆者の「思想」には気づいていなかったので「イヤ~な気分」になったことを憶えています。自分が資産を預けている会社の経営に対してそのようなことを言われた場合の自然な感情だと思います。

2016/01/14追記 (2016/1/31一部修正)
 この投資型が割にあわないという意見は「第三者の運営業者」からという形で書いてありますが、佐々木敦也氏は筑波フューチャー・ファンディング(TFF)というクラウドファンディングサービスの運営業者本人(代表理事)です(設立はこの本の出版前)。

 さてさてこのような書き方はいかがなものかと思います。主観論と客観論を混合するのは理系の私が私が嫌いとすることで、読者に不誠実です。


01_2017y08m25d_131933714.jpg

 不公平を感じる部分はまだまだありますので、ご一読を重ねてお勧めします。 上記の「筆者の主観、思想」は投資型に関わる人とは絶対に異なると思います。しかし日経ビジネスが掲載した「不十分な表」の引用元の著者がこのような思想の持ち主であることは興味深いです。

 
「不十分な表」が作成されたのが誰の意図かは不明ですが、今回はこれまでにして、次回に回したいと思います。この本についてはなぜ非投資型の関係者が投資型を「敵視」するのかを考察する際にまた言及したいと思います。

次回記事
非投資型クラウドファンディングは投資型(ソーシャルレンディング)を敵視?③

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない


日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
ラッキーバンク

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/181-d9d84f10