カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    01_maneo20170101.png 02_Aqush_2017100101.png 03_SBISL_2017100101.png 04_Crowdbank2017100101.png 05_CrowdCredit_2017100101.png 06_Lucky_Bank_2017100101.png 07_OwnersBook_2017100101.png 08_SmartEquity_2017100101.png 09_LcLending_2017100101.png 09_GaiaFunding_2017100101.png 10_TrustLending_2017100101.png 11_J_Lending_2017100101.png 12_CrowdLease_2017100101.png 13_SmartLend_2017100101.png 14_MimCre_2017100101.png 15_TATERUFUNDING_2017100101.png 16_AmericanFUnding_201710010.png 17_GreenInfra_2017100101.png 18_CrowdRealty_2017100101.png 19_SAKURASL_2017100101.png 20_Cash_Flow_2017100101.png 21_AppleBank_2017100101.png 22_LENDEX_2017100101.png 23_Pocket_Funding_2017100101.png 100_FUNDINNO_2017100101.png

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    週刊SPA!にてソーシャルレンディングが副業の一つとして取り上げられています。

     週刊SPA!2017年5月16日号、連載「マネー得捜本部」にて「Vol.426 年収350万円から富裕層へ!年収1億円を稼ぐ」と題して、様々な副業のオススポイント、注意点が紹介されています。
     
    様々な副業が紹介されていますが、ソーシャルレンディングもその一つとして紹介されています。

     なお、この記事はハーバードビジネスオンラインの下記リンクでも読むことができます。

     年収350万円が年収1億円になった副業の達人現る!(2017/5/15 ハーバードビジネスオンライン)

     この連載においては1人の投資家がピックアップされて紹介されることが多いです。今回は元サラリーマン投資家小林昌裕氏がその役を担っています。

     小林氏は合計20案件も案件を扱う副業の達人として、様々なストックビジネスの重要さ、資金力によりそれらを多角化するのが成功の秘訣と説きます。

     なお、ストックビジネスとは「自分が働かなくともお金が入ってくる仕組み」と、この記事では定義されているようです。

     不動産投資、太陽光発電、コインパーキングなど様々に言及されていますが、ソーシャルレンディングは

    資金の少ない人にとって、小林氏が最もオススメだと考えるのは、「ソーシャルレンディング」と呼ばれる中小企業と小口投資家をマッチングする仕組みだ。

    「『maneo』というサイトが代表例ですね。3万円ほどから始められる短期運用が多く、利益率は年利5~8%ほど。担保がしっかりしているため、過去の案件でも回収できなかったものはほとんどないのもポイントです」


    と文中で触れられています。

    20170509_193012.jpg

     さて、この連載にはこのような図が掲載され、ソーシャルレンディングの金利は5~10%、ストック性は◯と評価されています。この記事にはストック性がどのようなものかは書かれていませんが、大竹啓裕氏の著書「ストックビジネスの教科書」によると、

    収益性が高いほど「高い」
    継続性が高いほど「高い」
    属人性が低いほど「高い」


    と定義されています(このリンクで「ストックビジネスの教科書」の該当箇所を読むことができます)。




     つまり、「お金が儲かって、継続(安定)して利益が入り、人を選ばない(誰がやっても同じような利益が得られる)もの」ほど、ストック性が高いという意味かと思われます。

    この定義に従って、私も評価を行ってみました。◎、◯、▲の3段階評価です。

    03_SPA_2017051901.png

    1.収益性
     SPA!に掲載されている利回りをそのまま利用させていただき、10%以上を◎、5~10%未満を◯、それ以下を▲としました。

    2.継続性
     5年の投資歴から、安定した収益が得られると確証を持てるソーシャルレンディングのみを◎としました。顧客の多寡により収益が大きく変わりそうなビジネスは▲、顧客(他社)と契約を結べるものを◯としました。

    3.属人性
     正直ソーシャルレンディングのみ◎それ以外は全部▲です。ソーシャルレンディングは才覚もなにも必要ありませんが、その他のビジネスはみんなそれが必要であり、誰がやるかによって大きく収益が異なると思います。

     最後に=◎=3点、◯=2点、▲=1点として平均点を算出し、2.5点以上を◎、1.5~2.5点未満を◯、それ以下を▲として、小林昌裕氏の評価と並べてみました。

    04_SPA_2017051901.png

     20案件以上のビジネスを扱うマメな小林昌裕氏と、ぐうたらなファイアフェレットで一部、大きく評価が別れました。
     私はソーシャルレンディングのみに◎がつきました。しかし資金力があり、マメな方ならば賃貸、太陽光発電、物販権利販売、コインパーキングが◎になるというのも、なんとなく理解できるつもりです。

    どちらかがご自分あっているかでご評価いただければ幸いです。

    なお上記評価はあくまで主観的、素人の判断であることはお断りしておきます。


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」

    日経新聞でソーシャルレンディングが紹介されました(2017年4月)。

     日経新聞にてソーシャルレンディングの紹介記事が掲載されました。2017/4/29の紙面にまず掲載され、5/2に無料で公開されているNIKKEI STYLEに再掲載されるという形になっています。

    ソーシャルレンディング 高利回り、ネットで投資募集 延滞や焦げ付きリスク(日経新聞2017/4/29 全部読むにはログインが必要)

    ソーシャルレンディング 高利回り、ネットで投資募集 延滞や焦げ付きリスク(NIKKEI STYEL
    2017/5/2)

    nikkei2017042901.png

     ソーシャルレンディングとはどんなものかと尋ねる読者に質問に答える形で、わかりやすく解説が行われています。

     さて、説明の中で、融資先情報を投資家に開示できない理由が、

    貸金業法にある『借り手保護』が主な理由」(大手運営会社)という。

     と書かれています。間違いではないと思いますが、この書き方では運営会社が借り手の保護という大義を振りかざし、情報を投資家に開示していないように読者は感じると思います。

     しかし実際には運営会社は「金融商品取引法にある『投資家保護』を理由」として、投資家への情報開示を望んでおり、『借り手保護』を大義名分に、情報非開示を運営会社に強いているのは金融庁であることを、しっかり書いて欲しかったです。

     あと、

     利用にはいくつか注意点がある。融資先は基本的に信用力の問題で銀行から融資を受けられない企業なので、貸し倒れリスクは比較的高い。ある運営会社の代表は「焦げ付き、延滞は発生しうる」と明言する。

     と書いてあります。

     これではソーシャルレンディングにおいて、「デフォルトが多発している。結果として貸し倒れリスクが比較的高い」のだと、読者が誤解する恐れがあります。

     実際においては「これまでの常識である銀行の融資基準」において「比較的高い」のであり、「結果としては」これまで事業性融資においてデフォルトはほとんど起きていないこと、ほとんどの投資家は損失を被っていないことは指摘させていただきます。

     なぜ従来の常識に反して貸し倒れが起きていないのか?

     ソーシャルレンディング運営会社は銀行よりも厳しい審査を行っている、担保をとったり、保証人をたてたりすることも多い

    ことが、まず挙げられるでしょう。

     また、銀行が融資できない理由は運営が不安定で貸し倒れが高いといった理由だけではなく、

    1.融資先企業の設立年数が若い
    2.短期、少額の融資である
    3.開発案件である、
    4.土地の転売案件である

     といった一般に知られていなものがいくつもあり、実際には融資しても問題なく回収できることが多いことも挙げられるでしょう(実際にそうなっていますし)。

     上記のことは、1金融商品の解説としてはあまりに中立を欠き、投資商品のおすすめ記事となる恐れから、言及されなかったのかと思います(ので私が述べます)。

     記事の最後には石川貴教弁護士により、投資家に対して、「運営会社の経営実態をよく調べること」という適切な助言がなされています。

     峯岸健太郎弁護士により、「投資家に必要な情報開示ができるような論点整理が必要だ」との指摘もなされていますが、この矛先は当然運営会社ではなく、金融庁であるものと思われます。

    金融庁の働きかけにより、投資家への情報開示の道が開かれることに期待です。

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない

    ソーシャルレンディング投資結果報告2017年4月期

     ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)投資履歴2017年4月期です。

    1.AQUSH

    まずはAQUSHです。

    01_AQUSH_2017051201.png

    約64万円を投資中です。運用中が約60万5千円、現金が約3万1千円です。

    02_AQUSH_2017051201.png

     上記6ファンドを運用中ですが、すべて本来の償還時期は過ぎています。元本償還は滞っていますが、利息は延滞金利が上乗せされ、支払われています。

    03_AQUSH_2017051201.png

    AQUSHからの税引き後利益は4千18円となりました。


    2.maneo

    次はmaneoです。

    04_maneo_2017051201.png

    約436万円を投資中です。約429万円を運用中、約7万円が現金です。


    05_maneo_2017051201.png

    運用中、運用申し込み中の案件一覧です。


    06_maneo_2017051201.png

    maneoのからの税引き後利益は1万7千525円となりました。

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない




    3.クラウドバンク

     つぎはクラウドバンクです。

    07_crowdbank_2017051201.png

    約187万円を投資中です。約187万円を運用中、現金は約6千円です。


    08_crowdbank_2017051201.png

    運用中ファンド一覧です。


    09_crowdbank_2017051201.png

    クラウドバンクからの税引き後利益は5千807円となりました。

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    4.SBIソーシャルレンディング

     次はSBIソーシャルレンディングです。

    10_SBISL_2017051201.png
    11_SBISL_2017051201.png

    約15万2千円を投資中です。そのうち約12万5千円を運用中、現金が約2万7千円となります。

    SBIソーシャルレンディングからの税引き後利益は501円となりました。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    5.クラウドクレジット

     次はクラウドクレジットです。


    12_CC_2017051201XX.png

    約261万円を投資中です。約260万5千円を運用中、約3千円が現金です。

    13_CC_2017051201.png

    投資中の案件一覧です。

    14_CC_2017051201.png

    クラウドクレジットからの税引き後利益は6千376円となりました。

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    6.ラッキーバンク

     次はラッキーバンク>です。

    15_LuckyBank_2017051201.png

    約86万3千円を運用中です、そのうち86万円を運用中、現金は約3千円です。

    16_LuckyBank_2017051201.png

    これらの案件に投資中です。

    17_LuckyBank_2017051201.png

    ラッキーバンクからの税引き後利益は2千200円となりました。

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    7.オーナーズブック

     次はオーナーズブックです。

    18_OwmersBook2017051201.png


    約121万円を投資中です。約120万円を投資中、約9千円が現金です。

    19_OwmersBook2017051201.png

    これらの案件に投資中です。

    20_OwmersBook2017051201.png

    オーナーズブックからの税引き後利益は8千778円となりました。

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801


    8.LCレンディング


    次はLCレンディングです。

    21_LC_2017051201.png

    現在約228万7千円を投資中、約212万円を運用中、116万円を投資申込中、現金は約7千円です。


    22_LC_2017051201.png

    これらの案件に投資中です。


    23_LC_2017051201.png

    LCレンディングからの税引き後利益は6千617円となりました。


    10.ガイアファンディング

    次はガイアファンディングです。

    24_GAIA_2017051201.png

    現在約195万円を投資中、そのうち162万円を運用中、32万円を投資申込中、現金が約8千円です。


    25_GAIA_2017051201.png

    これらの案件に投資中です。

    26_GAIA_2017051201.png

    ガイアファンディングからの税引き後利益は1万1千388円となりました。


    11.トラストレンディング

    次はトラストレンディングです。

    27_TrustLending_2017051201.png

    260万円を投資中、全額を運用中です。


    28_TrustLending_2017051201.png

    これらの案件に投資中です。


    29_TrustLending_2017051201.png

    トラストレンディングからの税引き後利益、2万680円が私の銀行口座に振り込まれました。

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    12.クラウドリース

    次はクラウドリースです。

    30_CrowdLease_2017051201.png

    約157万円を投資中、156万円を運用中、約1万1千円が現金です。


    31_CrowdLease_2017051201.png


    これらの案件に投資中です。


    32_CrowdLease_2017051201.png

    クラウドリースからの税引き後利益は3千613円となりました。



    13.スマートレンド

    次はスマートレンドです。

    33_SmartLend_2017051201.png

    約31万円を投資中、30万円を運用中、約1万2千円が現金です。


    34_SmartLend_2017051201.png

    これらの案件に投資中です。

    35_SmartLend_2017051201.png

    スマートレンドからの税引き後利益は1千277円となりました。


    14.みんなのクレジット

    次は14.みんなのクレジットです。

    36_MC_2017051201.png

    現在約50万円を投資中です。全額が現金です。

    37_MC_2017051201.png
    38_MC_2017051201.png

    14.みんなのクレジットからの税引き後利益は3千179円となりました。


    15.グリーンインフラレンディング

    次はグリーンインフラレンディングです。

    39_GIL_2017051201.png

    約103万円を投資中、そのうち102万円を運用中、約7千円が現金です。

    40_GIL_2017051201.png

    これらの案件に投資中です。

    41_GIL_2017051201.png

    グリーンインフラレンディングからの税引き後利益は3千726円となりました。


    16.さくらソーシャルレンディング

    次はさくらソーシャルレンディングです。

    42_sakura_2017051201.png

    現在約61万円を投資中です、60万円を運用中、約7千円が現金です。


    43_sakura_2017051201.png

    これらの案件に投資中です。

    44_sakura_2017051201.png

     さくらソーシャルレンディングからの税引き後利益は3千243円となりました。


    17.TATERU FUNDING

     TATERU FUNDINGでの投資を開始しました。

    45_TATERU_2017051201.png

     現在10万円を運用中です。50万年の運用を申し込んだのですが、10万円(1口)しか当選しませんでした。

    参考
    2017/4/20 リバランスを考えるためにオーナーズブックに追加投資


    毎月恒例のいい加減な方法で求めた各サービスの運用金利です。

    07_201701_AA.png

    2017年4月期における全サービスからの税引き後利益は9万8千938円となりました。

    ※利率の求め方、各社からの月ごとの配当を運用中金額(運用中、運用申し込み中、現金の区別なし)で割るという乱暴な方法で計算(年利換算)。


    08_201701_BB.png

     2017年4月末時点でのソーシャルレンディングを始めてからの税引き後利益は370万4千303円となりました。損失は577円。損益は370万3千726円となりました。


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ


    クラウドリアルティがサービスを正式公開

     不動産クラウドファンディングサービス、クラウドリアルティがサービスを正式公開しました。

     β版の公開時には2016年12月にエストニア案件が募集されました。今回の正式サービス開始にあたっては国内の京町家再生プロジェクトの募集が行われています。

    参考
    2016/12/8 クラウドリアルティがサービスを開始!
    (上記エストニア案件募集と空き家リノベーションを伝える当ブログの記事)

     上記記事でも伝えているとおり、空き家をリノベーションして旅館を運営する案件となっています。
    01_CR_2017052601.jpg

     募集額は7千200万円、利回りは10%、運用期間は36ヶ月、最低出資額は15万円(3口X5万円)と、なかなか大型の案件です。

    11_CR2017052601.png

    12_CR2017052601.png

    13_CR2017052601.png

     注目点としては、投資対象の不動産物件情報、投資スキームその他情報が実に詳しく記載されていることです。

    14_CR2017052601.png

     投資スキームを見ると「貸付」が行われており、紛れもない融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)であり、従来ならば金融庁の指導により投資先情報の詳しい開示はできないはずです。さてこれがどういうことなのかは、続報を待ちたいと思います。

     空き家問題はしばしばニュースになっています。下記文春オンラインの記事では2023年には1397万戸、全体の5軒に1軒は空き家になると伝えられています。それにより引き起こされるヤミ民泊、治安の悪化も懸念されています。

    空き家1000万戸を外国人が占拠する日――2020年「日本の姿」(2017/5/9 文春オンライン 牧野 知弘氏著)

     クラウドリアルティの活躍が空き家問題の解決につながることに期待です。

    2017/6/9 追記
     上記の情報開示(匿名化)についての疑問は、クラウドリルティに直接いってお話を聞くことにより氷解しました。 下記記事をご参照ください。


    2017/6/8 クラウドリアルティへのインタビューを行いました。


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その4

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています


     2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその4です。その3は下記リンクをご参照ください。

    2017/5/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その3


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
    日時:2017/5/29(月) 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/5/31(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    7.オーナーズブック

    7-1 募集額

     オーナーズブックの2017年4月期における募集額は1億4千150万円となりました。これは歴代1位の2017年1月期の1億8千150万円に次ぎ、歴代2位となります。

    7-2 プレス向け説明会を開催

     オーナーズブックの運営会社ロードスターキャピタルはは2017/5/18にプレス向け説明会を開催しました。その様子は下記C-net Japanの記事で伺うことができます。

    クラウドファンディングで実現する開かれた不動産投資サービス「OwnersBook」とは(2017/5/19 C-net Japan)

     不動産市場をより身近にするため、個人に食楽不動産投資への道を開く。そのことにより機関投資家ばかりの不動産市場に個人投資家を呼び込み、その市場の安定化を図る思惑など、興味深い展望が語られています。
     
     もう一つ興味深いと感じたことは

    不動産へ出資する投資家の保護を目的とした法律「不動産特定共同事業」が2017年に改正予定ということもあり、投資型クラウドファンティングはさらなる成長の可能性があると予測する。

    と書かれていることです。
     
     オーナーズブックが計画を進めているエクイティ型不動産投資クラウドファンディング絡みの話にならないか、期待しています。

    参考
    2016/3/24 勉強会参加報告その5 オーナーズブック②~エクイティへ投資できる未来へ~


    7-3 FinTech投資における実態調査を公表しました

     ロードスターキャピタルは20~60代の男女600人を対象に、FinTech投資に関する調査を実施し発表しました。下記リンクで読むことができます。

    【投資に関する実態調査】フィンテックで多様化・分散化する20代、30代の投資傾向 ~ソーシャルレンディングは20代の74%が関心を示す~ これからの投資方法は「少額投資」、「スマホで投資」がポイント(2017/5/19 PRTIMESxBRIDGE)

     このことについては別途記事を作成しました。下記リンクをご参照ください

    2017/5/21 若年層におすすめな投資、ソーシャルレンディング、不動産投資のオーナーズブック

     
    8.スマートエクイティ

     スマートエクイティの2017年4月期における募集額は0円となりました。


    9.LCレンディング

    9.1 募集額

     LCレンディングの2017年4月期における募集額は8億5千418万円となりました。


    9.2 LCホールディングスの2017年3月期決算短信が発表されました

      LCレンディングの親会社、LCホールディングス(JASDAQ上場)の2017年3月期決算短信が配信されました。

     前年比、売上高159%UP、営業利益219%UP、経常利益153%UPとのことで業績は非常に好調です。LCレンディングの案件は同社が保証をつけるものが多いです。ですからLCレンディングへの投資はなかなか、硬いものになりそうです。
     決算短信はこのリンクで読めます。同短信ではLCレンディングにも触れられています、以下引用します。

     平成26年11月に設立したLCL社は、不動産ファンドにおけるメザニン融資部分を「クラウドファンディング」という手法によって実現することを目的に設立され、平成27年7月にプラットフォームをオープンいたしました。そして同社は、平成29年3月末時点の成立ローン累計額は70億円、登録人数は1,900名を突破し、順調に伸張しております。

    参考
    LCホールディングス 決算短信(2017/5/16 融資型クラウドファンディング「LCレンディング」社長のblog)


    10.ガイアファンディング

     ガイアファンディングの2017年4月期における募集額は2億4千166万円となりました。


    11.トラストレンディング

      トラストレンディングの2017年4月期における募集額は6千万円となりました。


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    12.J.レンディング

     J.レンディングの2017年4月期における募集額は0円となりました。


    13.クラウドリース

     クラウドリースの2017年4月期における募集額は3億2千353万円となりました。


    14.スマートレンド

    14.1 募集額

     スマートレンドの2017年4月期における募集額は5億5千595万円となりました。これは歴代最高だった2017年12月期の4億6千763万円を超えて、歴代1位の記録となります。


    14.2 融資先月次モニタリングが報告されるようになりました。

     スマートレンドが行っている融資先の月次モニタリング結果が、メールマガジンを通じて投資家に月次で報告されることになりました。このことはやはりメールマガジンで告知されました。

     その内容を転載します。

    平素よりスマートレンドをご利用頂き、ありがとうございます。
    スマートレンドよりお知らせです。

    スマートレンドでは、融資先について融資実行後も月次でモニタリングを実施しており、その結果を投資家の皆様に対してメールマガジンを通じて毎月ご報告させていただくことといたしました。

    当社では融資先の財務面の評価だけではなく、事業面での評価(事業性評価)を重視した審査を行っており、面談等により各評価内容についての変化をモニタリングしています。

    モニタリングの項目と対象企業は以下の通りです。

    <モニタリング項目>
    ・財務内容の健全性
    ・外部環境の変化とその対策
    ・事業の進捗

    <モニタリング対象企業>
    ・香港消費者金融事業  C社
    ・エステクレジット事業 I社
    ・家賃保証事業     A社

    平成29年4月度の月次モニタリングの結果、モニタリング対象企業において順調な事業運営がなされており、融資の返済には問題がないとみております。

    次回の融資先の月次モニタリングご報告は、平成29年6月の予定です。

     ほんとに簡潔な報告内容ですが、融資先の業績が順調ならばこれでよいかと思います。他社も同様に融資先のモニタリングは行っているかと思います。このような投資家への情報提供の動きが、ますます進むことに期待です。


    15.みんなのクレジット


    15.1 募集額

     みんなのクレジットは現在営業を自主休止中です。2017年4月期における募集額は0円となりました。

    15.2 みんなのクレジットが別冊宝島で取り上げられました

     みんなのクレジットの白石伸生元社長を取り上げた記事が「別冊宝島2582 プロレス 暗黒回廊」で取り上げられています。



     該当記事は”財務省が「業務停止命令」を発動!元全日本プロレスオーナー「白石伸生」の詐欺師人生”とかなり過激な記事タイトルですが、中身はそれ以上に辛辣です。

    20170522_192343.jpg

    ごく一部を引用すると

    その(カネが戻ってこない)場合は被害者が集団で刑事告訴することになるかもしれません。詐欺の場合には(被害額が)1億円以上になると、仮に一部を弁済したとしても逮捕・実刑は免れないといわれていますが(後略)

    と、みんなのクレジットが行ったことは詐欺とほぼ断定する形の記事となっています。

     公平のために述べますと、記事には「大手紙記者」なる人物が登場して金融商品の専門でない別冊宝島編集部に代わって、みんなのクレジットの問題について解説しているのですが、ソーシャルレンディング自体の知識にはちょっと怪しいところがあります。

     なお、私はみんなのクレジットの問題は通常のファンドならばポンジ・スキーム(詐欺)かもしれないが、ソーシャルレンディングにおいてはグレーではないかという立場です。

    参考
    2017/3/24 みんなのクレジットが金融庁より行政処分をうけることになりそうです その2

    なお、上記別冊宝島の記事については別途エントリーを作成しました。

    2017/6/22 みんなのクレジットが別冊宝島で取り上げられています

    をご参照ください。

    16.TATERU FUNDING

     TATERU FUNDINGの2017年4月期における募集額は5千460万円となりました。


    17.アメリカンファンディング

     アメリカンファンディングの2017年4月期における募集額は6千443万円となりました。これは歴代最高である先月の7千718万円に続き、歴代2位の記録となります。


    18.グリーンインフラレンディング

    18.1 募集額

     グリーンインフラレンディングの2017年4月期における募集額は9億676万円となりました。これは歴代最高である先月の9億2千140万に次ぎ、歴代2位の記録となります。

    18.2 グループ会社に証券会社が加わりました
     
     グリーンインフラレンディングの親会社であるJCサービスが、沖縄にある証券会社であるJC証券(旧MVF証券)の株式を100%取得しました。JC証券は金融商品取引取引行における一種と二種の両方を登録しており、グリーンインフラレンディングの今後の事業展開が期待されます。


    19.クラウドリアルティ

     クラウドリアルティの2017年4月期における募集額は0円となりました。


    20.さくらソーシャルレンディング

     さくらソーシャルレンディングの2017年4月期における募集額は3千183万円になりました。


    21.キャッシュフローファイナンス

     キャッシュフローファイナンスの2017年4月期における募集額は2千463万円となりました。


    22.アップルバンク

     アップルバンクの2017年4月期における募集額は1億4千359万円となりました。


    23.FUNDINNO

     FUNDINNOは2017年4月24日に第1号案件の募集を開始し、またたくまに1千460万円を募集しました。今後も案件がどんどん出てくることに期待です。

    参考
    2017/4/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!

    2017/5/17 UNDINNO案件募集は2月に1度を予定!

    「FUNDINNO」 日本初、クラウドファンディングで1,460万円の資金調達(2017/5/17 Venture Times)


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    01_2017y05m24d_162601010.jpg

     2017年4月期における主要23サービスの募集総額(速報値)は101 億 5千278万円となりました。これは前月(2017年3月期)の100億2千151万円を抜いて歴代1位となります。

     2017年4月はSBIソーシャルレンディングが28億2,361万円を募集し、全サービスのなかで一番となりました。maneoが月募集額の首位を明け渡すのは、2015年の10月にLCレンディングが1番になった時以来であり久しぶりです。

     なお、2015年10月においては、LCレンディングが12億4千883万円、maneoが10億2千295万円でした(サービス数は10で募集総額は31億6千649万円)。


    02_2017y05m24d_162613167.jpg

    2017年4月30日時点での主要23サービスの累計募集金額は1,499億円2,976万円となります。

    惜しくも1千500億円に届きませんでしたが、募集額自体はとても好調でした。

     みんなのクレジットへの行政処分の影響を心配していましたが、月間募集額が最高を更新したということは、全体的に投資家は冷静であることが伺えます。ソーシャルレンディンの情報を配信する投資情報サイトが増えて、投資家が増えていることも、好調さの理由と考えています。


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    SOCICOM2017052501.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    03_JC2017052401.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro_2017051601.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その3

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています

     2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその3です。その2は下記リンクをご参照ください。

    2017/5/16 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2


    各社セミナー情報(募集中のみ)


    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
    日時:2017/5/29 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/5/31(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    G ソーシャルレンディングサミットのアンケート結果が発表されました。

     クラウドポートが2017/3/8に開催したソーシャルレンディングサミットのアンケート結果が発表されました。
    このサミットには不詳このファイアフェレットも、中田健介(けにごろう)氏とともに、一投資家として、「ソーシャルレンディング投資家による対談」に登壇しています。

    ※実際には「対談」ではなく、ソーシャルレンディング投資に関してのプレゼンテーション

    アンケート結果は下記リンクで読むことができます。

    「ソーシャルレンディングサミット」来場者の満足度96% 来場者のうちソーシャルレンディング未経験者5割、女性が3割(2017/4/25 PR TIMES)

     参加者の満足度が96%だったのは本当に喜ばしい話です。未経験者が5割だったのことですが、この方々がソーシャルレンディング投資を始めるきっかけになればと思います。

     サミットの中でも、特に来場者満足度が高かったプログラムは「ソーシャルレンディング事業者5社によるパネルディスカッション」(満足度90.5%)、当社代表藤田による「ソーシャルレンディングの現状と課題のプレゼンテーション」(満足度90.3%)、「ソーシャルレンディング投資家による対談」(満足度87.1%)となりました。


     とのことです。プレゼンテーションは緊張しながらも張り切って臨みましたが、満足に感じてくれた人が多いとのことで、本当に光栄だと考えています。

    以下、サービスごとのニュースをお伝えします。


    1.maneo

    1.1 募集額

     2017年4月期におけるmaneoの募集額は21億9千574万円となりました。


    1.2 VOYAGE GROUPとSV FRONTIERがmaneoに投資しました

    VOYAGE GROUPとSV FRONTIERが投資ファンド「SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合」を通してmaneoの運営会社maneoマーケットに投資を行いました。

    参考
    VOYAGE GROUPとSV FRONTIER、SV-FINTECH Fundを通じmaneoマーケット株式会社に投資(2017/4/24 VOYAGE GROUP サイト内プレスリリース)

    VOYAGE GROUPとSV FRONTIER、maneoマーケットに投資(2017/4/24 Venture Times)

     VOYAGE GROUPの子会社であるVOYAGE VENTUESは既にmaneoに出資していますが、親会社も間接的ながら、資本参加することになります。


    1.3 maneoで資金調達を行ったことがあるピッツェリアバール・ナポリ吉祥寺店が閉店しました

     maneoで資金調達を行ったこともあるピッツェリアバール・ナポリ吉祥寺店が閉店しました。

    参考
    500円ピザのNAPOLIやBartaの運営会社が破産!吉祥寺も一斉閉店か(2017/4/28 吉祥寺ファンページ)

     上記の通り、このお店の運営資金はmaneoで募集されたことがあります。2011年前半の話であり、私がmaneoで投資を開始する前の話です。なお、無事全額償還されています。当ブログが相互リンクさせていただいている、ソーシャルレンディング研究誌のサムさんも投資したことがあるとのことです。

    参考
    『チューボーですよ!』出演の『ナポリピッツァの巨匠』が独立開業! ピッツェリアバール・ナポリ 吉祥寺店 開業支援ローン(maneoの募集案件一覧)

    2011/5/22 【maneo】ピッツェリアバール・ナポリ吉祥寺店 に投資(ソーシャルレンディング研究誌)

     閉店は残念な話です。ただ、こうした若い起業家の資金調達手段として、融資先の情報が明らかな形で募集が行われていた過去があった。投資家と融資先が成功を分かち合う体験ができていた時代があった、ということは特筆すべきだと思います。金融庁が余計な口を挟んで来る前までは。


    1.4 maneoを騙る(かたる)マネオ株式会社なるものが暗躍しているとのことです。

     (maneo株式会社ではなく)マネオ株式会社を名乗り、不審なメールを送る業者についての注意喚起がmaneoから出されました。

    【注意喚起】弊社をかたる不審なメールや電話にご注意ください(2017/4/24 maneoサイト内ページ)

     また当ブログが相互リンクさせていただいている、中年SEのソーシャルレンディング投資日記でもこのことについて触れられています。

    2017/4/23 maneo株式会社の偽物に注意。闇金「マネオ株式会社」(中年SEのソーシャルレンディング投資日記)
     
     高額融資を受けられるとの謳い文句で、実査に融資申込を行った人に「キャシュカードを送付させる」という怪しい業務を行っている模様です。

     市場規模が大きくなるにつれてダニ、寄生虫は湧くものかと思いますが、ソーシャルレンディングの評判を落とすようなことには、なってほしくないものです。


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない



    2.AQUSH

     AQUSHの2017年4月期における募集額は0円となりました。


    3.SBIソーシャルレンディング

     SBIソーシャルレンディングの2017年4月期における募集額は28億2千361万円となりました。これは過去最高だった先月の16億4千703万円を12億円近く上回り、歴代1位となります。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    4.クラウドバンク

    4.1 募集額
     クラウドバンクの2017年4月期の募集額は8億4千105万円となりました。


    4.2 G.Wキャッシュバックキャンペーンを実施

     クラウドバンクはG.Wに2017年に「GW投資キャンペーン」と称して、投資額に応じてアマゾンギフトカードがもらえるキャンペーンを実施しました。

      私も約50万円の投資申込を行いました。2千500円のアマゾンギフト券がもらえる予定です。

    参考
    2017/4/30 クラウドバンクの2017年GW投資キャンペーンを狙います!

    2017/5/20 クラウドバンク GW投資キャンペーンに投資しました


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク


    5.クラウドクレジット

    5.1 募集額

     クラウドクレジットの2017年4月期における募集額は2億3千96万円となりました。これは歴代1位だった先月の2億9千162万円続き、歴代2位となります。


    5.2 サービス開始3周年記念セミナーが開催されます

     クラウドクレジットはサービス開始3周年を記念して、2017/6/21に東京都中央区日本橋東京証券会館にてセミナーを開催します。
     クラウドクレジットの紹介から、金融市場、海外提携事業者の変化、そして顧客資産の増え方などまで話される盛り沢山なものになる予定とのことです。

     このリンクよりセミナー告知、申込みページに移動できます。
     

    5.3 ペルー税制改正によりペルー案件の利回りがアップしました

     ペルーの税制改正が行われたことにより、クラウドクレジットの「ペルー小口債務者支援プロジェクト」案件の利回りがアップしました。

    参考
    2017/5/2 ペルーで税制の改正がありました(クラウドクレジットWEBサイト内、杉山智行のブログ)

    2017/4/22 クラウドクレジットのペルー案件リターンがアップしました


    5.4 BizReach Frontierにクラウドクレジットが掲載されました

     ビジネス情報サイトBizReach Frontierにクラウドクレジットが掲載されました。下記リンクで読むことができます。

    世界の資金需給をつなぐ投資型クラウドファンディングの可能性(2017年5月 BizReach Frontier)

    杉山社長へのインタビューが同記事の大部分を占めています。
     国内の金融資産の大部分が銀行に預けられ行き場をなくし、活用されていないこと、世界を目に向ければそれを活用する機会にあふれていること、『お金をあるところからないところにつなぐ』ためにクラウドクレジットを立ち上げたことなどが語られています。
     クラウドクレジットの案件が掲げている高い利回りが、世界に目を向ければ決して無理でも、不当でもないこと。また海外案件を手がけられる優位性、将来起こりうるゲームチェンジなど、いろいろ興味深いことが語られています。


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    6.Lucky Bank

     ラッキーバンクの2017年4月期における募集額は6億4千416万円となりました。これは歴代最高だった2017年1月期の6億4千160万円を上回り、歴代1位となります。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/05/25 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その4


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    SOCICOM2017052501.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    03_JC2017052401.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro_2017051601.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    若年層におすすめな投資、ソーシャルレンディング、不動産投資のオーナーズブック

     オーナーズブックの運営会社、ロードスターキャピタルは20~60代の男女600人を対象に、FinTech投資に関する調査を実施し発表しました。下記リンクで読むことができます。

    【投資に関する実態調査】フィンテックで多様化・分散化する20代、30代の投資傾向 ~ソーシャルレンディングは20代の74%が関心を示す~ これからの投資方法は「少額投資」、「スマホで投資」がポイント(2017/5/19 PRTIMESxBRIDGE)

     私が興味深いと感じたことを挙げさせていただくと

    2017y05m20d_115735244.jpg

     ソーシャルレンディングに興味を持っているのは20代で74%、30代で約60%と若年層ほど高いが、実際にソーシャルレンディング投資の経験があるのはいずれの世代も5%以下です。将来のソーシャルレンディングの伸びが期待できる結果です。

    2017y05m20d_115726399.jpg

     全世代において投資目標利回りの中央値が5%以下なのですが、それくらいのリターンでしたらソーシャルレンディングでは余裕で達成できます。もっとソーシャルレンディングが広く知れ渡ることに期待です。

     若年層ほど少額投資、スマートフォンのアプリで投資できる環境を望む傾向がありますが、オーナーズブックは専用のアプリを用意してそれに応えている唯一のソーシャルレンディングサービスです。

    参考
    2016/10/19 オーナーズブック専用アプリで投資してみました

     若年から投資に興味をもち、オーナーズブックのように堅実なリターンをあげられるサービスで投資を行うことはきっと将来の余裕のために有効かと思います。

    参考
    2016/8/10 オーナーズブック公開動画から得られる、プチリッチになれる投資の奨め

     かつてのように、株式市場の右肩上がりの値上がりが期待できない日本。これでは株式、投資信託を長期保有すれば有利というかつての常識は成り立ちません。  
     
     機関投資家は力を増しその情報力、資金力をもって個人投資家をカモにします。株式、FX市場にはこれからAIが導入され、ますます個人投資家は儲けられる目が少なくなっていくような気がします。

     そんな中でソーシャルレンディングは安定して5%の利益が得られる本当に数少ない投資だと私は考えています。これは私が株式、FXで500万円もの損失を被りながらも、その後ソーシャルレンディングを始めて安定して利益を上げてきた5年以上の経験からくる考えです。

     若年層におすすめの投資といえます。

     そのソーシャルレンディングサービスの中でもオーナーズブックは上記のように専用アプリを用意するなど、若年層に向き合い、積極的に働きかけているといえます。

    2017y05m20d_115744101.jpg

     そうしたことが、上記のような着実なオーナーズブックにおける20代、30代の投資家増大の結果につながっているといえます。

     オーナーズブックの不動産テックにおける活躍に期待です。

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!
     
    クラウドバンク GW投資キャンペーンに投資しました

     先日の記事でクラウドバンクのG.W投資キャンペーン(キャシュバック)を狙いますと宣言しましたが、うまく投資することができました。

    2017y04m30d_045415975.png

    参考
    20174/4/30 クラウドバンクの2017年GW投資キャンペーンを狙います!


    CB20170505101_bank.png

    50万4千円を2ファンドに投資しました。

    これで2千500円のAmazonギフト券が近いうちにもらえます。


    2017y05m10d_102111035.jpg

    このことによりクラウドバンクへの運用額は4月末の約187万円から233万円に増えました。

     クラウドバンクこのところ絶好調です。2017年1月には募集総額100億円を突破しました。2017年初めからこの5月初旬までには約40億円を募集しています。

    2017y05m10d_102300634.jpg

     上場企業拡大支援ファンドといった、上場企業のM&Aを支援するユニークかつ手堅い商品へ投資できるのもユニークです。

     こうした手堅さ、またクラウドバンクの運用会社が高いコンプライアンスが求められる証券会社(日本クラウド証券)であることも信頼と実績につながっているものと思われます。

    参考
    2014/11/25 クラウドバンク、第一種金融商品取引業登録の矜持

    2015/4/28 一種金融商品取引業_追加調査報告


     2016年は利回りにこだわった運用を私は行っていました。2017年は案件のテーマ、運営会社の信頼性、また投資家目線の姿勢があるかどうかに注目した運用を行っていきたいと考えています。
     
     それをこのブログでお伝えできれば幸いです。

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク
    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意


    FUNDINNO案件募集は2月に1度を予定!

     産経ビジネスアイ(2017年5月9日発行)に株式型クラウドファンディングFUNDINNOの第一号案件についての記事が掲載されました。

    FUNDINNO2017051001.png

    オンラインでも下記リンクで読むことができます。

    中小資金調達に新たな手法 株式投資型クラウドファンディング、わずか3時間半で上限達成(2017/5/9 SankeiBiz)

    読み比べてみたところ、縦書きと横書きの違いはありますが、内容は同じです。

     FUNDINNOが2017/4/24に行った第1号案件募集について、実に生き生きと表現されており、募集開始1時間40分で目標額の500万円を突破、3時間30分後には上限の1500万円を突破したこと。結果としては応募した89人中87人との売買契約が成立して、1460万円の調達に成功、一人当たりの募集額が1460万円であったことが伝えられています。

     募集を行ったBank Invoice(バンクインボイス)はこの資金を海外特許出願とセキュリティ対策費に使うとのことで、ビジネスを応援する投資家の資金が活用されることが期待されます。

     バンクインボイスの提供するサービスは途上国への投資を円滑にすることが期待できるそうです。それを期待する投資家の声を掲載されており、新しい資金調達の動きへの期待を喚起させる上手い構成となっています。

     さて、これだけではフジサンケイビジネスアイの記事の要約ですので、私からも少し情報を提供させていただきます。

     先日、経済に明るい記者さんから取材を受けたのですが、興味深い話を聞けました

     その記者さんは様々なスタートアップ関係者に話を聞く機会があるそうなのですが、株式型クラウドファンディングでの資金調達には慎重になる人が多い、とのことです。

    なぜかというと、

    「筋の悪い人が株主になる可能性があるから」です。

     万が一、ヤクザなどが株主になるとそのヤクザが株主としての権利を行使して、会社をコントロールしようとする恐れがあります。

    それどころか、反社が株主にいるとその企業の上場が認められなくなります

     日本はサヨクが声高に人権を言い立てるため、ヤクザがのさばっているのでこのような問題があるのです。

     反社の問題はソーシャルレンディング(融資型クラウドファンディング)においても存在します。現状、借り手の投資家への情報開示が金融庁の指導のために許されていません。この規制はやはり筋の悪い連中から、借り手を守るための措置とのことです。

     ソーシャルレンディングにおいては、投資家は「投資先企業への間接的な貸し手」ですが、株式型クラウドファンディングにおいては、「投資先企業の直接の株主」です。株式型クラウドファンディングの方が投資家により気を配る必要があると言えます。

     FUNDINNOもその投資家選考には慎重に慎重を重ねているものと推測されます。

     FUNDINNOの投資家登録を申し込んだが、審査に通らなかったという話題がネットで囁かれましたが、その慎重さも一因かと思われます。

    参考
    2016/12/24 FUNDINNOの投資家審査は一般的なサラリーマンでも通過できる。

    上記サンケイビズの記事の最後には

    1号案件で手応えを感じたJCCの大浦氏は「2カ月に1件程度のペースで募集をかけていく」と強調、株式投資型CFの知名度を高めていく考えだ。

    との発言が引用されています。

     2ヶ月に1回はゆっくりとしたペースのようですが、最初はこのペースで是非是非慎重に進めて欲しいと思っています。
     FUNDINNOの運営会社、日本クラウドキャピタルは単なる株式型クラウドファンディングによる資金募集だけではなく、その資金を集めた会社が安定した成長を成し遂げ、上場するための様々なリソース提供も検討しています。

    参考
    2017/2/22 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その1

    2017/2/28 株式型クラウドファンディング FUNDINNO事業計画発表会参加報告 その2

    FUNDINNOがこれからも魅力的な会社の資金募集を行い、その上場へつながることに期待です。

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています


     2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその2です。その1は下記リンクをご参照ください。

    2017/5/9 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その1


    各社セミナー情報(募集中のみ)

    TATERU FUNDING
    日時 :2017/5/20、2017/5/21 10:30~
    場所: 東京都港区 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ (5/20はこちら5/21はこちら)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
    日時:2017/5/29 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ


    オーナーズブック
    日時:2017/5/31(水) 19:00~
    場所 東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル株式会社 会議室
    セミナー情報ページ


    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    E 事業構想においてソーシャルレンディングが取り上げられました

     事業構想2017年5月号にて、ソーシャルレンディングに触れた記事が掲載されました。2017年3月8日に開催されたソーシャルレンディングサミットにおいて、同編集部が行った取材が下敷きになっています。

     記事は下記リンクより読むことができます。

    多様な資金需要の受け皿に 急成長するソーシャルレンディング(事業構想 2017年5月号 全部読むにはログインが必要)

     ソーシャルレンディングの可能性、急成長、注意喚起などについて触れられていますが、ひとつ記事の特徴を挙げるとしたら、「地方創生」と「中小企業・ベンチャー支援」に注目されている点です。さくらソーシャルレンディング、クラウドリース CAMPFIREの取り組みについて具体的に触れられています。

     特に注目と感じたことはさくらソーシャルレンディングにおいて、

    さくらソーシャルレンディングとmaneoマーケットは2016年12月、地方創生型ソーシャルレンディングをスタート。日本全国を8つの地域に分け、地元に密着した事業者とパートナー契約を行いながら、新築分譲の戸建開発やマンションのリノベーション販売などの不動産分譲開発投資案件、店舗開業・設備資金の投資案件、太陽光・風力・地熱など小規模自然エネルギー事業案件など、地域活性化に繋がる投資案件を創造していくという。


     と書いてあることです。さくらソーシャルレンディングは当初は本拠地である「九州」がファンド名に含まれる案件の募集を行いましたが、最近は北海道・近畿・中部などをテーマとした様々なファンド募集を行っています。
     
     こうした地方活性に注目した事業とその資金調達能力に注目されるのは、ソーシャルレンディングの地位向上のために有意義だと考えています。

     あともうひとつ注目と感じたことはCAPMFIREの代表取締役の家入一真氏が

     「利回りの高さだけではないソーシャルレンディングの価値を発信し、多様な投資家、例えば若者に興味を持ってもらうための仕掛けなども必要では」

     と発言されていることです。家入氏はこれまでも世間から注目されるイベントの中心人物となってきました。さてどうのような「仕掛け」がCAMPFIREのソーシャルレンディングには組み込まれるのか?若者を惹きつけられるか?に注目です。


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    F フィンテックについて触れるレポートの中で国内ソーシャルレンディングに触れられているのですが…

    情報通信の最新トレンドの配信サービスInfoComニューズレターにて、フィンテック特に融資部門に注目したレポートが配信されました。下記リンクで読むことができます。

    バランスシート・レンディングの可能性(2017/5/2 Infocomニューズレター 佐藤泰基氏著)

     FinTechの融資分野(オルタナティブレンディング)、特にバランスシートレンディングについて詳しい解説がなされています。

     国内ソーシャルレンディングについても触れられており、

    日本に比べ、海外ではマーケットプレイス・レンディングの展開が先行している。ベンチャー企業の米LendingClub社は米国で株式上場に至っており、貸し出し実績の蓄積と機関投資家の参加を背景に事業を拡大させている。日本においてはmaneo社がサービスを開始しており、今後の本格展開に注目が集まっている。

    との記述があります。

     maneoはマーケットプレイスレンディングであると述べられています

     しかしこのことには私は疑問を持っています。maneoを代表とする国内ソーシャルレンディングは世界基準ではマーケットプレイスレンディングではなく、バランスシートレンディングだと私は考えています。

    参考
    2016/7/21 どっち?[バランスシートorマーケットプレイス]レンダー その2 世界・国内の趨勢はいかに
    (マーケットプレイスレンディング、バランスシートレンディングについてはこの記事をご参照ください)

     世界でソーシャルレンディングを名乗るサービス(Lending Circle、Prosper、Funding Circleなど)は紛れもないマーケットプレイスレンディング(レンダー)なのですが、国内ソーシャルレンディングはいずれもバランスシートレンディングであることは、混乱を招いているようです。
     
     これは国内ソーシャルレンディングの黎明期において、日本の法律では営業できないマーケットプレイスレンディング(本来のソーシャルレンディング)を、国内でも営業が認められているバランスシートレンディングで可能な限り再現しようとした名残によるものと、私は考えています。

     いくらマーケットプレイスレンディングに似ているようでも、その融資資金が運営会社のバランスシートに記載されている。つまり貸し手が運営会社であるかぎりそのサービスはバランスシートレンディングなのです。

     もっともこのレポートで主に取り扱われているテーマはあくまで、トランザクションレンディングであり、そこについては実に適切な解説がなされています。

     「バランスシートレンディング」といった場合、トランザクションレンディングだけではなく、国内ソーシャルレンディングも含まれるので、今後その共通認識が広まれば幸いと考えています。


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    G 週刊SPA!2017年5月16日号にてソーシャルレンディングが副業の一つとして取り上げられています。

     週刊SPA!2017年5月16日号、連載「マネー得捜本部」にて「Vol.426 年収350万円から富裕層へ!年収1億円を稼ぐ」と題して、様々な副業のオススポイント、注意点が紹介されています。
     


     なお、この記事はハーバードビジネスオンラインの下記リンクでも読むことができます。

     年収350万円が年収1億円になった副業の達人現る!(2017/5/15 ハーバードビジネスオンライン)

     この連載においては1人の投資家がピックアップされ、解説役を任されることが多いです。今回は元サラリーマン投資家小林昌裕氏がその役を担っています。

     様々な副業が紹介されていますが、ソーシャルレンディングもその一つとして紹介されています。

     このSPA!での掲載については別途記事を作成いたしました。

    2017/5/30 週刊SPA!にてソーシャルレンディングが副業の一つとして取り上げられています。

    ご参照ください。


    H 週刊SPA!2017年5月23日号にてソーシャルレンディングが取り上げられています

     2017年5月16日号におけるソーシャルレンディングの扱いは「オススメ副業の一つ」という扱いでした。その次の号である2017年5月23日号では同連載の「Vol.427 "貸付”で年150万円稼ぐ個人投資家も!年利10%超のソーシャルレンディング」と題してまるまる2Pを使って大々的に扱われています。



    2017/5/22 追記
    この記事はハーバードビジネスオンラインでオンラインで読むことができます。

    個人投資家が狙っている年利10%超のソーシャルレンディングとは?(2017/5/22 ハーバードビジネスオンライン)

     クラウドポートの藤田雄一郎社長、クラウドクレジットの杉山智行社長とならんで、不肖このファイアフェレットも解説役として取り上げてもらっています。

    20170516_074139.jpg

    お読みいただければ幸いです。

    このことについては別途記事を作成しました。ご参照ください。

    2017/7/4 週刊SPA!でソーシャルレンディングが大きく取り上げられました。
     

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/5/23 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その3


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    SOCICOM2017052501.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    03_JC2017052401.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro_2017051601.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    オーナーズブックの魅力は早期償還時には利回りアップ!
     手堅い不動産運用が評判を呼び、最近案件が募集後あっというまに締め切られるオーナーズブックへ無事投資できました。

     あまりの人気のために、予告していた投資が行えなかったことを先日謝罪しましたが、今回また謝罪を繰り返すことがなくて良かったです。なお、この案件も募集開始日に埋まってしまったので、ぼーっとしていたら危なかったです。

     今回はそのことに加えて、オーナーズブックの他のソーシャルレンディングサービスにない魅力である、「早期償還時には利回りアップ!」にも触れたいと思います。

    参考
    20174/29 オーナーズブックに再チャレンジ!
    (オーナーズブックの最近の人気ぶりもこの記事で伝えています)。

    2017y05m10d_114438020.jpg

    今回、狙ったのは新宿区オフィス第1号ファンド第1回です。

    2017y05m10d_114511924.jpg

    2017y05m10d_114500803.jpg

    無事投資申し込みを行えました!

    さて、オーナーズブックは他のソーシャルレンディングサービスに比べて利回りが低めです。

    4.5%~6%という利回りは、他のサービスが5~10%であるのに対して明らかに見劣りします。

     しかしオーナーズブックの他のサービスに無いユニークな点は、投資先の不動産が予定より早く売却できたなどの理由で、早期償還が行われる場合は、利回りがアップするところです。


    OB20170151301_13.png

     これらはオーナーズブックが比較的最近償還を行った案件ですが、予定利回りが5~6%であるのに対して、実際の利回りは6~10%になっています。

     なお、これまでオーナーズブックでは28案件において元本が償還され運用が終了していますが、そのうち15案件において早期償還が行われ利回りがアップしています。割合でいうと約54%と半数を超えます。

     早期償還の際には利回りアップ!これは他のサービスでは現状採用していない、オーナーズブックの魅力です。

     不動産の卓越したプロが手がける手堅い小口不動産投資、都内優良不動産担保に加えて、早期償還の際には利回りアップのボーナス!

    という魅力をもつオーナーズブックでの投資をご検討いただければ幸いです。

    2017y05m12d_095936916.jpg

     オーナーズブックでは5/17に「豊島区オフィス第2号ファンド第2回 」の募集が開始されますが、これも人気案件になることが予想されます。

     今回の記事は当ブログが相互リンクさせていただいている「けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記」の早期償還、その際の利回りアップについての考察記事を参考にさせていただきました。御礼申し上げます。

    参考
    2017/4/29 オーナーズブックで利回り10%を狙えるか(けにごろうのはじめてのソーシャルレンディング日記)

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク
    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ


    東洋経済がみんなのクレジットの問題を様々に取り上げてくれています

     ソーシャルレンディング業界を騒がせたみんなのクレジットへの行政処分。ソーシャルレンディングを取り扱うブログ、メディアでは大々的に取り上げられました。
     しかし現状のところ一般メディアにおける扱いは小さいです。そのほとんどがベタ記事であり、簡単に事実関係を説明したものが大半です。

     そんな中で気を吐くのが東洋経済です。

     行政処分が降りた直後の2017/4/1には早速「東洋経済ONLINE」にて下記の記事を掲載しています。

    みんなのクレジット、自転車操業の驚愕実態 年利14.5%の利回りをうたい、資金を集めた(2017/4/1 東京経済ONLINE 山田雄一郎氏著)

    単に事実関係を伝えるだけではありません。

    44億円を集めたすさまじい集金力がフィンテックブームに乗ったものであること、
    担保設定が投資家を騙すような形になっていること、
    融資先が実際は自社グループであったこと、
    ファンドの償還が自転車操業状態だったこと、
    その結果自社グループ企業は債務超過に陥ったこと
    それを解消するために、投資家の資金を利用して増資が行われたこと


    などがテンポよく記されています。

     一方でみんなのクレジットからの抗弁は

    はたしてこれらの説明で投資家や金融庁は納得するだろうか。少なくとも監視委員会は検査をした結果、会社側の言い分を納得できないからこそ、今回の処分勧告をしたように見える。

    と一蹴しています

     矛先は広告記事を載せたメディア、白石伸生代表にインタビュー掲載を行ったサイトにも向けられており、投資熱を煽ったこと、箔付けに一役買ったことをチクリとやっています(当ブログもインタビュー記事を掲載しているので非難の対象でしょう)


    ※広告記事を載せたメディアについては下記記事をご参照ください

    2017/6/22 みんなのクレジットが別冊宝島で取り上げられています

    白石代表が過去ベンチャーの旗手として脚光を浴びた経歴にもいろいろ言及されています。

     FinTechブームに乗っかったみんなのクレジットはもちろん、それを取り上げたメディア、もちろん投資家も戒める、全体としてはそのように私は感じました。

    上記記事はオンラインですが、その後本誌(週刊東洋経済)でも取り上げられました。

    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない



    東洋経済2017年4月15日号にそれは掲載されています。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    週刊 東洋経済 2017年 4/15号 [雑誌]
    価格:690円(税込、送料無料) (2017/5/9時点)


     「ニュース最前線」という業界の注目記事がピックアップされ掲載されるコーナーにおいてです。オンラインでも有料会員ならば下記リンクで読むことができます。

    不良業者に行政処分 フィンテック熱に冷水-高利回りで注目を集めるソーシャルレンディングには課題が山積みだ。」(東洋経済2017年4月15日号 二階堂遼馬氏著)

    「不良業者」、「課題が山積み」と刺激的なタイトルですが、中身も厳しいものです。

     記事前半部分は行政処分、処分の理由について事実関係を伝えるものです。特に目新しいところはありません。

     記事後半には騒動を受けての「同業他社」の対応について様々に触れられています。ここは注目です。

    maneoについて書かれた部分を引用します。

    最大手で元本回収遅延
     この一件に焦ったのは同業他社だ。成立ローン総額が最も大きいmaneo(マネオ)マーケットの瀧本憲治代表は、「ソーシャルレンディングが一様に危ないと思われる懸念を払拭したい」と危機感を募らせる。所属する第二種金融商品取引業協会で異種規制ルールを作成し広告や勧誘に規範を設けるなど、業界の信頼回復に努めている。
     ソーシャルレンディングの課題は他にもある。そもそも日本企業の資金需要は細っており、返済懸念のない融資先を見つけることが難しい点だ。実際、マネオのファンドでは3月28日に、融資先の経営状態が厳しくなったことから元本の回収遅延が発生している。


    みんなのクレジットからの行政処分勧告がなされた直後に瀧本社長がブログで発表された記事、「2017/3/24 自主規制ルール作りに参加しています。( 投資の現場レポート)」を読んでいる私としては、

    ソーシャルレンディングでは騒動後も相変わらず順調に投資資金が集まっていることを知っている私としては

    加えて多少なりとも滝本社長の為人(ひととなり)を知っている私としては


    「危機感を募らせる。」との表現には違和感を覚えます。正直、筆者の勝手な「忖度」だと思います。経済誌で企業の代表者の感情が勝手気ままに「忖度」されるのは定番の表現なので腹は立ちませんが。

    しかし上記引用部分にある、次の点はあまりに牽強付会に感じて、すこし怒りを覚えます。

    日本企業の資金需要は細っており、返済懸念のない融資先を見つけることが難しい点」が強調され、その論拠が「2017/3/28に起きた回収遅延」になっていることです。

     maneoはこれまで700億円近いローンを成約させ、そのうち550億円もの償還を行ってきました。

     上記の遅延は3案件(融資額約7千万円、そのうち遅延中は約4千500万円)であり、金額ベースで0.06%に過ぎません。他には延滞中の案件はありません。事業性融資におけるデフォルトはゼロです。元本の回収遅延やデフォルトがしょっちゅうおきていて、そのことを具体的な例として取り上げるならばともかく、このような「0.1%に満たない細事」を取り上げて

    返済懸念のない融資先を見つけることが難しい

    とやるのはアンフェアです。

     業界全体でこれまで約1500億円(2017年4月末)もの募集を行っている実績から見たら、上記の「日本企業の資金需要は細っており、返済懸念のない融資先を見つけることが難しい点だ」は銀行の融資基準による考え方であり、ソーシャルレンディングの登場により、過去のものになりつつあることを指摘したほうが自然に感じます。

     わずか4千500万円の遅延で約1500億円以上のローン実績を打ち消すのはあまりに暴論と感じたので、チクリとやらせていただきました。


    この記事には以下の表が掲載されています。

    2017y05m09d_115035113.jpg

     表に掲載されているのはmaneoSBIソーシャルレンディング、ラッキーバンク、LCレンディングみんなのクレジットクラウドクレジットオーナーズブック(ロードスターキャピタル)です。

    記事本文ではmaneoに続いて、オーナーズブック(ロードスターキャピタル)の

    返済が滞った場合に備えて不動産担保に設定する運営会社もある

    という動きが紹介されています。

    クラウドクレジットの杉山智行社長の

    「国内の不動産付きローンでは市場に限界がある。海外に目を向ければ高い金利でも資金需要がある」

     という発言も紹介されています。なお、貸出金利の国内の上限が15%(100万円以上の貸出元本に対して)なのに対して、クラウドクレジットの取り扱っている案件の中には30%を超えるケースもあります。

     記事の最後に置かれている文章は私達投資家が肝に銘じなければならないところがあるかなと思いますので引用いたします。

    フィンテックの動向に詳しい落合考文弁護士は「金融業の果たしていた役割を代替するベンチャーが現れているが、融資業務では運営体制が整っていないところもある」と、運営会社が信頼できるかを判断する必要性を指摘する。ソーシャルレンディングが一般投資家に広まるには。解決すべき課題は多い。


    「運営会社が信頼できるかを判断する必要性」の重要さに関しては全くの同感ですので、その判断材料が、どんどん世の中に提供されることに期待です。当ブログも少しでもお役に立てばと思います。

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク
    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その1

    ※各社、各社案件比較表は最後に掲載しています


     2017年5月期、ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)サービス比較、業界動向を私の知るかぎりですが報告します。今回はその1です。

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    オーナーズブック
    日時:2017/5/10(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ

    TATERU FUNDING
    日時 :2017/5/20、2017/5/21 10:30~
    場所: 東京都港区 インベスターズクラウド本社
    セミナー情報ページ (5/20はこちら5/21はこちら)

    maneoLCレンディングクラウドリースアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディング、、アップルバンク
    日時:2017/5/29 19:00~
    場所 東京都千代田区 東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!


    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング


    A.クラウドポートの藤田代表へのインタビュー記事がプレジデントオンラインに掲載されました

     ソーシャルレンディングの利回りの高さは魅力的ですが、一方で様々な懸念と疑念が一般投資家には根強く残っていることかと思います。
     ソーシャルレンディング情報サイト、クラウドポートの藤田雄一郎代表へのインタビュー記事がプレジデントオンラインに掲載されました。上記の疑念に答える形で、記事が構成されています。聞き手は経済ジャーナリストの丸山隆平氏です。以下リンクで読むことができます。

    平均年利8%超「ソーシャルレンディング」は危ないのか(2017/4/29 プレジデント )

     ソーシャルレンディングの市場規模の拡大、2017年には現在22社ある運営会社が25社に増える見込みであることなど、順調な業界の成長過程にあること

     その成長が期待される理由として、一般的に世間で言われているように日本全体が金融緩和により十分供給されているわけではなく、中小・零細企業には変わらない資金需要があり、信金、信組が十分それをカバーしきれていなこと

     投資家への利回りが高い理由として、運営会社の低コスト体質、高い貸出金利であること


    などに触れられています。

     また、世間にまだ怪しい、危険だと言われることが多いことについて、その理由がまだ世間にソーシャルレンディングが十分に周知されていないことを挙げ、公平な立場から情報を配信することによって業界の発展と個人の資産運用に寄与する抱負が語られています。

     ソーシャルレンディングの高利回りの理由として、単に融資先に高い金利で貸しているのだと解説するサイトは散見されますし、そう思っている方も多いかと思います。
     しかし理由はそれだけではないことは、上記インタビュー記事で述べられている通りです。銀行と違ってソーシャルレンディングの運営会社はたくさんの窓口応対員も雇っていませんし、各駅に店舗を設けるということもしていません。取引をネット主体にすることでコストをおさえています。これはもっと強調されていいですし、周知してほしいと思っています。


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス


    B 日経新聞にソーシャルレンディングが紹介されました。

     日経新聞にてソーシャルレンディングの紹介記事が掲載されました。4/29の紙面にまず掲載され、5/2に無料で公開されているNIKKEI STYLEに再掲載されるという形になっています。

    ソーシャルレンディング 高利回り、ネットで投資募集 延滞や焦げ付きリスク(日経新聞2017/4/29 全部読むにはログインが必要)

    ソーシャルレンディング 高利回り、ネットで投資募集 延滞や焦げ付きリスク(NIKKEI STYEL
    2017/5/2)

     ソーシャルレンディングに興味を持つ読者に回答する形で記事が形成されています。全体的には投資をするならば、これらのことに気をつけてとの、注意喚起の面が大きい記事です。

     サービス名としてはmaneoSBIソーシャルレンディングクラウドクレジットが掲載されています。

     日経新聞のこの記事については別途エントリーを作成しました。後日掲載します。


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    C 東洋経済の特集において、ソーシャルレンディングについて少し言及されています

     東洋経済2017年3月25日号の特集「大編成、金融庁、フィンテック 銀行マンの運命」において、ソーシャルレンディングについても、わずかに言及があります。同特集は様々な社会情勢の変化により、変革を強いられている銀行の、またそこで働く銀行員にスポットを当てたものです。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    週刊 東洋経済 2017年 3/25号 [雑誌]
    価格:690円(税込、送料無料) (2017/5/8時点)



     同特集の第Ⅲ章「敵か味方かフィンテック」において、銀行の業務を代替しつつある新興勢力のフィンテックに対して、銀行が主に協力・提携・投資などにおける協業を模索している様子が語られています。

    30_20170323_192402.jpg

     このような図(71P)が掲載されています。従来のフィンテックは銀行の3大業務(為替、預金、融資)の周辺分野が事業領域でした。それが近年どんどんその3大業務そのものに進出していることが指摘されています。

     ソーシャルレンディングは「融資」に進出している、サービスとして紹介されており、サービス名としてはmaneoラッキーバンクが挙げられています。ただし記事本文においてはソーシャルレンディングへの言及はありません。ソーシャルレンディングのすぐ下にあるfreeeとマネーフォワードがそのクラウド会計で蓄積した財務データーを活用し、銀行の融資業務へつなげつつあることが、大きく取り上げられています。

     記事のテーマが銀行とフィンテックベンチャーの協業なので、現状それが表立っていないソーシャルレンディングがこういう扱いになるのは、やむを得ないのかもしれません。

     なお、ソーシャルレンディングの説明として”大量のデーターを活用”とありますが、これは正しい説明であるか疑問です。AIを融資審査に用いている海外のソーシャルレンディングサービス(Lending Clubとか)ならば正しいのかもしれませんが、日本のソーシャルレンディングにおいては、そのような話を聞いたことがありません。
     これは左隣にある「ビッグデータ与信・融資」の説明としたほうが、まだ適切と思うのですが・・・。

     さらにひとつ、「ビッグデータ与信・投資」の解説として”貸し手と借り手の直接取引を実現”とありますが、これまた海外のソーシャルレンディングサービス(やはりLending Clubなど)の説明みたいです。SHARESとLENDYのサービス内容をちょっと調べてみましたが、適切であるか非常に疑問です。

    “AI、ビッグデータを活用して融資”とでもしてくれれば違和感はないのですか・・・

    まあ深くは追求しないでおきましょう。

     74~75Pには金融機関xフィンテックベンチャーの協業関係という図が掲載されています。

    31_20170323_192535.jpg

     その図において、maneoとTHEOがGMOクリック証券と提携していることが示されています。

     この特集の主体はあくまで銀行ですが、日本のソーシャルレンディングは上記のとおり銀行と目立つ提携、協業は行っていません。また規模の違いによることが多いのでしょうが、銀行の融資業務の敵としてライバル視されているとの話も聞いたことがありません(私が知らないだけかもしれませんが)。

     ただまったく関係がないというわけではなく、maneoへは銀行系VCが出資をしています。東京スター銀行はmaneoの子会社UBIファイナンスとコミットメントライン契約を結んでいます

    参考
     2017/4/19 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年4月期 その3 1.3 maneoは東京スター銀行とのコミットメントライン契約締結を行いました

    2017/2/25 maneo2017年1月期ニュース、瀧本社長の大いなる野望

     ソーシャルレンディングはこの調子で銀行とどんどん提携していくのか?はたまた現状のようにニッチな存在であり続け、銀行とあまり関わることなく営業していくのか?融資のライバルとしてガチにぶつかるのか?

     私としては、提携して発展してもらうのが一番いいのではないかと思います。海外ではそうなっているようですし。

    参考
    2017/2/21 ソーシャルレンディングは地銀とは相容れないライバルなのか?


    D.大手町で開催されるフィンテックイベントにクラウドポートとクラウドクレジットの代表が参加します

     フィンテックの融資部門における世界的なコンファレンス(研究会議)にLendIt Conferenceというものがあります。それを主催するJason Jone CEOが来日して、東京千代田区大手町にて2017/5/15にセミナーが開催されます。
     Jone氏の講演に引き続き、パネルディスカッションが行われますが、そこにクラウドポートの柴田陽共同創業者とクラウドクレジットの杉山智行代表取締役がパネリストとして登壇します。

     イベント詳細、参加は下記ページをご参照ください(参加料無料、英語のみの講演)

    USA・Europe・China FINTECH最新動向 LendIt Conference CEO Jason Jones来日!

    今回はここまでにさせてください。

    次回記事
    2017/5/16 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2017年5月期 その2

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較1
    SOCICOM2017052501.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較2
    02_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較3
    03_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較4
    03_JC2017052401.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディングサービス提供社比較5
    05_socicom_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較1
    11_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較2
    12_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較3
    13_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較4
    14_socipro_2017050801.png


    2017年05月時点ソーシャルレンディング案件比較5
    socipro_2017051601.png


    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額
    ソーシャルレンディング投資結果報告2017年3月期

     ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)投資履歴2017年3月期です。

    1.AQUSH

    まずはAQUSHです。

    01_2017y04m25d_170052451.jpg

    約63万円を投資中です。運用中が約62万4千円、現金が約6千円です。

    02_2017y04m25d_170102637.jpg

     上記6ファンドを運用中ですが、すべて本来の償還時期は過ぎています。元本償還は滞っていますが、利息は延滞金利が上乗せされ、支払われています。

    03_2017y04m25d_170108269.jpg

    AQUSHからの税引き後利益は5千130円となりました。


    2.maneo

    次はmaneoです。

    04_2017y04m25d_170204749.jpg

    約434万3千円を投資中です。約387万円を運用中、47万円を投資申し込み中、約1千円が現金です。

    05_2017y04m25d_170214982.jpg

    運用中、運用申し込み中の案件一覧です。

    06_2017y04m25d_170231253.jpg

    maneoのからの税引き後利益は2万3千366円となりました。

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額600億円は伊達じゃない



    3.クラウドバンク

     つぎはクラウドバンクです。

    07_2017y04m25d_170308942.jpg

    約186万円を投資中です。約171万円を運用中、約15万円を運用申込中、現金は約千円です。

    08_2017y04m25d_170317491.jpg

    運用中ファンド一覧です。

    09_2017y04m25d_170324199.jpg

    クラウドバンクからの税引き後利益は7千4円となりました。

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス


    4.SBIソーシャルレンディング

    次はSBIソーシャルレンディングです。

    10_2017y04m25d_170340657.jpg
    11_2017y04m25d_170348160.jpg

    約18万円を投資中です。そのうち約15万円を運用中、現金が約3万円となります。

    SBIソーシャルレンディングからの税引き後利益は481円となりました。

    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績170億円超え!SBIソーシャルレンディング


    5.クラウドクレジット

    次はクラウドクレジットです。

    12_2017y04m25d_170454120.jpg

    約260万円を投資中です。約250万円を運用中、約10万6千円が現金です。


    13_CC2017042501.png

    投資中の案件一覧です。


    144_CC2017042502.png

    クラウドクレジットからの税引き後履歴は3千203円となりました。

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    6.ラッキーバンク

     次はラッキーバンク>です。

    15_2017y04m25d_172401931.jpg

    約86万円を運用中です、そのうち35万円を運用中、約51万円が現金となります。

    16_2017y04m25d_172409700.jpg

    これらの案件に投資中です。

    17_2017y04m25d_172415503.jpg

    ラッキーバンクからの税引き後利益は1千986円となりました。

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク


    7.オーナーズブック

     次はオーナーズブックです。

    18_2017y04m25d_170927250.jpg

    約120万円を投資中です。約104万円を投資中、約16万円を投資申込中、約300円が現金です。

    19_2017y04m25d_170936875.jpg

    これらの案件に投資中です。

    20_2017y04m25d_170953864.jpg

    オーナーズブックからの税引き後利益は4千774円となりました。

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookで安全資産運用
    OwnersBookwide2016031801


    8.LCレンディング

    次はLCレンディングです。

    21_2017y04m25d_171014971.jpg

    現在約228万円を投資中、約210万円を運用中、現金は約9千円です。

    22_LC2017042502.png

    これらの案件に投資中です。

    23_2017y04m25d_171118072.jpg

    LCレンディングからの税引き後利益は7千937円となりました。


    10.ガイアファンディング

    次はガイアファンディングです。

    24_2017y04m25d_171133204.jpg

    現在約194万円を投資中、そのうち192万円を運用中、現金が約1万6千円です。

    25_GAIA2017042502.png

    これらの案件に投資中です。

    26_2017y04m25d_171308535.jpg

    ガイアファンディングからの税引き後利益は1万1千477円となりました。


    11.トラストレンディング

    次はトラストレンディングです。

    27_2017y04m25d_171438540.jpg

    260万円を投資中、全額を運用中です。

    28_2017y04m25d_171449117.jpg

    これらの案件に投資中です。

    29_2017y04m25d_171458368.jpg

    トラストレンディングからの税引き後利益、1万8千681円が私の銀行口座に振り込まれました。

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ




    12.クラウドリース

    次はクラウドリースです。

    30_2017y04m25d_171522500.jpg

    約157万円を投資中、54万円を運用中、102万円を投資申込中、約6千円が現金です。

    31_CL2017042501.png

    これらの案件に投資中です。

    32_2017y04m25d_171650749.jpg

    クラウドリースからの税引き後利益は9千156円となりました。


    13.スマートレンド

    次はスマートレンドです。

    33_2017y04m25d_171708128.jpg

    約31万円を投資中、30万円を運用中、約1万円が現金です。

    34_2017y04m25d_171716177.jpg

    これらの案件に投資中です。

    35_2017y04m25d_171725319.jpg

    スマートレンドからの税引き後利益は1千277円となりました。


    14.みんなのクレジット

    次は14.みんなのクレジットです。

    36_2017y04m25d_171753446.jpg

    現在50万円を投資中です。全額を運用中です。

    29号案件に投資中です。

    37_2017y04m25d_171804319.jpg

    14.みんなのクレジットからの税引き後利益は2千872円となりました。


    15.グリーンインフラレンディング

    次はグリーンインフラレンディングです。

    38_2017y04m25d_171819389.jpg

    約102万円を投資中、そのうち50万円を運用中、50万円を投資申込中、約7千円が現金です。

    39_2017y04m25d_171826518.jpg

    これらの案件に投資中です。

    40_2017y04m25d_171833460.jpg

    グリーンインフラレンディングからの税引き後利益は6千599円となりました。


    16.さくらソーシャルレンディング

    最後がさくらソーシャルレンディングです。

    41_2017y04m25d_171858857.jpg

    現在60万円を投資中です、全額を運用中です。現金は約3千円となります。

    42_2017y04m25d_171909948.jpg

    これらの案件に投資中です。

    43_2017y04m25d_171921165.jpg

     さくらソーシャルレンディングからの税引き後利益は3千453円となりました。これがはじめての配当となります。

    毎月恒例のいい加減な方法で求めた各サービスの運用金利です。


    05_201701_AA修正

    2017年3月期における全サービスからの税引き後利益は10万7千396円となりました。

    ※利率の求め方、各社からの月ごとの配当を運用中金額(運用中、運用申し込み中、現金の区別なし)で割るという乱暴な方法で計算(年利換算)。


    06_201701_BB.png

     2017年3月末時点でのソーシャルレンディングを始めてからの税引き後利益は360万5千229円となりました。損失は577円。損益は360万4千652円となりました。

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ


    東洋経済の特集でソーシャルレンディングについて触れられました

     東洋経済2017年3月11月号の特集「お金を殖やす!-ワナと正解」にてソーシャルレンディングについて軽く触れられました。

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    週刊 東洋経済 2017年 3/11号 [雑誌]
    価格:690円(税込、送料無料) (2017/4/27時点)


    同特集は


    日本人は間違った資産運用をしているのでは?米英に比べて日本の金融資産の伸びは驚くほど小さい。今までの運用方法を見直し、年金・投信、株式投資、不動産投資、保険、節税・節約という5つの分野に関する極意をしっかり学ぼう。

    というキャッチとともに、様々なお金の知恵が紹介されています。

     財産形成、お金のお得技は各雑誌で頻繁に特集となるテーマです。しかし、経済誌の特集で薦められる金融商品としてソーシャルレンディングが取り上げられることはまず、これまではありませんでした(マネー雑誌、投資情報雑誌ならばあります)。

     これまで紹介されるのは、インデックス型の投信、株式、保険、iDeCoなどの、投資家から手数料をぼったくることがない、またリターンが着実に望めそうなものが中心でした。

     しかし東洋経済の今回の特集においては、

    ハイリスク・ハイリターン狙いの個人投資家が注目!
    最新ネット金融商品の実力 インターネットを活用した新しい金融商品が続々と誕生している。資金の借り手と出し手をつなぐ商品や、仮想通貨は投資対象になりうるか。

    の煽りとともに1ページの半分を使ってソーシャルレンディングが紹介されています。

    20170309_200822.jpg

     その部分を引用します。

    ソーシャルレンディング 年5%超の高利回り実態はあくまで投資

    「利回りの高さが魅力」。30代の男性はそういってソーシャルレンディングへ約100万円投資する。
     ソーシャルレンディングとは、金融機関から融資を得られないような企業への高金利の融資資金を、インターネットなどを通じて募る事業だ。投資家と企業つなぐ仲介運営会社がファンドを組成。そこに個人が出資し分配収益を得る。
     たとえば業界3位級のクラウドバンク(日本クラウド証券運営)は、「風力発電ファンド40号」などをサイトに掲載し、出資者を募っている。このファンドの目標利回りは6.4%、目標金額は7025万円で、風力発電など再生可能エネルギーを運営する合同会社へ融資する。ただし、その合同会社の名前は明かされない。ファンドはこの合同会社以外にも融資している。このファンドに投資しようという個人投資家は、実際のお金の流れを知ることができないのだ。ほかのソーシャルレンディング運営会社も同様の仕組みになっている。
     それでも資金は集まる。冒頭の30代男性は2014年から複数のソーシャルレンディング運営会社に50件近く投資してきたが、すべて償還されたという。ただし6ヶ月などと掲げられている運用期間が突如短縮され、3ヶ月などで早期償還されるケースが半数ほどあるという。
     「レンディング(融資)」との名称だが、個人投資家にとってはあくまでも投資。出したお金が戻ってこないリスクも踏まえたうえで臨みたい。

    となります。

     ソーシャルレンディングの仕組みについて簡単に解説する図においては、上記のとおりmaneoSBIソーシャルレンディングクラウドバンクが取り上げられています

     同特集でのお勧め金融商品、お得技としては低コストETF、インデックス型投信、値上がりが見込める株式、好物件における不動産投資、ジュニアNISA、セルフメディケーション、ふるさと納税、などが紹介されています。

     ソーシャルレンディングはそれらと同列ではなく、「リスク覚悟で臨むべき」とされている投資商品としての紹介です。なお、同ページには「ビットコイン」がソーシャルレンディングとほぼ同じスペースで掲載されています。

     ただし、同特集で明確にダメ出しされている、高コストアクティブ型投信、ラップファンド、銀行の対面営業で薦められる手数料が高い投資商品、貯蓄性保険などもあるので、それらに比べればずっとマシな扱いといえます。

     少しだけ突っ込ませてもらいますと、

    「ただし、その合同会社の名前は明かされない。ファンドはこの合同会社以外にも融資している。このファンドに投資しようという個人投資家は、実際のお金の流れを知ることができないのだ。」

    と書かれているのですが、これには不服があります。

    これでは運営会社が怪しいことをしているようです。

     「その合同会社の名前は明かされない」と表現されてますが、これは融資先情報詳細が投資家へ非開示であることを指しているものと思われます。しかしソーシャルレンディング運営会社は投資家に情報を隠して怪しい投資商品を売りつけているわけではありません。金融庁がそのように運営会社に指導しているのです。

     また「ファンドはこの合同会社以外にも融資している。」という表現も考えものです。これでは運営会社が横流しを行っているように読者は感じてしまうのではと思います。
     これもまた、「案件の複数化」という、これまた金融庁からの指導です。1案件で1社のみの融資というのは許されないのです。

    参考
    2015/4/6 実務的な対応をさせて頂きました。(maneo社長瀧本憲治氏のブログ 投資の現場レポート)

     これまで当ブログで何回も指摘してきましたが、このように投資家にとって害悪でしかない規制が運営会社の責任ではなく、金融庁の指導によるものであることを、どこのメディアも識者も書いてくれないのは実に不思議です。
     会社四季報を出版し、100年に至らんとする歴史をもつ東洋経済新報社さえも金融庁には遠慮しているのでしょうか?
     正しい情報を読者に伝えてくれることを希望したいです。

    参考
    2016/5/16 野口悠紀雄氏が指摘するソーシャルレンディングの可能性と問題点、その2~案件の中身が公開できないのは運営会社の怠慢ではない~


    2016/4/7 ソーシャルレンディング各社、各サービス比較2016年11月期 その2 D 日経新聞においてソーシャルレンディングに警鐘を鳴らす内容の記事が掲載されました


     しかしそれ以外の面においては、「資金の借り手と貸し手」を結ぶ、と表現されることの多い国内ソーシャルレンディングが、「資金の借り手と出し手」と正しく表記されていること。
     ありきたりなソーシャルレンディングのデメリットの指摘ではなく、「早期償還が多い」という、実際にソーシャルレンディング投資をしなければわからない点が挙られていることには、筆者のセンスを感じます。
     
     東洋経済という老舗のブランド雑誌に紹介されることによって、ますますソーシャルレンディングが周知されることに期待です。

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ




    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク
    maneoファミリーがマネーフォワードに対応しました

    家計簿アプリ日本最大手のマネーフォワードがmaneoファミリーの(ほぼ)全てに対応しました。

     マネーフォワードにおいて、ソーシャルレンディングサービスとしては、オーナーズブックガイアファンディングがすでに対応しておりました。

    00_2017y04m13d_152857728.jpg

     2017/4/11にmaneoファミリーのmaneoLCレンディングクラウドリーススマートレンドアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディンググリーンインフラレンディングキャッシュフローファイナンスがに新たに加わりました。

     ただし新しく登場したばかりのアップルバンクはまだ加わっていません。

    01_2017y04m13d_143354770.jpg

    早速対応しているサービス全てを登録してみました(私が投資中のサービスのみ)。

    02_2017y04m13d_152011536.jpg

    現状、オーナーズブックで運用中の資産は「債券」
    maneoファミリーで運用中の資産は「その他の資産」と仕分けされています。

    サービスごとの資産情報は以下のように表示されます。

    1.maneo
    10_2017y04m13d_143558336.jpg
    11_2011_017y04m13d_143605307.jpg

    2.オーナーズブック
    20_2017y04m13d_143835287.jpg
    21_2017y04m13d_143839370.jpg


    3.LCレンディング
    01_2017y05m04d_052806516.jpg
    02_2017y05m04d_052812350.jpg


    5.クラウドリース
    03_2017y05m04d_052819463.jpg
    04_2017y05m04d_052823635.jpg


    6.スマートレンド
    05_2017y05m04d_052830187.jpg
    06_2017y05m04d_052833417.jpg


    7.さくらソーシャルレンディング
    07_2017y05m04d_052838719.jpg
    08_2017y05m04d_052841938.jpg


    8.グリーンインフラレンディング
    09_2017y05m04d_052846637.jpg
    10_2017y05m04d_052850018.jpg


     オーナーズブックで運用中のファンドは「投資残高」、maneoファミリーで運用中のファンドは「貸出元本」と仕分けされています。

     ソーシャルレンディングは貸出(融資)を投資スキームに組み込んでいますが、投資家にとっては飽くまで「投資」なので、「投資残高」の方が適当かと思われます。

     また、maneoファミリーではファンドごとの情報が表示され、自分がどのファンドにいくら投資しているかが分かるようになっています。

     しかしオーナーズブックでは「投資残高」と一括りにされています。

    03_2017y04m13d_152028030.jpg

     また、maneoファミリーではファンド1つごとの収益が細かく家計簿の欄に反映されることが確認できました。ただしファンドの名称は記載されていません。

    moneyforwarnd20170503.png

    以上をまとめた表を反映しました。

     資産としての仕分けのサービスの垣根を超えた統一、ファンドごとの細かい情報表示などまだまだ課題は多いですが、ますますソーシャルレンディングに投資中の資産管理がしやすくなったことは歓迎です。

    これから対応サービスがますます増え、資産管理に役立つことに期待です。


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス


    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」

    WealthNaviでの投資を開始します

    Wealth Naviでの投資を開始します。

     前回の記事で、口座開設を申し込んだ時点では検討段階でしたが、いよいよ投資への決意を固めました。

    参考
    2017/4/23 WealthNaviでの投資を検討中

    経緯を段階的に報告します。

    01_2017y05m02d_015256064.png
    前回登録を済ませたところです。

    02_2017y05m02d_015312064.png
    登録をすませた後、運用開始までは

    ①運用プランを決める
    ②簡易書留を受けとる
    ③入金する

    の3段階を踏む必要があります。

    03_2017y05m02d_015521207.png
    「①運用プランを決める」ために「運用プラン診断」を行います。

    04_2017y05m02d_015558309.png
    前回の記事でお伝えしたとおり、私のリスク許容度は「2」です。
    300万円で運用を開始すれば、20年後に70%の確率で381万円以上にすることができます


    05_2017y05m02d_020006710.png
    20年後に381万円というのは、初期設定の300万円で運用を開始して、積立額0円の場合の結果です。

     さすがにそれだけの額をいきなり運用するのは怖いので、最低投資額の30万円を最初に振込、3万円を積み立てていくように「詳細設定」で変更しました。


    06_2017y05m02d_020322365.png
    運用プラン決定です。


    09_2017y05m02d_020240601.png
    運用プランを決めることにより、Wealth Naviから簡易書留が発送されるようです。

    私は登録を済ませた段階で簡易書留が発送されるものとばかり思っていました。
     そのため簡易書留の受取が遅れました。ご注意ください。(4/22登録、4/26診断とプラン決定、4/28書留発送、4/30受取)

    08_2017y05m02d_020124777.png
     書留を受け取ったのは4/30の朝でしたが、その日の午後2時は受取を確認したとのメールを受け取ることができました。

    09_2017y05m02d_020240601.png
    ログイン後の画面でも「②簡易書留を受け取る」まで進みました。あとは入金を済ませるだけです。


    10_2017y05m02d_020412258.png
    現段階では資産は0円ですが、どのように推移していくかが楽しみです。


     さて、初期投資額の30万円を振り込むタイミングですが、G.W後相場が落ち着いた時にしようかと思っています。

     もう10年ほど前のことと記憶していますが、G.W直前に信用買で結構な買建を行った後、G.W後に市場が暴落して、結構な損失を被った苦い思い出があるからです。

     Wealth Naviは投資資金を平日20時までに振り込むとその日の夜には取引が開始されるとのことです。タイミングはよく考えたいと思っています。

    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook

    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!

    ソーシャルレンディング 主要23サービス 2017年4月期募集額速報

     ソーシャルレンディング主要23サービスの2017年4月における、募集総額速報をご報告します。

    01_2017y04m30d_232312806.png

     2017年4月期における主要23サービスの募集総額(速報値)は101 億 5千318万円となりました。これは前月(2017年3月期)の100億2千151万円を抜いて歴代1位となります。

     各サービスに目を向けると、月あたりの募集額が歴代1番目になったのは、

    SBIソーシャルレンディングラッキーバンクスマートレンドTATERU FUNDINGとなります。

     同じく月あたりの募集額が歴代2番目になったのは、

    クラウドクレジットオーナーズブックアメリカンファンディンググリーンインフラレンディングとなります。

     2017年4月はSBIソーシャルレンディングが28億2,361万円を募集し、これは全サービスのなかで一番となります。maneoが月募集額の首位を明け渡すのは、2015年の10月にLCレンディングが1番になった時以来であり久しぶりです。

     なお、2015年10月においては、LCレンディングが12億4千883万円、maneoが10億2千295万円でした(サービス数は10で募集総額は31億6千649万円)。
     
    02_2017y04m30d_232323158.png

    2017年4月30日時点での主要23サービスの累計募集金額は1,499億円3,016万円となります。

    惜しくも1千500億円に届きませんでした。

     みんなのクレジットへの行政処分の影響を心配していましたが、月間募集額が最高を更新したということは、全体的に投資家は冷静であることが伺えます。ソーシャルレンディンの情報を配信する投資情報サイトが増えて、投資家が増えていることも、好調さの理由といえるでしょう。

    各社セミナー情報(募集中のみ)

    maneoアメリカンファンディングさくらソーシャルレンディングアップルバンク
    日時:2017/5/8(月曜日) 19:00~
    場所:東京都千代田東京国際フォーラム
    セミナー情報ページ"

    オーナーズブック
    日時:2017/5/10(水曜日) 19:00~
    場所:東京都中央区銀座 ロードスターキャピタル(株)会議室
    セミナー情報ページ

    クラウドクレジット
    日時 2017/6/21 (水曜日) 19:00~
    場所 東京都中央区日本橋 東京証券会館
    セミナー情報


    株式投資型クラウドファンディング FUNDINNO が本格始動!

     日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOが2017/4/24よりいよいよ募集を開始しました。

    こちらのリンクより、投資会員登録を行えます。登録料は無料です。

    第1号案件募集開始についての記事はこちら
    20174/24 株式型クラウドファンディング FUNDINNO、遂に1号案件提出へ!

    2017年4月末時点で以下のソーシャルレンディングサービスで資金を運用中です。
    1.maneo : 約436万円
    2.AQUSH : 約64万円
    3.クラウドバンク: 約187万円
    4.SBIソーシャルレンディング:約15万円
    5.クラウドクレジット:約261万円
    6.ラッキーバンク : 約86万円
    7.オーナーズブック:約121万円
    8.LCレンディング : 約229万円
    9.ガイアファンディング : 約195万円
    10.トラストレンディング : 260万円
    11.クラウドリース : 約157万円
    12.スマートレンド : 約31万円
    13.みんなのクレジット:約50万円
    14.グリーンインフラレンディング:約103万円
    15.さくらソーシャルレンディング:約61万円
    16.TATERU FUNDING:10万円

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ



    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    投資経験者に選ばれているロボアドバイザー「WealthNavi」


    全案件不動産担保で安心・安全・・高利回り運用のラッキーバンク
    ラッキーバンク

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額140億円!豊富な案件を揃えています
    クラウドバンク

    クラウドバンク・フィナンシャルサービス
    クラウドバンク・フィナンシャルサービス

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwners Bookで安全資産運用
    OwnersBook
    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意



    日本初の株式投資型クラウドファンディング FUNDINNOへ注目!


    日本初にて最大のサービスmaneo、貸し倒れ0件、募集額700億円は伊達じゃない


    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績200億円超え!SBIソーシャルレンディング

    各社募集実績の求め方

    maneo:ホームページに表示してある「成立ローン総額」を丸呑み
    AQUSH:WEBサイトと月始めに送られてくる投資家向けのメール記載情報から
    SBIソーシャルレンディング:WEBサイトの「投資家用ページ」へログイン後、各ファンドの運用状況から
    クラウドバンク:ホームページに表示してある「累計応募金額」を丸呑み
    クラウドクレジット:ホームページの「成約ローン総額」を丸呑み
    ラッキーバンク:ホームページの「募集調達金額」を丸呑み
    オーナーズブック:WEBサイトの「投資案件一覧」から募集完了したファンドの合計額から
    スマートエクイティ WEBサイトの商品一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    LCレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    ガイアファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    トラストレンディング:ホームページの「累計成約金額」を丸呑み
    J.レンディング:ホームページの「お知らせ」から
    クラウドリース:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    スマートレンド:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    みんなのクレジット:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    TATERU FUNDING:WEBサイトの案件一覧から募集が終了したファンドの合計額から
    アメリカンファンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    グリーンインフラレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    クラウドリアルティ:プロジェクト一覧から、募集を終了した案件の合計額から
    さくらソーシャルレンディング:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    キャッシュフローファイナンス:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    アップルバンク:ホームページの「成立ローン総額」を丸呑み
    FUNDINNO:WEBサイトの募集が終了した案件の総額