カレンダー

    05 | 2013/06 | 07
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    プロフィール

    ファイアフェレット

    Author:ファイアフェレット
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方は、ぜひご訪問ください。

    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村 人気ブログランキングへ

    検索フォーム

    サービスリンク

    2016y05m01d_151336257.jpg SBIソーシャルレンディング クラウドバンク 03CrowdCredit.png 04LuckyBank.jpg 05ownersbook_125x125-20160113.jpg SmartEquityバーナー20160913 08TrustLending.png 09JLENDING.gif 10CrowdLease.png 13TateruFunding.png AMERICAN FUNDING GIL20160927.png 12CrowdRealty.png 2016y12m16d_230443985.jpg 2017y02m28d_101845746.jpg 2017y04m30d_032750445.png 2016y12m16d_231906521.jpg 2017y07m12d_133331549.jpg 2017y08m07d_110113095.jpg

    カテゴリ

    最新記事

    最新トラックバック

    maneo2016092801.jpg クラウドバンク クラウドバンク・フィナンシャルサービス 14991462814855850256.png 5483943129658530602.jpg OwnersBooktower2016031801 1085-972967i-3.gif

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    最新コメント

    月別アーカイブ

    メールフォーム

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    QRコード

    QR

    RSSリンクの表示

    Powered by RSSリスティング

    ソーシャルレンディング赤裸々日記 比較情報-ニュースサイト
    全ソーシャルレンディング運用会社の情報を網羅!運用会社・案件利回り比較、管理人の投資履歴、投資アドバイス、コラムなど盛り沢山です。ソーシャルレンディング投資全般に詳しくなりたい方へおすすめです。
    続・生活保護の実態・現場への理解を求める生活保護擁護論者たち

     「生活保護を批判する前、見直しを検討する前によく生活保護のことを知ってほしい」と一見正論を述べながら、その実態は現在の生活保護制度の問題点を無視、矮小化しモラルハザードの拡大を許す擁護論者への反論、第二弾です。

    第一弾はこちらです。余計な前置きはこれ以上述べずに、以下前回の続きから始めさせて頂きます。

     問題点③生活保護の問題点を解決、改善する提案を提案せよ
    我々勤労者が求めているのは不埒な生活保護受給者を減らす方法や働き損の生活保護制度を改善する為の鍵です。税金を支払っているものとして当然の権利です。彼らが用意する資料にはそれらは用意してあるのでしょうか。
    結論から言うと私が調べた限りではそれは否です、彼らは生活保護制度の改革もの生活保護の不正受給、不埒な受給者の存在というここまで世論を沸騰させた問題を矮小化し、生活保護受給者の不利になると彼らが考える一切の改革を認めようとしません。

     上記の生活保護の問題に対して政府が行おうとしている改革を彼らは「不正はごくわずかで大した問題ではない」、「不正受給を取り締まるのはコスト的に合わない」、「受給者の人権を脅かす」、「支給条件を厳しく審査するのは漏給(本当に困っているのに、生活保護を受けられない事態を指す)の問題を大きくする」などの反論を挙げてことごとく反対します。

     小野市における生活保護費のパチンコへの浪費を諌める条例が全国のサヨクのパッシングを受けたことがその事を雄弁に物語っています。彼らの生活保護制度に対する待遇改善の要求は盛んですが、その一方で生活保護受給者に対する政府、世間一般からの要求に対しては頑なにそれを拒みます。彼らが私たちに理解を求めるならば、理解への阻む障壁を無くす提案をまずするべきです。

     問題点④現行制度がもたらすモラルハザードの無視は許されない
    もちろん彼らが前述のような反対をするにあたっては、ただ反対するのでは無く、それらの(彼らに言わせれば)改悪を行えば、現在ある不正受給、浪費などよりも、もっと大きな問題が起こるのだよという説明がなされている場合が多いです(特にみわよしこ氏の主張には)。それらも含めてかれらは「生活保護を理解するべき、そうすればパッシングをする気にはならはいはず」と主張しているのだと考えられます。

     私は彼らの主張に限らず様々な生活保護に関する情報をインタビュー、雑誌、書籍、WEBで読んで、聞いて勉強しました。また過去生活保護受給者と触れ合い話を聞いた体験を元に考えてみました。それでもやはり「一部の」生活保護受給者のモラルハザードを認める現在の生活保護制度は、厳しくなるように改正されるべきだと考えています。

    法改正により彼らの主張する問題が発生するとしても、モラルハザードは倫理的に許せないし、あることによる弊害が大きいと考えるからです。彼らは貧窮者の生活の保証、立ち直りには現行の生活保護が有効であり、それによる「正の効果」はモラルハザードによる「負の効果」を上回ると考えているようです。しかし私は逆に考えています。現行のモラルハザードを許す仕組みは、結局は楽な道であるモラルハザードに陥る受給者を増加させ制度そのものを崩壊させると考えています。彼らの主張も私の主張もそれ自体を証明できる客観的なデーターは存在しません。しかし現行の制度では生活保護受給者は増加の傾向にあるという事実、悪質な不正受給、怠惰な受給者の実態がしばしば報道される今日の事態は私の主張の傍証になりえると考えています。

     ただ確実に言えるのは現在の甘い制度のまま不正受給、受給者数の増大(の記録更新)が報道されるたびに、一般勤労者の受給者への怒りは大きくなっています。彼ら生活保護問題のプロフェッショナル、インテリがそれを「生活保護に理解がないものの理不尽な怒り」として、軽視するのは許されないと思います。

    問題点⑤どうせ改革案に賛成する気もないくせに、議論の前提として理解を求めるな
     私は彼らの要求するように一般の人が生活保護制度への理解と知見を深めることは、少なくとも彼らと議論するのに何の役にも立たないと考えています。どうせ理解した上で彼らに反論しても結局のところ彼らはそれを認めようとしないのです、つまり彼らのいう「生活保護の実態を知って欲しい」というのはその後に「そして認めなさい」が後に続くのであって、まずは「議論するための下地を作ってきてください」という意味では無いのです。

     現実にみわよしこ氏は連載しているコラム「生活保護のリアル、政策ウォッチ編」で生活保護について十分に勉強しているはずの専門家の意見が受給者の不利に働くと判断される場合は、徹底的にそれに反論しています。「まずはリアルを知ってほしい」は結局、反論のための反論なのです。

     また「生活保護制度の実態を知れば、生活保護制度をパッシングできるはずがない」という独善的な考え方も指摘できるでしょう。あいにくですが私は彼らの主張をそれなりに勉強しましたが、やはりパッシングを止める気にはなれません。

     なぜ彼らが自身のことを絶対正義と思うのか、結局こちらが生活保護制度、現状の理解という条件を満たして議論に臨んだとしても彼らとの議論が成り立たないか。私は持論ですが憲法25条(生存権)の解釈の問題と捉えています、これについてはみわよしこ氏についての論評で述べさせていただくことになるでしょう。

    最後に
    「生活保護を批判する前に生活保護のことを知ってほしい。」

     一見もっともな意見で、正直な人は応じてしまうでしょう。私も応じてしまい、それなりに勉強しましたが結局時間の無駄でした。彼らの目的は結局はぬるま湯のような現行の生活保護制度の維持です。政治改革法案における論議で、明らかに国民のためになる改革であっても利権団体が、様々なこじつけ論をこしらえて反対をしているのと全く同じ構図なのです。彼らに利権があるかどうかは別の話として。

     まあサヨクの方々にとっては自分が弱者のために不当な弾圧に対して戦っているという悲壮なヒロイズムに浸かれるだけでも十分な利益、利権になることは理解できますが(笑)。

    この駄文が私と同じ過ちを犯さない助けとなれば幸いです。

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    テーマ:貧困問題 - ジャンル:政治・経済

    生活保護の実態・現場への理解を求める生活保護擁護論者たち

     先日、生活保護の問題についてネット上で活発に論じているみわよしこ氏についての論文(みたいなもの)を発表すると予告しました。

     その発表の前段階について、現行の生活保護制度を擁護する人権活動家の人々に共通する「ある主張」について、私の意見を彼らへの反論の意味も込めて述べたいと思ってこの文を書き上げました。

     「ある主張」とは“ニュース、新聞等の媒体やネットの噂による表面的で無責任なニュースや噂で生活保護制度を批判しないで欲しい、もっと生活保護の実態を知って欲しい”というものです。

     もっともな主張ではあり、また彼らもその「広報」を盛んにおこなっているのですが、その論旨やかれらの伝える「現場」のレポは結局のところ「生活保護改正」に対する反対論であり、様々な問題が認められます。それについて論じたいと思います。

     みわよしこ氏はダイアモンド・オンラインでの連載「生活保護のリアル」の初回で以下の様に述べています。

    性急に制度改革を考える前に、まず、生活保護という制度の「リアル」、生活保護受給者たち・生活保護という制度を支える人たちを始めとする多様な人々の「リアル」を知ることから始めるべきではないだろうか?


    生活保護のリアル~生活保護費削減なら国民全員が貧困化する可能性も!?
    急増する生活保護にまつわる「よくある誤解」~
    より

     同じくダイアモンド・オンライン上のコラムにおいて小川たまか氏は下記のように書いています。

     これについて、田村氏と初鹿議員の双方が口にしたのが、「生活保護受給者の問題を自己責任と考えるのであれば、一度、実際に生活保護受給者に会った方がよい」という意味合いの言葉だった。


    ダイアモンド・オンライン「生活保護の急増は本当に“不正受給”が原因か?
    蔓延する「受給者悪玉論」の死角と真に論ずべき課題」
    より
     
     田村宏社会福祉士、初鹿明博代議士(当時)の発言として紹介されていますが、筆者の小川たまか氏も同意見であることが引用の後に続く文を読むと伺うことができます。

     同様に湯浅誠氏は「やはり批判する人たちとホームレスの人たちが出会う場を作ることが大事だと思っています。」、藤田孝典氏は「生活保護に対して社会があまりにも無理解だと思った(生活保護や貧困の問題をテーマとした著書を出版した理由として)。」と述べています。

    湯浅誠氏の発言はBusiness Media 誠
    批判されても、批判されても……貧困ビジネスに立ち向かう理由
    より

    藤田孝典氏の発言はヤフーニュース
    生活保護、貧困テーマ「ひとりも殺させない」 さいたまのNPO代表が出版
    より

     彼らは生活保護制度、生活保護受給者へのパッシングはそれらへの世間一般の不理解が原因であり、それらの実際、現状を知れば非難は少なくなると考えているようです。また改革をするにしてもじっくり話し合い、それらを理解した上で行うべきと主張しています。

     もちろん人の命がかかっている以上性急な結論は避けるべきでしょう、しかしいま確実に進行しつつあるモラルハザードに手をこまねいていて良いのか、「リアルを知っていて欲しい」という彼らの主張は妥当なのか、そもそも忙しくて政治に参加できない勤労者の意見をなるべく実現させるために現在の政治制度はあるのに、その声そのものを否定するような主張はいかがなものか、様々な疑問が彼らの主張には認められます。

     彼らの「まず現場を知れ」という主張における様々な問題点について以下から述べたいと思います。

    問題点①善良な生活保護受給者を盾にして不埒な生活保護受給者を守ろうとするな
     日本人の大半は犯罪者ではありません。真面目に生活している人が大半です。当たり前のことですがだからといって犯罪(者)は問題では無いのでしょうか?もちろん違います。いくら数が少なくとも犯罪は問題です。犯罪者を日本人の殆どが真面目に暮らしているという事実で正当化できるものではありません。同様に大抵の人は生活保護受給者全体に怒りを覚えているわけではありません。それを浪費する人、生活態度を改めようと努力しない人、働き損になる制度に怒りを覚えているのです。

     しかし彼らが行う受給者の実態のレポにはまずそういった不埒な人物は登場しません、湯浅誠、藤田孝典氏が紹介する受給者は(彼らの文筆によれば)100%責められることのない弱者ばっかりです。みわよしこ氏は前述の連載の中で当初100%の肯定はできない受給者をレポして問題を提起していましたが、その意欲的な活動はいつのまにか鳴りを潜めて、生活保護改革反対論ばかりを主張するようになってしまいました。

     我々勤労者は生活保護制度の問題点、不埒な受給者に対する改革を求めているのです。一生懸命頑張ってきて、不幸にも困窮してしまった人への支給を無くせと主張しているわけではないのです。
    そこを弁えずにいくら大半だからといって「善良な生活保護受給者」ばかりを矢面に立てて世間に紹介しても決して分かり合えないのです。

    問題点②忙しい勤労者に膨大かつ、私たちの怒りと無関係な勉強を押し付けるな
     なぜ忙しい勤労者が時間をかけて生活保護受給者の事を理解しなければいけないのでしょうか。そもそも論点がずれています。確かに一部のレイシスト的な考えを持つ人間は生活保護受給者全体を悪者にして攻撃しています。しかし前述の通り大半の勤労者が問題にしているのは一部の問題ある生活保護受給者、制度だけです。忙しい勤労者に膨大な資料を用意してまずそれを読み生活保護全体を理解するように要求するのは卑怯のように感じます。

     生活保護費のギャンブルなどへの浪費の禁止、不正受給に対する厳罰化、不埒な生活保護受給者への徹底的な懲罰が実施され、それが周知されれば(たとえ一般の人の生活保護への理解度が今と変わらなくても)生活保護受給者に対するパッシングは鳴りを潜めるのではないでしょうか。現在パッシングが起きているのは生活保護を受給している人のほとんどが本当に困った人であり、支給費が適正に使われている、不埒な人間、浪費する人間が罰されているという担保が無いからです。それが無いのに生活保護の現状をいかに知識、あるいは実体験として理解したとしても、彼らが望む「生活保護受給者への理解と同情という理解」は得られないと思います。

    問題点はまだありますが、とりあえずは今日はここまでにして残りは後日アップしたいと思います。

    次回記事
    続・生活保護の実態・現場への理解を求める生活保護擁護論者たち

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    テーマ:貧困問題 - ジャンル:政治・経済

    相変わらずモラルハザードは進行中
    本当はmaneoの6月状況報告をしようと思ったのですけれど今月の分配額(2万ぽっちですが)の再投資が出来たとき
    まとめて報告したいと思います。

    閑話休題

    相変わらず生活保護受給者は増えていますね。

    いや、生活保護制度自体を否定するわけでは無いのですよ。
    いつ私自身もお世話になるかもしれませんしね。

    厚生労働省は「年金だけでは暮らせない高齢者が増えているほか、雇用情勢は依然厳しく生活保護を受ける人が増え続けている」と分析しているそうです。
    2013y06m14d_090249626.jpg
    NHK NEWS WEB 生活保護受給者 過去最多更新より

    私は一時期かなり生活保護受給者と密接した生活を送り、彼らの生活態度や生い立ち、いろいろ聞きましたけれども、正直私の人生観や価値観では同情や共感を覚えられなかった経験が多いですね。
    「自堕落な人間が増えているから生活保護受給者が増えている」
    とは(事実だとしても)厚生労働省は口が裂けても言えないのでしょうけれど。

    湯浅誠氏やみわよしこ氏は生活保護受給者と触れ合って欲しい、リアルを知ってほしいといっていますけれど、実際に触れ合った私の感覚としては、いくらなんでもこういう人は救う必要が無いのではと思う人が相当数いるというのが正直なところですね。

    いや生活保護受給者216万人全員がそうだと言っているのでは無いのですよ。
    何度も申し上げておりますが。

    でもどうやっても弁護のできないクズは幾人か生活保護受給者の中にはいるでしょう。
    そういう人間はしっかり処罰して、この世に正義はあることを我々勤労者に示してくれませんかね。

    先日湯浅誠氏に関して論文みたいなものを発表しましたが反響はほとんどありませんでした(鍵コメでひとつだけありました)。まあ私のような弱小ブログの管理人としてはひとつだけでも合ったことを喜ぶべきでしょう。

    現在湯浅氏と同じく、みわよしこ氏の生活保護に関する主張について反論する論文(みたいなもの)を執筆中です。
    みわよしこ氏は現在ダイヤモンド・オンラインで「生活保護のリアル」という連載をされている方です。
    正直いろいろな意味で、湯浅誠氏よりもずっと手ごわい方ですね。

    しかしやはり全体の主張を通してみると現行の生活保護制度によるモラルハザードを直視せずに、理論的な理論とトンデモ理論をおりまぜて現在の生活保護制度をひたすら擁護しているだけの様に見えます
    (湯浅氏はトンデモ理論だけなので反論するのは楽でしたね)。

    現行の政府は勤労者には収めた税金分以下のサービスしか提供しないくせに、上記のニュースの様に生活保護受給者はどんどん増やす大盤振る舞いを行っています。この国にそのような余裕はあるのでしょうか。
    生活保護のモラルハザードをなくさなければ、今勤労している人間が老人になる頃にはモラルハザードで日本の社会は成り立たなくなっているのではないのでしょうか。
    そうなってしまってもなるべく後悔しないように、自分は自分にできるだけのことをやりたいと思います。

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ



    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ



    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ

    テーマ:貧困問題 - ジャンル:政治・経済

    AQUSH 2013年6月状況報告
    2013y06m06d_154428892.jpg
    AQUSHの2013年5月の収益は1万8千5百円といったところですか。

    この額自体はそれほど例月と変動はありませんが、AQUSHへ支払う手数料(AQUSH営業者報酬)は8千円とずいぶん収益に対して高い値となっています。

    AQUSHでは多数の投資組合に投資すること(私は現時点で30以上の投資組合に投資しています)、それらの投資組合の返済状況はちゃんと公開されているものの直感的に分かりにくいことなどから、それら投資組合の返済結果をまとめた結果(上の図の「お客様の月次収支」)が「どうしてこうなるの?」ということがたまにあります。
    まあ手数料が高いと思うこともあれば、安いと思うこともあるので、結果的には正しく徴収、支払いをしているのだろうと考えて、気にしないことにしています。
    先月は2万円を超える収益がありましたが、手数料は3千円弱しか取られていませんし。

    2013y06m06d_154321229.jpg
    現在421万円ほどをAQUSHで運用中です。

    36万円ほどが現金ですが、うまく月末に運用に回せたらなと思っています。

    201306061609.jpg
    全体の表

    201306061615.jpg
    まとめ1

    2013y07m02d_170535101.jpg
    まとめ2

    2013年5月のAQUSHは非常に貸出が好調だった模様です。
    一般の投資組合には5,250万円、不動産担保ローンファンドには2,200万円を貸出しました。合計で約7,500万円です。

    私の記憶に間違いがなければこれは月当りの融資額としては最高額のはずです。
    ただ安定的に収益を上げるためにはもっと貸し出す必要があると思いますので
    是非頑張って欲しいものです。

    2013y06m06d_154408134.jpg

    AQUSHは6/6の時点でヒートマップはかなり色づいており、一般の匿名投資組合で3,500万円、不動産担保ローンファンドには2,000万円の貸出が決まっています。
    今月も期待できそうですね。先月、勘違いから資金を引き上げてしまいましたが、今月下旬には私にもボーナスが支給されるはずです。うまい投資ができそうでしたらAQUSHに優先的に振り当てたいと考えています。

    スマートエクイティ - 投資型クラウドファンディング|毎日、投資の最新形。ぞくぞく、未来。
    スマートエクイティ

    不動産のプロ集団が運用する手堅い案件提出が売りのOwnerws Bookkで安全資産運用
    OwnersBook

    高利率案件ならば、ノンバンクの老舗が運用するトラストレンディングにどうぞ


    海外投資ならクラウドクレジット、高金利かつディフォルトに配慮した案件を多数用意




    信用第一の証券会社が運営するソーシャルレンディング。募集額80億円の実績あり



    全案件不動産担保で安心・安全・・高金利運用のラッキーバンク




    貸し倒れ0件!SBIグループの提供する実績と信用のソーシャルレンディング・募集実績150億円超え!SBIソーシャルレンディング

    キャッシュバック・AI融資、新戦略ソーシャルレンディングのみんなのクレジットは急成長中
    みんなのクレジット


    にほんブログ村 株ブログ ソーシャルレンディングへ
    にほんブログ村

    人気ブログランキングへ