カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の動向観察を行い、ブログにすることを趣味としています。コメントを頂けたり、にほんブログ村や人気ブログランキングのバーナーをポチッとしていただけると幸せです。写真は昔飼っていた白イタチ(フェレット)のものです。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg CCredit2016121601.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記
    ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)の投資履歴から業界の動向、考察まで幅広く手がけています。ぜひご意見、情報がありましたらお寄せください。
    ソーシャルレンディングの「ソーシャル」ってどういう意味?①

    1ソーシャルレンディングよりも「クラウドファンディング」の言葉が一般的になりつつある日本

     先日当ブログの記事でpicoloさんというブロガーさんとのやりとりを紹介しました。その際にpicoloさんの日本のソーシャルレンディングに対する意見である

    ①.投資対象の詳細がまったく解らない
    ②.「ソーシャル」レンディングではなくただの投資ファンドだ

    について①については私の見解を述べました(記事1記事2)

     しかし『②.「ソーシャル」レンディングではなくただの投資ファンドだ』について言及していませんでした。
    今回の記事についてはそちらについて述べたいと思います。
     ソーシャルレンディングとは何なのか?それについて日本の現状をよく解説してくれて、信用もあると思われるのは価格ドットコムの「クラウドファンディングとは」のページです。そしてソーシャルレンディングとはクラウドファンディングの中の[投資型/貸付型]クラウドファンディングに分類されています。

     先日私が2chの投資一般の板において、ソーシャルレンディングの新しいスレ(6代目)を建てた時、私はこれまでの「[高金利]ソーシャルレンディング゙[AQUSH maneo SBISL]」というタイトルにかえて「[高金利]ソーシャルレンディング[投資型クラウドファンディング]」というタイトルを採用しました。日本のソーシャルレンディングサービスが3つではなくなったこともありますが、クラウドファンディングという言葉の方を良く聞くようになってきたからです。
     むしろクラウドファンディングとう言葉が日本ではメジャーになりつつあり、上記の価格ドットコムの紹介ページはそれを表しているといえます。それは購入型や寄付型の「非投資型クラウドファンディング」が媒体に露出する機会が多くなってきたからでしょう。

     非投資型はソーシャルレディングと違い第二種金融商品取引業の登録等が不要なので、ハードルが低くどんどん増えつつ有ります。日本語で投資型のサービスを提供する会社は現在私が確認できるだけで7社ですが、非投資型は沢山あります(この記事によると2013年末の時点で両者を合わせて80社以上あるみたいですね(2014/12/5放送のWBSでは200社とか言っていました。坂越ジョージ氏著の「クラウドファンディングで夢をかなえる本」には「世界には500社以上存在するといわれています」と書かれています)。


    クラウドファンディングで夢をかなえる本クラウドファンディングで夢をかなえる本
    (2014/12/12)
    板越 ジョージ

    商品詳細を見る


    2.「ソーシャル」はネットにおける人々の交流を意味します

     当ブログもいつか「クラウドファンディング赤裸々日記」、「投資型クラウドファンディング赤裸々日記」と名前を変える日が来るのかもしれません。英語におきましてもソーシャルレンディング(Social Lending)という言葉よりも“Peer-to-peer lending”という言葉がメジャーになり”crowd funding”の一分野という扱いらしいですし・・・。

     消えつつある?、でも日本では英語圏よりもまだ生き延びそうなソーシャルレンディングという言葉の「ソーシャル」これはどういう意味なのでしょう(レンディングは「融資」という意味ですね)。これは辞書で引けば「社会的な」、「社会の」という意味が一番に出てきますが、この場合は「ソーシャル・ネットワーク」の「ソーシャル」です。ソーシャル・ネットワークをごく短い言葉で定義してしまえば

    ①会員制のWEBサイト
    ②そのWEBサイトの目的が会員同士の交流


    となります。Facebook、Twitter、mixi、LINE等はみんなこの言葉でくくれると思います。

    もっと詳しい解説は本題ではないので他の方にお任せします。

     「Peer-to-peer lending」の先駆けである英国のZOPAや最大手のLending Clubは「ソーシャル」であり、ネット上でレンダーとボロワーが交流し、お互いに評価しあってお金を貸し付け(借り受け)、利息を受け取って(支払って)います。ソーシャルレンディングとは本来「ソーシャル」なのです。

     本題の「ソーシャル」の意味が説明できたところでじゃあ、日本のソーシャルレンディングは「ソーシャル」なの?というところで、記事を一旦収め、次回に回したいと思います。次回は日本のクラウドファンディングの「ソーシャル」の現状について述べたいと思います。

    2016/07/31 加筆
     執筆当時は上記のとおり、「ソーシャル」の意味を貸し手(投資家)同士、また投資家と貸し手のやりとりに絞って考えていました。その後文献などで勉強した結果、「ソーシャル」の意味とはもっと広い意味、つまり運営会社のサービスにより貸し手と借り手が直接結びつけられること自体を指しているのだと考えるようになりました。


    次回記事
    ソーシャルレンディングの「ソーシャル」ってどういう意味?②

    P.S
     ラッキーバンクの第一号案件が成立しました。その際に送られてきたメールによりラッキーバンクの日本に存在するあらゆるソーシャルレンディングサービスの「上位互換」を目指そうというビジョンを知ることができました。その旨を先日アップした「ラッキーバンク、投資家登録、投資開始経緯報告」の記事にほんのすこし追記しました。ご覧いただければ幸いです。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意





    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ
    コメント

    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する


    トラックバック
    トラックバック URL
    http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/170-f9296e10
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)