クラウドバンクから取引残高報告書が郵送されてきたのですが・・・ - ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト

ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト ホーム » クラウドバンク » クラウドバンクから取引残高報告書が郵送されてきたのですが・・・

クラウドバンクから取引残高報告書が郵送されてきたのですが・・・


※2016/8/16 追記
 クラウドバンクは取引残高報告書の郵送を止め、現在では全てネットで便利に見られるようにしています。改善に感謝です。


先日クラウドバンクより、封筒が郵送されてきました。

なにかと、思いましたら「取引残高報告書」でした。

3枚の紙でこんな感じです(汚いスキャンですみません)
日本クラウド取引残高報告書1_20141015

日本クラウド取引残高報告書2_20141015

日本クラウド取引残高報告書3_20141015

 さて?私はAQUSHとmaneoからここ3年ほど配当をいただいていますが、両社ともこうしたものは特に送って頂いてはいないはずです。

 取引に関しての郵送での報告は年に1回、確定申告の時期に、申告に使う書類(AQUSHだったら「AQUSH匿名組合契約等の利益の分配の支払調書」、maneoだったら「年間取引報告書」)を送ってもらうだけのはずです。

 AQUSHの場合上記の書類は「MyAQUSH」の画面からいつでもPDFファイルの形で見ることができます。また支払調書とは別に取引残高報告書は3ヶ月に1回更新され、やはりいつでもPDFファイルの形で見ることができます。

 maneoの場合、上記の書類は確定申告の時期に合わせた2月から半年間ほどPDFの形で見ることができます。

 3ヶ月に一度取引残高報告書が作成されるということはしていませんが、毎月の分配日には全体の配当額はもちろん、各ファンドの配当状況が細かく更新される仕様になっていますので、取引残高報告書を発行するAQUSHとクラウドバンクよりも「見やすい」という意味では透明性は高いです。

MyAQUSHdownload20141016.jpg
AQUSHのダウンロードページ

AQUSH_取引残高報告書2_20141015
AQUSHの取引残高報告書

 話を元に戻すと、クラウドバンクとは取引を始めたばかりなので確かなことはまだ言えません。

 3枚目のページの赤い枠で囲んだところを見ると「取引がある限り3ヶ月に一回報告します」と書いてあります。

 やはり3ヶ月ごとにこうした書類を郵送してくれるということでしょうか。取引を明確にした書類を作成し、それを送付していただけるのは非常に真摯な行動とは思います。

 しかしソーシャルレンディングというインターネットの取引に特化した最先端のサービスが「わざわざ紙に印刷した書類を作成して、顧客に郵送する手間をかける」ことに、私個人としては非常に疑問を感じます。

 年に1回だけ、プリンタを持ってないかもしれない顧客のために、確定申告に必要な書類を送付することくらいは良いとは思いますが。

 私は携帯電話やクレジットカードの利用明細は極力、郵送してもらうのは断るようにしています。

 ネットで参照できればそちらのほうが便利ですし、発行手数料をとられることも多いですから。

 私はマネックス証券と楽天証券を使っていますが、やはり取引があっても3ヶ月毎に取引残高証明書は送付されてこないはずです。

 わざわざ紙の書類を発行して、人の手を使って封筒に入れて、顧客に配達料金を払って送付するという旧態依然した体制に費用を掛けるよりも、PDFの形にしていつでも顧客にいつでも見られる形にして費用をおさえ、顧客に還元する方がネット証券やネットを利用する新しいサービスとしてはあるべき姿だと私は思います。

 PDFの形にしてネットでいつでも見られる形にするのもただではないかと思いますが、郵送よりは安く済むはずです。

 長々と書いてまいりましたが、申し上げたいことはクラウドバンクさんは3ヶ月に一度、紙の書類なんか送って来なくてもよいから、PDFの形でネットで見られるようにしてくれた方がありがたいです、ということです。

さて、この話は一旦終わりにして別の話をさせてもらいましょう。

 クラウドバンクの取引残高証明書を2枚めを見ると、ネットでは見ることができなかった「どの投資組合ファンドから配当があったのか」が明記されていることが分かります。

日本クラウド取引残高報告書2_20141015
報告書2枚め(再掲載)

クラウドバンク2014091923
WEBではこう表示されます。

 WEBのマイページの「明細・履歴」では見られない仕様にしているのかは「なぜ?」と強く思いますが・・・。

 前回の記事では「どの配当がどのファンドからの配当だかわからないので、各ファンドの目標投資利回りにたいする目標達成率が計算できない」という意味のことを書きました。

 次にクラウドバンクから郵送される取引残高報告書が同じ形式で書かれ、ファンド名が明記されていれば、目標達成率が計算できることになります。3ヶ月後なので来年の1月の話になりますが・・・。

 今回の取引残高証明書は投資資している組合が1つ、投資期間は2ヶ月ほどなので1枚の紙に収まっています。来年1月の時点では投資している組合は最低4つで、投資期間は3ヶ月です。1つの組合当たり2つの配当がある形で記入するとしたら、紙は何枚必要になるのでしょうか・・・?

 やはり取引残高報告書はPDFファイルでWEB配布の形にしたほうが良いのではないでしょうか。


信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額160億円!豊富な案件を揃えています
クラウドバンク

にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOは未来の上場企業への投資を可能とします


全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク、募集額100億円突破!
ラッキーバンク

不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
OwnersBook

貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績250億円超え!SBIソーシャルレンディング

新リリース!沖縄中心のファンディング!【PocketFunding】




海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額820億円は伊達じゃない


ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングは事業者手数料を押さえて投資家に還元!



ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
ソーシャルレンディングで資金を調達したいかたは、クラウドバンク・フィナンシャルサービスにご連絡を
コメント
非公開コメント

コメント拝見しました。

ファイアフェレットさん

はじめまして。
リンク希望のコメントをいただきましたヘタレ新入社員です。
ファイアフェレットさんとのリンクぜひお願いしたく思います。
よろしくお願い致します。

http://ura-ken.blogspot.jp/

ヘタレ新入社員


2014-10-22 21:49 │ from ヘタレ新入社員URL

こちらからもよろしくお願いします。

どうもありがとうございます。

大変うれしく存じます。

ブログの方にもご挨拶に伺います。

2014-10-22 22:48 │ from ファイアフェレットURL Edit

トラックバック

http://quadstormferret.blog.fc2.com/tb.php/144-c3e9e975